本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

明日は大船渡に行ってきまーす♪

明日は、合唱団の人たちと大船渡まで行って来ます。

話せば長~いことになるから話さないけど、ちょっとだけね 

大船渡で 
東日本大震災復興支援プロジェクト『歌の絆 より強く!in大船渡』 → (http://bgfsc.jp/event/event-data/1814
という催し物があるんです。
それに参加するわけ。

大船渡まで行くのは生まれて初めて。
新幹線をいくつも乗り換えて行くので、みどりの窓口で渡されたチケットが多過ぎて、頭がワヤワヤ 
どれを改札機に通せば良いんだろうか。
無事に改札口を通れるのだろうか? モタモタして他の人に迷惑をかけないだろうか?? と色々心配です。

お天気は、気温は、服装はと、まだバタバタしています。
海外に行くわけじゃないのに、この有様。
困ったもんです。

泊まるのは、近くの陸前高田市のホテル。
ここは復興はまだまだのようなんですよ。
私には何も出来ないけれど、せめて現地に行ってお土産を買って、少しでも復興の手助けが出来れば良いなと思ってます。

忘れちゃいけない、合唱の方も頑張ってきますね  

関連記事
スポンサーサイト

♪いざゆけー われらのー 若鷹軍団~♪

今、日本シリーズを見ながら書いているんだけど、7回ダイエーホークス攻撃の前、この歌が流れた。

もう本当に懐かしい歌!

前に住んでいた所の隣町に、ダイエーがあって、ちょこちょこと買い物に行った。

丸い陳列台に様々なお菓子が並び、自分で好きな物を選んで袋に詰める、100g〇〇円のお菓子♪
たまに子供たちを連れて行き、「さあ、好きなのを入れなさい」 と余裕を見せる私。
子供たちが、(この世にこんな夢のような買い物のやり方があるのか  ) という顔をして袋に入れる。

総菜売り場には色んなおかずが並び、その横には握り寿司のバイキングがある。
ソフトクリームや、フレンチドッグや、ラーメンや、様々なイートインもあり、そういう売り方が初めてだった私も、胸が高鳴る。

そんな夢のようなダイエーで流れていたのが、この歌。

いざゆーけー 
われらのー 
若鷹軍団
われらのー われらのー
ダイエーホークスー



エンドレスで流れてるんだもの、覚えてしまった(笑)

あの、一世を風靡したダイエーは、もうないんだよね。
イオンの傘下に入っちゃって、ダイエーっていう名前のお店は無くなってしまったんだよね。

世の中は変わりダイエーは無くなっても、この歌はソフトバンクホークスに受け継がれて球場で流れている。
一気に数十年前に戻ってしまった気持ちなんです。

関連記事

上州 八木節♪  この威勢の良さがたまらないね!

私、合唱も好きだけど民謡も大好きなんです 
ちょこちょこと好きな民謡のことを書いてきたんだけど、いっそのこと独立させちゃえ!と思って 「好きな民謡」 カテゴリを作りました。

今までにアップした民謡は

こきりこ節   
郡上踊りの 「春駒」  
北海盆歌   


そして今日は、満を持して 八木節」 です。



私のリズム感じゃ、とってもついていけないわ (汗)
唄も鳴り物も最高ですね!!

お隣の群馬県で唄われるようになった八木節。
始めの ♪ちょいと出ました三角野郎が~ 四角四面のヤグラの上で~ ♪ 辺りは知っていたけど、その先はなんと、あの国定忠治の一代記になってたんですね。
知らなかったわ~
ちょっと書いてみますね。


『さてもお聞きの皆様方へ チョイト一言読み上げまする お国自慢は数々あれど 義理と人情に命をかけて
今が世までもその名を残す 男忠治のその生い立ちを 不弁ながらも読み上げまするが

国は上州佐位郡にて 音に聞こえた国定村の 博徒忠治の生い立ちこそは 親の代には名主をつとめ
人に知られた大身なるが 大事息子が即ち忠冶 蝶よ花よと育てるうちに

幼なけれども剣術柔 今はようやく十五の年で 人に優れて目録以上 明けて十六春頃よりも
ちよっと博奕を張り始めから 今日も明日も明日も今日も 日にち毎日博奕渡世』



まだまだ続くんですが、全部は書ききれないのでここまで。
国定村っていう村があって、忠治さんが名主の息子で、蝶よ花よと育てられたなんて信じられます?みなさん。
おまけに16才から博奕を打ち始めたなんて、親御さんは嘆いたでしょうねぇ。
そして忠治さん、最後は41才で磔にされてしまうんですよ。

民謡って良いですよね。
合唱の声の出し方とまったく違うから無理だろうけど、思いっきり歌ったら気持ちがスッキリするでしょうね。

関連記事

10月25日って、絶対に晴れの特異日だよね

10月25日。
今日もとっても良いお天気 

空は快晴、紅葉は美しく、ポカポカと暖かい日です。
3年前にまりが息を引き取った日も、その1年後も2年後も、そして3年後の今日も最高のお天気。
まりの日頃の行いが良かったのねぇ。

すずと一緒に、やっぱり行くのは鼻顔さん。

素晴らしい浅間に迎えられ、
今日の浅間

途中で見える大井城址の大欅も、美しく
今日の大井城

鼻顔さんは紅葉に包まれ
今日の鼻顔さん

階段を上がると
今日の階段

お狐さんは優しく迎えてくれました。
お姿殿

10月25日は、絶対に晴れの特異日ですよね。
まりは天国でニコニコ笑っていると思います。

4女神湖まりんば


関連記事

海野宿 - 重要伝統的建造物群保存地区

北国街道の宿場 「海野宿」 は、東御市にあります。
寛永二年(1625)に開設されました。

海野の集落は中世における東信濃随一の豪族・海野氏の城下町であり、交通の要衝にあたり、毎月6回もの市が開かれていた交通・商業中心地であった。(東御市で作っているパンフレットより)

宿場に入ってすぐ右手に鎮座しているのが、「白鳥神社」 です。
この宿場の横には千曲川が流れていて、木曽義仲は白鳥河原で挙兵したと言われています。

白鳥神社説明板


白鳥神社

きちんとお詣りし、万見家の安泰をお祈りしてからパチリ。

白鳥神社内部

その横には、こんな展示もされていました。
「真田丸」 面白いドラマになれば良いですね。

白鳥神社内部2

私個人としては 「木曽義仲」 が大河ドラマになれば良いなぁ、と思っているんです。
悲劇の主人公であり、義仲四天王の一人 根井行親は、我が家のすぐ近くに館があったんですよ。
勝手にシンパシーを感じている次第です。

それでは、いよいよ宿場に入って行きます。

海野宿1

海野宿2

海野宿3

海野宿4

海野宿5

こちらが本陣です。

海野宿本陣

やはり、他の建物とは違いますね。

海野宿本陣母屋

この海野宿に来るのは、多分4回目くらい。 5回目かな??
最初来た時は、あまりにも昔の風情が残っているのに大感激。
ここは、お店になっている家もあるけれど、普通に暮らしているお宅がたくさんあるんですよ。

特にその日は寒い日で、おまけに雨だったんです。
そのせいか、どの家も戸をピッタリと閉めて、お店かどうかも分からない状態。
そのまま映画の撮影にも使えそうな雰囲気でした。
今回行った時も、お店は派手に看板を出したり張り出したりせず、ひっそりと目立たない感じなんですよ。

「海野宿資料館」 は外せませんね。
このほかに 「なつかしの玩具展示館」 というのがありました。
玩具展示館の中で、面白い絵馬を発見。

北向き観音絵図

先日行った別所温泉・北向観音に在ったと思われる 「三浦屋店頭」 という絵馬。
これは明らかに遊女屋ですよね。
北向観音近くの常楽寺傍に、三浦屋という遊女屋があったんでしょうか。

あまりに観光的に作られ過ぎていない海野宿。
長野にいらした節は、ぜひお立ち寄りください。

関連記事

「布引温泉こもろ」 でお泊り 

富士見城跡を後にして、今度は 「布引温泉こもろ」 に向かいます。

ここは、武田軍に攻められて落城してしまった 「桝形城址」 とのこと。
『らんまる攻城戦記』 さまの所で、初めて知った次第です。

友人とは1年に1度は会おうと約束しているんだけど、去年は結局会えずじまい。
今までは私が上京していたんだけど、今回は初めて彼女が長野に来たんです。
さて、どこに泊まろうかと考えた結果、ここに決まりました。

何故ここかというと、

・私のつたない運転でも辿り着けること。
・浅間が見事に見えること。
・温泉であること。

国道18号線を上田に向かって走り、「押出入口」 という交差点を曲がって千曲川を渡り、ぐんぐん高度を上げて行きます。
着きました~
「布引温泉こもろ」 です。

布引温泉

ちゃんと 「桝形城址」 の碑も見つけました。

枡形城址

中はごった返していました。
何故なら、日帰り入浴をやっているからです。
ものすごい数のおばさまパワーに圧倒されてしまいましたよ 

すぐに部屋に通され

こもろ部屋

窓の外の見事な景色を楽しみます。

部屋からの眺め

暫く部屋でお喋り。
あんなことやこんなこと、1年ぶりに会った友人と喋くり倒す至福のひと時 
自慢じゃないけど、佐久に来てからお喋りを楽しむ友人に恵まれない私 、26年来の友との語らいは、本当にリフレッシュさせてくれます♪

そろそろ良いかな? とお風呂へ。
こんな感じでした。
(これは、朝、誰もいない時に撮ったものです)

こもろ内風呂

露天からも浅間が望め、とっても気持ちよかったです。

こもろ露天風呂

お風呂から出てくると、ちょうどロビーでコンサートが開かれていました。
男性4人組の演奏で、リクエストに応えてくれるみたいで、皆さん楽しんでいましたよ。

ロビーコンサート

それから、お待ちかねの夕食です。

こもろ夕食1

こもろ夕食2

この他に、焼き魚、大好きな天麩羅、熱々の茶碗蒸し、ご飯、水菓子。
もうお腹いっぱい 

夜中まで色々話して、ぐっすりガアガアと眠り 、朝一でお風呂に入り、朝食はバイキングでした♪

こもろ朝食

牛乳とフレッシュジュースは飲み放題。
これはポイント高いんですよね~

建物は古いんだろうけど良く手入れがされていて、従業員さんの接客もとても感じが良く、気持ちの良い宿でした。
これで1泊 1万700円は絶対にお得 

これから、有名な(多分) 海野宿に向かいまーす 



心覚えに書いておきます。
ストーブだけで頑張ってきたんだけど、今日コタツを出しました。
だらしない生活になっちゃうんだよな~

関連記事

小諸の富士見城跡に入ってみました

昨日の記事の翌日に、実は東京時代の友人と一緒に 「富士見城跡」 に行ってみたんです。
友人とは約1年ぶりの再会。
前日行って、余りに美しかった 「小諸高原美術館」 周辺の景色が気に入り、頼りない私の運転で行ってみた訳です。

美術館には、こんな 「富士見城跡」 の絵図が飾られていました。

富士見城絵図

さて、行ってみましょう。
但し、私は城跡の見方が全く分からないので、ただ写真を撮ってきただけなんですけど(汗)

富士見城

橋を渡って、入城です。
多分、橋の下は堀切かな???

富士見城の橋

この城跡は石積みが残っているので、良く見てくるようにとの先生のお言葉で、その写真ばかり撮ってきました。

富士見城1

富士見城2

石垣2

石垣

石垣3

すいません 
私、本当に城跡の見方を全然知らなくて、写真を並べることしか出来ません。
分からないながら、この石積みが立派だ! っていうことは分かりましたけど・・・・
もっと、勉強しないとダメですね (汗)

それと、ここが本当に良く手入れされているなぁと、いたく感心したしました。
この後、これまた 「桝形城跡」 に建っているという温泉に向かいました。


関連記事

小諸高原美術館でコンサート♪

一昨日、小諸高原美術館でコンサートが行われました。


小諸市の高台にある美術館。
最高の日和で、最高の景色!!

ちょうど紅葉も盛りで、浅間の景色も見事でした。

美術館からの浅間

もう少し視線をずらすと、こんな感じ。

小諸からの浅間2

こんな棚田も見えるんですよ。

棚田

南を向けば、眼下に小諸市街が一望。

小諸市街を見下ろす

ここ、良い所ねぇ。
といっても、私初めてじゃないんですよね。
きっと前に来た時は、季節が悪かったのね。
死ぬほど寒かった思い出しかないんです。

これが 小諸高原美術館・白鳥映雪美術館。
立派な建物でした。

美術館

この日はここで、メゾソプラノの飯森加奈さん、ギターの尾尻雅弘さんのジョイントコンサートが開かれたんです。
ここがホール。

美術館のホール

回りをグルッと白鳥映雪さんの絵画に囲まれた中で、目の前でじっくりと演奏を聴くことが出来ました。
至福のひと時 
アルトの私としては、飯森加奈さんの声の出し方とか、とっても勉強になりました。

この美術館の北側には、富士見城という中世の城跡があります。

富士見城

いつもお邪魔している城跡研究家の方と、小諸市在住の方のブログで知ったので、ちょっと行ってみました。

富士見城案内図

実は、小諸には2日連続で訪れたんですが、詳しくは次回でね。

関連記事

ピンクの桜模様が綺麗だに~

10月25日は

この子の命日です。

まりパラだ

ずっと気になっていたんだけど、まりの骨壺カバー (っていう名前なのかな?)  が青だったのね。
最初から、あれ??
でも、とにかく小さい霊園だし仕方ないわと思っていたんだけど

まり三年祭

なんと今は骨壺カバーまでネットで手に入る時代。
あれこれ探して、とっても優しい可愛いピンクのカバーを頼んでみました。
取り替えてみると、棚の上が明るくなった感じ ♪

新しい覆い

まりもきっと 「おかあちゃん、きれいだに~」 って喜んでくれてると思うの 

新しい覆い2
関連記事

見事な虹だこと!!

台風一過の今朝、すずと散歩をしていると、西の空に大きな虹が!
端から端まで、ズズズイーッと見晴らせる、滅多に見られない見事な虹でした。

家に帰ってから、慌ててパチリ。

虹


これといった被害も無く、台風も無事に通過してくれました。

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、旅行の秋
どの秋を一番楽しめるかな。
とりあえずは、食欲の秋です 


関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード