FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

風邪をひいてしまった・・・

明後日はいよいよ長野県合唱祭の本番 
それなのにそれなのに、風邪をひいてしまった

ジワジワと忍び寄る予兆はあったの。

まず10日ほど前、娘が風邪をひいた。
「マスクをしてよ! ぜーったいにお母さんにうつさないでよ !!」

娘が治ったと思ったら、今度は夫が風邪をひいた。
「マスクをしてよ! ぜーったいにうつさないでよ!!」
でも、夫はマスクを (ほとんど) してなかった。

そして今朝、起きると喉が痛い 
熱は・・・36.8℃
平熱が35℃台の私にとっては、とんでもない高熱なのだ。

どーしてくれるのよ、明後日は合唱祭よ。
私が頑張らなきゃ、アルトは全滅なんだからね  ←  これは絶対に言い過ぎだけど(笑)

夫は私にうつして、自分はほとんど治ってるし。
そのお薬を私が飲み始めた。
あの先生の出すお薬、効くんだよね。
何としても治して、アルトを盛り立てるべく頑張らなくちゃ 
関連記事

とうとう私にも運が回ってきたかも♪

今日、ポストにこれが入っていました 

頂きもの


毎日読ませていただいている  「ゆっくりゆっくり」  のアプリン家からのプレゼント 
実は、ブログを始めて2周年プレゼントに応募してみたんです。

とにかく運の無い私、絶対に当たるはずがない!! という自信を持って応募したんだけど、なんとアプリン家のプリリンちゃんが 「万見仙千代」 の紙を咥えてくれたんです。

えっ! うそ!!!
プリリンちゃん、それ私の名前よ。
籤運の悪さでは有名な私の名前よ
 
 ってPCの前で叫んじゃいましたよ。

そして今日、すず用の美味しいおやつが届いたという訳です。
嬉しいなぁ 
すずにあげないで私が食べちゃおうかなぁ  ← (これは冗談です)

ちょうど私が読ませていただいた時のアプリン家が、9年前、初代のチョコを失ってからすずを迎えるまでの私に余りにも似ていたので、本当に我が事のように読ませてもらっています。
今年は (もう半年過ぎようとしているけど) 良いことがあるかもしれないわ 
アプリン家の皆様、本当に有難うございました。
すずとおやつ
関連記事

ギャアー! 今年は毛虫の当たり年だー

薔薇もリンゴも梅もノウゼンカズラも水仙も野菜も、ありとあらゆる植物が植わっている我が庭。
最初に見つけたのは、フェンスに沿って植えてあるレッドロビンにでした。

毛虫がね、付いてたんですよ。
それもあちこちに!
ああいうのって不思議なもので、目が慣れると次から次へと見つけちゃうんですよ~
カインズホームに飛んで行って殺虫剤を買い、どんどん吹きかける。

最初のうちは小さいから効き目も抜群だったのに、敵もどんどん大きくなるの。
そして、効き目が弱くなってくるの。
だから棒で下に落として、靴で踏みにじる ギャオオー 

それでも、どんどん他の木に広がって、あちらこちらに毛虫の姿がチラホラと。
そしたらお隣の奥さんが言うの。
「長野牧場もスゴイのよ。あっちもこっちも毛虫だらけ!」

最近行っていなかった長野牧場、今日はちょっと暑かったので行く羽目になってしまった。
すると、最初は気付かなかったんだけど、いつも通る柳の並木、葉っぱの1枚1枚にヤツラがいる 
糸を出してぶら下がってるヤツもいっぱいいる 

長野牧場の代名詞になっている松並木からも、糸にぶら下がった毛虫がユラユラしてる。
おまけに、すずの背中に1匹くっ付いてたし 
もちろん、気が狂ったようになって、素手で叩き落としましたよ 

ここで、こんなに毛虫がいるのは初めてよ。
ということは、我が家だけでなく佐久中に毛虫が大発生してるんじゃないだろうか、という結論に達したんだけど、果たしてどうだろう??
蝶でも蛾でも良いから、早く変身して どこかに飛んで行ってぇぇぇーー

(苦手な方もいらっしゃると思うので、写真は控えさせていただきます。)

お読みいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ   <
関連記事

ホットプレートでパエリア

今まで何度か作ってみたパエリア。
取っ手の外れるフライパンも無いし、3人分作れる鉄板も無いし、仕方なく炊飯器で作ってきました。

これがねぇ、蓋を開けるまで上手く出来たかどうか分からず、冷や汗の連続だったけど、→ (炊飯器でパエリア) → (感激のパエリア) あるブログで 「ホットプレートでパエリアが作れる」 と知って、あれこれ検索して今日挑戦してみました。

ジャーン 
うまく出来ましたーー 

パエリア

食べてみると・・・・
ウーン、ちょっと硬いかな?
それでも上々の出来でした。

出来得れば、海老がアルゼンチン産赤海老で、イカがもっと大きくて、アサリももっと大きかったら、尚良かったな。
でも良い方法を教えていただきました。
これからは、ホットプレートで作ろうと思います。

話は変って、先日、赤坂直売所で仕入れた野菜たちです。
赤坂で買ったもの

竹の子、オカヒジキ、ズッキーニ。
これだけ買って400円 !
本当に助かります。


お読みいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ   <
関連記事

浅科図書館へ

先日の 「土合駅」 の記事に、ここは小説 「クライマーズハイ」 の冒頭に出てくる駅だとのコメントをいただきました。

はて、クライマーズハイ?・・・
読んだ気もするしそうじゃない気もするし 
何しろ、昨日の夕食も憶えていない私なので、さっぱり思い出せません。
それなら読んだ方が早い!と図書館で調べたら、佐久中央図書館のはずーっと貸出し中。
仕方なく、浅科の図書館で借りようと、今日すずを連れて行ってきました。

車を走らせること、およそ20分、浅科図書館に着きました。
ここは元浅科村といって佐久市ではなかったんだけど、今は合併して佐久市浅科。
五郎兵衛米というブランド米で有名な、豊かな土地です。

丘の上のこの一画には
穂の香ホール
ほのかホール

穂の香の湯
ほのかの湯

浅科図書館の3つが集まっている、この地区の文化の中心です。
浅科図書館2

まずは、すずの散歩です。
昨日ウン〇が出ていないすず、レインコートを着せて出発。
レインコートすず

出してよ~ 出してよ~ という念力が通じたんでしょうか、立派なウン〇をしてくれました 
ああ、やれやれ。
その地点から見えた、浅科です。
浅科村

それから、すずには留守番をしてもらって、図書館の中へ。
ここは木をふんだんに使った、温かくて明るい雰囲気の綺麗な図書館。
浅科図書館1

おまけに収蔵されている本も、私好みの本が多いんですよ。
これはやっぱり、本を買ってくれる担当と私の感性が似てるからじゃない? と勝手に思いながら、時々利用してます。

あったあった、クライマーズハイ。
その他3冊を借りました。
時間があればもっとゆっくり探したかったんだけど、車ではすずが待機中だしね。
雨の日に、家でゆっくり読書も良いもんですよね。

そして、この時期恒例の音声のみの動画。
カエルの合唱です 




お読みいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事

アリア ”私を泣かせて下さい”  映画 「カストラート」より

バロック時代に花開いた(?)という歌手 カストラート。

何かというと、幼い少年に去勢手術を施し、少年の頃のままの美声を出せるようにした男性歌手のこと。
(多分)本人の意志とは関係なく行われる悲惨な行為だ。

その代り、その美声は聴衆を魅了し、上手な歌い手になるとご婦人からの人気は絶大なものがあったらしい。
特に有名だったカストラートは、ファルネッリ。

『ファリネッリ(Farinelli, 本名:カルロ・ブロスキ(Carlo Broschi), 1705年1月24日 - 1782年9月16日)は、イタリアのカストラート歌手である。最も有名なカストラート歌手であり、その音域は3オクターブ半あったといわれている。(ウィキペディアより)』

彼の生涯を描いた映画 「カストラート」 を観た。

売れない作曲家である兄によって去勢手術を施されたカルロは、兄と一緒に各地を回り、兄の曲を歌い歩いて名声を博して行く。
やがて、当時有名だったヘンデルの反対派に招かれロンドンに渡ったカルロは、その超絶的な歌唱で人々を魅了、やがてスペイン国王に招かれ、国王専属の歌手となって裕福な生涯を送る。

本当のカストラートは現在存在しないため、実際の声を聞くことは出来ない。
そこで、この映画では、ソプラノ歌手とカウンターテナー歌手の声を機械的に合成したそうだ。

ヘンデルのオペラ 「リカルド」 のアリア 「私を泣かせて下さい」 の場面は本当に素晴らしく、こんな歌を聞いたら実際に失神者が続出だったのではないかと思わせる。
彼の悲しみが込められているような歌詞で、私は彼の心情と歌詞がオーバーラップしてしまい、心を打たれる場面だ。


ファルネッリが裕福な晩年を過ごしたというのが、救いだけれど。
でも他にも大勢のカストラートが作られ、彼らがみんなファルネッリのように恵まれた人生だったかどうかは、全く分かっていないのだろう。



私のお知り合いのワンちゃんが亡くなりました。
そして今日は、新聞にいなくなってしまったワンちゃん捜索のチラシが入っていました。
ご家族の辛さや心配を思うと、その気持ちが分かるだけに、とても他人事ではありません。
〇○ちゃん、天国で我が家のチョコやまりとも会ってね。
行方不明のプードルちゃん、どうか無事でご家族の元に戻ってね。


お読みいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ 
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード