FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

デジャヴってこういうこと?

ある所から、A4用紙8枚ほどの手書き原稿を、タイピングしてくれと頼まれました。

私、本当にイヤって言えないタイプなのよね~

ハッキリ言って読みにくい手書き原稿、それも裏表のもあったりして、それでもPCの前に座り、スタート!!
頑張るぞーー!

どんどん打って行って、あれ?これなら結構早く終わるかも・・・と思ったら。

この文章、さっき打たなかった??
打ったよ、確かに。

慌てて原稿を見直しても、ビッシリと文章が書いてあって、どこがどこだか分からない。

でも、このデジャヴ感、絶対にさっき見たはず。
でも、どこにあったのか分からない。

このもどかしさ。
何が嫌いかって、読み直しとかが大嫌い。

ええい、もう良いだろう。

って訳で、頭を冷やして、後で再挑戦することにします。

関連記事
スポンサーサイト



最近、本当に同じメニューの繰り返し

最近、本当に同じメニューの繰り返し。

特にコロナのせいもあり? 買い物に行って買うのはいつも同じような物ばかり。

そもそも、何日分かの献立を考えて買い物に行くタイプじゃないの。

毎日出かけて、お店に並んでいる物を見て、その場で献立を考えて、ちょぼちょぼ買っていたんだけど。

それが、いくら何でも毎日の買い出しはダメでしょうと思って (東京の小池都知事さんに、怒られるものね)
3日に1回くらいにしたんだけど、どうしても同じような物を買ってしまう。

数日分の献立を考えて買っていたら、あれも必要、これも必要と、すさまじい量になりそうだし。

行きたい気持ちを頑張って抑えて1か月。
なんとまあ、別の効果が出ました!

生活費が、かなり節約できたんですよ! 

もちろん、服は買わず、遊びにも行かず、美容室にも行かず、買ったのはほぼ食材のみってこともあるんだけどね。

でも、これだけ節約できるんなら、3,4日に1回の買い物って良いわねぇ、と希望が出て来た。

世の中も、「新しい生活様式」 へと変わって行くところだし、私の生活もこのまま変えないとね。

関連記事

来年の御開帳は

さっきニュースを見ていたら、何と来年は7年に1度の善光寺の御開帳だそうです。

驚いたわね~
前回が、ついこの前のような気がするのに。
(ちなみに前回は、平成27年の4月5日から5月31日)

そこで問題なのがコロナです。
来年には、この流行がどうなっているのか。

こういう宗教行事って、きちんとやらなくちゃ、いけないもののような気がするけど。

でも、前回に長野に来ていただいた方が、707万人!!
その人数がどっと善光寺にいらっしゃるのだから、密だわよね~

浄土宗と天台宗とで、話し合いが持たれるようなことを言ってましたよ。
延期という選択肢もあるとのことらしいけど、どうなるんでしょうね。

関連記事

お葬式が変わった

毎朝、新聞に載るお悔み欄は、必ず見るようにしています。

知っている方の関係者が載っていたら、駆け付けるためです。

それが、コロナが蔓延し始めると、ほぼ全ての葬儀が 「近親者のみで済ませました」 になっているんですよね。

これは仕方の無い事で、佐久らしい盛大なお葬式は姿を消したようです。

去年、家からブラブラと散歩に歩く道沿いに、家族葬専門の斎場が出来ました。

ずーっと、たまに葬儀が行われている感じだったんだけど、最近は毎日と言っても良いくらい執り行われています。

こういうところにも、コロナの為に世の中が変わったんだなと、つくづく感じます。

これが、だんだん元に戻っていくのか、それともこれが当たり前になっていくのか。

これだけじゃなく、今、世の中の大変化の渦中にいるんだなと、思ってしまいます。

関連記事

狂犬病

≪愛知県豊橋市は22日、フィリピンから来日した人の狂犬病発症を確認したと発表した≫ 時事通信

日本国内で発症したのは14年ぶりとのこと。

狂犬病予防注射といえば、犬を飼っている者の義務で、毎年通知が来て集団接種もやっているもの。

もちろん我が家も、チョコ、すずと、毎年受けていました。
ただ、まりは来てからまもなく激しい癲癇の発作が出たために、免除されていましたけど。

でも、前住地なんかでは、

「あれは必要ない」

「国を潤すだけ」

「どうせ日本では出ていないのに」

なんて言う人もいなくはなかったんですよ。

私も、そうかなぁ・・・  狂犬病なんて、話でしか聞いたことないもんなぁ・・・  なんて思ったりもしたんですよ。

そこに、このニュース。
こんな話を聞くと怖いですよね。

世界でまだまだ狂犬病があるんですね。
油断してはいけないんですね。


ところで今日は、中山道の裏道を少し歩きました。

まずは、相生の松
中山道の名所で、和宮様もここで休まれたとか。

相生の松

途中で、鎮守様の若宮八幡さまにお詣りしました。
万見家と子供たちと、チョコとすずとまりと、それから実家と。
全部まとめて、お願いしてきました。

若宮さん

途中で、小海線の踏切を渡ります。
ちょうど電車がやって来ました。
これはレアなことなんですよ。
何しろ、1時間に1本ほどしか走っていないんですから・。

小海線1

小海線2

いつか、この電車に乗って、のんびりと小淵沢まで行ってみたいものです。
関連記事

イタタタタ

我が家の2階の窓は、掃き出し窓じゃなくて、床から20センチくらいの高さになってます。

昨日、ベランダの洗濯物を取り込んで中に入ろうとすると、何かに足を取られ、スルッと滑りながら家に飛び込んだ。

その時に、したたかに窓枠に足をぶつけ、おまけに家の中には洗濯ハンガーがあり、ものすごい音をたてて踏みつぶしてしまったの。

ぶつけた足は痛いし、ハンガーは壊れるし、もう踏んだり蹴ったりってこのこと。

今日になったら傷は痛んで、おまけに腫れてる。

この窓、前にも何かに引っかかって、ものすごい勢いで家に飛び込んだことあり。
あの高さが良くないんじゃなかろうか。

別に、うちで頼んであの高さになったわけじゃなく、ハウスメーカーの標準仕様だったんだけどね。
結構、同じ目に遭ってる人がいたりして。

夫曰く、もう足元が覚束ないんじゃないかって。

腰が痛くて、おまけに足元も危ないって、いい事ないじゃない。

関連記事

やり方が変わっちゃって

コロナが問題になるちょっと前から、買い物の時にカードの読み取りを自分でやる所が増えた。

これは、コロナのせいなのか、レジの人の仕事を減らす意味だったのか、どっちなんだろう。

それが、スーッと上手く行くときもあれば、何回やっても読み取ってくれない時もあるの。

私は、きちんと読み取ってもらいたいから、少しゆっくり目に通すんだけど、今日なんて何回やっても上手くいかなくて、最後には店員さんがやってくれた。

ああら不思議、店員さんだと簡単にできるのよね。

怖かったのは、とあるコンビニ。

そのカードは矢印が書いていなくて、レジ前に大きく図が書いてあり、その通りに挿すんだけど、一向に読み取ってくれない。
困ってしまって、レジのオジサマに聞いたけど、「そこに書いてあるでしょ!」 って怖いの~

もう最後には 「いいです」 って帰ってきちゃった。

それ以来、ちょっとカード恐怖症。

どちらかというと、カードを通すタイプより、挿し込んで読み取るタイプの方が良いかな。

もう、あれこれ変わり過ぎてしまって、オバサンはついていけません。

関連記事

あの博覧会は夢かな?

私がまだ幼い頃、小樽港で博覧会が開かれた。
私は1人で、または姉と一緒に出掛けて行った。

だけど、調べて見ると、年の合う博覧会の会場は、祝津。

祝津といえば、我が家からはどう考えても遠すぎる。
とても、子供の足で歩ける距離じゃないのね。

お天気の良い日で、ものすごく張り切って出かけた博覧会は小樽港で行われ、とにかくものすごい人!

揉みくちゃになりながらあちこち見て回り、確か、停泊中の船にも乗せてもらい、途中で靴が片方無いのに気づいたけど、そのまま歩いて家に辿り着いたの。
あまりの人混みで、靴が途中で脱げちゃったのね。

だんだん思い出してみると、多分一緒に行った姉とは、途中ではぐれてしまった気がするの。

当然分かるはずだと思って調べると、年が合う博覧会は、遠くの祝津で行われたという記録。
でも、私が行ったのは、絶対に小樽港で行われたもので、往復徒歩で行けたんだもの。

あの博覧会は、夢だったんだろうか。


関連記事

これからやってみようと思うの

さっきまで、「麒麟がくる」 を見ていました。

それで思ったんだけど、俳優さんの名前を心の中で言ってみたらどうだろう?

何故かというと、最近とにかく人の名前が思い出せない。
顔は分かっていて、名前も喉元辺りまでは出てくるけど、どうしても思い出せないの (汗)

これはやっぱりボケの始まりだろうか。

だから、大河ドラマを見ながら、


この人は、長谷川博己さん

この人は、伊藤英明さん

この人は、石川さゆりさん

この人は、西村まさ彦さん (あれ?確か前は 雅彦さんじゃなかったっけ)

この人は、ユースケ・サンタマリアさん 

この人は、川口晴美さん

この人は、尾野真千子さん

そうそう、忘れちゃいけない  染谷将太さん


なんて具合に、一生懸命思い出すの。

ここにはスラスラ書いたけれど、こんな有名な人たちなのに、思い出すのに四苦八苦している有様。

どうも、女性の方が、言える確率が高いような。
圧倒的に男性の登場人物の方が多いから、そうなるのかもしれない。


私、頭を普段と違うことに使うと、脳味噌が俄かにグルグル回りだしているような感覚がするのよね。

いかに、普段の生活で頭を使っていないかという事なんでしょうね。


関連記事

レナウンが倒産

あのレナウンが、コロナの影響で倒産したそうです。

同世代の方はご存知じゃないだろうか。

♪ レーナウーン レナウン娘が お洒落でシックな レナウン娘が ワンサカワンサカ イエーイイエーイエイエイー♪

このCM曲にのって、素敵なお嬢さんたちが踊るの。

一世を風靡したのよね。

何ともまあ、コロナの影響は甚大だわ。

と思っていたら、あるコメントにこんなのがありました。

≪決して、お店が閉まっているからだけでなく、今は巣ごもりで、ちょっとお洒落して出かける所も無い。

アパレルメーカーは、ひどい危機に臨んでいる≫


確かに、週に一回の合唱も無くなり、私も着る物に気を配らなくなった。

たった一回のお出かけだけど、やっぱり他人様の目が気になって、それなりにきちんとした服を着ていたし、お店へもそれなりに
見に行っていたもの。

それが、せいぜい大至急で買い物を済ませるだけだから、ホームウエアに毛の生えた程度の格好で、せかせかと食料品を買い出しに行くだけ。

万見地方は、今日、緊急事態宣言が解除されたけれど、だからと言って、前と同じようにウインドウショッピングをする気にもなれないのよね。

コロナって目には見えないし、綺麗に0になるわけもないし、これからも気を付けて生きていかなくちゃならないですよね。


関連記事

世の中ピリピリしているなぁ

今日は3日ぶりの買い出し。

イ〇ンに行くと、テナントのお菓子屋さんの前に、おばあさんが立っている。

コロナ対策で、テナントは10時開店になっている佐久市。

その時、時間は10時15分前。

網のカーテンがかかり、まだ開店前のそのお店の前で、おばあさんは怒っていた。

「初めて来たのに何やってるんだ! さっさとやれよ!! ガァガァガァ」

何事かと見ると、どうも、まだ開店では無いからと店員さんに言われたのに納得できなかったおばあさんが、怒鳴っているようだ。

それが、とにかく口汚いの。

これはスゴイ!! と思いながら、急いで買い物。

さあ帰ろうと思って、またそこを通ると、

まだ電気の消えている店内で、店員さんは一生懸命やっている。

おばあさん  「悪いね! あたしは黙ってらないんだよ!」

店員さん 「いえ、いいんですよ」 と明るい声。

すかさずおばあさん 「良いんだよそんなことは、さっさとやれよ!!」

何とも言えない気持ちで、そそくさと通り過ぎ、エレベーターへ。

すると、やっぱりエレベーターを待っていたおじいさんが、「どうぞ どうぞ」 と私を先に乗せてくれて

降りる時も 「お先にどうぞ」 って言ってくれて。

ささくれ立った気持ちも、少しホンワカしました。

まったくねぇ、あんなババアにはなりたくない!!

本当に不愉快 

親切なおじいさん、どうもありがとうございました。

おかげで、少し気持ちが落ち着きました。

あまりピリピリしないでおこうよ。



関連記事

とても良い季節ですね

我が家で一番の自慢の牡丹が満開になりました!

ボタン満開

夫曰く、肥料も何もやっていないのに、良く毎年咲くもんだなぁ。

そんな可哀そうなこと言わないで肥料を上げようよ、って訳で、根元にたっぷり黒い肥料をやりました。

毎年綺麗に咲いてね。



ちょっと足を伸ばせば、田んぼに水が引かれだし、最高の季節ですね ♪

田んぼ2

そして、ツル日日草がすごい勢いで繁茂し始めました。
綺麗なんだけど、これがものすごく強くて、どうにも止まらない状態。

日日草

あんなにミツバチがたくさん来て、嬉しそうに蜜を吸っていたラベンダーも枯れてしまい、全部抜いて新しい苗を植えました。
やっぱり、長い年月のうちには、力が無くなっていくんですね。
関連記事

人の話を遮る人

メールチェックしていたら、点いていたテレビから大声が。

あ、この声は

ハハーン あの人だな。

とにかく、人の話を遮るのが好き。

大きなだみ声で、 

○○さん、それじゃあ分かんないよ。

じゃあ ××さん、これについては、どう思う?



それに ××さんが答えていると、また

××さん、もっと簡単に答えてよ!


こんな調子がずっと続くから、この人の出る討論会は好きじゃない。

ゲストもイヤだろうなぁ。

自分の思うようにいかなくても、ちゃんと話だけは聞こうよ、って考えてしまう。

この人の出る番組、子供にも良くないと思うんだけど。


関連記事

服装に迷う季節

先日来の上天気の時、去年の日記も照らし合わせて、コタツも片付け、電気毛布も仕舞い、ああスッキリ!

と喜んでいたら、昨日今日と肌寒い。

こういう時、本当に着る物に困ってしまう。

お風呂を出てから何度かパジャマを着替え、結局2番目にモフモフのパジャマに決定。

明日も雨模様だというし、スッキリ晴れた日にならないかな。

ステイホーム週間中、夫にスイッチが入り、草ボウボウ、木は伸びっ放しの庭を、人が変わったように手入を始めた。

私は家で、頑張れ頑張れと励ます係。

それが、伸びすぎた生垣のカナメを切り始める時になって、手伝え!と命令が。

隣の道路に面した所だから、放っておくわけにもいかず、夫切る人、私庭に運ぶ人。

何回も何回も往復して、もう腰痛マックス。

通る人たちから 

「ほう、やってますね。まだまだ切れるね!」 

なんて声をかけられ、いかに今まで伸びすぎて酷いな~と思われていたかが分かる気がした。

庭を整理したついでに、ブラックベリーやブルーベリー、それに枯れてしまったラベンダーを植えなおしたりしました。

せっかくスッキリした庭なのに、大量に切ったカナメが庭に積まれ、今度はあれを何とかしなくては。


関連記事

これはショックだった

夕方、テレビで、佐久の大きなホテルが新型コロナの影響で倒産したとのニュースが。

このホテルは、大きな温泉も備え、佐久市民のかなりの人が行ったことがあるはず。

ちょうど家族3人が揃っていたのだが、思わず異口同音に 「えーっ!」 と声が出てしまった。

我が家も何回も何回も行っていて、そういえば最近行ってなかったな。

この状況が改善したら、久しぶりに行って歩行浴で運動したいな、なんて思っていたんですが。

知り合いの方が叙勲された時に、お祝いの会を開いたのもこのホテルだったし、

一泊二日の人間ドックを受けた時、泊ったのもこのホテルだった。

手広く営業されていたホテルの突然の倒産。

多分、佐久中の人たちが、驚いて声を上げてしまったんじゃないだろうか。

本当にショックなニュースでした。


関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード