本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

ヤマカガシ

子供がヤマカガシに噛まれたと、ニュースになっていますね。

今回のヤマカガシを見ると、体の横側が青いような色だったけど、オレンジ色の斑点になっているのもいるんですよね。

ヤマカガシが、マムシの4倍もの毒を持っているなんて、全然知りませんでした。
毒蛇といえばマムシ、
ヤマカガシがそんな猛毒を持っているなんて、考えたこともありませんでした。

ヘビさん大好きなすずが、鼻顔さんの近くの茂みから引っ張り出して振り回したヘビは、横っ腹にオレンジ色の点があったんですよ。
あれって、ヤマカガシですよね。

ああ、良かった。
あの時、噛まれなくて。

それにしても、小学校の男の子たち。
本当に何をするか分からない年頃ですよね。

無事に命が助かって良かったわと、ついお母さんの気持ちになって胸を撫で下ろしました。

スポンサーサイト

真央ちゃんと 「仮面舞踏会」

浅田真央ちゃんが、引退を発表されましたね。

つい 「ちゃん」 付けで呼んでしまう真央ちゃんだけど、本当に大変な競技人生だったと思います。

私が彼女の演技の中で一番好きだったのは、2008年~2009年のシーズンで舞った、「仮面舞踏会」
もうもう本当に素晴らしくて、今でも強烈に印象に残っています。

恥ずかしながら、私はこの曲を知らなくて、真央ちゃんの演技で初めて知り、それ以来大好きな曲になりました。
シックな紫の衣装に身を包み、ものすごく激しい動きで舞う真央ちゃんの素晴らしさ。

ロシアのタラソワコーチの指導の下、この物凄くハードなプログラムを滑る真央ちゃんは最高。
いつ見ても、最後のステップに入るときなんて、背筋がゾクゾクしてしまう私です。

スピードも最後まで衰えず、これは他の選手には出来ないんじゃないだろうか。

こんな素晴らしい演技を見せてくれて、そしてこんなに素晴らしい曲を教えてくれて、本当に有難うございますと言いたいです。



上田市の 「真田丸大河ドラマ館」 は、明日最終日です

先日、大河ドラマ館入館者、100万人目に到達しました。
100万人を目指していたので、ぎりぎりセーフでしたね。

今日の信濃毎日新聞に、こんな広告が

殿、今度は100万人が押し寄せましたぞ。


これ、結構気に入っちゃった 
100万人が押し寄せたって、スゴイですよね。
たった1年間だったのに。

こちらは、ものすごい寒さで、もうブルブルです。
さっき、すずのオチッコ散歩に行ったら、道路がツルッツルに光っていて、歩くのが怖い事!
我が家の廊下も、完全に冷蔵庫状態になってます。


この寒さの中、明日は東京に行ってくるので、ブログお休みしますね。
楽しい企画が盛りだくさんで、今からワクワクしてるんです♪
帰ったら、ゆっくりご報告しますね。
それじゃ、行って来まーす 

札幌市円山動物園で、今度はカンガルーが死去

以前、マレーグマの暴行死事件が起こって、私も思わずブログにアップしてしまった、札幌市立円山動物園で、今度はカンガルーが死にました。

以前の記事です。 → 「札幌円山動物園のマレーグマ ウッチーの虐待死について
               「円山動物園 ウッチーの話と 「モーニングバード」

そして今度は、カンガルーが死んでしまったそうです。

円山動物園でカンガルー死ぬ 園長「防げた事故」  (yahooニュース  テレビ朝日)

何ともやるせない思いです。
「夜の動物園」なんてやらなくても良いから、もっと動物たちを注意深く見守ってほしいものです。
もちろん、愛情を持って。

2017年01月08日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

雷鳥のヒナちゃんはどこへ

昨日、長野県大町市の、市立大町山岳博物館から、ここで孵化した雷鳥のヒナ2羽が逃げ出して、1羽(雄)は捕獲されたものの、もう1羽(雌)が未だ見つかっていません。

9日にこれまで飼育していた飼育舎の東棟から中央棟へ移動させた。10日午前9時20分ごろ、飼育員が中央棟の中を清掃している際、40〜50センチ四方の天窓を開閉させるひもにニホンライチョウの1羽が接触。そのはずみに天窓が開き、そこから2羽が飛んで逃げてしまったという。 (信濃毎日新聞)

博物館の人はもちろん、近隣の住民にも呼びかけて探しているんだけど、なかなか発見されないみたいなの。
この雷鳥のヒナは、博物館で孵化に成功したヒナたちで、無事に見つかると良いんだけど。

TVで見ると、真っ白の体の綺麗なヒナで、外の世界に出てみたかったんだろうか。


話は違うけれど、我が家の近くの道路は、元々農道だったような道で、もちろん歩道なんてありません。
特に朝散歩の時が皆さんの出勤時間と重なるようで、みんな殺気立ってるの。

狭い道をこちらは犬連れ、なるべく端を歩くようにしてるんだけど、車によって本当に色々なの。

ものすごい勢いで、全然スピードを緩めることも無く突っ走って来る人。
歩行者とみて、スピードを緩め、軽い会釈までしてくれる人。

私、スピードを出して来る車は、立ち止まってジーーッとナンバーを見てやるんだ。
会釈してくれる人には、こちらもニッコリ笑って会釈を返す。

朝で忙しいのは分かるけど、ちょっとしたはずみに人身(犬身)事故に繋がるんだから、 心の余裕を持って運転してもらいたいものです。

長野県民手帳が売り出されましたよ♪

毎年お馴染み、「長野県民手帳」 が売り出されました。

県民手帳

もちろん、すぐに買い求めましたよ。
定価 500円。

今年の見開きは、こんな風です。

手帳2

去年は御開帳
今年は御柱
来年は山がメインのようですね。

「木曽路はすべて山の中」
藤村の 「夜明け前」 ですね。

来年1年間、この手帳をフルに活用しようと思います。


ここで話はガラリと変わり、食欲の話です。
「食欲の秋」 とは良く言ったもので、このところ順調すぎるほどに食欲が進みます。

特にいただいた保有米が美味しくて美味しくて、お箸が止まらないのよ。
当然、体重も順調に増え、昨日まではちょっと焦っていた私も、もう諦めムードです。

北海道からは筋子とタラコが届くし、それより何より 「野沢菜ちりめん」 という生ふりかけにゾッコンなんですよ。
おかずを一通り食べ終わったら、熱々のご飯にこれを掛けタラコを乗せ、熱いお湯をかけてフウフウ言いながら食べるの。
これが美味しいんだわ!!

食べながら、あ~あ、これでまた体重が〇〇g増えるぞ~ と思いながら、美味しさに負けて食べてます。
美味しい秋が終わると、クリスマスにお正月。 
体重の増えることばかりね。

感動しちゃった♪

朝、いつものようにボーっとしながら起きると、すでにTVが点いていて体操の最後のところ。

内村選手が見事な床運動を決め日本が優勝 
いやあ、嬉しい嬉しい 

眠くてほとんど死んでいた私は、目がカッと見開き、いきなりのテンションマックス。
それからは、いろんなTV局をザッピングしながら、余韻に浸りっぱなしです。

いつも思うことだけど、体操とフィギュアほど大変な競技は無いんじゃないかと思うのよね。
だって、年年歳歳、技術がとんでもなく向上していくんだもの。
これって、限界はあるんだろうか???

憶えているのは 「ウルトラC」 なんて技が出てきて、大騒ぎになったこと。(いったい何十年前のことなんだ!)
今はなあに? 「G難度」 とか 「H難度」 なんていうのがあるのよ。
C→D→E→F→G→H
半端ないわよねぇ。


ところで今日は日本全国、ものすごい暑さだったみたいですね。
ここ、佐久は、朝から結構な風が吹き、過ごしやすかったのよ。
暑い地方の方、ごめんなさいね。

今、この時間は窓を1つだけ開けて、そこから涼しい風が吹き込み、すごく気持ちが良いんです。
ちょっと不安なのは、このまま秋になりはしないよね・・・ ってこと。

人間なんて勝手なもので、暑けりゃ暑いでヒィヒィ言うくせに、これで夏が終わるなんて言うと、物足りなくも思うものよね。
まあ、明日になると、暑い暑いと騒ぐんだろうけど。

それでも、午後のすず散歩は、もちろん牧場です。
牧場

牧場と浅間

2牧場

いかがでしょうか。
信州の高原の風が、みなさんの所まで吹いていったでしょうか。

忘れちゃいけない、とみに白髪が目立つようになった、この子です。
牧場で歩く距離も、去年の3分の1ほどになってしまいました。
一緒にのんびり歩いています。
すず牧場と

熊本の大地震

熊本の大地震、本当に驚きました。

あの不気味な音声と共に流れる地震情報を聞くと、あの3.11を思い出されてしまいました。

次々とTVに映し出される映像に、ショックを受けました。

亡くなられた方々、被災された方々、心からお悔やみ、お見舞いを申し上げます。



一夜が明け、鎮まるどころかますます酷くなる地震の様子に、驚きながら過ごしています。
震度6が何度も襲ってくるなんて、皆さんは生きた心地もされていないでしょう。

被害の状況が刻々と知らされている私たちと、何も分からないかもしれない現地の方々。
何とも言葉もありません。

どうか、大地が治まってくれますように。
2016年04月16日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

下社の木落としが始まりました

先日の上社の木落としに続いて、今日からは下社の木落としが始まりました。

「ミヤネヤ」 などで長々と放映していましたが、毎年そうだったっけ?
それとも、御柱祭が有名になった証かしら。

今日は、下社の 「春宮四」 「春宮三」 「秋宮二」 の御柱の木落としが行われたんです。

上社と下社の木落とし場所は違う所で、下社の方が傾斜が急で距離も長いようです。
最大傾斜35度。
これは、ジャンプ台の傾斜と同じそうですよ。
怖いわよね~

信州で夕方にやっている、テレビ信州の 「夕方ゲット」 からの動画を載せさせていただきます。

まず、春宮四の御柱から。
[広告] VPS



春宮三の御柱
[広告] VPS



秋宮二の御柱
[広告] VPS
 


どれも、ものすごい迫力ですねぇ。手に汗握っちゃいました。
氏子の皆さんの素晴らしさに、感動しました。

この木落としを見るためには、有料観覧席の券を買わなければいけません。
シャトルバス付きで、SS席が7,000円、S席が6,000円、A席が5,000円、B席3,000円
完売だったそうです。
見てみたいものですね。

今日で5年ですね

地震の起きたあの時間、私も黙祷を捧げました。

まりが来た日という事とあいまって、本当にあの日の事は忘れられません。
つい先日のことのようです。

国会中継で、議員たちが天井を見上げていたのも、そのうち我が家も揺れ始めたのも。
あの不気味な地震警報が、TVから流れたことも。

津波の恐ろしさ (恐ろしさなんていうもんじゃない、ありのままの姿というのかな) を、嫌と言うほど見せつけられて。
津波とは、ああやって押し寄せて来るんだな。
あんな映像を見ることがあろうとは、夢にも思っていなかったから。

遠くにいた者にとって、これ以上書くこともできません。
何年目だから、などということではなく、いつも忘れてはいけないことですよね。
2016年03月11日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

飛行機で座る席の責任

今日、新千歳空港で、JAL機のエンジンから煙が出て、乗客が脱出したっていうニュース。

こんな風に脱出するんだ~って見ていたら、乗客の女性が 「シュートを滑り下りたら、一般の人が立ちあがるのを手助けしてくれて・・・」 というような事を話していたの。

それを見ていて、なるほど!と思ったこと。

私は飛行機に乗る時、出来る限り非常口横の席を指定することにしてるんです。
あそこは足元が広々してて、トイレに行くのも楽だし、何かと便利なのよね。

座ると必ずCAさんがやって来て、 「非常の時にはお手伝いをお願いいたします」 って言うの。
もちろん 「ハイ、分かりました」 って返事をしてたけど、具体的に何をするかは分からなかったのよね。

でも、今日のニュースを見ていて、脱出用シュートを下したら、私たちあの席に座った者たちが最初に滑り降りて、次々に下りて来る人たちを助け起こしたりするんだわ、きっと。
なるべく動きやすい服装で乗らなきゃいけないわね。

それにしても、いつも利用している新千歳での事故だし、他人事ではないニュースでした。

とんでもない事故が起きてしまって・・・・

ご存じと思いますが、軽井沢バイパスの入山峠付近で、恐ろしい事故が起きてしまいました。

負傷者の方は、我が家の近くの病院にも搬送されたようです。

昨夜は合唱で立ちっ放しの練習後に新年会で疲労困憊、かなりの数の救急車が近くを通ったはずなのに、私は爆睡していました。

ニュースを見ていると、皆さん若くて楽しい盛り。
長野でのスキーを楽しみにしていたんだろうに、と思うと、本当に悲しいです。

あの年頃になれば、特に一人暮らしの人などは、いちいち家に 「スキーに行くよ」 なんて知らせないことも多いだろうし、いきなり事故を知らされた家族のお気持ちはいかばかりかと、胸が痛みます。

朝、娘が病院の近くを通ると 「緊急外来、非常事態」 と何度も流れていたとのこと。
病院も大騒ぎだったと思われます。

今、この時にも生死の境を彷徨っている方がいらっしゃるのでしょう。
一人でも多くの方が助かりますように。

それにしても、何故あんなクネクネした下道を通ったのかな。
高速を通っていさえすれば・・・と本当に残念です。

札幌円山動物園、ウッチーその後

以前に書いた、札幌円山動物園のウッチーについてのことです。(札幌円山動物園のマレーグマ ウッチーの虐待死について) 
ウッチーについては、どうにも書き進める気持ちが出なくて、今までグズグズしていたんだけど、やっぱり書きますね。

札幌市の処分が、9月30日に出ました。
それが信じられないくらい軽くて、公務員の責任の取り方の良い加減さに呆れるばかり。

だって、あんなに次々と動物が死んでいったのに、特にウッチーはあんな酷い死に方をしたのに (させられたのに)

1番重くて、減給1か月

その他は、

戒告
訓告
口頭厳重注意
文書厳重注意

こんなものなの?? 
私は納得がいきません。

ウッチーのことを思い出すのは辛いんですよね。
私は、change.org の、
   ↓
円山動物園による虐待で犠牲になった 「マレーグマ・ウッチー」の命と生涯を決して忘れない。 動物園で飼育される動物達の『命の尊厳と安全』を守るためにできることをしよう!!
に署名しました。

少しでもウッチーを思っている気持ちを表したいのと、円山動物園に、動物に対する扱いをきちんとしてもらいたいと思って署名したんです。
私はとにかく、関係者にきちんと責任をとらせ、動物に対する愛情を持って仕事をしてもらいたいんです。

私が署名した時、署名数は100名余、それが今は11,514名もの方が署名してくれています。
書いてある内容も、私なんかよりもずっと詳しいし思いも溢れているので、ご一読いだたければ嬉しいです。

2015年10月18日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

大村智教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます!!

今日は色々書きたい事があったんだけど、夕方いきなり飛び込んできたビッグニュース。

北里大学の大村智教授が、ノーベル医学・生理学賞を受賞されましたね!
こういうニュースって、本当に嬉しいですね。

北里大学病院は、子どもが赤ちゃんの頃から、ずーーーっとお世話になっていたので、このニュースを聞いた途端、あの頃の事を色々思い出して、一人で勝手に感慨に耽っちゃいました。

大村教授の開発された 「イベルメクチン」 は、犬のフィラリアの予防薬に使われているんですね。
すずも、このお薬のお蔭を被っているわけだわ。
フィラリアが人間も罹る病気だというのも、初めて知りました。

特許を手放し、薬は無償で提供されたとのこと。
これって、なかなか出来ることじゃないですよね。

「医は仁術」 って、こういうことを言うんじゃないだろうか。
本当に素晴らしい方が日本人の中にいたということと、その人の功績をノーベル賞選考委員会が認めてくれたということが、とっても嬉しいニュースでした。

昨日からTVにクギ付けです

とにかく、あの東日本大震災の津波を思い出させるような映像。
被害に遭われた方々、家を流された、土地さえも流された方々の気持ちを思うと、本当に辛いです。
連絡が取れない方もいらっしゃるようで、どうか御無事でと願わずにいられません。

今回は、自衛隊の出動がとても早かったと思うのですが。
以前、自衛隊の派遣は、知事からの要請が無いと出来ないと聞いた覚えがあるのですが、茨城県知事の判断が早かったということなのかな。

電柱に掴まった方を後に回して、どうして家にいる方を先に助けるんだろう?と不思議だったけど、あの家は直後に流されてしまったんですね。
一刻を争う中での、素晴らしい判断だったと思います。
それにしても自衛隊の方達、日頃の訓練の厳しさが窺えますね。
あんな所でヘリコプターがホバリングして、電柱に触れてしまうんじゃないかとハラハラしました。
心から頭が下がります。
本当に有難うございます。
もちろん、その他の救出に当たっていらした方達にもです。

そして・・・
ヘリコプターに吊り下げられて助けられる皆さんを見ていて、我が家だったらどうしようと考え込んでしまいました。
犬はヘリコプターに乗せてもらえるのだろうか、吊り下げられるとき、大暴れしたりしないんだろうかって。

ヘリコプターに犬が乗れたのかどうかは分からないけれど、何家族かの方はワンコ連れで避難所に行かれた方もいらっしゃいましたね。
だけど、その他にも大勢いただろうワンコ達はどうなったろうと思うと、気持ちが重くなります。
早くに水が引いて、みんな元気でいることを願うばかりです。

円山動物園 ウッチーの話と 「モーニングバード」

このブログは、できるだけ読んで楽しいこと、私が面白いと思ったことを書こうと思って始めました。
だけど、こと動物に関しては、私は我慢ができません。
私は今、ものすごく怒っています。

札幌市立円山動物園で、マレーグマのウッチーが見殺しにされた記事は、先日書きました。⇒ 札幌円山動物園のマレーグマ ウッチーの虐待死について

小さなブログだけど、どなたかが読んで下さって、このひどい状況を知ってもらえればと思って書きました。
その後の話です。

ウッチーが見殺しにされたのが、7月25日。
その後、シマウマの飛馬(ひゅうま)が、8月23日、新しい展示室に移送中に死亡。
そして、8月30日、キリンのナナコが死亡。

本当に、この動物園はどうなっているのでしょう?

今朝、家事をやりながら テレ朝のモーニングバード を見ていると、円山動物園の動物連続死のことを取り上げました。
私は、やっと全国版でも取り上げてもらえたと、束の間喜んだんです。

ところがですよ、それが酷いんです。

ウッチーが死んだことについて、「何とか町田」 という上半身裸のオジサンの意見として
自然界にはよくあること
と言ったんです。

はぁ!?? 自然界??
動物園って、とんでもなく不自然な環境の中で、自然界によくある動物同士の殺し合いを見せる所なんですか。
入場者は入園料を払って、あんな残虐な場面を見に行く所なんですか。
そうじゃないでしょう。
子どもだって、大勢行くんですよ。
出演者の誰かが何か言うかと思って注視していたのですが、「自然界によくあること」 で納得してしまう雰囲気が漂い、結局そのままです。

この番組のスタッフや〇〇町田というオッサンは、あの動画をちゃんと見ているのか。
見ていて、こんな信じられない言葉を吐いているのか。
動物園に行って、あの場面を子供と一緒に見ても平気なのか?

おまけに、30歳のウッチーと5歳のウメキチの繁殖を考えていた、などと言っていました。
人間だって、80歳のおばあちゃんと若い男性の間で、子供が出来るなんて有り得ないでしょう。


私は本当に悲しくなりました。
すぐに、テレ朝に抗議メールを出しましたが、どれくらいの効果があるのかどうか。
それでも意見を言わないよりはマシと思い、出しました。
オリンピックのエンブレムも、ネット社会であれだけ騒いだから、重い腰を上げて取りやめになったんだし。

自然界にいる動物を不自然な状態に閉じ込めてお客に見せるんだから、せめて動物が安心できる環境で飼ってあげて欲しい、心からそう思います。

とにかく、この動物園の動物はどこかに移してあげて、廃園にしてもらいたいです。
そうじゃないと、もっと死んでしまいそうです。
今日の番組を見ていると、裏で何かが蠢いているんじゃないかと勘ぐってしまいました。

最初に札幌市に出したメールに対する動物園からの返事は、全くありません。
尚、獣医師を一人増員するというのが改革案のようですが、そんな問題ではない。
勤務している職員全員の、動物に対する愛情の問題でしょう。




2015年09月01日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

札幌円山動物園のマレーグマ ウッチーの虐待死について

この記事を書こうか書くまいか、かなり悩みました。
理由は様々あって、

第一に、肝心の動画を飛ばしながらしか見られなかったこと (あんまり可哀想過ぎて、吐き気がしてしまいました)
第二に、最近の円山動物園には全く行っていなくて、様子が分からないこと

だけど、ヤフーニュースの過去記事を見てもコメントも殆ど入っておらず、全国的にはまったく知られていない様子なのを見て、小さなブログだけど少しでも誰かに知って欲しくて書くことにしました。

札幌市にある円山動物園で、今年の7月25日に死んだマレーグマのウッチー。
年齢は30歳以上、人間で言えば60~80才のおばあちゃんでした。

動物園では、若いオスのウメキチとメスのハッピーの繁殖を考えていて、同居訓練を始めました。
そこに、どういう訳かウッチーも同居させたのです。
若い2匹と、もうおばあちゃんの3匹の同居。
ウッチーはウメキチに執拗に攻撃され、何度も怪我をし、その様子の余りの酷さに来園者が動画を撮ったのです。

もちろん衆人環視の元に攻撃は行われ、何人かの人が園に訴えたようですが、動物園側は 「ひそかに監視しているので心配はいらない。温かく見守って下さい」 と取り合わなかったとのこと。

6月20日、ウメキチに痛めつけられて大けが。
7月24日に再び、この同居訓練と称する虐待の末、ウッチーは獣医師に診せても貰えず、翌25日に死亡しているのが見つかりました。
動画は3本ありますが、この1本しか載せる気になれませんでした。
余りに酷くって。





園側の最初のお知らせです。

『わくわくホリデーアジアゾーンで飼育しておりましたマレーグマのメス「ウッチー」が7月25日未明に死亡しましたので、ここに謹んでお知らせいたします。
28年間、円山動物園でみなさまに愛していただいたことを感謝いたします。

生年月日 不詳(30歳以上)

来 園 日 昭和62年(1987年)7月1日

死亡年月日 平成27年(2015年)7月25日

死 因 現在調査中です。』


明らかに、ウメキチとの同居による暴行を止めることもしなかった園側の責任なのに、この他人事のような言い方は何でしょう?
動画を撮影された方がいて、ネット上で大問題になり、札幌市も動かざるを得なくなり、円山動物園に8月4日に動物愛護法に基づき調査に入りました。
その結果、職員を処分へ、というのが現状です。

私は余りの事にショックを受け、こんな動物園に何を言ってもダメだと思い、「市政提案コーナー」インターネット市政提案コーナー(市民の声を聞く課あて) にメールをして園長始め職員の総入れ替えをすべきだと書きました。
後日返事が来て、『環境局円山動物園のほか関係部局へ送付いたしました』 とのことです。

こんな動物園にいくら送付しても、何とも感じないのではないか。
動物園の高齢動物は一体どうなるのかと考えたことがありますが、なるほどこうやって処分することもあるのだと、何とも辛く悲しい気持ちを味わっています。
高齢動物など、動物園にとっては邪魔者でしかないという訳でしょう。

おばあちゃんが若いオスと同居させられ、逃げることも出来ずものすごく痛い思いをしながら死んでいく。
こんなひどいことがあって良いはずがない。

この動物園は、このすぐ後に、まだ若いシマウマを400m移送する際に、死なせてしまいました。
この他にも、数々の不祥事を起こしているようです。
グーグルで 「円山動物園不祥事」 で検索してみてください。
沢山のブログやまとめがアップされています。
でも、まだまだ全国レベルでの話題にはなっていない気がします。

動物園は、自然界にいる動物を強制的に連れて来ているのですから、せめて安泰な生活を送らせてあげる義務があるはずです。
ウッチーの顔を見ていると、すずまでがウッチーに見えてしまい、辛くなってしまいます。
こんなひどい動物園が札幌にあることを、ウッチーという可哀想なマレーグマが殺されたことを、知って下さい。

コメント欄は閉じさせていただきますね。
ちょっと辛すぎるので・・・・

インターネット市政提案コーナー(市民の声を聞く課あて)
2015年08月27日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

テレビで見た御開帳準備

TVニュースからです。

善光寺住職 大勧進 小松玄澄貫主
かんす小松

善光寺住職 大本願 鷹司誓玉上人
五摂家の一つ 鷹司家に生まれ、26才で入山、今回の御開帳は10回目とのこと。
60年も上人を務められていらっしゃるんですね。
鷹司上人

そもそも、善光寺には 天台宗の 「大勧進」 と、浄土宗の 「大本願」 があり、大勧進のトップは貫主(かんす)、大本願のトップは上人と呼ばれ、大本願上人は代々女性が就くそうです。
そのお二人が住職を務められているのが善光寺なんですね。

回向柱は、江戸時代から松代藩が寄進することになっているそうです。
今回も、もちろん松代町から寄進されました。
松代甲冑隊の皆さんです。
甲冑隊

木遣りを歌いながら、回向柱を先導します。
裃

こんな、裃姿の方達もいらっしゃいました。
回向柱行列

回向柱が善光寺に着きました。
善光寺

こうしてみると、御柱祭と同じく、こちらも太い柱を木遣りを歌いながら力を合わせて曳くわけです。
この 「木を曳く」 というのは、信州独特なんでしょうか。

善光寺のことはかなり難しく、とりあえずネットで調べたことを書きましたが、果たしてこれで合っているのかどうか心配。
何故、大勧進と大本願があるのかも不思議だったのですが、天台宗と浄土宗ということのようです。
まだまだ不思議がいっぱいありそうな善光寺。
もしも間違ったことを書いていたら、ごめんなさい。

善光寺御開帳まで、あと1週間!

4月5日から5月31日まで、7年に一度 (実際には6年に一度) の善光寺の御開帳です。
今朝の新聞では別刷りになって入っていました。

御開帳新聞

前回に比べて意外と騒いでいないなと思ったら、ここに来て急に新聞でもTVでも、取り上げ始めました。
一口に御開帳といっても、色々な行事があるんですね。

御開帳2

・回向柱奉納行列
・回向柱受入式
・前立本尊御遷座式
・回向柱開眼法要
・回向柱建立式
・御開帳開闢大法要
・中日庭儀大法要
・篠ノ井大獅子奉納
・御開帳結願大法要
・前立本尊御還座式

ニュースによると、今日は早速 「回向柱奉納行列」 「回向柱受入式」 が行われたそうです。
”牛にひかれて善光寺参り” の通り、黒い牛さんが回向柱を曳いて歩いていました。

何しろ、前回は約2か月で673万人の参拝者が訪れたんです。
今回はどうでしょうね。
北陸新幹線も開通したことだし、もっと沢山の方に来ていただきたいものです。

善光寺は、無宗派のお寺さんなんですね。
開山以来1400年間、無宗派というのは、世界的にみても珍しいそうですよ。
その理由は、本尊の善光寺如来が日本に渡来した時、日本には仏教宗派が存在しなかったからだそうです。

そして、御開帳されるのは前立本尊であり、文字通り本尊の前に立つ本尊とそっくりの仏様です。
本尊の一光三尊阿弥陀如来像は、1000年以上にわたって誰も見たことがないというのですから、凄いですよねぇ。

かく言う私は、行くかどうかは微妙なんですよね。
何しろ56日で673万人ってことは、1日で凡そ12万人。
この人数が、あの参道にひしめくかと思うと、考えただけで腰が痛んでくるし。
ニュースで見ながら拝む方が無難だわ。


北陸新幹線開業

ちょーーっと遅くなったけど、先週の土曜日 3月14日に、北陸新幹線が開業。

その日の新聞です。

新聞新幹線

これ分かります?
新聞の裏表全面を使ってるんですよ。
私、こんなのを見るのは初めて。
いかに開通が待たれていたか、良く表れてますよね。

この日の朝、私は定期演奏会でレクイエムのオルガンを弾いて下さる先生を、佐久平駅まで迎えに行ったんです。
驚いたことに、佐久平駅も何か人が多くて出店まで出て、どこかざわついた雰囲気♪

改札口を通った所に、吹奏楽団が集まり、中にはアルクマもいました。
アルクマっていうのは、長野県認定のゆるキャラです。
ガラケーでセレモニーを写したんだけど、全然ダメ 
仕方ないから、アルクマを 「しあわせ信州」 のHPからお借りしました。

アルクマ

アルクマって、こんな子です。
  ↓
アルクマの紹介

先生のために1本前の新幹線の指定席を取ろうとしたら、満席。
仕方なく、グリーン車、グランクラスも見たけど、どれも満席だったんですよ~
グランクラスが満席よ!
驚いちゃった。
みなさん、気合が入ってたんですね。
今日辺りは少し落ち着いたかしら。

そしてこちらは、我が家のゆるキャラ すず。
って、ちょっと緊張感無さ過ぎじゃないかい?(笑)
 ↓
爆睡すず
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード