FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

岩村田えびす講

初めに私のテンプレート遍歴について。

どういう訳か私が選んだテンプレートって、次々に壊れていくんです。
1番気に入っていた「バジル」も、次に気に入っていたのも、全部おかしくなる。

仕方がないので新しいのを選ぼうとすると、やっぱり変。
過去記事が両側に載ったり、プロフィールが1番下になったり。

最新のは数回使っただけなのに、コメント欄を見ようとするとグジャグジャになっちゃうし。
これは字もとても大きくて見やすかったのに 

私ってもしかして、何かの破壊力を持ってる?


というわけで、また元のテンプレートに戻って、今日行われた 「岩村田えびす講」をUPします。
朝11時から始まるというので、岩村田商店街に行ってみました。

お蕎麦、豚汁をいただくための 「おもてなしパスポート」 なるものは、前日にゲット済み。
おもてなし

11時ちょうどに、道を隔てた歩道を使って、お隣の御代田町の 「龍神太鼓」 の生演奏。
これがスゴイ迫力で楽しかった。


しばらく聞いた後で、「おもてなし」 の列に並んで、冷たい打ち立て蕎麦と熱々の豚汁をいただく。
そばうち

豚汁は本当に熱々、ボリュームもあって、小食の私にはお昼ご飯として十分。
トン汁

本当はね、綿あめも欲しかったの。
でも、子供しか並んでいなかったので諦めました。


その後、大船渡産イカなんかを買って帰ったのでした。
いつもはちょっと寂しい商店街も、えびす講目当ての人で賑わっていました。
えびす講

ところでこちらは、どこもえびす講が盛んらしく、あちこちの広告が載っていました。
やはり1番大きいのは長野のえびす講らしく 「長野えびす講 煙火大会」 が行われるらしいんです。

煙火って花火のことですよね?
読み方は 「えんか」 で良いのかな。
この寒い時期に花火???って思うけど、これはかなり盛大なもので一見の価値があるみたい。
でも遠いから、とっても行けませんけどね。




最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

近くて遠いよ軽井沢

新幹線に乗れば、軽井沢は佐久の隣。
ほんの数分の距離だ。

合唱団の方から、軽井沢の大賀ホールで行われるコンサートのチケットをいただいたので、車で出かけてきた。

なにせ軽井沢で、かの大賀ホール。
初めて行くセレブ御用達の (私の脳内では)会場だから、私の気合の入れ方が違う。

イオンで買った勝負服に身をつつみ、張り切って出かけた。

しかし、道が混んでる。
何、この混み方。

軽井沢に近づくにつれ、雨は土砂降り、車は数珠つなぎ。

でも、やっとこさ着いた大賀ホールは、さすがに立派 
オオガホール外観


中もオシャレで木をたっぷり使った、こだわりの作り方。
音響も最高 
大賀ホール中
(写真:大賀ホールのHPより)

でも、聴きに来ている人は佐久に普通にいるような格好。
なあんだ、イオン産勝負服の私は浮いてるじゃん!


たっぷり2時間半の演奏が終わって外にでると、前にも増して大雨 

それからが大変だった!
まず駐車場から出るのに渋滞。
でも、出る車同士で喧嘩にならないところは、さすが軽井沢。
東京だったら、怒鳴りあいになりそう。

やっと道路に出ると数珠つなぎの車・車・車

いくら土曜日とはいえ、こんな土砂降りなのに何でこんなに混んでいるの?
真っ暗で土砂降りの中の運転は、本当に怖い。

やっと家に着いた時には、グッタリ疲れてしまった。
やっぱり軽井沢は鬼門だわ。

行くんならお金がかかっても、新幹線が1番ね 





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

旧中込学校

すずを連れて、佐久市中込にある 国指定重要文化財 「旧中込学校」 に行ってきた。
といってもワンコは中に入れないので、外から見ただけだけど。

ここは中もとっても素敵なので、今度1人で行った時に、内部の写真を撮ってこようと思う。

佐久の中心部から外れた閑静な通りに面して、中込学校は建っている。
創建 なんと明治8年。
日本でも最古級の洋風建築の小学校だ。
中込学校

中込学校横側


この学校は、村民と村内篤志家からの寄付で建てられた。
今でも佐久の中心部でもない場所に、こんなモダンな学校を作った人々に敬意を表したくなる。

ここは下中込村の市川代治郎の設計にかかり、八角塔には太鼓をつるしてあったことから太鼓樓、窓にはすべてガラスがはめられたことを珍しがりギヤマン学校などとも呼ばれた。 (ウィキペディア)
中込学校と紅葉

この辺りは裏道を歩くと、道の横にきれいな水の用水路が流れている。
用水路中込

用水路

近くには酒造店もある。
表側から見ると、何の変哲もないお店だが、
土や酒造

ちょっと脇の道を入ると、こんな風に長く建物が続いている。
土や酒造横


横の門からパチリ 
土や酒造中

よく見ると杉玉も飾られている。
杉玉

佐久って、こういうさり気ない所に趣深い建物があって、そこが良い所だと思う。





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

栄枯盛衰

ずっと前、まだ子供たちが小さいころ住んでいた町でのこと。

自転車の前後に子供を乗せ、肝っ玉母さんの私はちょっと離れたスーパーまで買い物に行っていた。

だけど目的はそのスーパーではなく、そこから徒歩数分の ○○商店街。
そこはものすごい人気で、昔風の市場が2か所あり、いつも人でごった返していた。

店のお兄さんの威勢良い掛け声が響き、肉屋さん、八百屋さん、魚屋さん、和菓子屋さん、パン屋さん、お惣菜屋さん、衣料品屋さん。
ありとあらゆるお店が並んでいた。

特に年末などは、買い出しの人々で肩と肩が触れ合うほどの人出。
遊びに来ていた夫の母が 「いいねえ、こんな商店街があって」 と羨むほどだった。

やがて2軒ある市場のうちの1軒の立て直し計画が持ち上がり、やがて2階建てではあるが小ぎれいなビルに生まれ変わった。
1階には市場が入り、2階には塾や歯医者や・・・・あと何が入っていたのかな。

皮肉なことに、その頃から潮が引くようにお客が減っていったのだ。

その理由が私にはどうにも分からない。
一体どうしたことだったのだろう。

そうなると、残った古い市場の方も同時に寂れていった。
入っていた店舗も、櫛の歯が抜けるように1軒1軒消えて行き、最後には市場自体が取り壊されてしまった。

最初に立て直した2階建てのビルは、何年も経たないのにまた取り壊され、跡地には大きなマンションが建ち、結局商店街も消えてしまった。

今はバス停の名前にだけ残った商店街。
その頃の友人とあの賑わいを話す時、夢幻のように消えてしまった商店街を思い出す。




最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

さくらさく小道

我が家から南に10分ほど走ると、佐久の観光パンフには必ず載っている 「さくらさく小道」 がある。
千曲川沿いに伸びる遊歩道だ。

今はまだ桜の木もそんなに大きくないが、数年経ったら見事な桜並木になるだろう。
今回は紅葉の時期。
さくらさく

ここからは雄大な浅間山が美しく望める。
浅間さくらから


西の端にはどういう訳か、東京電力の池がある。
この池には鳥がたくさん集まり、野鳥観察の人が多く見られる。
看板水鳥

池さくら


この道沿いにある 「つけば小屋」
5月頃になると、小屋が開き川魚を食べさせてくれる。鮎とか鮠(ハヤ)とか。
川魚というと  とすぐに考えるけど、 の方が美味しいらしい。
と言っても、まだ食べたことはないのだけれど(笑)
つけば




何だかね、まりんばがいなくなってから、家が静かすぎるの。
すず家


すず姉ちゃん、なんだに~?
まり


最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

レストランのおせち

ちまたでは、お歳暮商戦が始まったようですね。
近くのイオンでもお歳暮コーナーができ、お客さんが並んで待っていました。
年々、早くなると思いません?

年の瀬といえば、おせち。

我が家でも、昔は結構一生懸命作ったんですよ。

重箱にきれいに盛り付けて、元旦に「あけましておめでとう」
と言いながら箸をつける。

ところが、その後一向に減らないんです。
要するに、みんな嫌いなの。 
特に、煮物。

これだけは、一品一品別に煮て頑張って作ってたのに。

もう、やめました。

数年前から、宅配おせちを頼んでます。
中華おせち、海鮮おせち、洋風おせち。

今のうちから、予約しなくちゃ! と思ってネットで調べたら、すぐ近くのレストランでおせちを売ってるじゃないですか!
しかも限定150食。

限定ものに弱いのは、いつも同じ。
とうとう頼んでしまいました。
美味しいかなぁ。


PS  
それにしても、おせちのパンフレットを見ていて、”ローゼンハイム” と ”ローマイヤ” の違いが分からない。
”トロワグロ” が ”トロマグロ” に見えてしまうし 
 



最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

野辺山高原

抜けるような青空に誘われて、野辺山高原に行ってきました
もちろん、すずも一緒です。

佐久甲州街道を南へ南へと走ります。
そのうちどんどん高度を上げ始めたと思うと、家から1時間ほどで野辺山駅を通過。
すぐ近くに 「国立天文台 野辺山観測所」 があり、一般に開放しています。
ワンコも大丈夫!というので、すずを連れて入場。

こんな可愛いパラボラアンテナが並んでお出迎え。
なんか、R2D2のようでもあり、小さいモアイ像のようでもあります。
1-2野辺山


ずっと進んで行くと、1番奥に鎮座しているのが、この観測所で最大 直径45mのパラボラアンテナです。
パラボラ野辺山


近寄るとさすがにデカイ
パラボラ2
大き過ぎて、全体を撮ることはできませんでした。

横に展示室もあり色々説明してあるけれど、私にはさっぱりチンプンカンプン

観測所を後にして、八ヶ岳が望める絶景ポイントへ。
見よ!この雄大な八ヶ岳
2八ヶ岳
こんなに綺麗な山なんですね~
でも頂上はゴツゴツした岩場かな。私は登る気には絶対になれないけど。


少し下るとこんな物が。
平賀源心の胴塚です。
げんしん胴塚

そういえば、数年前の大河ドラマ「風林火山」で、平賀源心のことをやっていましたね。ここは胴塚なんだ。
平塚げんしん碑


人々が積み上げて行ったという石が、今も残っていました。
胴塚の石1

信州の人にとって、信玄は迷惑以外の何者でもなかったんでしょうね。
平賀源心は慕われていたのではないでしょうか。

野辺山高原
まだまだ見どころはいっぱいありそうです。
またの機会に訪れてみようと思います。


ところでカメラを変えました。
一番最初に使っていた canon power shot に戻したんです。
色々使ってみましたが、どうもこの方が綺麗に撮れるもんで。
ただ型が古いので、画面が小さいのと重いのが玉にきず。



最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

佐久と小諸の関係

うちから車で5,6分も走れば小諸市に入る。

佐久と小諸はお隣同士で、昔から非常に近い関係にあるはずだけど、どうも仲は良くないみたい。

そもそも10年前、新幹線の駅を作るとき、小諸市には反対運動があったり、何だかんだあれこれあった挙句、駅は佐久にできた。

小諸市はその時いきなり、 「駅名を ”佐久小諸駅にしろ”」 と言ってきたけど、田んぼをつぶして新幹線を通した佐久市にとってはとんでもない話。

それでも少し歩み寄って 「佐久駅」 じゃなく 「佐久平駅」 になったという裏話があったらしい。

駅ができたおかげで、佐久市は劇的に発展し、反対に小諸市はすっかり衰退してしまった。

そもそも小諸は昔から城下町でもあり商業の町でもあり、佐久平の中心地としての誇りが高く、佐久なんてただの田舎という意識が強かったみたい。

それがすっかり立場が逆転して、面白かろうはずがない。

普段暮らしていて特にそういう対抗心を感じた事はないのだが、1度だけ ええー!?と思ったことがあった。

佐久から小諸に入ってすぐの所にあるスーパーに行った時のこと。

佐久市用のゴミ袋を探したけど見つからず、店員さんに聞くと 「佐久市の袋は置いてないんですよ」 と悪びれた風もなく言うのだ。

だって、すぐそこは佐久市なのよ。
佐久の人だっていっぱい買い物に行くだろうに、これはどういう事?

私には、何となく両市の対抗心が垣間見えた気がしたんだけど。





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

長野県民手帳

もうこんな時期になりました。
近くの本屋さんに 「長野県民手帳」 が並んでいます。

他の手帳とは一線を画して、わざわざレジの近くの一等地に山と積まれています。
「東京都民手帳」とか「北海道民手帳」なんて聞いたことが無い気がします。

早速購入しましたよ。
これを待っていたんです。
県民手帳

見開きには 県歌「信濃の国」が載せられ、今年は各地の写真まで付いています。
信濃の国

県・市町村の所在地、首長名から始まり、県選出の議員、県会議員、各地の人口など各種統計、病院から新聞社、放送局、学校まで、これ1冊あれば長野のことは何でも分かる優れもの。

値段もたったの500円。
さあ、買った買った 



今日はJAでこんな物もゲットしました。
食用菊 「もってのほか」
「もってのほか」のお美味しさだから、こう名付けられたんだって。
もってのほか

少し酢を入れたお湯でさっと湯がいて、ポン酢をかけて、さあ召し上がれ。
鮮やかな色だし、秋の味ですねぇ。





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

新海三社神社

ここは佐久の総社、要するに佐久の総鎮守っていう事だと勝手に思っているのですが。
それに相応しく、広大な神域は荘厳で森厳で、いかにも神様がおわします という雰囲気のお宮でした。

神社好きな私には、こたえられない

写真をたくさん撮ったので、どんどん紹介していきますので、どうぞお付き合い願います。(長くなっちゃうかも)



まずはアプローチ
参道新海神社


続いて神社のある”田口の里
佐久はここから開けていったそうです。田が開かれた所だから「田口」
田口の里1



お手水場 天保六年製 
手水鉢1



しつこく拡大
なんとワンコ用のお椀がありました  これは結構感激
神様の懐の深さを感じたぞ~
1おわん犬用

どんどん行きます。



三重の塔  (重要文化財)
神仏分離令の時、破壊されそうになったのを「神社の宝物殿だ」と言って免れたそうです。 good jobですね
新海三重塔



拝殿から東本殿(重要文化財)を望む。
1東本殿



裏手には古墳もあるんですよ。 入口がぽっかり明いていて、ちょっと不気味。
古墳新海さん



森の中にある、注連縄を飾った岩。 絶対神様が宿っていますよね?
しめ縄岩<



多分これが三つ目の重要文化財。
スイマセン、 もう何が何だか分らなくなってしまいました
これは何だったかしら???
新海?殿


とにかく奥深い新海三社神社。
佐久にお出での時は、ぜひお立ち寄りください。
きっと何か良いことがありますよ。




最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード