本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

赤岩の弁天堂

※ 「ポチたま」 のだいすけ君が、昨日急逝したそうです。
   本当に残念です。
   天国でお父さんの まさお君と会っているのでしょうか




何だかガックリしてしまったのですが、気を取り直して今日の記事です。



佐久平駅から西へ少々歩いた所に、「弁天堂」 というお宮があります。
昔、この辺りで1番の豪農の敷地内にあったそうです。

交通量の多い表通りから1本中に入った、小さな道沿いに弁天堂は建っています。

前方に大きな松が道を覆っています。
2赤岩松

右側の柵の中には赤いお宮が。
弁天堂

赤い岩の上に建っているのが分かるでしょうか?
この辺りの地名は 「赤岩」

あちこちに小丘があるのですが、どれも土台は赤い岩。
かつて浅間山が噴火したとき、飛んできた岩です。

ところで弁天堂。
横から上れるようになっています。
弁天堂横

正面に回って拝みたかったのですが、私はどうにも高い所が苦手。

回廊がグラグラしているみたい(に感じる)・・・・
すずが欄干の隙間から落ちるんじゃないか・・・・


あれこれ考えて、どうしても足が進みません。

気を取り直して、小丘上りに切り替え。
いっぱい石造物があります。
弁天堂裏石

赤岩祠1

裏側には一面の田んぼが広がっていて、水をたたえる頃が1番美しいんです。
その頃にまた写真を撮りに行こうと思います。





すずです。 ポチっと宜しくお願いします
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

昭和新山

かなり前のことになるが、お昼のNHKを見ていると、昭和新山 が映っていた。
昭和新山の麓から3分の2くらいが緑に覆われていたことに、思わず目を疑ってしまった。、

洞爺湖 と 昭和新山 はセットのようなもので、昔から洞爺湖に遊びに行けば必ず昭和新山を見物する、と決まったものだった。

そして小学校6年の修学旅行はこの2点セットで、その頃の昭和新山は何の柵もされず登り放題。

みんなワラワラと登り始め、男子の中にはさっさと頂上まで登っていた子もいた。あちこちからモクモクと噴煙が昇っていたのに、今なら考えられない程ほったらかしだった。

もちろん、その頃は緑なんて全然なくて、麓から頂上まで全部、土気色のゴツゴツした山だった。山というより土の盛り上がりと言ったほうが良いかもしれない。

十数年前に子供を連れて行った時は、柵で囲って入れないようになっていたし、麓に土産物店や資料館などがあり、隔世の感があったものだが、まだ緑はあまり無かったような気がする。
昭和新~1

植物というのは強いものだ。
あれだけ有毒ガスが立ち上っているのに、月日が経つとちゃんと草木が生えてくるんだ。

TVで見たあの緑の昭和新山の実物を、見てみたいものだ。


余談だが、小6の修学旅行の時、みんなで温泉街にくり出した。
土産物屋に入り、女子はそれぞれ可愛い品物をワイワイいいながら選んだ 1番人気は、白樺の皮で作った鉛筆立てだったと思う。

そして男子だ。
ほぼ全員が  「木刀」  を選んだのだ。そのあと男子部屋がどうなったか、推して知るべしというものだ。

それにしても、こんな大昔のことは結構憶えているのに、昨日食べたものは忘れるというのは、どうしたことだろ
うか 

そういえば、洞爺湖のお土産は 「わかさいも」 が当たり前だったけど、今でもあるのかな。




すずです  ポチっと宜しくお願いします
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

こきりこ節

年と共に好きになっているのが民謡。

好きな民謡数々あれど、中でも好きなのが 越中五箇山の「こきりこ節」 だ。

youtubeで検索してみると様々な動画がUPされているのだが、私が一番好きなのがこれ。



夜、桜の樹の下で踊られる 「こきりこ節」 は、優雅で妖艶で本当に素敵。

こんな山奥なのにこの優美さは、やはり平家の落人部落だから?って納得してしまうほどだ。

村の娘たちはこの舞姿を見て、舞い手に思いを寄せたりしたんだろうな。





すずです  ポチっと宜しくお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

子供たちに演奏させるかい?!(笑)

ケーブルテレビで、先日行われた 「まちじゅう音楽祭」 の模様をやっていた。

可愛い幼稚園児の鼓笛隊が、一生懸命演奏しながら舞台の袖から行進してきた。

最初に演奏したのは 「おもちゃのチャチャチャ」

何と可愛いこと!

ところが次の曲だ。

これは確か昔流行った、ザ・ピーナッツの 「情熱の花」

思わず歌詞をググってみると



小さな胸に 今宵もひらくは

情熱の花  恋の花よ

初めて二人が ちぎりを交わした

その思い出が 妖しく匂う



おいおいおいおい
こんな小さな子に演奏させていいのかい!?

思わずツッコミを入れてしまったのです。





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

島崎さんの家 (貞祥寺)

佐久市前山
佐久平駅から南へ15分ほど走った所に、古刹 貞祥寺がある。
前山城主伴野貞祥により大永元年(1521)に開基された曹洞宗の古刹


今日はここを目指して行った。
何故ならこの境内に、島崎藤村が小諸義塾時代に住んだ家が移築されているからだ。

お寺の前には 「洞源湖」 がある。
湖というより池に近い。
以前に行ったときは湖というのは名ばかりで、水が全くなくて驚いたことがあった。
今日は水鳥がたくさんいた。
洞庭湖

このお寺の来歴を記した看板
貞祥寺看板

その横には、ここに藤村旧居と三重塔があることを示す標柱が。
看板藤村旧居
左側の 「三重塔」
私はここを4回は訪れているのだが、どうしてもこの塔を見つけることができないのだ。
何て不思議なんでしょう。


ひと山全部がお寺の山なのか、森閑とした静けさが漂う。
入り口寺

階段を上った所、左手に目指す藤村旧居がある。
旧居藤村

藤村家側面

藤村家看板
かいつまんで言うと、藤村は小諸馬場裏に新居を構え、小諸義塾の教師として勤めた。
6年住んだ後、藤村一家は東京へ帰り、その後この家は佐久市の本間隆氏が前山に移築し、それを佐久市が藤村生誕100年を記念して、ここ貞祥寺境内に移築し保存しているという訳だ。


非常に残念なことに、開館しているのは11月10日までだった。
次は来年4月まで待たなくてはならない。
開館時期に行くと、囲炉裏に火がくべられ、中をゆっくり拝見することが出来るのだ。

この住居は一度小諸市に返そうとしたのだが、どういう訳か小諸市が断ったという曰くつきのものだ。
何故断ったのかは謎だなぁ。
私が思うに、今は小諸市も喉から手が出るほど欲しがっていると思うのだが、今さら言い出せるものでもないだろう。

まだ紹介したい所があるのだが、長くなるのでこの続きはそのうち。





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

初めての 「灰寄せ」

ある日の午後、それは突然やってきた。
同じ班のおばあちゃんが亡くなったのだ。

班長さんが飛んできて 「明後日、○○時に出棺お見送り。その後○○時にバスが来るので斎場に移動して、灰寄せに出て下さい」

佐久の 「灰寄せ」
噂には聞いていたが、出てくれと言われたのは初めてだ。

迎えのバスに乗って斎場に着く。
もう亡くなったおばあちゃんはお骨になって、祭壇に祭られていた。

我々新住民のお手伝いは会計係。
いただいたお香典を数え、帳面に記入し、総計し、更にまた袋に戻すのだ。

合間を縫って、急いでお焼香をする。
会計の集計が終わるのと葬儀が終わるのが、ほぼ同時だった。


「あちらで灰寄せをしますので、移動して下さーい」 と言われて、いよいよ初めての灰寄せに臨む。


「灰寄せ」 とは結局、「精進落とし」 の豪華版だった。
大きな会場にびっしりテーブルが並び、ご馳走が並んでいる。

私はその席で勧められるままビールをグビグビ飲み、料理をバクバクと食べ、もうお腹いっぱい。
住職さんが退席されるのを機に、部屋の角に飾られている個人の遺影に手を合わせ、各自退室する。

更にその後、喪主さんのお宅に女衆が集まり 「お念仏」 なる行事があるらしいが、新住民で話し合った結果、それは辞退させてもらうことにした。

私だけでなく、初めて体験する人たちは疲れ切ってしまったから。
民俗行事にとても興味はあったのだが、もう体力が限界だったのだ。
あんなにビールを飲まなきゃよかった 

初めての灰寄せと会計は、本当に勉強になった。

まず、お香典袋はごく簡素なものが1番。
私など、わざわざ水引付きのを持って行ったが、それを開いたり閉じたりがこんなに面倒臭いとは。

名前はフルネームで書き、住所、金額をしっかり書くこと。
それだけで、会計の仕事は数段楽になるのだ。

来年は、うちが班長をする番。
できれば、何事もなく任期を全うしたいものだ。




最後まで読んでいただき有難うございました。
今日はまりの月命日です。もう1か月経ってしまいました。
お空で元気にしてるかな?
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

ドリア風ワンコミール

まりがいなくなって、すずはかえって伸び伸びとしてます。
食事の時も一人だけだから、ゆったりとのんびりと食べられるし。

実はすず、昔は乳製品アレルギーと言われて、乳製品は一切ご法度だったんです。

先代のチョコは自家製ヨーグルトが大好きで、毎朝ペロリと食べていたので、すずにも同じ調子であげたら、ものすごいカイカイが出て耳もかきむしって出血する始末。

先生に 「ドッグフードだけにして下さい!!」 って言われて、以来それを守ってました。

ところがまりが来てからすずの食欲が落ちちゃって、試しに牛乳をかけてみたりしたんです。
すると味が新鮮だったのか、良く食べるようになったしカイカイも出なかった。


こちらも嬉しくなっちゃって、今では 

”ドライフードにとろけるチーズを千切ってレンジでチン。それに牛乳をかけた食事”

「ハイ、すずちゃん、ドリアですよ~ 」 って言ってあげてます。


さッとチンすると、チーズの溶ける香りがして美味しそうなの。
こんなのを、まりんばにも食べさせてやれば良かった。


おかあちゃん、ドリア食べたかっただに~
まりすず010_convert_20110719184507


後でゆっくり考えると、まりんばと一緒に行ったのは前に書いた

鼻顔さん
駒場公園
パラダ
さくらさく小道
近くのグラウンド
閼伽流山
大井城跡
女神湖
五郎兵衛記念館

だけじゃなかった。
その他に

上田市郊外の塩田平
松原湖

こんなにいっぱい一緒に行ってたんだ。
ああ良かった。

何だか目の前がフニャフニャしてきたので、この辺で終わります。




最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

やっぱ ババシャツでしょう

北海道でも雪が降ったらしいし、こっちもそろそろだと思っていたら、このところグッと冷え込んだ。
家から見える北アルプスは真っ白。

気温が急に下がり、風がピューピュー吹き始めた。
こんな時には、特に下着を温かくしないと、外出する気になれない。

こんな冬に備えて、あれこれ買ってみた。

ユニクロのヒートテック
イオンのヒートファクト
しまむらのファイバーヒート

その結果、 やっぱ、ババシャツでしょう という結論に達した。
これは、お隣さんも同意してくれたから、私だけの意見ではない。

あのピンク色でダサくて裏起毛のモコモコシャツ。
ずっと使ってると毛玉が出来て、着心地が悪くなるのが玉にきずだが、1シーズンだけだと思えば納得もいく。

とにかく温かさが違うのだ。

下に着ると着膨れるので困るのだが、この温かさは捨てがたい。
元々が膨れているんだから、少々の着膨れは気にしないことにした。

ここ一番、オシャレしなくちゃの時はヒートテック類で我慢だけど、普段はやっぱりババシャツだわね 





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

中山道を北へ

今日はとっても綺麗に北アルプスが見えていました。
一生懸命ズームして撮ったんだけど、やっぱり今一つですねぇ。
あの美しさを見てもらいたかったんだけど、残念!
1番右が、槍ヶ岳です。
北アルプス


そして午後散歩は、前から気になっていた中山道沿いにポツンと取り残された林を目指して、北へ歩いて行きました。今は両側にずっと店舗が並び、面影が全然ないけれど、昔は一面の原っぱで、浅間山が迫ってくるようだったんでしょうね。
あの松を目指して行きました。
へ中山道からこうげつ原

ここは 「晈月原」(こうげつはら)
説明版をどうぞ。
看板講月原

この名前に惹かれて1度は行ってみたかったんですが、やはりこの開発でほんの少しの空間だけしか残されていませんでした。
官女 晈月は、もう馬を乗り回せないでしょうね。
咬月原

ここから帰るのもつまらないので、ずんずん歩いて行きます。
すると 「小田井南」 の信号が。
ここからは小田井宿に入ります。
小田井

こんな飴屋さんがありました。
今はやっていないのかな?
きっと、美味しい飴だったんでしょうね。
飴や

路傍には、馬頭観音などが並んいます。
やっぱり外から来る怪しのものを、防いでいるんだわ。
石仏

この後、宿場はずっと続くのですが、距離が長すぎるので今日はここで帰りました。
小田井宿も歴史と趣のある宿場なので、後日UPしますね。

帰り道には 「鵜縄沢一里塚」(うなさわいちりづか)があります。
例によって案内板です。
うな沢一里塚看板

落ち葉をかき分け行ってみると、ありました。
標識が無いと気づきませんね。
うな沢一里塚





最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

めっこ飯

今日の晩御飯は 「めっこ飯」 になってしまいました 

誰ですか。
「めっこ飯」って何?って思ってる人は。

めっこ飯とは、うまく煮えずに芯の残ったご飯のことです。
北海道の方なら分かりますよね。

慌てて鍋に移し、お水を入れてお粥にしようと思ったら、今度は鍋底が焦げ付いて、ものすごい臭いが家中に立ち込める有様。

諦めて、お粥にもなりきれない少し芯の残ったご飯を食べることになってしまいました。
後でお腹が痛くなりそう。



さて、こちらは冬がすぐ近くに来ているような天気になってきました。
風が冷たくて寒いのよ~
慌てて、庭のフェンスに風除けネットを張りました。

朝散歩のときには、浅間山に雪が積もっていましたよ。
浅間冠雪の

寒さに負けず歩くすずです。
すず




最後まで読んでいただき有難うございました。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード