FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

「ちゃいろたん」 とすず♪

すずのクリスマスプレゼントとして、ねえやが贈ったのがこれ。
ちゃいろたん
これは既に、すずによって左目が取れた状態です 

名前は某ブログさまのお嬢様ワンコの遊び相手 〇〇たん の真似をして、ストレートに 「ちゃいろたん」

もう10歳になったすずがお人形で遊ぶとは思わなかったんだけど、ミーコ様から頂いたワンちゃんネコちゃんを欲しそうに見てるので、本当に久しぶりに買ってみました。

すずはもう夢中 ♪

このこのこのー!
アタシにかかったら、アンタなんてこうなるんだからね!!
このこのこの!

アタシ、ちゃいろたん 気に入ったわ 
気に入ったわ

こうして寒い冬を迎え、家の中でのお友達が出来ました。
ついでに、年内最後のお風呂にも入れられたのでした。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

演奏会に行って、貴重本をゲット!

今日は、歌でお世話になっている先生が指揮する合唱団のコンサート 
佐久から南に走った佐久穂町の 「茂来館 (もらいかん)」 で行われました。

結成以来35年で、初めての演奏会とのこと。
最初に代表の方がそう話された時、何だか胸が詰まりました。
嬉しいだろうなぁって。

ただ集まって歌うだけではなく、人に聞いてもらってナンボの世界だものね。
真新しい衣装を着て、しかも無料のコンサートを開いた団員の皆さんの気持ちがビンビン伝わって来た演奏会でした。

今日の演奏会には、こんなおまけも。

ちょうど茂来館のロビーで、図書館でいらなくなった本達の頒布会をやっていたんです。
もらい館古本

じっくり見て歩いていたら、こんなお宝を発見しました 
貰った本3冊

学研の 「現代日本文学アルバム」
井上靖、太宰治、山本周五郎の三冊です。
昭和48年発行の初版本ですよ。
ズッシリ重いの。

私は小説そのものを読むのも好きなんだけど、こういう解説っていうのか、その作家の人となりや生まれた地や育った所や作品の舞台などを訪ねたり読んだりするのも大好きなんです。

ほのぼの演奏会を聴けて貴重本もゲットなんて、今日はとっても良い日でした ♪


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

ズボンのお尻が・・・

ちょっと前になるけど、富岡から帰った直後のことです。
家ではリラックスモード全開の私、すぐに余所行きのズボンを脱ぎ、家用のダボダボパンツに穿き替えました。
脱いだズボンを畳もうとすると、

なんということでしょう  
お尻の縫い目脇の布が、擦り切れてる
それも結構長く   

縫い目がほつれたんじゃないのよ。
完全に布が擦り切れてるの。
ひどくない??
これ秋に入ってから買ったのよ。
私、これ穿いてスベリ台を滑った訳じゃないのよ。

〇オンで1980円のところ、その時だけ1480円で買った安物ではあるけどさ、コーデュロイでウエストゴムで、お腹周りが弱点の私にピッタリだったのに 
結局、慌てて〇ニクロに走って、同じブラウンでウエストゴムのパンツを買ったのでした。
〇オンではまだ同じ商品を売っていましたよ。
冗談じゃないわよね! プンプン 

それにしても、お尻の隠れるコートを着ていて良かったわぁ。

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

なるべく通らないようにしました

天気予報では、今夜遅くから雪、明日はうっすら積もるだろうとのこと。
寒くなりましたね。

最近のすず散歩は、家の周りを歩くことが多くなりました。
コースはいくつかあって、一番多いのは 「若宮神社コース」

このコースを歩く時、必ずあるお宅の前を通っていました。
そのお宅には小型のシバちゃんが居て、私たちが通ると必ず犬小屋から飛び出してワンワンワンワン!って元気に吠えるんです。

とっても可愛い顔をしたシバちゃんで、思わず手を出したくなるんだけど、小型とはいえシバですからね、「イイ子イイ子、バイバイ 」 と言いながら通り過ぎるんです。

いつもお留守のそのお宅、もしかして寂しさもあるのかな?
それとも番犬としての役目を知っているのかな? 

ある休日、そのお宅の前を通ると、やっぱりワンちゃんが飛び出してきて元気に吠え始めました。
その途端、家から男性が出てきたんです。
思わず嫌な予感がして、私は通り過ぎた所で立ち止まり、ジッと見てしまいました。

あの子、怒られるんじゃないかな。
怒られたら、一言言ってあげないと、あの子が可哀想。
まさか叩かれたりしないよね・・・

私の視線を感じたのか最初から怒るつもりが無かったのか、男性は小さい声で 「ダメだぞ」 と注意しただけでした。
でも、それからはなるべくあの家の前は通らないことにしました。

いつも一人でお留守番。
たまに家に人がいるときに吠えると、怒られる(かもしれない)
それを思うと気にかかってしまってね。
静かな住宅街で、あの子の吠え声はとても響くんですよ(汗)

そういう訳でちょっと遠回りになるけど、別の道を通って若宮さんに行くことにしたんです。
私が心配し過ぎなのかもしれないけど。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

「終活」 を考えた方が良いかも

昨日の事です。
私はスーパーへと車を走らせていました。
141号線。
佐久では一番の幹線道路です。

お目当てのスーパー前の交差点で、右折しなくちゃならない。
信号は青だけど、対向車がどんどん来るので待っていたんですよ。
そのうち、右折信号が青になったから、そろそろと交差点に入って行くと、

なんと前から来る大型トラックが、全く止まろうとしないでツッコんでくるんです。  
とても大きいトラックで、スピードもかなりのもの。


一瞬、思考が止まっちゃいましたよ。
(ホントに右折信号出てるよね? 私が間違ってる??)
見ると他の対向車は全部止まってるから、私は正しいはず。

私はすぐに止まり、驀進してくるトラックを呆然と見てました。
トラックの運ちゃん、まったくスピードを緩めずこちらを見もせず、走り去って行きました  

気付くと信号が赤になりそう!
交差点に入り込んでいた私は、大慌てで右折しました。
しばらく心臓のドキドキが納まりませんでしたよ。
あんな大きなトラックにぶつけられたら、私なんてペチャンコだもんね。

ちょっとねぇ、考えちゃいましたよ 
人間、いつなんどき災難に巻き込まれるか分からない。
流行の 「終活」 をした方が良いんじゃないだろうか、ってね。
まあ私の場合 「断捨離」 も無理なんだから、『後の事は全部よろしくネ!』 で終わりそうなんだけど。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

富岡製糸場 その3 食べ物いろいろ

さてさて、富岡製糸場の見学を終わって外に出ると、すぐ近くにこんなお店がありました。
信州屋
何気なく通り過ぎようとしたんだけど、待てよ、この名前。
「信州屋」
私も(今では)信州人だし。
どうにも気になって、入ってみましたよ。

お店のおばさんに聞くと、このお店は製糸場が出来た時(ということは、明治5年!) に信州の小諸からやって来て、ここに宿を開いたそうです。
思わず 「私、佐久から来たんです!!」 と言ったら、「あら、お隣ですね」 って、まるで明治5年に戻ったような会話 

名物の 「和風絹しゅうまい」 は、宿で出していて評判になり、店売りもするようになったとか。
もちろん買いましたよ。
信州屋さんには、これの版木も残っています。
信州屋良太郎さんが始めたお店なんですね。
信州や版木

早速お夕飯に食べてみました。
シュウマイ包み

ウーン、やっぱり肌理が細かくて美味しいね!
しゅうまいは買うに限るわ。
シュウマイ

その間、連れはこんなお店の前に立ってました。
かりんとう饅頭

かりんとう饅頭。
かりんとうもダメ、饅頭もダメな私は食べなかったけど、とっても美味しかったそうですよ。
かりんとう

今はまだまだ、製糸場目当てのお店も少ないけれど、世界遺産になったら途端にスゴイことになるんでしょうね。

最後に、帰りの横川SAで食べた昼ごはん。
私は 「炙り麦豚ラーメン」 680円。
ラーメン
味はまあ美味しかったんだけど、チャーシューの細いのが1枚でこの値段は、ちょっと高くないかな。
「あっさり醤油ラーメン」 が600円で、同じようなチャーシューが乗っていたから、その方が良かったかな、ウジウジ。。。。

それでも、朝9時に出発して午後の1時には家に到着。
すずにも寂しい思いをさせない、楽しい半日旅行でした♪

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

富岡製糸場 その2

昨日の続きです。

富岡製糸場は明治5年に開場。
その後、国から三井家 → 原合名会社 → 片倉製糸紡績会社(片倉工業) と移り、片倉は何と昭和62年まで操業し、操業を止めてから富岡市に寄贈するまで13億円の固定資産税を払ったそうですよ!

この時に片倉が手離していたら、あっという間に取り壊され貴重な建物は無くなってしまっただろう、とガイドのおじさんが話してくれました。
片倉工業って偉いなぁ、と思いましたね。

私事ですが、実家は昔繊維問屋を営んでいて、一番の主力商品が片倉のキャロンという肌着でした。
小さい頃から片倉とキャロンの名前は聞き馴染んでいて、ここでその名前を聞けるとは・・・と感慨ぶかいことでした。

繭倉庫の正面です。
立派ですねぇ。
繭倉庫正面

この繭倉庫の長さは104m。
繭倉庫

それから繰糸場に移動します。
この建物は、長さ140m!
繰糸工場

繰糸場の内部。
繰糸場内部
本当に広いんです。

こんな風に糸取りをしたそうです。
糸取の様子

とにかく窓がいっぱい。
これは日光を取り入れるのと、繭を煮る時の匂いと蒸気を逃がすためだそうです。
硝子を知らない当時の人たちは、驚いたようですよ。
硝子の多さ2

ここは、フランスから招かれたポール・ブリュナ氏の屋敷。
中は公開されていませんでした。
硝子の多さ

こちらはフランス人女教師のための寮。
1階は改築されたしまったとのこと。
女工館

これは後年の、片倉時代の医務室。
医務室

富岡製糸場で学んだ女工たちは仕事を覚えて各地に戻り、習ってきた技術を伝えました。

この工場は
実働時間 7時から16時30分までの7時間45分
休日 年間76日
給与 一等工女 25円、二等工女 18円、三等工女 12円、等外工女 9円
別に作業服代として、夏冬5円を支給したと言うのだから、かなりの高待遇ですよね。

「製糸工女」 と聞いてすぐに思い起こす 「女工哀史」 とは、信じられないような違いです。

明日は食べ物編です。
もう少し、お付き合い下さい <(_ _)>


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

やっと行ったよ、富岡製糸場 その1

今日、朝の9時に家を出て向かったのは、群馬県の 「富岡製糸場」
現在、世界遺産に登録申し込みをしていて、登録の暁にはどっと見学客が押し寄せて富士山みたいな騒ぎになるでしょ?
だから、その前にどうしても行きたかったんです。

おまけに富岡って佐久と近いのよね。
高速利用だと40分ほど。

だけど私は高速運転が苦手、っていうか出来ない。
絶対に生きては帰れない自信あり!
それではと一般道を調べると、内山峠越えで1時間半。

いぢいぢしてたんだけど、結局高速で連れて行ってもらえることになりました  
張り切って写真をたくさん撮ったので、何回か続くと思いますが、宜しくお願い致します。

あのスゴイ山が妙義山(多分)
見ただけで怖いですねぇ 
妙義山

あっという間に着きました、「富岡製糸場」 です。
富岡正門

ガイドさんの案内を待つ間に、かつて繭倉庫だった立派なレンガ造りの建物を見学。
繭蔵

すぐに売店がありました。
「売店」って言葉に弱いんですよね~
フラフラと入ってしまいます。
売店

中には、こんな物も売られていましたよ。
シルクのスカーフ 
シルクスカーフ
欲しかったけど、ちょーっと高かったからパスね。

私が買ったのはこれ。
シルクの入った 「泡立てネット」
泡立てネット
これで私のお肌は、ピッカピカね 

こんな本も買いました。
製糸場書籍
こういうのって、面白いんですよね。

売店を出て展示物を見て回ります。
繭倉庫内部

教科書で習った、松代藩士の娘、横田英の書いた、「富岡日記」 です。
富岡日記模写
字を見ただけで、教養の高さが偲ばれますね。

「座繰り」 の実演コーナーに差し掛かった時、声を掛けられました。
他に誰もお客さんがいなかったんです。

「ここに座ってやってみなさいよ。ニッコリ笑って写真を撮りましょう」
え?ええ?? と言う暇もないうちに、座って 「座繰り」 を体験することに。
糸取り実演

左手で糸車を回しながら、右手で繭の入ったお湯を竹箒みたいので掻き混ぜます。
最初はうまくコツが掴めず、注意ばかりされちゃった 
後で本を読むと、一等工女の給金は25円、等外工女は9円。
不器用な私は、絶対 等外工女だわ (汗)

こちらはプロの実演です。
糸取プロ実演

最後に残った蚕の亡骸は、やっぱり食べちゃったそうですよ。
上州も信州も同じなんですね。
長くなるので、続きはまた明日お読みくださいませ <(_ _)>


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

年末が近づくと、皆さん同じことを考えるようで

今日は、師走の4日。
大晦日まで、まだ27日もあるのに、最近ゴミ集積所に出されるゴミの量がスゴイのだ。

我が班の集積所は、結構大きな木の枠で囲まれている。
普段は枠の深さの3分の2程度で収まっているのに、昨日通りすがりに見ると枠の縁から出て山盛りになっている 

そういう私も、最近は家中を見回って (何かゴミになるものは無いか? 捨てるなら年内に済ませてしまいたいぞ!!) と思っているのだから、他の人も同じなのだろう。

今週金曜には年内最後の古紙回収日だし、その次の金曜日には雑ビン回収日だし、その次の金曜日にはアルミ・スチール・古布回収日だし、あれやこれや・・・

特に、古紙回収の日は、皆さん目の色が変る。
何しろ、ダンボールは嵩張るし、月に1回だと新聞もかなりの量になるから、出す方も必死。
おまけに、普通のゴミ収集がのんびり11時半頃に来るのに、古紙だけは8時頃には業者さんが来てしまうのだ。

前々日くらいからテープで縛り始め、マジックで名前を大書して車に積み込む。
そして、当日あさいちで集積所に 「名前が分かるように」 並べる。
とにかく年内最後なんだから、不備があって置いて行かれたら大変 

ビンに至っては色別に袋に入れて出さなくちゃならないから、我が家では滅多に飲まないワインの色付きビンなんて生涯出すことが無いのでは・・・と思ってしまう。
だって、あの大きな袋にビンが2,3本じゃ勿体なくて 

何だか普段のゴミ出しの話になっちゃったけど、とにかく年末が近づくにつれて、みなさん家をスッキリしたいとみえて、各家庭必死のゴミ出しが始まるのだ。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事

今年も、この季節がやってきました

今年もやっぱり、これでしょ!!
県民手帳20141

毎年お馴染み、「長野県民手帳」 500円。
相変わらず、書店の目立つ場所に並んでいました。
隠然たる人気があるんですよ。

最初のページには、もちろん 「信濃の国」
手帳信濃の国

来年3月のモツレクの後には、もちろん歌えるんだよね??
ホクト文化ホール 300人の大合唱で歌う 「信濃の国」
楽しみだなぁ。

こちらは、畑でお世話になっているリンゴ園さんからいただいた 「サンふじ」
こんなに貰っちゃって、もうリンゴ買わなくても良いんじゃないだろうか。
蜜も入って、本当に美味しいの 
リンゴ


今日のお夕飯のおつゆ。
はやとうりさんに教わった 「蓮根汁」 です。
1
キノコがたっぷり入ってるんだけど、ネギも入れる予定をすっかり忘れました。
必ず何かを忘れるんですよ~

そしてこちらは、赤坂直売所で衝動買いした 「新そば粉」
蕎麦打ちが出来る訳でなし、さてどうやって調理したもんだろう。。。
そば粉


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード