FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

まりの発作

それは14日の深夜、急に始まった。

爆睡していた私を夫が血相を変えて起こしに来たのだ。
「まりが大変だ

寝ぼけ眼のまま階下に降りると、まりが口から涎を大量にだし、四肢を激しく痙攣させている。
どうして良いか分からず、体を撫でさするしかなかった。

暫くするとようやく痙攣は治まったが、フラフラの足取りで暫く室内を歩き回り、やがて大人しくなった。

これはもしかしてテンカン?? どうすればいいの???
ネットで調べると、発作が起こると何もしてやる事はできない。体を撫でまわしたりせず、手をかけておく位しかやらない方が良いとのこと。

結局昼間にも3回発作がおこり、翌日病院に飛んで行った  診察の結論は、多分テンカンだろうけれど、ハッキリした事は分からない。脳に直接作用する注射をしてもらって、様子をみることに。

1回分の薬をもらい、その後は発作は起きていない。が、 
あーやれやれ アンタはテンカン持ちかい! 
それ以来、まりがそこら辺をふらふら歩きだすと、いつまたドタッと倒れて発作が起きないか、ハラハラドキドキの連続だ。

でも、調べた事と先生のお話で、なんかもうね、こっちの覚悟はできた。
慌てちゃいけない。発作が起きても冷静に対処すること。できる事といえば、見守り涎を拭いてやることくらい。
また発作は起きるだろう。その時には対症療法を開始だ。

もともと若くは無いまり。老後をみてやる覚悟で引き取った子だ。こうなったら明るく楽しいテンカン生活をおくらせるしかないし。

それにしても病院帰りの車の中、後部座席からいきなり助手席に飛び移ってきたまりは、スーパーの駐車場に入るためにちょっと停車した隙に、なんと窓からダイブして外に出てしまったのだ 

こんな焦ったことはありません。無我夢中で飛び出して追いかける私
まりは何事も無かったかのように、駐車場をトコトコと明後日の方向に歩いていた。

このこのこのーーーー
どんだけ脅かせば気が済むのよーー
あんな所からダイブして平気って、アンタは若いの?年よりなの?ボケてるの?

すずとまりと我が家の珍道中は、これからも続いていきそうです。




にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。まりの応援をお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事

神野さんと羊羹

いつも拝見しているブログの一つに 「小樽スケッチ」 がある。
故郷小樽の様々な場所を、きれいな写真で紹介してくれるブログだ。

今日のスケッチには、懐かしい 「神野さん(かんのさん)」 の写真が載っていた。
神野さん  正式には 「神野商店」  
ここは小樽でも有名な繊維問屋で、うちのお隣さんだった。

神野さん


毎朝毎夕、神野さんのたくさんある窓という窓のシャッターが自動的に開閉される。キーーっという軋むような音とともに、シャッターはゆっくりと動いていくのだ。私はあんなにたくさんの窓のシャッターをどうやって開け閉めしているのか不思議で仕方無かったが、自動開閉だと聞いて納得した。

この頃、シャッターが自動式なんてうちの回りにはどこも無かった。そもそも窓にシャッターが付いている店も無かったし、総煉瓦造りで威風堂々辺りを睥睨するように建っている商店もここしか無かった。

お隣なのに、神野さんの人には会った憶えがない。多分あそこには家の人は住んでおらず、自宅はきっと山の手の方にあったに違いない。

たった1度だけ、神野さんの家の人を身近に感じたのが、おばあさんが亡くなり父がお葬式に参列して、それはそれは大きくて重い見事な木箱を貰って来た時だった。わくわくしながら開けたその木箱は、全部が羊羹だった。
包みに小分けにされた羊羹ではない。箱全体が羊羹で埋まっていたのだ。

羊羹には様々な模様が描かれていた。 葬儀だから鶴亀ではなかっただろうが、川の流れのような模様があったのは憶えている。こんな羊羹を見たのは初めてだったので、私は驚いたし、子供心に「お金持ちのする事は違う」と思った事は鮮明に憶えている。

残念ながら、その羊羹は私の口には入らなかった。私は羊羹が嫌いだったから。もっと違うものだったら良かったのに、と不埒にも考えたりしたけれど、母や姉は大喜びでいただいていたと思われる。

後になって商売をやめた神野さんの建物は、今は別の店舗になっているようだが、この建物を見る度、あのキシキシいいながらゆっくりと開閉したシャッターと、あの見事な箱に入った羊羹を思い出す。この世には大金持ちがいるんだ、と思った最初かもしれない。


にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事

佐久の保健所

まりを貰うために佐久の保健所に行った時、職員さん、ひいては保健所の優しさに触れた。

元々長野県には、小諸市にハローアニマルhttp://www.pref.nagano.jp/xeisei/doubutu/animal.htmという施設があり、県内の保健所から引き取られた動物を保護し、希望者に譲渡する制度がある。

小諸市を眼下に望み、浅間山も見える設備の整った施設で、そこにいる犬たちは綺麗に手入れをしてもらい、どこの坊ちゃん嬢ちゃん?というくらいなのだ。ただ、どういう基準でこの施設に入れる子たちを選ぶのか、そこは分からない。多分、若く元気で性格の良い子が行くのだろう。里親希望者は常時80人程度はおり、ここの子たちには幸せな生活が約束されているのだ。

その他に各保健所で独自に里親募集を行っているのだが、私が行った佐久保健所の場合、本当にこまめにHPが更新され、その熱意が伝わってくる。

まりに会いに行った時、連れて行かれたのは駐車場のそばの 「犬舎」 と書かれた倉庫。シャッターが下りていて、思わず 「こんな真っ暗闇で、しかも寒い所に犬たちは置かれているのか」 と暗い気持ちになった。吹きっ晒しで、本当に寒い所だったのだ。

ところがシャッターを開けると、片側にケージが並んで1匹づつ入れられ、その前になんと電気ストーブが置かれているではないか。反対側の壁にはちゃんと窓もあり、真っ暗闇ではないし暖房にも気を配っているのだ。

私が会った職員さんは、若い優しそうな女性とこれまた優しそうな男性だった。側溝に落ちたまま弱り切っていたまりを、ここまで元気にしてくれた恩人たち。感謝しなければ。

今日も佐久保健所には新しいワンコが収容されていた。この保健所は掲載期間が過ぎてもずっとHPに載せてくれているのだ。わずかな収容期間が過ぎればすぐにみんな処分されてしまう、ということはない。毎日チェックを欠かさない私には良くわかる。

それでも毎日毎日連れて来られる行き場の無い犬猫たちを見るのは、仕事とは思っていても辛いものがあるだろう。処分される子だっているに違いない。そんな中でもめげずに仕事に励んでくれる職員さんには頭が下がる思いだ。


にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事

本当に今年はどうなっているの?

また大きな地震があった。こちら信州でもかなり揺れた。

東北の人達の気持ちを考えると、何と言って良いか分からない。
お願いだから、もうこれ以上揺れないで!!

思えば今年のお正月、近くの神社で「家内安全」の御祈祷を受け、穏やかなお正月で良かった、今年も良い年だといいね、と話したのに。

今考えれば、「国家安泰」 の御祈祷もお願いすれば良かったと、心の底から思う。
そんな事をしても何にもならないのは分かっているけど、被災地をこれ以上ひどい目に遭わせないで。
神様、お願いします。


にほんブログ村 ひとりごと

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
関連記事

地デ地蔵 (チデジゾウ)

もうすぐ始まる地デジ化に備えて、長野でもあの手この手で地デジの普及に努めていた。
この地震が起きるまでは。

長野のNHKでは、「地デ地蔵」 なるキャラクターまで出ていたのだ。

誰が考えたのか知らないが、可愛い女子アナがお地蔵さんの着ぐるみを着て地デジの宣伝をする姿が非常に微妙なキャラで、これは笑うところだろうか?いやいや、彼女はこの姿が嫌に違いない。でも一生懸命やっている彼女を讃えるべきではないだろうか? などと視聴者を千々に惑わせるのだ。

可愛い顔をした女子アナウンサーは、一生懸命もうすぐ地デジ化になるのでその準備をして下さい、というような事を言うのだが、我々視聴者はその内容よりも、まだアナウンスにも固さの残るアナが、あんな恰好を人目にさらして話す姿に目を奪われてしまったのだった。

地震以降、地デジの宣伝どころではなくなり、地デ地蔵は画面から姿を消したのだが、その可愛いアナウンサーが画面に出る度、「あ、地デ地蔵だ。。。。」と思わずあの姿を想像してしまうのだ。

頑張って! 女子アナさん。 お地蔵さんの格好をさせられても一生懸命なあなたを応援します!



にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。チョコをポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事

まりは跳ぶ!

まりが来て以来、我が家の散歩は1日5回に増えた。

まりは、年のせいか育ちのせいか、オシッコと  の回数が多いのだ。 ペットシーツの訓練をしたいのだが、自分の子育てもうまくいかなかった私には、その訓練は富士山より高い難関   仕方がないのでせっせと散歩に行っている。

1番メインの散歩は、すずと一緒に近くのグラウンドに行くのだが、最初は渡り切れず後ろ足が落ちてしまった小さな溝を、今のまりは何と  ピョーーンと鮮やかに跳び越えるのだ 

その跳び方たるや、前足と後足を真っ直ぐ前後に伸ばし、体は一直線になり、教科書に載せたいような鮮やかなものなのだ。 ああ、みんなに見せたい!

早いもので、まりが来てから来週で1カ月になる。
相変わらず食い食い病は直らないが、体に触られるのにもかなり慣れてきたし、必死の形相で噛みついてきてもちっとも痛くないので、皆で構いまくっている。

呼び方も、 まり・ まりっぺ・ マリンバ・ 雑仕女(ぞうしめ) 等々。 ちなみにすずは  スッチー、 姫
なんだ、この差は!

要するに、ついつい構いたくなるキャラなのだ 




にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。まりをポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事

踊り念仏

弘安2年(1279)に当地 (佐久市)に伝わった時宗一遍上人の流れをくむ 「踊り念仏」 が、佐久市跡部の西方寺で行われたので行ってきました。私が行くのは実は3回目です。

今から732年前、一遍上人は善光寺に参詣した帰途、佐久郡跡部伴野庄で歳末念仏をおこない、その後近くの武士の館で一遍が音頭をとり、裸足で跳ね踊ったのが踊り念仏の最初と伝えられている。(佐久市教育委員会のパンフレットより)

ここ西方寺に伝わる踊り念仏は、古風を伝えていると言われ、国重要無形民俗文化財に指定されています。

中学校の歴史の授業で教わった時宗の踊り念仏。
今でも時宗は続いているけれど、踊り念仏はどうなったのか疑問に思っていました。
果たして今でもお坊さんは踊るのか! と非常に興味があったのです。

数年前こちらに来た時、パンフレットに 「踊り念仏」 の記事を見つけた時には驚きました。まさかここ佐久に本当に伝わっているとは。

ここにUPした動画は、今年の4月3日に西方寺で行われた 「跡部の踊り念仏」 を私が撮影したものです。
何しろ慣れないもので上手く撮れていませんが、初めて youtube にアップロードしてみました。

地区の方達の努力で今まで伝わってきた貴重なものです。静かに始まり段々激しい動きになってきます。昔はトランス状態になって踊ったのではないでしょうか。拝観料をとるわけでもなく、終わると手作りの知恵団子までいただける 「跡部の踊り念仏」。 その熱意には頭が下がります。ちょっと長いのですが、どうぞご覧になってみて下さい。
毎年4月の第一日曜日に行われます。






にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事

大河ドラマ義経の秀逸さ

どうも年のせいか、最近、世の無常だとか人生の儚さとかを、いたく感じるようになってきた。 といっても自分の事ではなく、主に歴史上の人物の身の上にだ。

ちょっと前の大河ドラマで 「義経」 をやっていた。 この大河はあまり評判が高くはなかったらしいが、私としてはかなり胸に迫るものがあって、ポイントが高かったのだ。脚本の妙もあって、ジャニーズの滝川君もかなり頑張っていたし、何と言っても静御前の石原さとみの熱演が光った。

初めて読んだ歴史本が、子供用の 「源平盛衰記」 だった。それ以来、歴史大好き人間になったのだが、あの本で憶えている事といったら、「義経の八艘飛び」 だとか 「ひよどり越えの坂落とし」 だとかの勇ましい逸話ばかりで、その後の義経に襲いかかる悲劇についてはさっぱり記憶にないのだ。

でも、あの大河を観ていたら、日本中を敵に回して人目を忍んで落ちのびて行く義経の怯え、絶大な恐ろしいほどの権力を持つ、兄頼朝を敵に回した絶望感等がひしひしと伝わってきたのだ。観ているうちに、あれ?私いつの間にこういう感情が分かるようになったんだろう、と不思議なくらいだった。
実際、日本中どこにも安住の地が無い恐ろしさ、心細さは考えただけで身震いしてしまう。

殿(しんがり)の勤めの困難さ、落人がいると聞くと豹変して襲いかかる地元民。義経も義仲も平氏一族も光秀も勝頼も、あの争乱時代に戦いに負けた者たちは、みな同じ恐怖におののきながら落ちのびて行ったのだろう。

日本全国で敗走後に無念の思いを抱いて討たれていった武者はたくさんいたのだ。戦それ自体で亡くなった者より、落ちのびて行く途中で無名の浪人や百姓たちに討たれた人数の方が多いのではないだろうか。

あのドラマは今時の大河ドラマのように 「愛」 だ 「平和」 だのを押しつける事が無く、しかも思うようにいかなかった義経の人生の哀れさを浮き彫りにしていて、出演者の熱演も良かったが、それを引き出した金子成人氏の脚本の秀逸さを感じさせてくれるドラマだった。



にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。チョコをポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事

まりの本性

まりが来てもう20日。 段々本性を現してきましたよ

まりは今まで1階の居間で寝かせていて、2階に行ったことはなかった。まりの足では階段を上るのは無理そうだったし、夜だけはすずとまりを住み分けた方が良いと思ったのだ。

ところが今日、お風呂からあがって見るとまりがいない。あちこち探したけれどいない。
残るは2階だけ。 まさかと思いつつ見に行くと、寝室のベッドの上に乗っているまりの姿が

しかも身軽にピョンと飛び降りて私の顔を見る。

アンタ! 階段も上れるしベッドからも飛び降りられるの
じゃあ車に乗る時、 「あたし無理だに~ 」 っていうふりをしてたのは真っ赤な嘘だったわけ???

階段を下りる時、わざと手を出さないで様子を見ていると、スイスイとはいかないけれど、それなりにドタドタと下りるじゃないの。

なあんだ。 アンタってもしかして、見た目よりずっと若いの? 今まではすずの領域だったソファにも乗ってみたりして、段々本性を現してきたぞ。
このブリッコめ   


ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 ひとりごと

まりをポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード