本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

いよいよ大晦日になりました

今日は、佐久の大晦日風景を見ていただきたいと思います。

娘の活けたお正月用生け花です。
正月花

スーパーに行くと、毎年ながらの光景が繰り広げられます。

毎年恒例、鯉のオンパレード 
鯉

年取り魚のブリがズラリ
ブリ

昨日搗いた、これも我が家恒例の 「豆餅」
1

そして、こちらが長野独特じゃないかな?と思われる 「ごぼう〆」
とにかく佐久に来てから初めて見て、この時期になると、どこででも見られるんですよ。
ごぼう締め2

鎮守様の若宮神社にも、ちゃんと飾られていました。
ごぼう締め

そして今日、娘の旦那さんが手に入れた、生きたヒラメ。
キャアアアー  動いてるし!
ヒラメ

それを押え付け、包丁でグッサリ  
ああ、ヒラメちゃん!
ヒラメの調理

ところがね、とっても美味しくいただいたんですよ、これが。
ヒラメの刺身

コリコリして最高、ご馳走様でした 

その他のお料理一部です。
今日のお料理

カニはね、焼くと甘みが増して美味しいですよ。
今年初めて知りました。


今年1年ご覧いただき、本当に有難うございました <(_ _)>
来年も気の向くままに更新しようと思いますので、よろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

蓼科温泉 ホテル滝の湯 食事編

ホテル滝の湯のバイキング料理の数々です。

夕食時間は、5時からと7時からの2コース。
5時!? 早過ぎじゃない?? と思ったそこのアナタ、その代り飲み物が半額になるんですよ。
それにつられて、結局5時からコースに。

バイキングの品揃えは良かったですよ~
まず入った所にズラッと並べられた、デザートの数々。
夕食デザート

ちょうど北海道フェアの最中で、弟子屈ラーメンはその場で作ってくれるし、石狩鍋も頼むとよそってくれます。
弟子屈ラーメン

私の大好きな天麩羅も、揚げたてが並びます。
天ぷら

私が最初にチョイスしたもの。
トレー1

これは、家族その1のトレイ。
トレー2

これは、家族その2のトレイ。
トレー3

絶対に私一人で食べたんじゃありませんってば!

イクラ丼も、その場でよそってくれました。
御飯少な目にしてね、って頼みましたよ。
いくら丼

とにかく、食べて飲んでお腹いっぱい。



こちらは朝食。
これまた豪華な朝ご飯でした。

ズラリと並んだ飲み物類。
「美しい街 SAPPORO」 だもんね 
朝のジュース

私のトレイです。
夕食1

こちらは八割蕎麦。
朝のお蕎麦

これは 「蕎麦の実粥」
とっても食べやすかったですよ。
蕎麦の実かゆ

こうして、数キロ太った私が出来上がりました。
これだけ食べてちゃ、無理もないよね  


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

蓼科温泉 ホテル滝の湯 その1

娘夫婦が帰り、前から予定していた 蓼科温泉 「ホテル滝の湯」 に行って来ました。
この宿に行くのは2回目。

もう5,6年前に一度行ったのですがあるんだけれど、何年か前に倒産したというニュースを見て 「あら、どうしたんだろ?」と驚いたんです。
それが再出発して、今盛んに宣伝していて、値段もお手頃なので予約してみました。

出発の時、佐久はカラッカラの上天気。
それが蓼科に向かうにつれて雪が増え始め、途中で遂にこんな状態に。
車内からの雪1
スタッドレスじゃないと、完全にアウトよね。

遠くの山は、こんな状態。
寒そうですねぇ。
途中の山


ビーナスラインに入って女神湖を過ぎ、しばらく走ると宿に無事到着。
大きな大きな一軒宿です。
滝の湯1

ワーイワーイ 着いた着いた、温泉おんせん♪
滝の湯入口

ロビーは2階まで吹き抜けで、開放感いっぱい!
滝の湯ロビー

建物は古いはずなんだけど綺麗にリニューアルされ、手入れも行き届いていて気持ちの良いホテルです。
スタッフも良く訓練されているし、丁寧だけどベタベタしてない接客で良かったですよ。

通された客室。
部屋1

テーブルの上には、こんなお菓子が用意されてました。
始めのお菓子

部屋までの案内やお茶入れは無しです。
伸び伸びゴロゴロ。

一休みしたら、早速お風呂へゴー  です。
お風呂は2つ。
1つは 「庭園大浴場」
風呂1

お風呂の設備も良く考えられていて、風呂イス除菌スプレーなんて物までありましたよ。
備え付けの 「馬油シャンプー・コンディショナー」 が良かったので調べたら、結構高い物なんですね。
ちょっと買えないわ。
笑っちゃうのは 「柿渋入り加齢臭に効くボディソープ」 があったこと 
もちろん、私は必要なかったですよ。
ホントだってば。

そして、もう1つは 「信玄野天風呂」
ここはスゴかった!!
一度外に出て、零下7度の石段を上り、
信玄風呂への道

小山の上にあるお風呂入口に辿り着きます。
信玄風呂入口

さ・さむいって 

飛び込んだ野天風呂の気持ち良かったこと 
冷え切った体に、お湯がジンジン染み入ります。
信玄風呂

内風呂と野天風呂2つがあって、温泉天国ってこの事ね。
娘の旦那さんは入りながら寝ちゃって、気付いたら髪の毛が凍ってたそう。
危ないから寝ないでよね~

温泉評論家としては、信玄野天風呂の方が温泉成分が濃かったですよ。
この続きは、また明日。

明日からは猛牛の如く、年末の買い出しに大掃除にと大車輪の予定。
仙千代、頑張ります 


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

佐久の銘酒「寒竹」と年末抽籤会場

夫が会社の人から聞いた話。
佐久のお酒なら 「寒竹」 が1番美味しいって。

「寒竹」 といえば、家からほど近い岩村田商店街にある、あのお店じゃない。
寒竹2

ちょうど娘夫婦が帰って来るし、2人とも日本酒大好きだし、お店の探訪を兼ねて行って来ました。
中に入ると、こんな感じ。
寒竹内部

とっても感じの良い女将さんが、色々話して下さいました。

創業は360年前の承応2年(1653)だって 
1653年といえば、江戸時代前期じゃないですか。
お店の前を通っている道は、中山道。
昔から、岩村田は中山道の物資集散地として栄えていたんですよ。

お店の奥がずーっと裏通りまで続いていて、そこでお酒を仕込んでいるそうです。

今、人気なのがこの 「寒竹しぼりたて」 なんだって。
寒竹生酒

その他にも色々あって、迷っちゃいますね。
寒竹店内

結局、この2本を買いました。
寒竹のお酒

「岩村田商店街年末大抽選会」 の籤を貰って外に出ると、お店のウインドウはこんな風。
寒竹 ウインドウ

近づいて見ると、こんな色紙がズラリと飾ってありました。
色紙

色紙2

これは・・あれかな?
歴代の総理にお酒を贈って、書いてもらうのかな。

それはそうと、抽選会場へゴーです。
抽選会場1

あれをゆっくり回せば良いのね。
見回すと、景品がいっぱい置いてありました。

こんなのや
抽選会場2

あんなの
景品

なんかね、ずばり 「ザ・昭和」 って感じで、今は平成だよね  と思わず頭で確認してしまいました(笑)
ところで 「長座布団」 は長野県独特だってTVで言っていたけど、本当なのかなぁ?

さて、張り切って回した抽選機、
見事、これが当たりましたー 
チャルメラ

もう私の定番過ぎて、笑うしかない 


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

とうとう取り壊しが始まりました

佐久に来て、暇に任せてカメラ片手にブラブラし始めた当初から、気になっていた建物。

古い家

何とも古くて趣があって立派で、豪壮って言葉がピッタリの家。
私は何となく 「料亭かな? 道場かな?」 なんて考えていたんだけど、今日郷土史の方に聞くと

「私が子供の頃には歯科医院だった」 (その方は御年80才)

「その後は弁護士さんの家だった」 (この方も御年80才くらい)

とのことで、要するに料亭でも道場でもなかったんだって。
驚いたわ~

その家の取り壊しが、とうとう始まってしまいました。
取り壊し2


取り壊し1

あ~あ、勿体ないなぁ。
こんな家、手を加えて何かに利用できなかったのかな。

でもリフォーム代の方が高くつくから仕方ないのかな。
写真を撮っておいて、本当に良かったです。


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

姿を消した「すじ」の不可思議

本当に寒くなり、おでんの季節になりました。

我が家も先日おでんを作ったのですが、スーパーに行くと毎年定番のおでん種 「すじ」 が無い。
仕方なく他の物で間に合わせたのだけど、それから気を付けてあちこちのスーパーで探しているのだが見当たらないのだ。

イオン、ベイシア、ユーパレット、マツヤ、ビッグ、どこにも無い。
最後の希望、長野県内スーパーの雄 「ツルヤ」 に行ってみたけど、ここもダメ 

こんな事ってアリ???
去年までは、どこでも置いてあった気がするんだけど。

円筒状の 「すじ」 も好きだけど、私が一番好きだったのは 「すじ団子」
白くて丸くて少しコリコリした食感で、美味しかったのに。

関西で 「すじ」 というと牛スジの事らしいけど、こちらではサメの蒲鉾の事で、皮や軟骨も入っているからコリコリしてるの。

こんなに無いなんて、今年から 「長野県内すじ禁止令」 でも出たとしか考えられない 



北海道の親戚から 「飯寿司」 が届きました。
嬉しいことに、小樽市長橋にある 「小樽かね丁鍛冶」 の飯寿司です。
飯寿司1
それにしても、「かね丁鍛冶」 ってスゴイ名前ですね。

この木桶の中は
飯寿司2

こんなになってます。
飯寿司3

紅鮭、鰊、ハタハタ、ホッケ の四種類。
今年のお正月は、飯寿司三昧だぞー 


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

素晴らしかった 「メサイア」

今日は、軽井沢大賀ホールに 「メサイア」 を聴きに行きました。
ポスター

本格的な音楽会なんて、本当に何年振りだろう。
前に行ったのがいつかなんて、憶えてないわ。
(自分が出てる、オバサンコーラスは除きます(笑))

何しろ、お隣りとはいえ軽井沢。
道が混むのは当たり前だから、抜け道を通って行きました。

この道が怖いんだわ。
細くて暗くて凍ってて、おまけに結構車も多いの。
みんな本通りが嫌だから、こっちに逃げてくるのね。

小一時間かかって大賀ホールに着くと、着飾った紳士淑女(?)がゾロゾロ。
何とも華やかな雰囲気よ~
写真撮ったんだけど、夜景モードにしなかった(できなかった)せいか、全然ダメ。

私が座ったのには天井桟敷の反対側、つまり、舞台の後ろにある合唱席。
普通の席に座った人たちから丸見えの場所。
こんな風に成ってます。
フローリングの階段状態。
合唱席

みなさん、モコモココートを敷き、その上に座ります。
私も一張羅のダウンコートを座布団代わりに敷きました。

この席、安いんだけど舞台がね見えないの。
普通に座って、こんな風。
普通に見える舞台

ギリギリ前まで行って撮ったのがこれ。
舞台を覗く
ちょうどチェンバロの調律をしてました ♪

別の角度からもパチリ。
舞台全体

天井

せめて天井も写してみました。
今度は、ちゃんと舞台が見える席が良いなぁ。

そう言えば、肝心の演奏会です。
これが、まあ素晴らしかったこと!!
合唱団なんて、ほんの21人よ。
それでこの迫力と、個々人の技術の凄さ。
もちろん、オーケストラ(バッハ・コレギウム・ジャパン)も、ソリストも指揮者も一流でした。

たまにはこんなコンサートを聴きに行って、命の洗濯も良いですねぇ。
学生時代にメサイアは3回歌ったんだけど、あれは本当にメサイアだったの??って感じ。

面白かったのは、楽器もヘンデルの頃の物を使っている事。
特にトランペットが面白かった。

音程を変える装置がついていない、ただの長い喇叭なの。
それを超イケメンの演奏者が、左手を腰に当て、唇だけで音を変えるんですよ。
映画で 「王様が出てくるぞ~」 って場面に、派手な服装のトランペッターがファンファーレを鳴らすでしょう?
ちょうどあんな感じ。

あれもこれも経験ね。
来年も、ぜひ行きたいわ。
今度は、ちゃんと舞台が見える席を予約してね。


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

「十福の湯」 で忘年会

今日は忘年会。
朝、急いで家事を済ませ集合場所へ。
行く先は、上田市真田にある 「十福の湯」 です。

浅間サンラインという道路を走って真田の里を過ぎた所から、地蔵峠に向かって山を上って行きます。
佐久から1時間かかって着いた、ここが 「十福の湯」 の玄関。
玄関

中は広かったですねぇ。
こんな山の中に、こんな大きな温泉施設があるなんて全然知らなかった。

入ると左側には 「土産処」
土産処

右奥には、焼き立てパン屋さん。
パン屋

貸切休憩所に荷物を置き、まずはお風呂。
とにかく広かった!

脱衣室も広くてロッカーもいっぱい並んでました。
脱衣所

浴室内のカランの数も多くて、女性用で多々ある 「カランが少なくて体を洗う場所が無い!」 っていう心配は無さそう。
これはかなりポイント高いんですよ。
シャワーの勢いも強く、ボディソープ・シャンプー・コンディショナーが並び、リンスインシャンプーなんかじゃなかったのも高ポイント。

浴室はここまで写すのが限度でした。
お風呂入口

ここは露天風呂が長野県内最大級だそうで、本当に大きかったですよ。
施設のパンフからどうぞ。
露天風呂

ゆっくり入浴した後は、お楽しみの食事です。
最初に運んでくれたのは、こちら。
最初に出ていたもの

揚げ物はカキフライと豚肉の大葉ロールフライ
フライ

この他、たっぷりのチラシ寿司、冷たーいお蕎麦、デザートが杏仁豆腐。
こちらもパンフでどうぞ。
団体メニュー

どれもこれも量が多くて、ほとんどの人がチラシ寿司の時点でギブアップ。
ところが冷たいお蕎麦とデザートは別腹ねぇ。
私、驚いちゃいました。

ここのお蕎麦、冷たくてシャキッとしてて、とても美味しかった。
やっぱり信州はお蕎麦がウマイ 

佐久からの送迎バスに食事に入浴。
これで3500円は絶対に安かったわよ。

こちらが普通のメニュー
menyu-.jpg
私が絶対に頼むであろう 「海鮮あんかけ焼きそば」 が860円でしょう?
そうしてみると、団体旅行はお得ですよね。

もう一つ、教訓が。
一人が鍵のかかるシューズロッカーに入れずオープン棚に入れておいたら、見事に持ち去られて(履き去られて?)いました。
ひどい事をする人がいるもんですね。
こういう施設では、靴も鍵のかかるロッカーに入れましょうね。

帰りのバスからの景色がこれ。
バスからの雪景色

確か今日は晴れの筈だったんだけどなぁ・・・・


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

すずの出血と鈴子ちゃんのお仕事

今日はのんびり掃除なんかをするはずだったのに、朝、洗濯物を干そうと2階に上がろうとしたとき、階段の下に血痕を発見 

最初は (まーた夫が赤チンをこぼしたんだわ、ったくもう  ) と思ったんだけど、階段を上がって行くにつれ、血痕が点々と付いている。

そして行き着いた先には、ベッドに寝そべってアソコを舐めているすずの姿が。
慌ててひっくり返して見ると、血が出ているではないか。

こういう時に限って、かかりつけの病院はお休み。
仕方ないので、以前知り合いから聞いたことのある小諸の病院まで走りました   
15分くらいで着いた病院は、ものすごい混みようでビックリ 

待って待って辿り着いた診察室。
綺麗な女医さんが診てくれて、超音波検査をすることに。
結果、膣にも膀胱にも特に問題なし。
ただ膀胱内に白い浮遊物があるのと、乳腺が少し腫れているとのことで、抗生剤を飲ませて様子を見ることになりました。

2時間ほどかかって病院から出てくると、すずはもうグッタリ。
おまけに雪までチラついてきました。

こういう日には鍋ですよ。
とあるブログ様で教わった 「豆腐団子鍋」 を作りました。
焼き豆腐を使った 「豆腐団子鍋」
ヘルシーでお財布に優しくて、大変美味しゅうございました。
もちろん、頂き物の白菜もたくさん入れましたよ。


話は変って、こちらはミーコ様に頂いた鈴子ちゃん。
こんなお仕事をしています。
鈴子ちゃんと時計

夫の太陽電池時計を頭にかぶせられちゃいました。
ずっと引き出しに仕舞っていた時計が、日光不足で止まってしまったんです。

陽が燦々と降り注ぐ棚の上にいる鈴子ちゃん。
いきなり時計を置かれて頑張ってる姿が健気で、思わずパチリ 


雪はまだ降り続いています。
明日は積もるそうですよ。
スノーシューズの出番です。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
関連記事

年末に向けて、美味しい物がザクザク ♪

先日、コンサートから帰って来た時には、何も無かったんですよ。
その後、夕食を食べすずのオチッコ散歩に行こうとしたら、玄関先にこんなに野菜が!

玄関前の野菜

キャベツが4個に白菜が2個。
誰がこんなに?!
慌てて、1番に思い付いた方に電話 

違うって・・・
その他何人かに電話するも分からず 
そのうち、夫の会社の方からの頂き物だと分かりました。
どうも有難うございました <(_ _)>

その次に到来したのが、これ。
たらこ箱

北海道からやって来たタラコです。
私、タラコ大好き 
蓋を開けるのにドキドキ。

これですよ 
たらこ

こういう時、北海道生まれで良かった、北海道に親戚がいて良かった  って思いますね。
有難うございました <(_ _)>

こうして頂き物が多くなると、いよいよ年末だなぁって感じがしますね。
子供たちが来たら、食べさせてあげなくちゃ。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード