FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

山の中のレストラン 「ハーモナイズ」

お盆に入る直前、娘夫婦が来宅。
あれこれ作ったりもしたんだけど、15日は夫お勧めのレストランに行ってきました。

中部横断自動車道に乗り、現在の終点 八千穂インター まで走ります。
そこからはすぐ近く、なかなかお洒落なレストラン ハーモナイズがありました。

ハーモナイズ

私達は6時に入店したんだけど、もうかなりの数のお客さんがいらしてましたよ。

玄関前

ここの嬉しいところは、お昼も夜もメニューの値段が変わらないらしいこと。
ランチはお手頃だけど、ディナーになるとお値段がグンと上がるお店があるじゃないですか。
それが心配だったんだけど、杞憂でしたね。

私は、和風ハンバーグセット 1200円くらい。

和風ハンバーグ

ハンバーグ、ライス、スープにサラダ。

まず、サラダが出てきました。

サラダ

ドレッシングが美味しくて、量も満足でした。

セット

こちらは、夫の頼んだトマトハンバーグ

トマトハンバール

ゆっくり食事を楽しみ、デザートにはアイスクリームを頼みました。
数種類のアイスクリームから、2種類を選ぶことができ、私は大好きなチョコレートとバニラにしました。
これも、本当に美味しかった。

アイスクリーム

このレストラン、内部もなかなか素敵♪

内部

外は綺麗な芝生の庭が広がって、お客さんが出て散策していました。

庭

上に見えるのは、中部横断道の高架ではないかと思うんだけど。

高架

将来的には静岡まで繋がるという中部横断道。
静岡が近くなると、行動範囲が広がって、個人的には結構楽しみなんだけど、さて、いつのことになるのかな。
それまで生きていると良いんだけど。

こんな調子で、毎日毎日たらふく食べまくりだったから、怖くて体重計に乗れないのよね。

それにしても、素敵なレストランを知ることができて、大満足でした 


スポンサーサイト



初めての 「塩丸いか」

こちらに来たのが13年前。
それ以来、何度もスーパーで目にしながら、一度も買ったことのない 「塩丸いか」

先日のローカル番組で、

塩丸いか が福井で作られていること
獲れたイカを茹で上げ、胴体に足を詰めてものすごい量の塩に漬けて作られること
福井の人は、ほとんど食べないこと
長野の人だけが食べていて、長野名物になっていること

などを取り上げていました。

へええー
やっぱり昔は生のイカなんて山国では食べられなかったから、こうやって塩を利かせて日持ちがするようにしたんだな。

というわけで、思い切って買ってみました。
TVでも出ていたスーパーツルヤさん。

ちゃんとお店に出ていましたよ。

イカの丸しお

今は、イカが高値のせいか、そんなに大きくは無いのに、結構なお値段でしたよ。
ちゃんと説明書が置いてありました。

説明書

私は説明書通り、「塩丸いかとキュウリの酢の物」 を作りました。

味は、まあこんなものかな? って感じ。
それにしても、塩抜きをする前にちょっと味見をしたら、そのしょっぱいの何のって!!
口の中が、おかしくなりそうでした。

13年も住んでいて食べたことの無い長野名物を食べて、全員で (なるほどねぇ、こういう味なのね) と深く頷いたことでした。


毎日アスパラ三昧です

昨日は、午前8時半から午後6時まで、東信合唱祭。
お陰様で、無事に終了しました。

私達が歌ったのは2曲だけだったんだけど、主管として全員でクルクルと走り回ってました。
何事もなく終ったので、ヤッター!という感じです。

家に帰り着いた時は、もうグッタリ。
特に腰が大変なことになっていて、あすはリハビリに行ってきます。



我が家から歩いて10分ほどの所にある、無人販売所。
今年は開くのが遅くて、どうしたんだろう?? もう今年は開かないのかな???
って心配していたら、5月半ばになってから、ようやく開きました。

思えば、去年まではすずと一緒の朝散歩の途中で、運が良ければ朝採りのグリーンアスパラに巡り合えて、いっぱい美味しくいただいていたんですよね。
どこかにライバルがいるみたいで、買えた時はラッキーって感じだったの。

今年は、すずの足が極端に弱り、とってもあそこまでは歩ける状態じゃない。
だから、私は車で乗り付けることにしました。

そのおかげか、最近は毎朝のようにアスパラに会えるの。
形は不揃いだけど、その美味しさはピカイチなのよ。
ライバルさん、ごめんなさい。

茹でたアスパラに、ツルヤで売っている 「セゾンファクトリー」 のニンジンドレッシングをかけて、毎日パクパク。
これは幸せですよ♪
さあ、明日の朝も頑張って買いに行かなくちゃ。


ところで、一昨日の夜に、すずが初めてオネショを、夫の布団にしちゃいました。
アワワワワ 

いよいよ来ちゃいましたね。
今日は、オムツを買ってきました。
今夜から、穿かせる予定です。

行者ニンニク

ただ今、我が家は全員集合中。

今季、なかなかお目にかかれなかった行者ニンニク。
先日、オムコさんが、ヘルシーテラス南佐久で見つけ、6束も買ってきてくれました。

張り切って生のまま (オムコさんが) 刻み、大きいボール2個に分けてお醤油をかけ、ラップをかけて廊下に置いておいたら、

玄関に入った途端、家の中は行者ニンニクの匂いが充満!!
2階に上がると、一段とすごい匂い、イヤ臭い。

これは凄いぞ~

慌てて小さい密閉容器を買いに行き、それに分けて入れたんだけど、今度はボウルの臭いが取れない。
仕方なく、ハイターで漂泊中です。

オムコさん曰く、
行者さんって、山の中でこんな美味しい物を食べていたのか。
結構贅沢かも、だって。

熱々の白いご飯に行者ニンニク。
これ最高の組み合わせなのよね。

これで当分、行者ニンニクの醤油漬けには困らない。
楽しみだわ♪

モリモリ精力が付いた?

久しぶりに赤坂直売所に行ったら、今シーズン初めての行者ニンニク発見!

張り切って2束買って、さて去年美味しかった醤油漬けを作ろうと思ったの。

確か生のままだった・・・と思ってザクザク切ったんだけど、どうも違う気がする。

そうだ!サッと湯がくんだわ、と思ってその通りにしてみました。

いや、どうも違う気がする・・・・
そこでやっとネットで検索すると

生のまま細かく刻んで、容器に詰めたらお醤油をかけるだけ。

あーあ、最初から検索すれば良かった。

仕方なく、湯がいた行者ニンニクを絞り、お醤油をかけて食べました。

確か、行者さんが厳しい修行の合間に食べて、栄養を補給する食べ物よね。

2束も丸々食べてしまって、我が家は今日の寒さにも負けないで暮らせそう。



追伸: 今日の寒さったら無いのよ。浅間の上には雪が積もってるし、風も物凄いの。明日は春になってもらいたいわ。

オーロラタウンのイタリアン

初めてピザを食べたのは、札幌地下街のオーロラタウンにあったイタリア料理店でした。

友人の友人のお姉さんが勤めているとかで、連れて行ってもらったんです。

地下街のお店だから、通路との境は低い仕切りで、あまり落ち着いた雰囲気とはいかなかったけれど、味は保証付き!
美味しかったのよ~

あそこで、ピザはナイフとフォークではなくて手で食べるとか、ラザニアとかラビオリとかを知りました。
パスタなんて言葉はまだ知らなくて、スパゲティだけしか知らなかった身には、まあ珍しかったこと!

あのお店で、パエリアとか、カップにスープを入れてパイで蓋をする料理なんかも食べたの。
パエリアみたいなスペイン料理も出していた訳だから、イタリア料理だけではなかったわけだけど、その当時はそんな区別は全然知らなくて。
あんな料理を食べたのはあのお店が初めてだったから、それはそれは美味しくて、何度も友人と一緒に通ったものでした。

あんなに何度も通ったのに、お店の名前は全然覚えていないのよね。
今でも、あそこで食べたパエリアやピザやスープのパイ包みを食べたいな・・・と思うんですよ。
先日食べた、ちょっと有名なイタリア料理屋さんよりも、あのお店の方がずっと美味しかったなぁ。



牡蠣ざんまいだ~!!

昨日、こんな品物が届きました。

牡蠣

そうです!  
三重県鳥羽市からやって来た、牡蠣です。

ヤマキ水産さんの、浦村かき。
娘のダンナさまが送ってくれました。

牡蠣2

みーんな生きてるんですよね。
ピッチピチです♪

早速、昨夜の夕食に、必死になってこじ開けた牡蠣で、牡蠣ご飯。
それに、ホットプレートで焼いた、焼き牡蠣。

いやあ、美味しい 

牡蠣3

昨日だけでは食べきれず、今夜も牡蠣ご飯と焼き牡蠣。
何度食べても飽きないですねぇ。

何しろ生き物だから、早く食べなくちゃ。
2日間で、綺麗に全部食べ切りましたよ。

あー ものすごく贅沢!!
美味しかった~~
御馳走様でした。


いつの間にかひっそりと閉店していたの

一昨年だったかな、
イ〇ンのフードコートに、巷で噂のサブ〇エイが開店すると聞いて、張り切った私。

ちょっと難しいという注文方法をネットで猛勉強。
開店してしばらくしてから、恐る恐る行ってみました。

心配するまでもなく、店員さんは明るくて親切。
暗記していった注文方法と、店員さんにも色々聞いて、難なく商品ゲット。

それ以来、しょっちゅうとはいかないけれど、イ〇ンで買い物をすると時々貰える
「500円以上の品を買うと100円引きになる、フードコートで使えるチケット」 を利用して、持ち帰って食べていたの。

それがどうして行かなくなったのか理由は特に無いんだけど、気付いたらサブ〇エイは閉店していた・・・・
えっ、こんなに早く??

あ~あ、ガッカリ。
今でも優待券を貰う時があるんだけど、どうもフードコートに足が向かなくなっちゃって。
魅力のあるお店があまり無くって。
おまけに、お値段も結構するのよね。

TVでサブ〇エイのCMを見るたびに、無くなってしまったお店を残念に思うんですよ。
野菜もたっぷり摂れて、良いお店だったのになぁ。

お寿司の食べ方

独身時代、「和食の食べ方」 みたいな講演を聞いたことがあります。

和食店のご主人が講師だったんですが、恥ずかしながら、その時初めて知ったこと。

お刺身は、お醤油にワサビを溶かしちゃいけない。
お刺身本体にワサビを少しつけて、それをお醤油につけて食べること。

お寿司は、シャリにお醤油をつけちゃいけない。
ひっくり返して、ネタの方にお醤油をつけること。

へえええー
知らなかった。

その当座は実践していたんだけど、今じゃすっかり元通り。
お醤油にワサビを入れ、お寿司はシャリにお醤油をつけて食べてる。

思えば、今はお寿司をお箸を使って食べるでしょ。
あれって、ひっくり返してネタを下にしてお醤油をつけるのが難しいのよね。
何しろ、回転寿司にしか行かないもんだから。

本格的なお寿司屋さんって、手で食べるじゃないですか。
手で持つ方が、ひっくり返して持ちやすいと思うのよね。

イ〇ンの火曜市だけの時に売られる、398円のものすごくお得なお寿司を食べながら、いつもあの時の講師のお話を思い出すんですよ。

佐久の 「やまおく」

娘夫婦が来ているので、美味しいものを食べようと、佐久の 「やまおく」 に行って来ました。

前に来たのが何年前か分からないくらいだけど、久しぶりの 「やまおく」 も、大満足でした。

暗い夜道を車で走り、一度は行き過ぎて慌てて逆戻り。
やっと着きましたよ。

ムード満点のアプローチ。

やまおく1


やまおく2

階段を下ると、趣のある入口です。

やまおく3

中はとっても明るくて、すべての席に囲炉裏が切ってあります。
もう、イノブタ鍋がかかっていました。

やまおく4

やまおく6

このお店、佐久の観光案内には必ず載っているので、我が家も引っ越して早々に来て、その美味しさと雰囲気に感激。
その後・・・今回で3回目かな。

やまおく8

今回は梅コースを頼んで、
小鉢 (今日はキノコのおろし和え)、揚げだし豆腐、サラダ
それに、牛と豚、玉ねぎ、ピーマンの串焼き (もちろん、囲炉裏で自分で焼くんです)

イノブタ鍋
〆に うどんとお餅。

やまおく5
これが結構なボリュームで、もうお腹いいっぱい!!
娘夫婦もとても喜んでくれて、楽しい夕餉でした。

御馳走様でした。

どーせ需要は無いのさ

庭で作っているキュウリ。
いっくら気を付けていても、気付かずにお化けになってしまうのがあるのよね~

前に、何と2本もお化けキュウリが出来てしまい、捨てるに忍びなかった私はネットを検索しまくり、
「キュウリのキューちゃん」 を手作りすることにしました。

何度も湯通しし、出汁で煮たりもして、ショウガも入れて出来上がった手作り 「キュウリのキューちゃん」
冷やして温かいご飯と共に食卓に出したら、その時だけは皆のお箸が伸びたの。

でも、その時だけ。
後は何回出しても、誰も手を出さない。
そのうち出すのも面倒になって、冷蔵庫に入れたまま。
あれ、そのうち処分しなくちゃ。

買ってきた 「キュウリのキューちゃん」 は食べるけど、私の手作りはこんなものね。
やっぱり、お化けキュウリのせいだと思うんだ。
あれはやっぱり美味しくないわよね。

先日は燃えるゴミの日に、デッカイ袋にびっしりのお化けキュウリが出されていて、ああ、どこのお宅もお化けキュウリに悩まされているんだわね、と思った次第でした。

もう作らないっと

今日は久しぶりの餃子。
本当に久しぶりで、1年ぶりくらいじゃないだろうか。

以前は良く作っていたのに、最近めっきり作らなくなったのは、どうやっても美味しくならないから。
おかしいなぁ。
前はもっと美味しかったはずなのに・・・

たまたまネットを見てたら、ニラたっぷり餃子が出ていて、これは美味しそう!と作ってみたの。
直売所に新鮮なニラもあったしね。

キャベツ、ニラ、ショウガ、ニンニク、豚のひき肉。
これに、ごま油、お醤油、コショウ、片栗粉を入れて、混ぜ混ぜ。
しっかり捏ねて、冷蔵庫で寝かせて餃子の皮で包む。
ごく当たり前の作り方でしょう?
 
焼き餃子にして、ポン酢とラー油で熱々を食べる。
絶対に美味しいはずなのに、何とも味気ないというか、何かが足りないというか、大味というか。

やーめた やめた。
もう作らないっと 

それにしても、何でこんなに不味いんだろう???
美味しくない餃子って、あまり聞いたこと無いんだけどねぇ 

今はレンコンの時期じゃないのね

私の得意料理。
数か月前に、病院の待合室で読んだ料理本に載っていた 「鶏とレンコンの炒め物」

作り方は簡単で、鶏胸肉をそぎ切りして片栗粉をまぶし、油で揚げる。
レンコンも適当に切って片栗粉をまぶし、油で揚げる。
この2つを、オイスターソース、醤油、酒、酢 などで作っておいたソースで和える。
これだけ。

結構美味しいし、作り方も簡単なので、特にニンニクなどを使えない合唱前の献立にピッタリなの。
鶏胸肉も安いしね。

ところが、スーパーで探しても、レンコンが見当たらない。

Aスーパーで聞くと 「すみません。水煮ならあるんですが、生のレンコンは無いんですよ」
Bスーパーで聞くと、 「こちらですよ」

見ると、ほんの僅かのレンコンが麗々しくパック詰めされて〇〇〇円。
高い!!

やっと分かりました。
レンコンは1年中あるものだと思っていたけど、やっぱり時期があるのねぇ。
今は旬では無いんだわ。

6,7月は完全に時期外れ。
知らなかった~

しばらく我慢だわ。

まるで醤油汁

北海道から東京に出てきた当時、食べたくてたまらなくなったのは札幌ラーメン。

どこのお店だったかは忘れたけど、中央線沿線のある駅前のお店で、醤油ラーメンを頼んだの。

出てきたラーメンは、丼に麺、メンマ、ネギ、チャーシュー、
ごく当たり前のラーメンだったけど、一口スープをすすってたまげてしまった 

だって、スープにまったく出汁が取れていなくて、まるでお湯に醤油を注いで色を付けたものだったから。
いやだ、こんなのラーメンじゃない 

当時の札幌ラーメンといえば、鶏ガラや野菜でしっかり出汁を取り、炒めたモヤシやひき肉がたっぷり乗っていて、コクもあってコッテリして本当に美味しかったんだもの。
東京のラーメンって不味い!
これが第一印象。

その印象は、他のお店で食べても全然覆らず、どうしても美味しいとは思えなかったのよね。
それでも麺類を食べたかった私は、次善の策を発見しました。

それは、タンメンを頼むこと。
タンメンって、野菜をたっぷり使った塩味の麺で、醤油汁よりはずーっとマシだったの。
だから、どうしても麺類が食べたくなったら、どのお店でもタンメンを頼んでいました。

いまは、さすがに醤油汁のお店は無くなり (少しはあるのかな?) 出汁はしっかり取れている麺類が多くて、喜ばしい限り。
あの醤油汁は一体何だったんだろう??
あの頃の東京の人って、あのラーメンを本当に美味しいと思っていたのかな。
それとも、他に食べたことが無いから、あの味が当たり前だったんだろうか。

最近は、外にラーメンを食べに行くこともほとんど無くなった私。
今度、札幌に帰省したら、どこのラーメンを食べに行くか、今から頭を悩ませているのです。

美味しいゴールデンウイーク

急遽、子供たちが全員集合することになった、ゴールデンウイーク。

それぞれ、美味しい物を持って来てくれました。

北陸から来た息子はこれ。

がすえび

ガスエビだって。
ガスエビって、私初めて聞いたし、見たのも初めて。

調べてみると、甘エビに比べて鮮度の落ちるのが早く、地元以外にはほとんど出回らないそうです。
これに出会えた観光客はラッキー♪ なんだそう。

卵がいっぱい付いていたんだけど、無理に殻を剥くと卵も落ちてしまうので、ちょっとだけ殻を剥いたら、直接口を付けてチュルチュル吸う感じで食べました。
美味しいのねぇーー

身がプリップリで甘くてボリュームもあり、これは美味しい 
鮮度も最高で、全員で 「これは凄い!」 とため息もの。

それから次にはこれです。
娘のダンナさんが届けてくれました。

かき

牡蠣40個です。
例によって、生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライで食べました。
こちらも最高の美味しさ 

これでお腹いっぱいのところだけど、先日から開き始めた無人販売所の獲れたてアスパラのサラダも合わせて、文字通りたらふく食べましたよ。

9連休の触れ込みで始まったゴールデンウイークも、あと2日。
早いものですねぇ。

佐久で5月の3,4,5日に毎年行われるバルーンフェスタ。
気球が飛ぶのは、2日間とも雨と風で中止。
最終日の明日はどうなるでしょう。
せっかく各地から集まってくれた参加者の皆さん、明日は無事に開催できますように。

最近の傾向

子供たちが小さい頃、私は自転車で10分ほどかかる商店街まで、買い物に行くのが常でした。

行きつけのお肉屋さんで、鶏、豚の挽肉をまとめて買い、それを小分けして冷凍。
挽肉って、何か手を加えないと、おかずにならないでしょ?

お団子にして焼いたり揚げたり蒸したり、餃子にしたり、必ずひと手間かけて料理していました。
元手は安いけど、結構面倒くさくはあったのよね。

それがどうでしょう。
最近の傾向としては、鮭、アジ、赤魚なんかの切り身を買って、それを焼くだけ。
それとも、お肉の塊を買ってきて、オーブンで焼くだけ。
餃子でさえ作らなくなってしまった・・・・

ダメだなぁ、私。
連休中に子供たちが全員集合になるんだけど、すっかり物臭になってしまった私は、母の味なんて物が作れなくなってしまったの。
というか、忘れちゃった。
あの頃、あんなに大勢のお腹を満たしていたレシピを、すっかり忘れてるし。

若さで何でもホイホイ作っていたけど、今は無理だわね~
近くにお料理の先生が来て、教室を開いているみたいだけど、ああいう所に通うズクも無いわ~

先日、美容室に行ったら、担当の美容師さんが同じようなことを言ってました。

「たまに帰るんだから、お母さんの懐かしの料理を食べたいんだけど、たまに帰るからって焼肉だとかお寿司だとかを奢ってくれるんですよ。お母さんの煮物なんかを食べたいんだけどね」

そっかー
やっぱり母の味が一番なのね。
とかいって、我が家の子供たちは美味しい外食が一番!!とか思ってたりして 

美味しそうなフキノトウが

毎日、午後のすず散歩で通る道沿いのお宅。
道路のすぐ脇に、見事なフキノトウが点々と顔を出しているの。

このお宅には、毎年フキノトウが出るんだけど、採る気が全く無いのよ。

思わず、(ああ勿体ない。こんなにコロコロと太ったフキノトウなのに。私が貰いたいくらいだわ)
と、いつも思うんですよ。

でも、ダメよね~
いくら道端でも、他所のお宅の物だもんね。

実は我が家もフキノトウを植えて、それも何年も前に植えて、フキはいっぱい生えてくるのに、どういう訳がフキノトウは殆ど採れないんですよ。
これってどうしてでしょう??

新鮮なフキノトウで作るフキ味噌。
美味しいのよねぇ。

このお宅だけじゃなく、他にもフキノトウほったらかしのお宅は何軒かあるんですよ。
こちらの人は、あまり興味が無いのかな。
勿体ないなぁ。

こんな食生活じゃマズイな

ツルヤで五郎兵衛米を買ったせい?
いやいや、そういう訳でも無い今日この頃の食生活。

ご飯に合う常備菜が多すぎ!!

ツルヤで売ってる、この時期にしか出ない生海苔で作った佃煮。
ツルヤで買ったイカの塩辛
実家から貰ったタラコ
庭の長ネギで作った、ネギと唐辛子のネギからし
ツルヤで買ったキムチ

これだけ揃えば、ご飯を食べない訳にはいかないでしょう。

それにしてもツルヤ
どれだけ私の贅肉に貢献してくれてるんだ 

もうツルヤには行かないことにしようかな(笑)

やっぱり五郎兵衛米ね!

ここのところ、直売所で買った有機栽培米を食べていました。

こちらの直売では玄米のまま売っていて、その場で精米してくれる所が多いんです。
私はいつも 「普通精米でお願いします」 って頼むのね。

どういう訳か、その有機米は精米が終わっても茶色味がかってるの。
最初は、
(ははーん、間違って精米したんだな。これなら六分搗きくらいだろうか・・・) なんて思ってたの。

だけど、2回目も同じ状態だと????って感じになってしまって。
そこへ夫が、「この米は美味しくない!!」

次には普通のコシヒカリを買おうと思ってJAに行ったら、ちょうどお休み。
仕方なく、お馴染みのツルヤに行きました。

ツルヤって、お米の単位が4キロ、8キロになってるのね。
だから他のお店で買うより安く感じるの。

そこで、久しぶりの五郎兵衛米を買ってみました。
今日から食べ始めたんだけど、真っ白でツヤッツヤ 
やっぱり美味しさが数段違うのよね~

五郎兵衛米は、佐久市の浅科という所でのみ獲れるお米で、あまり収穫量が無いから外には出回らないんだけど、その美味しさはピカイチなんだ。

値段的にお高いから普段はほとんど買わないんだけど、今回はツルヤの4キロのお蔭で、つい手が出てしまいました。
この美味しさなら、老い先短い人生だから、もっと食べようかな。

とびっちょ名物 生しらす丼

江の島に 「とびっちょ」 という食べ物屋さんがあります。

名物は、何と言っても 「生シラス丼」
しらすを釜揚げではなくて生で食べるなんて、あの頃の私は考えたこともなかった。

もちろん飛んで行きましたとも。

そしたら、その日は海が大荒れで漁に出られず、お店が閉まっていて、あえなく諦め。

2回目
既に有名になっていた 「とびっちょ」 は、ものすごい混み様で数時間待ち。
いくら何でも、という訳で、その日も諦め。

3回目
たしか・・・・
釜揚げしらす丼や、かき揚げはあったけど、生シラス丼は無く、これまた諦め。

4回目に挑戦する暇もなく引っ越してしまったので、もう生シラス丼はすっかり諦めていたんですよ。
そしたら、娘夫婦から朗報が!

届きましたー 
嬉しいことに、生サクラエビも一緒です。
どちらも、大好物なんですよね♫

しらすえび

しらす

温かいご飯に海苔を千切って乗せ、その上に生シラスをたっぷり盛り付けてお醤油をチョロっとかけて、いただきまあす。
四度目の正直、やっと生シラス丼にありつけました。
あー、美味しかった。

どうも御馳走さまでした <(_ _)>

プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード