本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

明日は何の日?

お墓参りの日 

そうなんです。
ここら辺りでは、8月1日がお墓参りの日なんです。

ハッキリしたことは分かりませんが、江戸時代 寛保2年(1742年) 8月1日に 「戌の満水」 と言われる大水害が千曲川流域を襲い、多数の死者を出したことから、その菩提を弔うため とも言われています。

全く関係ないという説もありますが、8月1日にお墓参りというのはかなり特殊なので、何かしらの関係があるんじゃないか?と私は思ってるんですけど。

戌の満水については、こちらをお読みください → (戌の満水

とにかく、明日は会社もお墓参り休みの所が多く、家族の会社もお休み。
というわけで、急きょ温泉に行くことにしました 

目的地は、戸倉上山田温泉。
このブログにも何回か登場している温泉ですが、数えてみると、私が行くのはもう7回目。

とにかく、お湯が最高のこの温泉。
今度のお宿は初めてだから、どんなだろう?と楽しみです ♪
関連記事
スポンサーサイト

結局、買っちゃいました

今日は何の日?
ハーイ! 土用丑の日!! 

というわけで、止せば良いのに行きましたよ、イオンへ。
今年は買わないぞ! と決めていたのに、魚売り場に行くと、店員さんが大勢出て 
「さあさあ、今日は土用丑の日! イオンのウナギをどうぞー」  と叫んでいるし、かば焼きの良い匂いがしてる。

ちょっとだけよ・・・と見ると、なんと高いことでしょう 
どれもこれも、1匹2000円近くするの。

1回目は素通りね。
だって高過ぎるし。

お肉売り場で品物を見てると、みなさん手に持ったカゴにウナギが入ってるじゃありませんか

(毎年、この日はウナギって決まってたんだよね。山椒も家にあるし、この暑さの中、精も付くし)

悩んだ末、結局舞い戻って、「鹿児島県産 指定養殖場にて、抗生物質・合成抗菌剤を使用せずに育てました」
っていうのをカゴに入れてしまった 

イオンさん、これ信用出来るんだよね??
でも考えてみると、一昨年位まで散々中国産を食べてた我が家。
今更国産に変えても、もう (抗生物質と合成抗菌剤) が体内にたっぷり蓄積されてるか。

でもでも、ウナギのせいで跳ね上がったお会計を済ませ、何となくウキウキした気分で帰ってきました。
この1匹のウナギを、全員でどうやって分けようかしら 
関連記事

佐久長聖高校が長野県代表に決まりました!

昨日の長野県代表の決勝戦の大変だったこと!
試合開始後まもなく、雨で1時間近く中断したりして、長聖のエースの制球が定まらずボールばかりだし、どんどん点数は取られるしで、一時は完全に負けた・・・と思ったんだけど。

高校野球って分からないもんですね。
終わってみれば、10対9で長聖の勝ち 

相手の長野商業の選手も長聖の選手も、大泣きしている子が多かった。
分かるわよ~ その気持ち。

そして今朝の新聞。
なんと、2番手で投げた両角君という子は、佐久が誇る長聖高校駅伝部の前監督、両角さんの息子さんだって 
いやあ、ビックリ  

我が家のすぐ近くに、長聖駅伝部のグラウンドがあり、すずもしょっちゅう通っているので、とっても (一方的に) 親近感を持ってるんですよ。
両角前監督が、黙々と整えたというグラウンド。

詳しくは、こちらを読んでみて下さい → (佐久長聖高校の両角先生

あの先生の息子さんがねぇ、こんなに立派になっちゃって 。。。。
もうね、家族全員でしみじみしてしまいました。

これから始まる夏の甲子園。
長聖高校野球部、頑張って下さい!!
関連記事

この子たちがいるからねぇ・・・

今日は本当に暑い日でした。
お日様ギラギラで、佐久でも34度になったんですよ 
幸いにも湿度が低いので、何とか生きながらえています。



我が家の西側には、狭い道路に沿って細長い空き地があります。
決して我が家の土地じゃないのよ。
だけど、放っておくと雑草が生い茂って、エライことになるんです。

植え込み

そうなると大変 
草で音がしないのを良いことに、モラルの無い人たちがポンポンとゴミを捨てるんですよ。
ホント、頭にくる 

仕方なく、時々雑草刈りをするんだけど、この時期、雑草が伸びる伸びる !
先日も、これ以上伸びるとマズイでしょうと思って、鎌を片手に完全防備の服装で草刈りをしました。

毎年毎年これをやるのが面倒臭いから、 除草剤を撒いちゃえよ  という悪魔の囁きが聞えるんだけど、草刈りをしていると草の中からピョンピョコとこんな子達が飛び出してくるんですよ~
小さな小さなアマガエル。

あまがえる

何匹もワラワラと道路に飛び出したカエルたちを、1匹1匹捕まえては草の中に戻してやる。
だって車に轢かれてしまうでしょ?
狭いけど抜道だから、車がバンバン通るんだもの。

暑い中での草刈り、面倒だなぁ、腰も痛むし 
だけど、除草剤を撒いたら、このアマガエル達も全滅だものねぇ。
それを思うと、とってもそんな酷いことは出来ないのよね。

ヒキガエルを卵から愛情深く育てて送り出している方のブログを読んで、思わず我が家のアマガエルたちを思い出しました。

明日はもっともっと暑くなるようですね。
皆さん、お互いに気を付けましょうね。
関連記事

夢と消えた 「甲子園」

昨日まで、私は佐久からどういうルートで甲子園に行けるのか、一生懸命検索していました。

だってだって
我が母校が高校野球の南北海道大会で、決勝戦まで勝ち進んだんだもの

もう信じられないって。
私が在学中なんて、出ると負けの母校。
応援練習だけは、人一倍させられた母校。
それが道大会の決勝戦だなんて。

姉が2回は球場まで足を運び、「勝った勝った!」 と喜びの報告。
そのうち負けるよ、有り得ないよ、なんて言いつつ、

ええと・・佐久から甲子園までは新幹線だと約5時間で金額が 19000円 
ええ! これは無理、高過ぎだー !

高速バスだと値段は安いけど、かかる時間がなんと 10時間  
こんなに長時間バスに缶詰??
これってイギリス辺りまで行けないかい?

それでもソワソワ  
初めての甲子園、どんな所だろう?
あそこで聞く校歌 ♪ 
涙が出ちゃうかも・・・

そして今日、母校は1対0で負け、私の密かな楽しみは夢と消えてしまいました。
それでも良いんだわ~
決勝戦まで勝ち進んだんだもの。
もしかしたら、私の生きているうちに甲子園に行けるかもしれないもの。
そしたら、もっとバアサンになっていても、甲子園まで行くんだー 
監督さん、選手の皆さん、お疲れ様でした。
関連記事

恥ずかしいったらないの (汗)

土曜日、図書館に本を返しに行きました。

カウンターで本を返し、すぐに奥の書棚へ。
例によって、あれこれ悩みながら選んでいると、一緒に行った娘がやって来て、「お母さん、名前を呼ばれているよ」

ええっ!? 
頭の中を駆け巡る、あんな事やこんな事。

・まだ返していない本がある。
・今日、返した本にラーメンの汁がベッチャリ付いている。
・今日、返した本に、バッチリ折り目が付いている。

恐る恐るカウンターに行き 「あの~ 万見ですけど、呼ばれました??」

すると、受付の女性の一人が急に声をひそめて、
あ、万見さまですか。 返された本の中にコレが入っていたんです

出された紙を見ると、なんと私の血液検査の結果表 
ゲゲッ、何でこんな物が本の中に?
思い起こすと、読んでいる最中、栞代わりに手近にあった紙を挟んだかもしれない。

ああ、恥ずかしい 
このお姉さんに、コレステロール値が高い私の検査表を見られちゃった訳?

女性は真剣な顔で
 「本の間に色々な物を挟んだまま返される方が、結構いらっしゃるんですよ。お返ししようにも、いつ来館されるか分からないもので困るんですが、今回はたまたま返されたばかりで、まだ館内にいらっしゃると思ってお呼びしました。
プライバシーのこともあり、難しいところなんですけど・・・・」

いいえ、いいえ
血液検査表を、栞代わりに使った私が悪いんです。
恥ずかしいから、コレステロール値のことや中性脂肪のことばかりは、お見逃し下さいませ。 

帰りの道々、娘に散々油を搾られたのでした。
図書館の人たちは、返された本をすぐにチェックしているから他の人の目に触れないで済んだけど、次に借りた赤の他人に見られたら、本当に恥ずかしいところでしたよ。
関連記事

もう忘れっぽくて話にならない 「岩村田祇園祭」

昨日今日と、岩村田最大のお祭り 「岩村田祇園祭」
毎年、どこからこんなに人が集まるの?というほどの人が集まり、夜店に御神輿に大賑わいになるの。

もちろん私も大いに楽しみにしてました。
昨日行かず、敢えて今日にした理由は・・・・特にありません。

そして行った途端、思い出したんです。
そうだ! 1日目に行くべきだったと去年のブログに書いたんだった。。。

2日目の今夜、殆どの夜店は姿を消し、御神輿だけは威勢よく練り歩いていたけど、人も少ないし、お舟様も神様の御旅所も解体されてる最中。

おまつり1

おまつり2

おまつり3

せめて、こんないなせな恰好をしたワンコを見てたのと、僅かに残った夜店で買ったたこ焼きが、思ったよりずーっと美味しかったことで満足しようっと。
お祭りワンコ

来年こそは1日目に行くぞー!
と思っても、また忘れてる予感 
何とも欲求不満なお祭りの夜でした。
関連記事

どっさり獲れました

去年の秋に植え付けたニンニク。
こんなにたくさん獲れました。
にんにく


回りの畑の方達からも、「万見さんちのニンニク、立派だねぇ」 と褒めていただいてるとか。
(私、ほとんどノータッチなので、聞いた話ですけど  )

でっかいニンニクと普通のニンニクを並べてみました。
どうです、この大きさの違い!
デカとチビ

大きいニンニクは皮を剥くのが楽なので、我が家では重宝してます。
おかげで、 「めちゃくちゃ臭い万見一家」 と言われてると思いますけど。
今年は、無臭ニンニクも植えてみたんだけど、臭いの無いニンニクっていうのもどうなんだろ?



そうそう、先日の北海道からの帰りに、長野新幹線の新車両 E7系に乗ることが出来ました。
E7系


E7ロゴ

私はもちろん、グランクラスに乗りましたのよ 
なーんてウソウソ。

グランクラスを探したら、最後尾の車両でした。
写真を撮りたかったんだけど、そこだけホームにロープが張られていて無理。
乗客の方はイヤだものね、仕方がないわ。

普通車両はこんな感じでした。
E7内部

来年には金沢まで延伸になる新幹線。
どうか佐久平に停まる車両が減りませんように。
  ↑
(これは佐久市にとっては死活問題で、市を挙げて乗降客を増やしましょう運動をしてる状態。みなさーん、佐久にもいらしてくださいね)
関連記事

帰省の旅 8  「小樽・札幌 その他の見どころ」

ずーっとお付き合い願った 「帰省の旅」
今回は、今まで載せられなかった写真を、ズラーッと並べてみようと思います。

まず、札幌編

屯田兵屋を前に載せましたが、実はすぐ近く、琴似神社の境内にも、もう1軒の兵屋が残ってるんです。
琴似の鎮守様 琴似神社
北海道5

そのすぐ横に、古びた兵屋がひっそりと建っています。
札幌1

先に見た兵屋と違い、なんにも手を加えていない暗い屋内。
寂れている言えば言えるけど、この暗さと寂れ具合が当時そのままって感じがしました。
北海道9

そして、翌日高速バスで小樽に向かいました。

バス停近くに、こんな標柱を見つけましたよ。
北海道2

開拓時代、ここに学問所が建てられたようです。
食う物も食わずにいた頃、学問にかける情熱はスゴイものですね。
一生懸命勉強しないと、罰が当たるわ (もう遅すぎるけど)
北海道6

小樽に入り、住吉神社前で降車しました。
もうすぐ、小樽の総鎮守 住吉神社の例大祭です。
小樽中に幟が立てられていました。
行きたかったなー 住吉神社のお祭り。
北海道4

やがて、バスは小樽駅に着きましたよ。
駅前の長崎屋で見つけた ガラナ
これって道民にとっては、人生初のコーラじゃないのかな。
少なくても、私にとってはそうだったな。
小樽1

ここは3日目のお昼を食べた 「藪半」 というお蕎麦屋さん。
母も私も、小樽在住の時には全然知らなかったお店です。
かなりの老舗みたいなのに、何で知らなかったのかな?
北海道3

お客さんで溢れかえっていて、人気のほどが窺われました。
おろしセイロを頼んで、もちろん完食です♪
北海道8

港には、ものすごく大きな客船が入港していました。
豪華客船がどんどん入港して、少しでも小樽が賑わえば嬉しいんだけど。
北海道7

ここは小樽商科大学。
商大

ちょうど創立記念日で、学校はお休み。
でも図書館を見せて下さいました。
ここは資料室にあった、伊藤整と小林多喜二のコーナー。
何といってもこの2人が1番の有名人ですもんね。
資料室

撮りためた写真をズラーッと並べてみました。
明日はいよいよ長野に帰ります。
お読みいただいて、有難うございました <(_ _)>
関連記事

帰省の旅 5 「食べ物特集その2」 ”菜はな” でランチ ♪

祝津から小樽に戻った私たち母娘。
先日アップした 「小樽市博物館」 を見学し、 「小樽商科大学」 にも足を伸ばし、小樽の高台から町を見下ろしてきました。

この坂は 「地獄坂」 と呼ばれていて、商大の学生が上り下りする坂です。
伊藤整も小林多喜二も、この坂を歩いたんですね。
地獄坂

そこから再び食欲に戻る親子。
ホテルでリッチな朝食を食べたというのに、まだ食べるかい! とツッコみを入れながら、「菜はな」 というお店を探します。

ここは小樽の最上町 (もがみちょう)
言ってみれば、小樽の山の手です。
下町育ちの私には、ほとんど縁の無かった町。
そこに、感じの良い食事処ができたという情報をゲットしたので、行ってみたんですよ。

ここだわ。
菜はな

古い民家を改装して、食事とカフェが出来るお店なんだって。
靴を脱いで上がります。
菜はな入口

入った所はイス席。
菜はな店内3

奥にはお座敷があり、私たちはそこで足を伸ばしてヨッコラショ。
菜はな店内

中は、昔小樽に良く在ったお家って感じ。
母が 「そうそう! こういう家がいっぱいあったわ」 って嬉しそうでした。
菜はな店内2

メニューはこちら。
菜はなメニュー

こんな可愛いお品書きも置いてありました。
菜はなメニュー2

結局、2人とも 「菜はなランチ」 を注文。
色んなおかずが付いていて、美味しそうでしょ?
菜はなランチ

これで880円。
味も良かったし、絶対にお得だと思うんだけどな。
若いご夫婦2人でやっていると思われるこのお店も、とっても接客が良い。

全体的に、小樽って 「おもてなし」 の心が行き届いていて、どこへ行っても感じが良かったんですよ。
タクシーの運転手さんも、たった1メーターしか乗らない私たちにニコニコと愛想よく喋ってくれて。
私のいない間に、観光都市小樽になったんだなぁって、感慨深いものがありました。
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード