FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

「長篠城址史跡保存館」 に注文した本が届きました

とあるブログさまで紹介されていた本を図書館で借りて読んでいると、「長篠城」 の名前が出てきました。

長篠の戦い
有名すぎる戦いですね。
愛知県の設楽ヶ原で、織田・徳川連合軍と武田軍が戦った、あの戦の舞台になったお城です。

遠い遠い昔、家族で長篠城址を訪ねたことがあります。
家族全員で行ったので、訪ねた所といえば 「長篠城址史跡保存館」 のみ。
だって、興味を持っているのは私一人だったんだもの。
鳥居強右衛門が磔にされた場所とか、連合軍と武田軍が激突した現場とか、戦死してしまった武田軍の武将を祀ったお墓とか、見たい所はいっぱいあったんだけど。

それはともかく、思い出したことがあるんですよ。
あの保存館には、長篠の戦いについての色々な本が置いてあり、その中で1冊の1番薄い本を買ってきたことを。
さっそく調べてみました。
おお、あるある 

この保存館はたいしたものですねぇ。
いや、やはり 長篠の戦い があまりにも有名ということなのかな。
なんと、20冊以上の図書を発行してるんですよ こちら → (長篠城址史跡保存館販売図書

どれもこれも欲しい本ばかり。
悩みに悩んで 「長篠合戦余話」 「戦国落穂ひろい」 を選び、保存館に注文しました。
こういう、色々な方からの聞き書きが好きなんですよ。
その中に出てきた地名を地図で探すのも、ワクワクします。
後は現地訪問だけ・・・・なんだけど、正直言ってそれは難しい状況。

ものすごくアナログな手続きの末、やっと2冊の本が我が家に届きました!

長篠戦史資料編

さあて、これから本と地図を見比べながらの、楽しい読書が始まります♪
関連記事

雷に弱いすず

昨日は、全国的に雨がすさまじかったようですね。
ニュースで、札幌市が大変だとずっとやっていたので、思わず姉に電話。
実家の辺りはたいしたことはなかったようですが、TVで豊平川のもの凄い濁流を見て、恐ろしくなってしまいました。

すると、夕方になって佐久にも雷様がやって来ました。

バキバキバキッ 
バリバリバリッ  
ドッカーン     

と大変な騒ぎ。

ちょうど夕食の支度中だった台所に、すずが乱入。
ブルブル震えまくりです。

それを冷静に撮っている私。
鬼に見えたんじゃないだろうか。

関連記事

小鮒の季節がやってきました

また、この季節がやってきました。
もう何回目だろう?
8回目くらいの小鮒の季節♪

前に書いた記事 → (佐久の小鮒ちゃん

昨日、こんなチラシが入ったんですよ。

ツルヤのちらし

早速、ツルヤに行ってみました。
すると、こういう状況 

小鮒2

人気があるのねぇ。
だって、9時半開店で私が行ったのが10時よ。

隣には、もう調理済みの小鮒が並んでいました。

小鮒1

これで税込1079円だもの、お高いものですよね。
何だか、年々売り切れるのが早くなっている気がするの。

毎年、同じ記事を書いているんだけど、どうしてもこのチラシを見ると、この目で小鮒を見たくなって飛んで行っちゃうんですよね。
関連記事

中山道を西へ 2

9月5日にUPした、「中山道を西へ」 の続きです。
2回目もよろしくお願いします <(_ _)>

と言っても、白山様にお詣りしてから普通に家に帰っただけなんですけど、途中、中山道沿いに小さいお稲荷さんがあるんです。
「荘山稲荷神社」 といいます。

ここも、近所の方が手入れをされているんでしょう。
雑草が生い茂って足も踏み入れられない、なんてことはありませんでした。

中山道に面して、第一の鳥居が。
荘山稲荷鳥居

参道を進むと、第二の鳥居と階段。
荘山稲荷階段

これが拝殿だけど、鞘堂で覆われていますね。
荘山稲荷

まずお詣りしてから、例によってお賽銭用の穴から内部をパチリ。
荘山稲荷内部

小さなお宮です。
目を引いたのは、左右に置かれたお狐さんです。

まあ、どうしたんでしょう。
お鼻も頭も、ガムテープでぐるぐる巻きに!

右のお狐さんも
お狐さん1

左のお狐さんも、同じ状態です。
しかも、つっかえ棒で支えられてるし。
お狐さん2

多分、緊急策として、こんな姿になっちゃったんでしょうね。
どうして壊れてしまったんだろう。
でも仮にもお狐さん、壊れたからって処分することも出来ないだろうし、大事にされているってことですよね、多分。
首に巻かれた縄は何だろう??
関連記事

「コーラスまつり」 を終えて♪

佐久市臼田にあるコスモホールで、「第36回 佐久市民コーラスまつり」 が行われました。
プログラム

今回は、我々は、いつものドレスではなく、自由服。
ごった返す控室での着替えもなく、のんびりゆったり他の団の歌を聴けました。

自分たちの3つ前の合唱団が歌い始める前に、光を落とした舞台裏に回って出番を待ちます。
この時間、かなり緊張が高まってくるのよね~
私は、ものすごく高い天井を見たり、アナウンスしているオバサマを見たり、落ち着かない気分。

舞台に出てしまうと、後は歌うだけです 
いつも思うんだけど、舞台上って後左右の声があまり聴こえないのよね。
天上天下に私ただ一人が歌ってる気分。
何か所も、歌詞が危ない所が出てくるんですよ。

それでも先生が仰る通り、コワイ顔にならないように歌います。
笑顔よ、笑顔が大事 

今回は、星野冨弘作詞 新実徳英作曲の 「つばき・やぶかんぞう・あさがお」
それに、深田じゅんこ作詞 大田桜子作曲の 「空 ぼくらの第2章」 の2曲を歌いました。
特に 「空」 は、3.11で被災された陸前高田の中学の先生が、生徒たちに希望をもって欲しいと願って委嘱された曲。

~ 空よ 青い風の中 ぼくらはここにいて あなたを見つめている ~

から始まる感動的な曲です。

みんな十分頑張ったと思います。
だって、どなたかが 「ブラヴォー!」 って言ってくれたもの。 

今回もつくづく思ったこと。
疲れるとか腰が痛いとか言いながら、あの暗い舞台裏での緊張感とか舞台上での晴れがましさとかが好きで、合唱止められないんだよね~


「つばき・やぶかんぞう・あさがお」

関連記事

中山道を西へ

夏も終わり、散歩に最適な季節がやってきました。

今日は雨の合間を見計らって、中山道を西へ歩きました。
かつては、しょっちゅう歩きに行っていたんですが、どうしてかなぁ・・ このところ全く足が向かなくなっていたんですよ。
途中に中部横断道が出来た頃からかな。

私もすずも、年をとったのも一因でしょう。
めっきり歩く距離が短くなりました。
まずいわよね~ 

今日の目的は 「白山神社」 にお詣りすること。
以前にも書いたことがあるんだけど、「歯の神様」 が祀られています。 → (虫歯に効く白山様

あれに見えるは、白山様の小丘です。
白山神社遠景

着きました。
白山神社鳥居

では失礼いたします。
鳥居をくぐって
白山神社鳥居2

こちらが歯の神様 白山様です。
生き仏さま

合唱で一緒の地元の方に伺うと、ここは昔、歯痛に悩んだ男性がこの塚に籠り、入定 (即身成仏) した所。
生き仏様ということで、今でも大切に祀られているとのことでした。
回りもきちんと手入れがされていました。

白山神社の前には 「避病院」 があり、昔はあまり通りたくはない道だったそうです。
避病院とは、伝染病に罹患した人を収容する病院のことで、当時としては治療しようもない伝染病が本当に怖かったんでしょうね。
今は草むらになっているとのことなので、ここだったのではないかな。
避病院跡

後には入院患者もいなくなり、取り壊されたそうです。

お詣りしたかった白山様に、暫くぶりで行くことができました。
帰宅してまもなく雷が鳴り始め、すずが怯えること怯えること 
ギリギリセーフのお散歩でした。
関連記事

¥あの音を聞くと、心臓バフバフしちゃう¥

今日は銀行に行って来ました。
先月のやり繰りが珍しく上手くいき、生活費の残金が出たので、預けに行ったんです 

ATMは空いてました。
『預け入れ』 を押して通帳を入れて、さあお札をいれましょう、と思ったら、機械から ガチャッ ガチャッ ガチャッ ガチャッと音が鳴り続けるの。

ああ、また始まった。
1か月分の出し入れを印字している音。

それがまた長くって、なかなか終らないんだ 
打ってる打ってる、1か月分の印字。

やーっと 『入金してください』 の指示が出てお金を入れ、出てきた通帳をすかさずチェック 

やっぱりね~
ズラリと十数行並んだ数字の羅列。
おまけに、そのほとんどが出金だもの。

保険代、ガソリン代、上下水道代、電話代、税金、国保代、その他諸々。
よくぞこれだけ引き落とされてるわ、と思うくらいの出金。

いつもこの音を聞く時、私ATMの前でスゴイ顔をしてると思うの 
まだあるの?  まだ終わらないの??って。

確かATMってカメラが搭載されてるはず。
後で銀行の人がチェックしていたら、絶対に私の顔を見て笑ってるんじゃないだろうか。 
関連記事

モグラ救出

今日は朝から雨で、とっても寒い。
最高気温が、やっとこ20度だもの。

午後、外から帰った夫が大声で 「おーい、モグラが見られるぞー  」

へえー どれどれ?と外に出ると、外階段の隅にモグラが一匹、何とかどこかに身を隠そうとゴニョゴニョうごめいてる。

でも生憎ながらそこには土は無いのよね。
見ているうちに可哀想になってしまった。

モグラは作物を食べちゃうから、本当を言えば始末しなければいけない。
でも、この必死に土を探してる小さな生き物を殺処分なんて、優しい私には無理無理 

という訳で、箒と塵取りを手に何とか階段地獄から救出。
駐車場の僅かな土の部分に置いてやりました。
モグラはあっという間に落ちている葉の中に潜り込んで行きましたよ。

元気で生きるのよ~
でも、そこにはブドウが植わってるのよね。
根っこを食べちゃダメよ~
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード