FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

どーせ需要は無いのさ

庭で作っているキュウリ。
いっくら気を付けていても、気付かずにお化けになってしまうのがあるのよね~

前に、何と2本もお化けキュウリが出来てしまい、捨てるに忍びなかった私はネットを検索しまくり、
「キュウリのキューちゃん」 を手作りすることにしました。

何度も湯通しし、出汁で煮たりもして、ショウガも入れて出来上がった手作り 「キュウリのキューちゃん」
冷やして温かいご飯と共に食卓に出したら、その時だけは皆のお箸が伸びたの。

でも、その時だけ。
後は何回出しても、誰も手を出さない。
そのうち出すのも面倒になって、冷蔵庫に入れたまま。
あれ、そのうち処分しなくちゃ。

買ってきた 「キュウリのキューちゃん」 は食べるけど、私の手作りはこんなものね。
やっぱり、お化けキュウリのせいだと思うんだ。
あれはやっぱり美味しくないわよね。

先日は燃えるゴミの日に、デッカイ袋にびっしりのお化けキュウリが出されていて、ああ、どこのお宅もお化けキュウリに悩まされているんだわね、と思った次第でした。

スポンサーサイト

もう作らないっと

今日は久しぶりの餃子。
本当に久しぶりで、1年ぶりくらいじゃないだろうか。

以前は良く作っていたのに、最近めっきり作らなくなったのは、どうやっても美味しくならないから。
おかしいなぁ。
前はもっと美味しかったはずなのに・・・

たまたまネットを見てたら、ニラたっぷり餃子が出ていて、これは美味しそう!と作ってみたの。
直売所に新鮮なニラもあったしね。

キャベツ、ニラ、ショウガ、ニンニク、豚のひき肉。
これに、ごま油、お醤油、コショウ、片栗粉を入れて、混ぜ混ぜ。
しっかり捏ねて、冷蔵庫で寝かせて餃子の皮で包む。
ごく当たり前の作り方でしょう?
 
焼き餃子にして、ポン酢とラー油で熱々を食べる。
絶対に美味しいはずなのに、何とも味気ないというか、何かが足りないというか、大味というか。

やーめた やめた。
もう作らないっと 

それにしても、何でこんなに不味いんだろう???
美味しくない餃子って、あまり聞いたこと無いんだけどねぇ 

今はレンコンの時期じゃないのね

私の得意料理。
数か月前に、病院の待合室で読んだ料理本に載っていた 「鶏とレンコンの炒め物」

作り方は簡単で、鶏胸肉をそぎ切りして片栗粉をまぶし、油で揚げる。
レンコンも適当に切って片栗粉をまぶし、油で揚げる。
この2つを、オイスターソース、醤油、酒、酢 などで作っておいたソースで和える。
これだけ。

結構美味しいし、作り方も簡単なので、特にニンニクなどを使えない合唱前の献立にピッタリなの。
鶏胸肉も安いしね。

ところが、スーパーで探しても、レンコンが見当たらない。

Aスーパーで聞くと 「すみません。水煮ならあるんですが、生のレンコンは無いんですよ」
Bスーパーで聞くと、 「こちらですよ」

見ると、ほんの僅かのレンコンが麗々しくパック詰めされて〇〇〇円。
高い!!

やっと分かりました。
レンコンは1年中あるものだと思っていたけど、やっぱり時期があるのねぇ。
今は旬では無いんだわ。

6,7月は完全に時期外れ。
知らなかった~

しばらく我慢だわ。

まるで醤油汁

北海道から東京に出てきた当時、食べたくてたまらなくなったのは札幌ラーメン。

どこのお店だったかは忘れたけど、中央線沿線のある駅前のお店で、醤油ラーメンを頼んだの。

出てきたラーメンは、丼に麺、メンマ、ネギ、チャーシュー、
ごく当たり前のラーメンだったけど、一口スープをすすってたまげてしまった 

だって、スープにまったく出汁が取れていなくて、まるでお湯に醤油を注いで色を付けたものだったから。
いやだ、こんなのラーメンじゃない 

当時の札幌ラーメンといえば、鶏ガラや野菜でしっかり出汁を取り、炒めたモヤシやひき肉がたっぷり乗っていて、コクもあってコッテリして本当に美味しかったんだもの。
東京のラーメンって不味い!
これが第一印象。

その印象は、他のお店で食べても全然覆らず、どうしても美味しいとは思えなかったのよね。
それでも麺類を食べたかった私は、次善の策を発見しました。

それは、タンメンを頼むこと。
タンメンって、野菜をたっぷり使った塩味の麺で、醤油汁よりはずーっとマシだったの。
だから、どうしても麺類が食べたくなったら、どのお店でもタンメンを頼んでいました。

いまは、さすがに醤油汁のお店は無くなり (少しはあるのかな?) 出汁はしっかり取れている麺類が多くて、喜ばしい限り。
あの醤油汁は一体何だったんだろう??
あの頃の東京の人って、あのラーメンを本当に美味しいと思っていたのかな。
それとも、他に食べたことが無いから、あの味が当たり前だったんだろうか。

最近は、外にラーメンを食べに行くこともほとんど無くなった私。
今度、札幌に帰省したら、どこのラーメンを食べに行くか、今から頭を悩ませているのです。

美味しいゴールデンウイーク

急遽、子供たちが全員集合することになった、ゴールデンウイーク。

それぞれ、美味しい物を持って来てくれました。

北陸から来た息子はこれ。

がすえび

ガスエビだって。
ガスエビって、私初めて聞いたし、見たのも初めて。

調べてみると、甘エビに比べて鮮度の落ちるのが早く、地元以外にはほとんど出回らないそうです。
これに出会えた観光客はラッキー♪ なんだそう。

卵がいっぱい付いていたんだけど、無理に殻を剥くと卵も落ちてしまうので、ちょっとだけ殻を剥いたら、直接口を付けてチュルチュル吸う感じで食べました。
美味しいのねぇーー

身がプリップリで甘くてボリュームもあり、これは美味しい 
鮮度も最高で、全員で 「これは凄い!」 とため息もの。

それから次にはこれです。
娘のダンナさんが届けてくれました。

かき

牡蠣40個です。
例によって、生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライで食べました。
こちらも最高の美味しさ 

これでお腹いっぱいのところだけど、先日から開き始めた無人販売所の獲れたてアスパラのサラダも合わせて、文字通りたらふく食べましたよ。

9連休の触れ込みで始まったゴールデンウイークも、あと2日。
早いものですねぇ。

佐久で5月の3,4,5日に毎年行われるバルーンフェスタ。
気球が飛ぶのは、2日間とも雨と風で中止。
最終日の明日はどうなるでしょう。
せっかく各地から集まってくれた参加者の皆さん、明日は無事に開催できますように。

最近の傾向

子供たちが小さい頃、私は自転車で10分ほどかかる商店街まで、買い物に行くのが常でした。

行きつけのお肉屋さんで、鶏、豚の挽肉をまとめて買い、それを小分けして冷凍。
挽肉って、何か手を加えないと、おかずにならないでしょ?

お団子にして焼いたり揚げたり蒸したり、餃子にしたり、必ずひと手間かけて料理していました。
元手は安いけど、結構面倒くさくはあったのよね。

それがどうでしょう。
最近の傾向としては、鮭、アジ、赤魚なんかの切り身を買って、それを焼くだけ。
それとも、お肉の塊を買ってきて、オーブンで焼くだけ。
餃子でさえ作らなくなってしまった・・・・

ダメだなぁ、私。
連休中に子供たちが全員集合になるんだけど、すっかり物臭になってしまった私は、母の味なんて物が作れなくなってしまったの。
というか、忘れちゃった。
あの頃、あんなに大勢のお腹を満たしていたレシピを、すっかり忘れてるし。

若さで何でもホイホイ作っていたけど、今は無理だわね~
近くにお料理の先生が来て、教室を開いているみたいだけど、ああいう所に通うズクも無いわ~

先日、美容室に行ったら、担当の美容師さんが同じようなことを言ってました。

「たまに帰るんだから、お母さんの懐かしの料理を食べたいんだけど、たまに帰るからって焼肉だとかお寿司だとかを奢ってくれるんですよ。お母さんの煮物なんかを食べたいんだけどね」

そっかー
やっぱり母の味が一番なのね。
とかいって、我が家の子供たちは美味しい外食が一番!!とか思ってたりして 

美味しそうなフキノトウが

毎日、午後のすず散歩で通る道沿いのお宅。
道路のすぐ脇に、見事なフキノトウが点々と顔を出しているの。

このお宅には、毎年フキノトウが出るんだけど、採る気が全く無いのよ。

思わず、(ああ勿体ない。こんなにコロコロと太ったフキノトウなのに。私が貰いたいくらいだわ)
と、いつも思うんですよ。

でも、ダメよね~
いくら道端でも、他所のお宅の物だもんね。

実は我が家もフキノトウを植えて、それも何年も前に植えて、フキはいっぱい生えてくるのに、どういう訳がフキノトウは殆ど採れないんですよ。
これってどうしてでしょう??

新鮮なフキノトウで作るフキ味噌。
美味しいのよねぇ。

このお宅だけじゃなく、他にもフキノトウほったらかしのお宅は何軒かあるんですよ。
こちらの人は、あまり興味が無いのかな。
勿体ないなぁ。

こんな食生活じゃマズイな

ツルヤで五郎兵衛米を買ったせい?
いやいや、そういう訳でも無い今日この頃の食生活。

ご飯に合う常備菜が多すぎ!!

ツルヤで売ってる、この時期にしか出ない生海苔で作った佃煮。
ツルヤで買ったイカの塩辛
実家から貰ったタラコ
庭の長ネギで作った、ネギと唐辛子のネギからし
ツルヤで買ったキムチ

これだけ揃えば、ご飯を食べない訳にはいかないでしょう。

それにしてもツルヤ
どれだけ私の贅肉に貢献してくれてるんだ 

もうツルヤには行かないことにしようかな(笑)

やっぱり五郎兵衛米ね!

ここのところ、直売所で買った有機栽培米を食べていました。

こちらの直売では玄米のまま売っていて、その場で精米してくれる所が多いんです。
私はいつも 「普通精米でお願いします」 って頼むのね。

どういう訳か、その有機米は精米が終わっても茶色味がかってるの。
最初は、
(ははーん、間違って精米したんだな。これなら六分搗きくらいだろうか・・・) なんて思ってたの。

だけど、2回目も同じ状態だと????って感じになってしまって。
そこへ夫が、「この米は美味しくない!!」

次には普通のコシヒカリを買おうと思ってJAに行ったら、ちょうどお休み。
仕方なく、お馴染みのツルヤに行きました。

ツルヤって、お米の単位が4キロ、8キロになってるのね。
だから他のお店で買うより安く感じるの。

そこで、久しぶりの五郎兵衛米を買ってみました。
今日から食べ始めたんだけど、真っ白でツヤッツヤ 
やっぱり美味しさが数段違うのよね~

五郎兵衛米は、佐久市の浅科という所でのみ獲れるお米で、あまり収穫量が無いから外には出回らないんだけど、その美味しさはピカイチなんだ。

値段的にお高いから普段はほとんど買わないんだけど、今回はツルヤの4キロのお蔭で、つい手が出てしまいました。
この美味しさなら、老い先短い人生だから、もっと食べようかな。

とびっちょ名物 生しらす丼

江の島に 「とびっちょ」 という食べ物屋さんがあります。

名物は、何と言っても 「生シラス丼」
しらすを釜揚げではなくて生で食べるなんて、あの頃の私は考えたこともなかった。

もちろん飛んで行きましたとも。

そしたら、その日は海が大荒れで漁に出られず、お店が閉まっていて、あえなく諦め。

2回目
既に有名になっていた 「とびっちょ」 は、ものすごい混み様で数時間待ち。
いくら何でも、という訳で、その日も諦め。

3回目
たしか・・・・
釜揚げしらす丼や、かき揚げはあったけど、生シラス丼は無く、これまた諦め。

4回目に挑戦する暇もなく引っ越してしまったので、もう生シラス丼はすっかり諦めていたんですよ。
そしたら、娘夫婦から朗報が!

届きましたー 
嬉しいことに、生サクラエビも一緒です。
どちらも、大好物なんですよね♫

しらすえび

しらす

温かいご飯に海苔を千切って乗せ、その上に生シラスをたっぷり盛り付けてお醤油をチョロっとかけて、いただきまあす。
四度目の正直、やっと生シラス丼にありつけました。
あー、美味しかった。

どうも御馳走さまでした <(_ _)>

今日の夕食は精進料理でした

今日は、夫の蕎麦道場の日。
当然、夕食はお蕎麦食べ放題になります。

500gのお蕎麦を持って帰ってくるので、3人で食べるには十分な量。
いや十分過ぎる!!

2回に分けて美味しく茹でてベロリと食べて、もうお腹がいっぱい。
だけど、それだけでは終わりません。

次には、エノキ入り湯豆腐。
それに、昨日作った切干大根の煮付けに、自家製カボチャの煮物。
これだけ。

見事に、精進料理になりました。
これから食べる夜のおやつは、北海道産昆布のおつまみ。
それに、ミカンとリンゴ。

私、おさらい会前から食べられて食べられて。
そしたら体重が増えすぎて、ここ20年で一番重くなっちゃった 
しばらく、精進料理にすれば良いかしらね。

出来上がったお蕎麦

昨日、夫は意気揚々と、打ち立てお蕎麦を持って帰って来ました。

と言いたいところだけど、蕎麦打ちに関しては右も左も分からない夫。

諸先輩に大いに手伝ってもらいながら、やっと出来上がったのがこれです。

おそば

お分かりでしょうか?
一番右が先生が切ってくれたお蕎麦。
その他が、夫が切ったお蕎麦です。

でもね、打ち立ての新蕎麦、美味しかったですよ~
色も少し緑がかってるの。
香りも立っていて、それは美味しいお蕎麦でした 

こちらは、夫が持って帰って来た、打ち粉と蕎麦粉とつなぎ粉

そば粉

これだけ揃えば、大晦日までにはバッチリね 

もう少し値上げしても良いんじゃないかい

ラーメン、ナムル、野菜炒めにホイル焼き。
何にでも使えるモヤシ。

近くのイ○ンでは19円で売ってます。
思えば数十年前、近くの八百屋さんで売っていたモヤシは、確か10円くらいだったと思うの。

大きなバケツにいっぱい入っていて、オジサンに頼むと手で一掴みして、ビニール袋に入れてくれたっけ。
丸々と太った、美味しいモヤシだったっけ。

あれから幾星霜
未だに19円だなんて、いくら何でも安過ぎないかい。

価格の優等生とか言われているけど、今の時代、もっと値上げしたって、消費者は買うと思うんだけどな。
ニュースで、モヤシ業者が値上げを望んでいると言っていたのを聞いて、それも無理はないと感じた次第ですよ。


夏野菜がたくさん出回っている季節


先日、赤坂直売所で見つけて作ったのが、「中辛ナンバンの靑唐辛子味噌漬け」

これは、今の時期に直売所に出回る各種ナンバンの中で、中辛ナンバンを選び (辛さ的に、これがちょうど良いのよね) 家でサッと焼いて刻み、別売りの 「青唐辛子味噌」 に漬け込むの。
熱々のご飯に合うんだわ、これが 

次に、先日から出回り始めた 「茗荷」
我が家でも茗荷は採れるんだけど、我が家のはいつも遅いのよね。
小さいパックにいっぱい入っていて、たったの150円で売っていたので買ってみました。

これを刻んで、お醤油、お酒、みりんを煮立てた汁をドバーッとかけて、それだけ。
時間が経つと共に味が馴染み、これまたご飯のお供にピッタリ。
我が家で茗荷好きなのは私だけなので、せっせと消化しています。

次に、ブロ友さんのS様の所でみた 「きゅうりのきゅうちゃん」
S様が作ったレシピはとっても手が混んでいて、私には到底無理。
一生懸命検索して、私向きの簡単調理があったので、早速作ってみました。

これまた美味しかったのよ、奥さん。
家族にも評判上々。

こうやって、白いご飯にピッタリのおかずが次々に出来る季節だもの、私のお腹が出っ張るはずだわ。
ヤレヤレです 

鮑は生で食べるのが1番だと思うんだけどな

いっくら北海道に住んでいたとはいえ、鮑なんて滅多に口に入る物ではなかったの。
1年に1回くらい母が買って来て、塩をすり込みながら貝殻から身を外す。
私たち子供は期待に満ちた目でそれを見つめて、1個の鮑を薄くスライスしてもらって、生のままで食べるのが最高の楽しみ♪

大人になってからは鮑を食べるなんてほとんど無くって、宿に泊まった時などに、たまーにね。

ところが、今の流行は 「鮑の残酷焼き」 とか、フランス料理で出る時などの、火を通したお料理。
そうすると鮑は柔らかくなり、本来のコリコリ感は無くなってしまうのよね。

そういえば、昔札幌のお料理屋さんい行った時、「水貝」 っていうのを食べたの。
何かというと、綺麗な器に水が張ってあり、その中に鮑の小さな切り身が入っていて、それを麗々しく頂くというもの。

今思えば、高い高い食材の鮑を、少ない量で雰囲気を味わいながら食べさせる方法だったんじゃなかろうか。
そして、あの頃は、鮑に火を通して食べるという文化が無かったのかもしれない。

鮑が採れる地元の漁村なんかは、どうやって食べるんだろう?
焼くの?
生のまま??

私は、鮑はやっぱり、生のままのコリコリ感を味わうのが最高だとおもうんだけどね。

どんどん増えるドレッシングの数

今の時期ならグリーンアスパラ。
それに、レタス、キュウリ、トマト、その他諸々。
サラダにはドレッシングが付き物。

私、グリーンアスパラは大好きだし、キュウリもトマト (湯剥きしたもの) も好き。
だけど、レタスだけは余り好きになれない。
だって、あれって味も何もしなくて、まるでウサギになったような気分なんだもの 

レタスって、ドレッシング次第だと思うのよね。
お店に行っては、ドレッシングを買い込んできて味見。
これは美味しい!! と思ったドレッシングもあるけど、だんだん飽きてくるのよね。

もちろん自分でも作るのよ。
それも、最初は美味しいと思うんだけど、同じようなパターンばかりで、やっぱり飽きてしまう。
そんな時、TVCMで流れるドレッシングに、目移りしちゃうの。

だけど、買ってきたドレッシングも、全部が全部、口に合う訳じゃない。
そうやって、冷蔵庫には、いつ買ったのか分からないような使い残しのドレッシングが並んで、ドレッシング街みたいな一角が出来上がってる (汗)

時々処分するんだけど、あれって味も分からないのに1本の量が多すぎると思いません??
味見用の小さいのがあると良いと思うのよ。
メーカーさん、考えてくれないかな。

行者ニンニクって、やっぱり美味しい

今、赤坂直売所に行くと、行者ニンニクがたくさん売られているの。

思わず手が出ちゃう私。

去年までは、生のまま刻んで、それをお醤油に漬けるだけ。
結局使い切れず、最後に処分ってことが多かったの。

だから、今年は買わないでおこうと思ったんだけど、「行者ニンニク」 って名前を見ると、どうしても買わずにはいられないのよね。

今年は、クックパッドに載っていた 「行者ニンニクの醤油漬け」 を見て、その通りに作ってみました。
それが大成功 

ご飯のお供に最高なのよ 
勝手にレシピを載せる訳にはいかないので、興味のある方は検索してみて下さい。

とりあえず、1束だけ作ったんだけど、これならいくらでもいけそうだから、今度また数束買ってみようっと。

ただし、食後のブレスケアは必須だと思われます。
何てったって、厳しい修行をした行者さんの食べてた物だもの、これで私も、元気モリモリだぞ~  


お気に入りのザーサイ

スーパーツルヤといえば、長野では他の追随を許さない、一目置かれるスーパーなんです。

ツルヤに買い物に行くと、他では置いていない品物が多くて、下手をすると他のスーパーの2倍くらい買っちゃうのよね。

その中でも、ツルヤに行ったら絶対にこれを買う!って商品がこれ  ↓

ざーさい

若採りザーサイ

私、これに会うまでは、ザーサイと言えば油でこってりと炒めたのしか知らなかったんだけど、これは若採りのザーサイの浅漬けなのよね。

ざーさい3

ザーサイって、中国でしか栽培されてないのかな。
学生時代に、甘栗を売るアルバイトをしたことがあるんだけど、あの時に会社の人が、甘栗は中国でしか採れないんだと言ってたっけ。
ザーサイもそうなのかもしれない。

出してみると、こんな風。
ざーさい2

これを薄くスライスして、そのままでも良し、ご飯のお供にも良し。
どちらかというと、そのままポリポリ食べるのが良いかも。

あの油っこくて味の濃い炒めたザーサイしか知らなかった私には、これは新鮮でしたよ。


そんなこんなで、ツルヤに行くと山ほどの商品を買ってしまう私は、O様に詳細を伺って、初めて一昨日カードで支払いを済ませました。
ちょっとドキドキしながら 「あのー、このカード使えますか?」 と聞く私に、レジの店員さんは 「ハイ、どうぞ」 とサッサと機械を通して無事支払いが出来ました。

これで何ポイントか貯まったわ~、と喜ぶ私は、完全にカード会社の術中にハマってしまったわけね(笑)
貯まったポイントで何を買おうかな?と、今から胸算用しているんですよ 
O様、教えてくださって、有難うございました♪

なつかしの 「ふわふわせんべい」

先日イオンを歩いていたら、これを見つけた。

おせんべい2

私はこれが好きで好きで・・・・

この、はかなげでふわふわのおせんべいに、水飴をペタッと塗って、もう1枚を合わせてたべるのが大好きなの♪

これも、思い起こせばルーツは小樽なのよ。

お習字を習いに行っていた頃、近くのお寺さんの門前に屋台があって、このおせんべいに水飴を塗って売っていたの。
細くて長ーいビニール袋に、淡い色合いのおせんべいが、色とりどりに入っていたのも、ハッキリと憶えているのよ。

わずかなお小遣いからお金を出して、2つくらい買うのが私の楽しみ。

思えば、あれが楽しみで、お習字に通っていたようなものだったかも。

結婚してからも、あちこちのお店でこれを見つけると、水飴とセットで買っては、思う存分楽しんだものです。

我が家の子供たちは、多分このおせんべいを大好きなはず。

さあ、イオンで見つけたのが百年目!
私、どんどん水飴せんべいを食べるぞ~ 

おせんべい1

イカはタコの代わりにはならなかった

時々見ている 「キューピー3分間クッキング」

この前は、≪たことじゃがいものガリシア風≫

魚介類大好きな我が家、
おまけに、もう芽が出始めたとはいえ、ジャガイモもあるし。

という訳で、早速作ってみました。

ニンニクの香りがプンプンするけど、これが意外と大好評。
こうなると、しつこい私は何回も作ります。

たっぷりのオリーブオイルとジャガイモとタコ。
ヘルシーでもあるでしょ?

この前も、これを作ろうとスーパーへ行ったら、タコがとーーーっても高いの 
タコがダメならイカで作ろう、ってことになって、生のヤリイカを買ってきて代用してみました。

まず、イカに火を通して、後はいつも通り。

ジャガイモを小さめに切り、水から茹でて沸騰したらザルに上げる。
お芋の水けを拭いて、カップ4分の1の油を入れた鍋に投入、ゆっくりと揚げる。
色づいてきたら、輪切りにしたイカを投入。

ここからもう失敗ね。
イカの墨がお芋に着いて、色合いも悪いし、味もイマイチ。

結果、全員の意見が一致して、「やっぱりイカはダメ。 タコでなくちゃ」

今日はタコが安かったので、尋常にタコを使って作りました。
ウン、やっぱり美味しいわ 
これからは、ケチなことを考えず、ちゃんとタコで作ろうっと。

ところで、例年と同じような気温のはずなのに、もう寒くて寒くて・・・・
早く早く、暖かい春が来てほしいぃぃぃーーー
私も年よねぇ。

プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード