FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

やっと4000回再生を達成した!

2011年4月5日に、初めてyoutubeにアップロードした 「佐久市跡部の踊り念仏」 → 踊り念仏

本日2013年1月8日のさっき、ようやく4000回再生を達成しました。
今朝 3999回だったから4000回は自分の手で、と思って再生ボタンを押したのに、反映されるのが遅くって。

電卓片手に計算計算。

ええっと、凡そ1年9か月だから21か月でしょ?
4000回だから、4000÷21≒1か月190アクセス

190÷30日(1か月30日として)≒1日6.3アクセスも!  

有難うございます 有難うございます 

そのうち自力再生 1日1回として630回 
絶対に1日1回では済まないから、700回は自分で再生してるはず。

そう考えると複雑ではあるけど、でもやっぱり嬉しいです。
去年の踊り念仏は気付かないうちに終わってしまったけど、今年は行けるかな?

youtubeの解析によると、日本だけでなくスロバキア、台湾でも見てくれた人がいたみたい。
これからも、佐久地方の民俗行事を撮っていきたいと思っています。

今日もクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

私は 「ふじ祭り」 を甘く見ていた(汗)

今日は「ふじ祭り」
チラシによると朝8時半からだけど、あんまり早く行っても商品が揃ってないかも・・と、出かけたのは9時15分。
ふじチラシ

スーパーでも、こんなチラシを出している。
ふじりんご一色の佐久です。
まつやチラシ

選果場は家から車で10分ほどのところ。
さあ、美味しくて安いふじをゲットするぞー と走り出してまもなく、交差点から大渋滞。
何これ?!
佐久に来てから初めて味わうような大大渋滞。
渋滞

あれこれ考えるに、原因は「ふじ祭り」しか考えられない。
だってこの道の先は小諸に続くだけで、他に何にも無いんだもの。
全然進まない車の列。
ついに諦めました。

それがお昼過ぎ、家から見える選果場への道路を見ると、スイスイ車が動いてる!
もう1度チャレンジです。
今度は信じられないくらいの早さで着きました。

でもなんか変。
人も車も少ないの。
並んでるリンゴも高いのばっかり。
早速おじさんに聞きました。
「自宅用の安いのは無いの??」
ふじ売場

売場2

「ああ、それはね、開店と同時に売れちゃうんだよ」

ああああー   やっぱりそうなのね。
だからあの大渋滞だったのね。

甘い! 私って本当に甘かったわ!!
信州人のリンゴへの情熱を、全然分かって無かったわ。


その代り、意外なお店を発見。
例の 「瀬川のむしり」の出店です。(瀬川のむしりについては、こちらをどうぞ → 瀬川のむしり 

仕方ないや、今日はこれで我慢しよう。
むしり りんご祭り

ピークを過ぎたお祭りの後って、何とも侘しいものでした。
むしりを手に、トボトボと家に帰った私です。 
来年こそは、絶対にリベンジするぞーーー!!

今日もクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 

明日は ♪ふじまつり♪

今、信州は 「ふじりんご」 のシーズン真っ最中。
我が家の近くのJA選果場でも、恒例の 「ふじまつり」 が、明日開かれます。

実は私、「ふじまつり」 に行ったことがないんですよ。
でも、お隣の奥さんに聞くと、たくさんの果樹園が参加して、その場で試食も出来て、1番美味しいと思った園からお歳暮に送ったりするんだって。

うちは、お歳暮はもう送ったんです。
例のスーパーツルヤに、ずっと前に頼んであったんです。
昨日、一斉に届き、蜜入りリンゴでお味は上々だそう 
良かった良かった。

だから明日は、自宅用のリンゴを選ぶつもり。
これからの長い冬、信州の家々は 「ふじりんご」 を食べながら過ごすんですよ。
カメラも持っていこうと思ってるので、上手く撮れたらまたUPしようと思ってます。

みなさん、信州の美味しいリンゴをよろしくお願いしますね    

追伸: 今日書店に行ったら、「長野県民手帳」完売のようです。売り場が無くなっていましたよ。さすがですねぇ。


今日もクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 

祇園祭の二日目

お祭りの一日目はお手伝いでダウンしたので、二日目には張り切って出かけました。
時間は火灯し頃が良いだろうと出かけたんですが、今って日が長いのよね。
まだまだ明るかったです。

ところが着いてみると、あれ?なんか寂しい。
テキヤさんの数もすごく少ないし、去年飾られていた 「御舟様」 の姿もない。
なあんだガッカリ~

でも御神輿だけはちゃんと頑張ってました。
そして若い衆が言うには 「いいか! 7時半までは大人しくしてろよ!!」 との言葉。
おみこし

7時半から何かが始まる。
期待でワクワク 

そして時間になると、相生町の交差点に三基の御神輿が集結。
結構迫力のある競り合いが演じられました。
[広告] VPS

真ん中の黒くて小さめの御神輿が、佐久重要文化財に指定された若宮神社の御神輿。
だからでしょうか、余り無理な動きはしません。


それにしてもカメラを構えるオジサン、オバサンの多い事。
ちょっとオジサン、そこに居たら私が撮れないでしょ!!
え? 私?
私は良いのよ、オバサンじゃないし。

神主さんも街角で待機です。
2神主さん

そして8時になった途端、若宮さんの御神輿はあっという間に神社への道を進み出しました。
遅れてはならじと、私もすぐ後ろを歩きます。

暗くて細い道をたどり、若宮神社の横にある八坂神社の小さいお宮にご神体を還す儀式、年番長さん(お祭り担当の役員さん)の挨拶、担ぎ手の若い衆の挨拶で、無事今年の祇園祭も終わりました。
終わった後

私は終始1番前という最高の場所で神事が見られて大満足!
来年も頑張るぞー と決意を新たにしたのでした。
と言っても、来年は班長じゃないので取材に頑張ります。


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ

まりんばが初参加しています。
いのちつないだワンニャン写真コンテスト → ここをクリックしてね

岩村田祇園祭 接待の顛末

昨日から今日にかけて、グッタリノタノタしていた私ですが、ゾンビの如く復活しました。

昨日朝、近所の集会場では、男性陣7時女性人7時半から接待の用意が始まりました。

テントを張ったり、飲み物・おつまみを並べたり大したことはしてないんですよ。
でもね、数が多いの。
テント

全部で100人ほどの接待って、初体験だったので何が何やら 

お出ししたのは、漬物、冷奴、キュウリ。
それだけ。
つまみ

用意は出来たし、まだかまだかと思っていると、遠くから笛の音が。
大きな交差点を渡って、皆さんやって来ました。
[広告] VPS


[広告] VPS


外のテントでは御神輿の担ぎ手の若い衆。
集会所の中には、御神輿について回る神職さんと役員さん。
神輿休憩中

あっという間に人で溢れかえる集会場。
中では神事が行われ、そしたあっという間にみんな出発。
その後には、全然食べられていないつまみが大量に残り、女性陣は涙・涙 

来年からは半分で良いね。
いやスイカが良いんじゃない?などと喋りながら、大量の残飯をどうやって処分するかに頭を悩ます。

そこで出てきた解決策が、畑に埋める!!
これが1番ですよね。

この後一度家に帰り、午後には子供神輿の接待。
何だかんだで終わったのは午後の4時でした。

フーー 疲れたぁ~~
そしてまたまた不思議なことが・・・・
夜に量ってみたら、また体重が増えていたのよ。
そんな馬鹿な、ねぇ~ 


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ

まりんばが初参加しています。
いのちつないだワンニャン写真コンテスト → ここをクリックしてね

明日は岩村田の祇園祭

明日、明後日と岩村田の祇園祭が行われる。
この辺では1番の大きなお祭りだ。

祇園祭では、若宮神社から家の近くまで御神輿がやって来る。
御神輿はあちこちの集会場で休みながら来るので、我が家の近くの集会場でも一休みするのだ。

家は班長なので、接待のお手伝いに出なければならない。
夫などは朝の7時からテント張り。
とにかくこちらは、何をするのでも朝が早い。

今日の午後散歩、すずの行くままに歩いていると若宮神社に着いた。
明日のお祭りのために大勢の人が立ち働いている。
若宮さん

神社の前には4基の御神輿。
こちらは、つい最近佐久市文化財に指定された 「岩村田祇園祭神輿」
おみこし文化財

こんな御神輿もあった。
酒樽ね。
おみこし葉

カメラを持ち合わせなかったので携帯で撮ったんだけど、やっぱりいつもカメラを持ち歩かないとダメね。

大人も子供も御神輿を担いで練り回るのだ。
明日は曇りで予想気温30度!
蒸し暑くて大変そうだけど、カメラを持って撮りまくろう。


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ

まりんばが初参加しています。
いのちつないだワンニャン写真コンテスト → ここをクリックしてね

今日は臼田の小満祭

佐久市臼田の稲荷神社で、小満祭(こまんさい)が行われたので、お祭り好きの私としては見逃すわけにはいきません。
カメラ片手に行ってきました。
数日前の新聞にチラシも入り、祭り気分を盛り上げます。
チラシ

と言いたいけど、ちょっと用事があったんです。
それは「佐久総合病院」で行われたバザーのお手伝い。
何人かで交代なので、手の空いた順にお祭りと植木市も見てきました。

聞いたところでは、この小満祭。
東信地区では最大のお祭りで、たった1日で10万人が押し寄せるとのこと。
ええと・・・佐久の人口が10万人ちょっとだから、ほぼ全人口が行くことになりますね~

品物を並べたりしてるうちに「”瀬川のむしり”と植木市は早くいかないと売り切れちゃうよ」との事なので、先に買い物に行きます。

河川敷にはいっぱいの植木が並び、それは綺麗 
季節がら、薔薇、ツツジが多かったみたいです。
植木市

その中で私の目に留ったのが、この薔薇。
「チャールストン」と言います。
チャールストン

黄色→白→赤 と色が変わるという面白い薔薇。
四季咲きでこの株で2000円は安いと思うんだけど。
携帯で撮っただけで庭に植えてしまったので、こんなチャチな写真しかありません。
バカだよ、私は。

それから表通りへ「瀬川のむしり」を探しに行きます。
薔薇は重いけど「むしり」のためならどんなことでもしますよ。

ものすごい数が並んだ屋台の中から「瀬川のむしり」を探し当てるのは大変そう、と思ったら何という偶然でしょう! すぐそこにあるじゃないですか!!
瀬川

即、2つお買い上げ。
今日のうちにお腹に消えていきました。(妙にリアルですね)
むしり

そのうち、どんどん人が増えていきます。
屋台

手伝いの合間に祭り見物してるのか、見物の合間に手伝ってるのか分からない私。
今度はお昼を食べる、という名目でまた外へ。

前から食べたかったお店を発見。
ついに味わうことが出来ました、ドネルケバブ。
ケバブ
パンの中にキャベツとお肉がびっしり詰まって、500円でお腹いっぱい。
これイイ
今度お父さんにも食べさせてあげようっと。

もちろんバザーの方もせっせと手伝ったので、祭りの呼び物の「キツネの嫁入り道中」も「龍岡藩北越出兵」も「消防団ラッパ隊早足行進」も見られなかったのが残念でした。
特に「消防団ラッパ隊早足行進」 これ見たかったなぁ。

最後に並びに並んで「大阪焼き」をお土産に買い、食べて買ってばかりの小満祭から帰りました。
音楽祭が無事終わってから、私のダイエットは霧の彼方に消えてしまいましたよ。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村>

こちらにも、ポチよろしく。

人気ブログランキングへ 

まりんばが初参加しています。
いのちつないだワンニャン写真コンテスト → ここをクリックしてね

今まで気に入って使っていたテンプレートが、またおかしくなってしまいました。
今日から新しいテンプレートを使用してみます。

佐久市 だるま奉焼祭

今日は、いつも散歩に行く 「鼻顔稲荷」 の1番盛大なお祭り、初午祭の日でした。
例年なら昼間に行くのですが、今年はこの子のために夕方から出かけました。

この子
だるまちび

去年の節分の日、あるスーパーで当たった4等賞の だるま さん。
小さな だるま は去年から1年間、我が家を守ってくれました。

ドスドスやって来て、あっという間に旅立ってしまった まり の事も知っています。

先日、鼻顔さんに奉納し、今夜 「奉焼祭」 で他のデッカイ子たちと焼かれるのです。
だるまの山

夕方行ってみると、もう湯川の河原で神主さんによる神事が行われています。
走った走った 
ここまで来て点火に間に合わなかったら、意味がないもの。

いよいよ点火!
点火役の子供達は、お稲荷さんらしくキツネのお面をかぶっていました。


数分後には、こんなに燃え上がりました。


点火された だるま の山は、ものすごい勢いで燃え上がり、かなりの迫力。
最後には花火まで打ち上げられて、中々の見ものでした。

奉焼祭を見終った後、どういう訳か海産乾物と飴屋さんの多い夜店の間を通り抜け、つい買ってしまったサクラエビとお好み焼きを手に家に帰ったのです。

まんぞく~


読んでいただき、有難うございました。
ランキングに参加しています。ポチよろしく。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

ポチよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

御影新田 道祖神祭り

一昨日、1月7日の夜、小諸市御影新田で、伝統の 「道祖神祭り」 が行われるというので行ってきました。

この祭りは江戸時代から300年以上続いているそうです。

この御影新田という所は、かつては天領 (幕府の直轄地) で小諸藩には属しておらず、御影陣屋という役所があって、そこで政治を司っていました。

今でも陣屋の建物が一部残っています。
陣屋

さて、祭りは午後6時頃から山車が動き出すというので、私は6時過ぎには着きました。
もう辺りは真っ暗。

上宿と下宿から2台の山車が出て、着いた時には山車に乗った子供たちがミカンやお菓子を周りに投げ、人々が争って取り合っていました。
おかしまき


その間に、陣屋跡にある「陣屋稲荷」にお詣り。
お賽銭を上げると、近くにいたおじいさんがミカンを2個も下さいました。
なんか嬉しい 
陣屋稲荷


やがて2台の山車は、町のコミュニティセンターの近くで向かい合い、まず今時珍しいチンドン屋さんの演奏、続いて陣屋太鼓の腹をえぐるような迫力ある演奏。
それにしてもチンドン屋さんなんて、何十年ぶりでしょう!
御影太鼓

雰囲気が盛り上がり、いよいよ2台の山車のぶつかり合い。


目の前で行われたそれは、ものすごい迫力でした。
上には子供たちが乗ったままです。むち打ちになるんじゃないかと心配になるほど。
どうぞ最後までご覧ください。



およそ10回ほどぶつかり合って山車は離れていき、ここで私も帰路につきました。

何と言っても寒い!!!
この寒さの中、お祭りを盛り上げてくれた御影地区のみなさん、ご苦労様でした。
そしてミカンをどうもありがとう。

読んでいただき、有難うございました。
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

ポチよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

千曲川大花火大会

昨夜、佐久の千曲川で花火大会が開かれ、初めて見物に行ってきた。

佐久市野沢の河川敷に座り込み、ゆっくりと見物。

花火大会なんて子供のころ以来だから、ちょっとワクワク

hanabi.jpg

ちょうど真上で大輪の花が咲き、ものすごく綺麗 

そして分かった事は、花火と花火の間の時間が結構あること。

提供してくれた会社の名前を読み上げ、注意事項を言い、ついでに催し物の案内もする。

どこの大会もそうなのかな。

面白かったのは 「祝い花火」

どこそこの誰誰さん、ご結婚十周年おめでとう   とか

ママ、いつもありがとう

とかのアナウンスとともに打ち上げられるのだが、アナウンサーが 「5尺玉10発」 などと言うと、辺りの人達から 

「おお !奮発したねー!」 なんて声が上がり、とても和気あいあいとしたものだった。

それでは、中でも1番見事だった、お人形屋さん 「人形工房サンキュー」 さん提供の花火をお楽しみください。



「サンキュー」って人形屋さんらしからぬ名前だと思ったら、正式名称は 「讃久」 でした。


読んで下さって有難うございます。ポチっとお願いします
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

人気ブログランキングへこちらにもポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ

岩村田祇園祭 その2

昨日は祇園祭2日目。

今まで見逃していた 「お水渡し」 を見るために、ものすごい暑さをものともせずに出かけて行った。

商店街にはもう消防団がスタンバイし、いつでも放水できるように待ち構えていた。

そこにやって来たのは、昨日のチョイ怖のお兄さんたちが担ぐお神輿。

タトゥーをしたお兄さんもいっぱいいて、本当に迫力満点だった。

霧のように飛び散る大量の水を浴びながら、通りを練り歩く。


その後、もう少し大人しいお神輿が練り、お水渡しは終わった。
お神輿相生町

「お水渡し」 は、もともとお神輿ごと、近くを流れる湯川に飛び込む行事だったらしいが、川の汚れなどの原因で今の姿になったとのこと。

この後には、「三神輿総練り」 があったのだが、この暑さではとっても無理。

やきとりを土産に家に帰った。

帰り道から分かれるこの細い道は、かつての 「佐久甲州街道」
信玄も通ったろう街道がこんなに細い道だなんて、驚きだ。
佐久甲州街道


今年の総括

お祭りに行くのは、たそがれ時から夜にかけてが一番!

夜店の白熱灯と人いきれと、どことなく漂う猥雑さは、やっぱり夜でないとね。
来年は夜祭りで決まり



まりです。ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

岩村田祇園祭 その1

今日は岩村田祇園祭の1日目。

朝早くから、家の近くにもお神輿がやってきて、お祭り気分を盛り上げる。

夕方になるのを待って、かなり遠くの駐車場に車を止め、いざ出発 !

いつもは車しか通らない商店街なのに、お祭りの日ばかりはものすごい人・人・人 

まずは、岩村田祇園祭名物の 「お舟様」 にお参り。
お舟様というのは、このすぐ近くの大井城の殿様の御姫様。あまりに醜くてお嫁にもいけないのを嘆き、近くの川に入水。自分の命と引き換えに疫病者の救済を祈願したという(パンフレットより)
さまお舟

それから「御旅舎」にもお参り。ここには神様がいらっしゃるそうだ。
お旅舎

両側にびっしり夜店が並び、ピカピカにお洒落した女の子たちが若さを振りまきながらそぞろ歩き、腰パンにした男の子たちが辺りをキョロキョロ見まわしながら歩き、小さい子の手を引いた家族連れが歩く。
祭りのにぎわい

お祭りの雰囲気って好きだなぁ。

子供神輿が練り歩き、遠くからかなり強面のアンチャンたちの山車がやってくる。

威勢のいい山車は大人気で、私も近くに寄って動画を撮ってたら、危うく巻き込まれそうになった 



今日は佐久も本当に暑い1日だった。夜になっても気温が下がらず風も出ない。
明日はお神輿の 「お水渡し」 があるので、頑張って見て来ようと思っている。



すずまりはお留守番でした。ポチっと宜しくお願いします
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

お祭りの寄付

明日、明後日はここら辺で1番のお祭り、「岩村田の祇園祭」 がある。

お祭り大好き人間の私は、今からワクワクしているのだ 

それに先立つこと2週間ほど前、町内会の班長さんと、お祭り係のおじさんが寄付を集めに家にやってきた。

もちろん寄付をするのはやぶさかではないが、その時立派な 「芳名帳」 をおじさんが差し出すのだ。

そこに、「金弐千円也  岩村田五郎」 と 筆ペン で書くのだ。

何故に 二千 じゃなく 弐千?
何故にサインペンじゃなく筆ペン??


私は2人からじっと見守られながら、緊張で震える手で 、「金弐千円也  岩村田五郎」 と縦書きする。

そういえば去年もそうだったし、一昨年もそうだった。

その度に、「もっと字が上手くならねば」 と思ったのだった。

2人の役員さんは、震えがハッキリ分かる私の下手くそな字が書かれた芳名帳を持って、お隣りへ回って行った。
超はずかしい 

でも、せっかく2千円も寄付したのだから、お祭りはしっかりと楽しんでこなくちゃ。

お祭りの様子は写真を撮って、後日UPできたらな、と思っている。


尚、嬉しいお知らせ。
以前、いつまでも繰り返される悲劇 に書いた三重県のワンコたち、どうにか一段落したそうです。
本当に良かった。


まりです。字は練習した方が良いだに。ポチっと宜しくお願いします
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

はだか祭り

TVで 「日本の祭り」 というのを見た。

出てきた祭りは、信州諏訪の 「御柱祭」、 遠州新居の 「手筒花火」、そして備中岡山の 「はだか祭り」

何と言ってもすごかったのは、「はだか祭り」

祭りとしては珍しく、西大寺というお寺でやるお祭りだ。

お堂の中に9千人の褌一丁のはだかの男たちが集まって、投げ入れられるたった2本の宝木を奪い合う、というものだ。

9千人ですよ! 9千人!!ちょっとした軍勢じゃないですか。

9千人のはだかの男たちが攻め寄せてきたら、小さい城なんてあっという間に陥落するんじゃあるまいか。

とにかく寺内は、ぶつかり合いひしめき合う男たちの体から湯気が立ち上り、何だか西洋画で見た地獄図のような様相。

結局、何が何だか分からないうちに2本の宝木は誰かに取られ、祭りは終了するのだが、祭り終了後の寺内の様子を私は見たかった。 何人かは倒れているはだか男達がきっといるはずだ。

あちこちで将棋倒しになってたし、一度下敷きになったら、あの状況じゃ立ち直れないんじゃないだろうか。

もしかしたら、死体もゴロゴロ転がってたりして。
でもお祭りだから誰も何も言わず、闇から闇に葬られてしまうんじゃないか、と考えてしまっても仕方ない位の、壮絶かつちょっとオエッとなりそうなお祭りだった。

だって、汗みどろで全身ヌメヌメの男たちが9千人、肌をピッタリくっ付けあって揉み合ってるのよ~  一種の恍惚状態にならなきゃ、とてもやってられないお祭りでしょう。

西大寺のHPを見たら、「死亡でも責任は負いません」って書いてあるし、やっぱり死体が転がってたことがあったに違いない。

町では祭りの当日に褌が売られ、それを買って祭りに飛び入り参加する男もいるっていうんだから、ヌメヌメはご免こうむりたい私には、ちょっと理解できない男心なのだ。



人気ブログランキングへ ←はだか祭はすごい!と思われた方、クリックをお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 ←お手数ですが、もう一度お願いします人気ブログランキングへ

小諸市お人形さんめぐり  その2

小諸は歴史のある町です。
市内には古い建物や商家がたくさん残り、それを利用してこのお祭りが催されているのです。

とにかく行った日が悪くて、本当は本町、荒町、与良町と、北国街道をずっと歩いて旧城下町の外れまで行きたかったのですが、途中で断念してしまいました。


まずは、小諸城の大手門
最近修理が終わり、上階に上れるのですが今回はパス。
大手門



それから、市内で一番古い家屋が残っている本町へ。
昔、有名な酒屋さんだった家。今はラーメン屋さんになっているようですね。お酒の名前は 「浅間嶽」 と読みます。
みそや 今ラーメン屋



ここは本町2丁目の古いお店です。何屋さんだったのでしょうか。
こもろみそしょうゆ



「旧小諸銀行」。今は 「萬屋骨董店」で、登録有形文化財です。ウダツが地面まで着いているんですね。
こもろ銀行

このお店の中でも古いお人形とのことです。
骨董品




「大塚味噌醤油店」 今もお店をやっているようですが、残念ながら入ったことはありません。今度チャレンジの予定。
みそしょうゆ



ここは荒町。小諸商人の筆頭、柳田茂十郎が起こした 「柳茂(やなも)商店」 です。明治時代の人で進取の気性に富み、小諸商家の古い体質を改め色々な改革を行ったそうです。例えば店員に制服を着せたり、掛け売りを止めて現金売りにしたり。
積極的に暖簾分けをし、佐久にも 「柳○○店」 という名前のお店がいくつかありますが、ここと関係しているのでしょうか。店前の北国街道を拡幅した時、建物の前部分をスッパリと切り落とされて、正面が真っ平らになってしまったそうです。

柳茂商店


まだまだまだまだ見たい所がいっぱいあるんですが、とにかく今回は寒さにやられてしまいました。
気候が良くなったら、また行ってきまーす。


人気ブログランキングへ ←小諸に行ってみたい!と思われた方、クリックをお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 ←お手数ですが、もう一度お願いします人気ブログランキングへ

小諸市お人形さんめぐり  その1

電車で15分ほどの城下町 小諸に行ってきました。
「北国街道 小諸お人形さんめぐり」 という催しをやっていて、数年前に行ってあまりにも素敵だったので再訪です。
今日は、とにかく雛人形をズラズラとお目にかけます。

まず、メイン会場 「本町まちや館」
おひなさま1

おひなさま6

中にはコタツも用意され、そば茶をふるまってくれました。とにかく寒い日だったので、本当に有り難いサービスでした。

おひなさま3

おひなさま本町

ここから下は、どこのお店だったか憶えていません。なにしろ沢山のお店で公開されていたので。
おまけに雨だし風あるし、最悪の天気でした。日ごろの行いが悪いようです。

おひなさま4

おひなさま5

10おひなさま

どうも少しピンボケ気味なのは、腕のせいかカメラのせいか、それとも古いお人形の精かしら?
その2.も予定しています。その2.は建物編です。


人気ブログランキングへ ←小諸のお雛様は素敵だ、と思われた方、クリックをお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 ←お手数ですが、もう一度お願いします人気ブログランキングへ

大雪の初午祭

今シーズン初めての大雪です
せっかく昨日から準備していた鼻顔稲荷のお祭りも、この大雪のお蔭で参詣人半減?
お店を出すのを諦めた植木屋さんもあって、いまひとつ盛り上がりに欠けていました。

でも勿論、我が家は行きましたよ。愛犬すずを連れて長靴はいて。
積雪約20センチ。 佐久にしては珍しい大雪です。でも、どうってことはありませんよ!なんせ北海道生まれですからね

雪の鼻顔さん。昨日と違い過ぎる!
雪の鼻顔さん


屋台の並ぶ道も、なんとなく寂しい人通り。
いつも思うのですが、このお祭り、妙に飴屋さんと海産物屋さん (ワカメだとかシラスだとか桜エビだとか目刺だとか) が多いんですよ。何故でしょう?
 屋台
ちょっと遠いけれど、後ろ姿も愛らしいワンコが、すずです。

ダルマ屋さんにも余りお客さんがいません。
ダルマ売り

お稲荷さんだから、油揚げが大好き。ちゃあんと100円で売っています。
ちょっとすずに似たお狐さんに、油揚げを奉納。
旧本殿

岩をくり抜いた本殿は、こんな風。狭いけれど有り難~いお宮です。
010本殿

その裏側に、永禄年間に築かれた元々の本殿がひっそりあります。ここにも油揚げがいっぱい。
012旧本殿
こうして見ると、お稲荷さんって本当に真っ赤っか。


さすがに段々寒さがこたえてきました。湯川沿いの道を通って帰る事に。ここは、すずの○ンチ場でもあります。
昨日よりダルマさんがズーっと増えました。鳥居も作られましたね。次々ダルマさんが運ばれていました。

お焚き上げのダルマ

すずはこの後、 「足が冷た~い。もう歩けな~い。 おじちゃま抱っこしてぇ」 と犬とは思われない事を言って歩かず、夫に抱っこしてもらいました。
それって犬としてどうなの


人気ブログランキングへ ←雪の鼻顔さんも良いじゃない、と思われた方、クリックをお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 ←お手数ですが、もう一度お願いします人気ブログランキングへ

ダルマさん 大集合

明日は日本の五大稲荷のひとつ、当地にある 「鼻顔稲荷」 (はなづらいなり) の初午祭です。
本当に五大稲荷の一つなのかどうかは分かりませんが、霊験はあらたかなんですよ~~

うちなんて、一昨年は別の神社に初詣に行ったら本当にろくでもない年だったけど、去年、鼻顔さんに行った途端、家内安全、一家健康になったもの。

初午祭というとダルマさんを持ち寄って焼いてもらうんですが、お祭りを明日に控え、河原に続々とダルマさん達が集まっていました。
ダルマ2

大勢のダルマさんがこっちを睨んでて、ちょっと怖い。
でも1年間ご苦労様でした。

ダルマさんのいる所から見上げると、鼻顔さんの社殿が。すごい所にあるでしょう?
鼻顔さん

明日はもちろん、お参りに行ってきます。
参道も境内も、いっぱいの人と屋台で埋まるんですよ。

みなさんも佐久にいらしたら、霊験あらたかな 「鼻顔稲荷」 にぜひお立ち寄り下さい。

鼻顔さん正面


人気ブログランキングへ ←佐久に行ったら鼻顔稲荷!と思われた方、クリックをお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 ←お手数ですが、もう一度お願いします人気ブログランキングへ

プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード