FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

備えあれば憂いなし

超大型台風が日本列島を縦断していますね。
皆さんの地方はいかがでしょうか?
長野は今夜遅くに到達するようです。
木曽や御嶽山、その他の地域も、何事も無いことを祈るのみです。


今日は朝から買い物に走り回ってました。
そのほとんどが頼まれごと。
何か所も飛び回り、ある物を買いにホームセンターに向かいました。

すると、前から歩いてきたオバサマが、冬の必需品プラスチックの雪かきを2本、抱えて来るのに会いました。
ピカーっと頭の中が光りましたよ 

雪かき
あれを買わなくちゃ、今度の冬を迎えられない。
結局目的の品は見当たらず、その代りに真っ赤な雪かきを2本ゲットしました。

今年2月の大雪です。 ⇒ (こんな大雪、初めて!!

私、あの体験をして、今までの考えがガラッと変わりましたね。
今まではね、明日の事はあまり考えずに生きてきたんです。

例えば病院でもらうお薬も、どういう訳か前の診察の時に貰った薬が結構残っていることもあるんですよ。
私はちゃあんと数を数えて行って、次回の診察までにちょうどお薬が無くなるように、調節してもらってたの。
だって、医療費削減に協力も出来るしね。
私、そういうところは細かいんだから(笑)

だけど、あの大雪で、どうにもならない事ってあるんだと分かったというか。
あの時は本当に、どこにも出られない、バスは無い、車は走れない、近くに病院は無い。
佐久の除雪はどうにもならない状態で、何日間か陸の孤島状態だったんだもの。

貰える時に貰っておこう、多くたって良いじゃない、いつかは飲むんだから。
そして、全壊してしまった我が家の雪かき。
1本の雪かきじゃとってもダメ。
最低でも2本、イヤ、あと何本か買っておこうかしら。

「備えあれば憂いなし」 って本当ですよね。

関連記事

ズッキーニをぬか漬けに

先日、あるバザーのお手伝いをしていると、隣のブースで採りたてズッキーニを1本50円で売っていたの。

佐久のズッキーニ普及率といったら、それは凄くて、直販所に行くとキュウリかズッキーニか分からないほどの量が売られている。
私、こっちに来るまでズッキーニって余り知らなかったので、暫く食わず嫌いだったんだけど、食べてみると炒め物に良し、グラタンに良し。
結構、食べてます。

それでね、お隣のズッキーニを見ていると、同じく見ていたオバサマが言うの。
「これを、ぬか漬けにすると美味しいのよ~」

へえええー  ズッキーニをぬか漬けに 
考えたこともなかったのでビックリ 

漬物の中で1番好きなのが、ぬか漬けの私。
早速やってみましたよ。
キュウリとズッキーニのぬか漬け。

これが確かに美味しいし、簡単に漬かるのねぇ。
ズッキーニは火を通さないとダメだと思っていたので、美味しくて簡単なぬか漬け、ハマりそうです♪
関連記事

物忘れが酷すぎる・・・・

今日の夕食は、

アジの開き
クラゲとキュウリと白キクラゲの和え物
ヤリイカとズッキーニとエリンギのアヒージョ
五郎兵衛米の新米♪

全部出来上がって、ああヤレヤレ。
のんびりしてメール見てたら、夫からテルが。


「今日の仕事は終わったから、これから佐久平の駅に行くから」

私、「・・・・・・ う・うん 分かった・・・・」

はて、何だったっけ?
今日は何があったんだっけ?????

やや暫く考えて、ハッと思い当たった。
昨夜、「明日は○○君が佐久に来るから、仕事が終ったら飲みに行くから」
私は内心 (ヤッター! 明日の夕食は手巻き寿司だぜ   1番簡単で美味しいもんね ) と思ったんだった。

我が家は夫が留守の時は、手巻き寿司か安いステーキと決まってるんですよ。
夫はさほど好きじゃないし、一番手がかからない献立だもの。

それを、キレイさっぱり忘れていたのだ。
仕方なく用意した物を食べたけど、手巻き寿司食べたかったな。
それより何より、昨日の会話をこれだけ完璧に忘れてることが、大大大ショックでしたぁ~
これって、ボケの始まり?

関連記事

別所温泉に行ってきました♪ その2

宿の夕食は 「松茸四品コース」

まず並んでいたのは、これらの品々。
夕食1

先付
 湯葉と柿の胡麻和え
夕食4

前菜
 新秋刀魚のマリネ
 海老煎餅
 秋茄子カレーペースト
 穴子笹巻寿司
 焼き栗
夕食3

椀物
 松茸土瓶蒸し
夕食6

お造り
 鮪、烏賊、信州サーモン
夕食2

温物
 松茸茶碗蒸し
夕食5

鍋物
 松茸鍋
夕食7

焼き物 (写真なし)
煮物  (写真なし)

揚げ物
 天麩羅各種
夕食8

松茸御飯と味噌汁(写真なし)
水菓子       (同上)

これだけペロリだもの、太るはずよね~


その他、宿の様子をズラ~っと載せますね。

お部屋です。
部屋

お茶請けは、厄除け饅頭。
おまんじゅう

1階の大浴場です。
1階のお風呂

ここが凄かった! 5階の露天風呂。
露天風呂

丸見え丸見え!!
全然気にしないで入りまくりです。
露天からの眺め1

ここのお湯は飲めるんですよ。
悩みの種、〇んぴにも効くんだって。
飲泉用

最後に朝食です。
熱々のお味噌汁が美味しかったし、左手前のワラビもちょうど良い味付けでしたよ 
朝食

聞くと、上田は松茸の名所だそうで、松茸山を持つ人と契約してるんだって。
そういえばローカルニュースで、「上田の松茸が豊作で、松茸小屋が大繁盛」 みたいなのを流してましたっけ。
こんなに松茸を食べたのは初めてかもしれない。
ご馳走様でした 
関連記事

別所温泉に行ってきました♪ その1

先週、急に娘が来ることになりました。
それなら! と慌てて別所温泉を予約。
お隣さんに評判を聞いて、「七草の湯」 という旅館にしようと思ったんだけど、人気の宿だとみえて全然空室無し。
じゃらん、楽天トラベル、トリップアドバイザーを駆け巡り、ようやく予約完了。

信州の鎌倉 別所温泉は2度目の訪問です。
前回、とにかく暑い所だという思い出しか無かったので、足が遠のいていました。
今回の決め手は、松茸が食べられる宿。

上田市の郊外、山懐に抱かれたっていうのかな? ひっそりとある温泉です。
歓迎アーチをくぐって
温泉街入口

外湯の一つ、「葵の湯」 の横を通り
外湯

今夜の宿 「別所観光ホテル」 に着きました。
観光ホテル

とりあえず車を止めさせてもらい、フロントで丁寧に道を教えてもらって、まず向かったのは 「北向き観音」
北向き観音

ここは、お手水も温泉でした。 温かーい!!
手水

観音様に、あれもこれもとお願いし
観音様

堂内の 「びんずる長者さま」 では、自分の良くなって欲しいところをナデナデし (頭でしょ、腰でしょ、顔でしょ 
びんずる

それから、境内の趣ある数々の風景をどうぞ。

絵馬堂
1

見上げるような所にあった、懸崖造りのお堂
懸崖造りのお堂

愛染かつら
小説家 川口松太郎は、愛染明王堂近くに立つこの桂の木から着想を得て、小説 「愛染かつら」 を書いたとのこと。
ちょっと私の時代ではなかったので、詳しいことは分からないんですよね。
愛染かつら

この後、国宝 三重塔がある安楽寺に向かったのですが、また明日にでもアップしますね。

関連記事

アルトさんとソプラノさんの違い

ソプラノさんの一人との会話



・どうでも良いアルトさん (もちろん私のこと)
 
 毎週木曜の練習日、もう疲れちゃってさー、眠れること眠れること!
 夢も見ないで爆睡して、金曜の朝なんて起きるのが大変なのよね~



・真面目なソプラノさん
 
 ええー!?  眠れるの???
 私なんて、練習の日はとっても眠れるもんじゃないのよ。
 何だかね、頭から上が興奮状態で、それがいつまでも冷めないの。
 高い ラ とか シ を出すって、そういうものなのよ。
 男声からは 「もっと天使みたいな声を出して!」 なんて声がかかるし 




・どうでもいいアルトさん (私のことね)

 ウソー  マジぃ? 
 あれだけ練習して、それでも眠れないの~???
 シンジラレナーイ 



私はアルトの他の人の顔を思い浮かべてみる。
どの顔も、夜眠れないって顔じゃないよね。

繊細なソプラノさんと、どうでも良いアルトさん。
パート分けって、声よりも性格で決まるんじゃないだろうか。

関連記事

佐久に不二家が出来るの♪

ちゃんと小耳にはさみましたよ。
佐久に不二家が出来るんだって!

不二家・・・
思い出がいっぱい詰まってるお店。

小さい頃、小樽のTVで流れていたコマーシャル。
札幌の不二家に、お洒落なパパとママ、それに上品なお坊ちゃんとお嬢ちゃんが訪れて、美味しそうにお食事をしているの。
もうね、小樽の田舎娘にとっては夢の世界 

次はいきなりの高校生。
修学旅行で訪れた東京の銀座 

銀座よ銀座、それも夜の銀座
中学の同級生達で生まれて初めての銀ブラの途中、燦然と輝いていたのが 不二家のお店

そして、いきなりの子育て時代。
車でちょっと走った所にあった、不二家の郊外店。
給料日の度に出かけてお料理を食べ、〆は必ず チョコレートパフェ

不二屋のチョコパフは、スポンジケーキだとかコーンフレークだとか余計な物が入ってなくて、あくまでもバニラアイスとチョコアイス、たっぷりかかったチョコレート、それにバナナとホイップクリームで勝負の鉄壁の構成。
あれ1個を食べると、確実に体重が1キロは増えそうだけど、その魅力には抗えなかったんですよ~

とツラツラ書いてきたけど、要するに私の1番の関心事は、佐久の不二家にはレストラン部門があるかどうか?!ってこと。
果たして、あのチョコレートパフェを再び味わうことは出来るんだろうか。

関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード