本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅 5. 食べてきましたサッポロラーメン

帰省3日目。

この日の予定は 「札幌中心部に出かけて、サッポロラーメンを味わう」 です。
その為に、事前のリサーチは欠かしません。

手帳に書いた4店の名前をためつすがめつ眺め、決めました!
向かうのは 「寶龍 アピア店」


決め手は

・最近、盛況著しいという札幌駅周辺の見物
・地下鉄大通り駅から札幌駅まで出来たという、地下通路の見物
・その途中にある、かつての勤務先の見物
・寶龍は、私が札幌にいる頃、良く通った店

この4点でした。

ちなみに他の3店は、芳蘭、福来軒、えぞっこパセオ店。
らざーろさん、有難うございました。

地下通路は人がゾロゾロと歩いています。
何しろ寒い思いをしなくて済むんだから良いですよね。
その代り、地上の店舗のお客が減ってしまったそうです。

やってきました、寶龍アピア店
宝龍外観

私は醤油ラーメン、母は塩ラーメン
醤油ラーメン

塩ラーメン

ウーン 旨い!
懐かしの味 サッポロラーメン。
内地では味わえないのよね 

それにしても、駅周辺の変わったこと!
五番館(古!)はとっくに無いし、寂しかった北口もどんどん開けてるし。

その後、駅直結の大丸デパ地下で買い物をし、再び家に向かいます。
便利ですよね~ 雪で凍えることもなく地下鉄で動けるんですから。

実家のある西区で降り、次に目指すのは 「手稲記念館」
ここには、明治の昔から営々と手稲地区を開拓した人の記録を残すための展示室があります。
手稲記念館

この中で1番見たかったのが、これ。
「バッタ塚」
ばった塚土
明治15年、ものすごい数の「とのさまバッタ」が襲ってきて収穫物を食い尽くし、開拓地に大打撃を与えたそうです。
開拓民総出で、成虫と卵を捕獲し埋めたのがバッタ塚。
蛍光灯が映ってしまって見ずらいけど、真ん中から上半分、少し黒くなっている土がバッタを埋めた所です。
全てを食い尽くしたバッタって、すごかったんでしょうねぇ 

その他はこんな展示物があります。
開拓農具

展示室熊

誰も見学者がいないので、ちょっと触らせてもらったりして、開拓者の苦労を忍びます。
大変だったんだろうなぁ。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト

帰省の旅 4. とたんに心は中学生!!

昨日紹介した小樽の宿は素泊まりで、食事は無し。
だから、昔懐かしい住吉町にあるお蕎麦屋に、食事に行きました。

住吉町のこの辺りは、かつて小樽が華やかなりし頃 「繊維問屋街」 として栄えていたのです。
我が家もその一軒でした。

これは中でも大店だった 「神野商店」
辺りを睥睨するようなお店でした。
建物だけは残り、再利用されています。
神野さん

ここは 「丸龍商店」
丸龍さん

両方とも、私は 「神野さん」 「丸龍さん」 と呼んでいましたっけ。

その神野さんの近く、元「北海織物株式会社」 の店舗が、今 「いろは」 というお蕎麦屋さんになっています。
これは行かずばなるまいと、最初から決めていました。

昔のままの建物が続く一画。
いろは町並み

「いろは」の建物。
昭和初期の建物だそうで、これも昔のままです。
いろは入口

店内もレトロで、とっても素敵でした。 
いろは店内

「更科蕎麦か田舎蕎麦か、どちらにします?」 と聞かれ、更科に決定。
一度食べてみたかった ”鴨せいろ” にしました。

熱々のおつゆの中に、分厚く切った大きめの鴨が4切れ。
美味しかったぁ。
鴨そば


さて、それからが今回の旅のメインイベントの一つ。
「何十年も会っていない中学の同級生と感動の再会」 という、TVの特番みたいな企画です。

落ち合う場所はここ 「小樽バイン」
ここも旧安田銀行の石造りの建物です。
バイン

南樽駅からタクシーに乗って、たったの1メーター 580円。
小樽ってこんなに狭い町だっけ?

あたふたと駆け付けた私を迎えてくれたのは、仲良しだった○○ちゃんとサプライズで来てくれた2人の同級生。

開口一番彼女が言った言葉が、「仙ちゃん、雪女だっけ?? 昨日までずーっと良い天気だったのに」

やっぱりね~
私は雪女だったんだ。

それからは喋った喋った。
あの頃の思い出話。

あの時、仙ちゃんはこんなことをした、○○ちゃんはこう言った。
上級生のあの人は素敵だったねぇ、××君が喧嘩して他の子が止めたよね。

あの人は結婚してどこそこにいるよ、あの人は孫が2人だって・・・・・ピーチクパーチク

小樽に住んでいるみんなは、同級生の消息に詳しいの。
骨の髄まで中学時代の空気にどっぷり浸って3時間、お店が閉まる時間になるまで、すっかり15才の私に戻りました。
ああ、来て良かった~ 


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

帰省の旅 3. 小樽の素敵な隠れ宿

小樽での宿泊は、私の旧居にほど近い住吉町にある、それはそれは素敵な宿。

名前は 「坂の上館」
1日1組のみの宿。
タクシーの運転手さんも知らない、文字通りの隠れ宿でした。

観光名所 「オルゴール堂」 の近く、小樽でも大金持ちが住まっていた一帯にその宿はあります。
小樽でも有名な料亭 「海陽亭」 などの並び、「三本木旧坂」の途中です。


これがアプローチ
アプローチ

昔、海運業を営んでいた人のお屋敷を取り壊し、末裔の方が家を立て替えて住んでいるのですが、そのすぐ裏、小樽港を一望のもとに見渡せる丘の上に、かつては応接間として別棟で作ったという立派なコテージがあります。
外観

料金は1泊素泊まりで6000円。
高い天井からはシックなシャンデリアが下がり、寝心地の良いベッド。
立派な大理石の暖炉が据えられ、重厚なカーテンがかかっています。
坂の上館内

だんろ

部屋の外にはサンルームがあり、小樽港が見下ろせます。
サンルーム

翌日、小樽港を見るとこんな感じ。
港
オートバックスの看板が邪魔だけど、昔は絶景だったんでしょう。

ふと気づくと、大きな船が入港していました。
船

同じ小樽でも、こういう所に住んでいた人もいたのねぇ・・・

6000円なら、下手なビジネスホテルに泊まるより絶対にここがお勧め。
春になったら庭に薔薇が咲き乱れ、最高みたい。

水回りなどは最新のもので、快適そのものでしたよ。
束の間のゴージャス気分を味わいました 

ついでに夜景も載せちゃいますね。
小樽築港方面を見たところです。
夜景宿

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

どうせ私は雪女~ 帰省の旅 2. 

2日目はいよいよ念願の小樽一泊旅行。
これを1番楽しみにしていたの。
ここからは文字通りのセンチメンタルジャーニーになります。
個人的に思い入れの深い所ばかりですが、どうぞお付き合い願います <(_ _)>

朝から雪。
気温も低いし。

母の命令で、長野から着て行ったウールの勝負コートを着るのは却下されて、母のモコモコのダウンコートを着て行くことになった。
おまけに、母から借りたリュックサック付き。

もう信じられない 
でも傘もささなきゃならないし、背に腹は代えられないもんね。

JRバスで一路小樽に向かい、降りた所は住吉神社前。
ここから南小樽駅(通称 南樽駅 なんたるえき)でリュックを預け、懐かしの地元を見ながら中心部を目指すことになった。

これが南樽駅。
汽車通学をしていた頃、いつもこの駅を利用していて、本当に懐かしい駅です。
あの頃と変わったのは、中にセブンイレブンができたことくらい。
南樽駅

ここが母校 量徳小学校。
つい最近、廃校になりました。
量徳小

ここも母校 住吉中学校。
ずっと以前廃校になり、隣の双葉学園の中学になりました。
住中

ここからは、どこを見ても懐かしい建物ばかり。
昔、住んでいた家も残ってました。

ここは旧花園病院。
よく通った病院です。
姉曰く、待合室が畳だったそう。 憶えてないなぁ。
映画 「歓喜の歌」 にも使われていました。
花園病院

どんどん歩くと、どんどん雪が降り続け、どんどん寒さもひどくなり・・・・

ここが花園銀座通り。
かつては小樽一番の繁華街で、七夕の時なんかそれは見事な吹き流しが飾られ、人々がごった返した通り。
それが土曜日というのにこの有様。
なんか悲しい。
花園銀座

サンモールという商店街に至った時には、雪はこんな状況。
いやあ 寒い!
ここは、ニューギンザと丸井さんという2つのデパートが妍を競っていた通りでした。サンモール

やっと来ました、都通り。
ここも寂しいですねぇ。
都通り

♪み~や~こ~どお~りは~ 楽しい町よ~♪ っていう歌まであって、栄えていたんですよ~

この都通りに、、お目当てのお店があるんです。
ここ、「桂苑」
高校時代、部活帰りにしょっちゅう野菜ラーメンを食べたお店です。
桂苑

これがその 「野菜ラーメン」650円
味は昔のままで本当に感激。冷え切った体を温めました。
ラーメン

ここまで来ると小樽駅はすぐ近く。
しかし雪は最高潮。
小樽駅

ここでまた1曲

♪ 粉雪舞い散る小樽の駅に あ~1人残してきたけれど~ ♪

もうピッタリの状況になってしまいました。

ここで遂に小樽見物はギブアップ。
高齢の母も心配だし、とか言って、本当は寒さに負けちゃいました。
しかし早く宿にチェックインしようにも、まだ時間は早い。
仕方なく向かいの長崎屋に逃げ込み、ちょうどやっていた新人演歌歌手のキャンペーンに拍手を送りながら時間を潰したのでした。

明日は南樽駅近くのとっても素敵な宿の紹介です。
小樽の旅、もう少しお付き合いください。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

どうせ私は雪女~ 帰省の旅 1.

今日、無事に北海道から帰ってきました。
実に充実した5日間でした。

それにしてもネットで予約した航空券。
B4のペラペラ1枚の紙で、果たして飛行機に乗れるのか、最後までドキドキオロオロしました(笑)

足元が広い方が楽だろうと非常口の横に座ると、CAさんがにこやかに寄ってきて、「このお席のお客様にお願いしております」
何だろう?と思ったら、いざ事が起こった時、私がCAさんのお手伝いをするんだって!
飛行機

なんかちょっと緊張。

幸い何事もなく千歳に着陸すると、空港の立派なこと。
隔世の感がありましたですよ。
千歳

母と義兄が迎えに来てくれていて、一路札幌へ。

その夜すぐに、お待ちかねの札幌ビール園。
何しろこの為に、お昼はスズメの涙ほどのサンドイッチだけでしのいだんだから。

以前食事に使われていた明治時代からの工場は、今は博物館になっていて、ちょっとガッカリ。
ビール園
それでも店内は、結構雰囲気があります。
店内

それからは、とにかく食べた食べた。
ビールはちょこっとにして、ジンギスカンに没頭しました。
ジンギスカン鍋
ところ焼いている
いやあ 満足満足 

夜景も素敵ですねぇ。
建物に付いている星のマークは、北海道開拓使の印です。
夜景

義兄の計らいで札幌名物ススキノをドライブ後、札幌近郊の 「ばんけいスキー場」 でソフトクリームを食べ、北海道の初日は過ぎて行きました。
ばんけいスキー場

出足は快調だったんですよ。
続きはまた明日にね。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

明日からしばらくブログお休みします。

北海道に帰省してきます。
なので、23日から27日まで、ブログをお休みします。

まだまだだと思っていたけど、結構早くその日がやってきました。

母から電話で、
「着いたその日にビール園で食べ放題だからね! お昼は簡単に済ませておくのよ!!」
って厳命を受けました(笑)

久しぶりのジンギスカン 

♪ジン・ジン・ジンギスカーン♪
 
小樽では桂苑の野菜ラーメンでしょう。
チョコレートパフェでしょう。

サッポロラーメンの情報もしっかり教えてもらったし、グルメ旅行と親孝行を兼ねたセンチメンタルジャーニーに行ってきまーす 

写真もいっぱい撮ってきますね。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

何故に 「!」 マークが出てくるの?

あちこちのブログを見て歩くのが楽しみ。

特にリンクを貼らせてもらっている皆さんのブログは、毎日楽しく読ませてもらっている。

ところが、最近クリックすると カチッ という音と共に、黄色くて丸いギザギザの中に、赤い  マークが出て、拒否されてしまうのだ。

最初は数も少なかったのに段々増えて、最近はほとんどのブログから拒否されてしまう始末。

なぜ?
なぜみんな拒否するの??


この前なんか、自分のブログに頂いたコメントを見ようとしたら拒否された。
どう考えたっておかしいでしょ!

解除の方法は何とか見つけ出したけど、何でだろ?・・という感じ。
これは私だけの現象でしょうか。


ところで  マークは、正式には イクスクラメーションマーク って言うんですよね。
でも昔、私のいた職場では おったまゲーションマーク と言っていました。
これって、ピッタリのネーミングだと思うんだけど。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

佐久の 「三陸屋」

佐久市の岩村田商店街に 「三陸屋」 というお店がオープンした。

佐久市と岩手県の大船渡市は友好都市の仲。
だからあの大震災後、市役所の支援も市民の義捐金も大船渡市に届くのだ。

そして 「三陸屋」 のオープン。

もちろん行きました。

小さい店で置いてある商品は多くはないが、少しでも応援できればと思うし、こういう交流は続けた方が良いと思うし。

私がいつも買うのは 「カレイの一夜干し」 と 「油麩」、それに 「乾燥ふのり」 などなど。

カレイの一夜干しは、かなり大きなカレイが2枚入って400円(すいません、写真がありません)
油麩は370円
油麩

私は油麩が大好きなのだ。

以前住んでいた所で入っていた生協の宅配。
油麩が載れば必ず買っていたのだが、こちらに来てからはどうにも手に入らなくなってしまった。

1度水で戻して絞ってから、すき焼き風にしたり、大根・人参と一緒に煮物にしたり。
ヘルシーなのにコッテリした美味しさがたまらない。

佐久では絶対に見かけなかった食材 油麩。
美味しい物を食べて被災地の応援にもなれば、一石二鳥というものだ。

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

「カツオのレアステーキ」と「ジャガイモとブルーチーズのサラダ」

毎日毎日、今日は何を食べるか本当に悩んでしまう。

大体計画性も無く、その日のひらめきで決めるのだが、今日はスーパーツルヤのチラシを見て即決。

カツオのレアステーキ

何か美味しそうじゃない?
まだまだ残っている我が家産のニンニクもたっぷり使えるし。


①オリープ油適宜を熱しニンニク3片のスライスを炒める。

②ニンニクが色づいてきたら、塩コショウした「さくどりのカツオ」を入れ、回りをすばやく焼いて取り出し、一口大に切る。

③お皿に盛り付け、ポン酢大さじ1・オリーブ油小さじ1を回しかける。


これだけ。
カツオステーキ

これに、はやとうりさんに教わった 「ジャガイモとブルーチーズのサラダ」
サラダブルーチーズの

ただ良く読まないままに決めたので、ベーコンの代わりにソーセージ、後でかけるクルミも無し。
無い無い尽くしで作りました。
はやとうりさん、ゴメンナサイ <(_ _)>

ブルーチーズは初めての味♪
かなり癖があるのかな?と思ったんですが、とても美味しく頂けました。


それにしても、お刺身用魚のカタマリ。
私は さく (さくどり) と言うんですが、信州では たち って言うみたいですよ。
北海道では たち というと、タラの白子のこと。
言葉って地方によって違うんですね~


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

映画 「ちょんまげぷりん」

最後まで楽しく、面白く、ちょっと切なく観られた映画でした。
封切りされた時は全然知らなかったんですが、まだまだこういう良心的な映画があるんですねぇ。


母一人で子供を育て、キャリアウーマンとして働いている ともさかりえ
世のすべての、フルタイムで働き、かつ一人で子育てをしているお母さんの常として、ものすごく忙しい。
子供はまだ小さい男の子 (鈴木福くん)
だから会社のみんなが残業していても、彼女は定時には帰らなければいけない。

他の社員の視線が痛いけれど、そんなことに構ってはいられないのだ。

ある夕暮れ、いつものスーパーの前に 「お侍さん (錦戸亮)」 が立っているのを見つけて驚く2人だが、そんなことにも構ってはいられない。
何しろ忙しいんだから。
しかし結局彼女は、江戸時代からタイムスリップしてきたそのお侍の面倒をみる羽目になる。

やがて彼女の忙しさを見かねたお侍の申し出により、彼女は外で働き、お侍は家事をすると役目を分担することになり、徐々に彼女達親子は精神的にも肉体的にもゆとりのある生活を送り始める。

とても勉強熱心なお侍は、TVでお料理からお菓子の作り方まで習得。
彼の作る「ぷりん」 の美味しい事!
福君はどんなケーキより、この 「ぷりん」 が1番好き。

ひょんなことでお侍は、TVの 「お父さんによるお菓子作りコンクール」 に出場することになり、見事に優勝、そのまま有名菓子店にスカウトされ、ものすごい熱心さで働き始めるのだ。

しかしその代償のように、ともさかりえと福君の生活は、元のすさまじい忙しさに戻ってしまう。


ともさかりえお侍の間に芽生える淡い愛情、福君がお侍に抱く父親に対するような甘えと信頼。
それらが手に取るように分かり、このままうまく行くのかな?と、こちらも淡い期待を抱いたのだが・・・


ともさかりえの自然な演技、福君のあざとさの無い子供らしい演技、錦戸亮の侍らしい挙措動作。
どれもとても良かった。

ともさかりえってスタイルが抜群で、どの服もとてもファッショナブルで素敵に着こなしていて、見直しちゃった。
錦戸亮もかなり武士の立ち居振る舞いを勉強したとみえて、走り方、手の動きまでそれらしかった。

私は全然知らない映画だったし、それほど期待して観たわけではなかったのだが、これはとても満足。
ああ、観て得したな~  って感じでした。



今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード