本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

タチは日本のものに限るね

今日は、お天気も良く暖かく、本当に穏やかな日でした♪

そういう日には 」 でしょう。

ツルヤに行くと、新鮮そうなスケソウダラを売っていたので購入。
輪切りにしたタラのパックには、おまけとして生タラコかタチが、ほんの少し添えてあるの。
私は大体 「タチ」 付きを買うんです。

タチとは北海道で 「タラの白子」 のことを言います。
昔は、あの白い脳みそみたいな姿がグロテスクで食べられなかったけれど、最近平気になったんですよ。
母はいつも 「タチ汁は体が温まるねぇ」 と言ってたっけ。

ツルヤのスケソウダラの隣には、タチだけを別売りしてるんです。
買いたいんだけどね、結構なお値段なんですよ。
それが先日 「アメリカ産白子」 と称して、日本産の半額くらいで売っているのを発見!

タチはタチなんだから、国内だろうとアメリカだろうと変わらないだろう、と思ったのが大間違い。
アメリカ産のタチって大味で、あのヌルっとした食感じゃなく、ちょっとザラザラした舌触りで美味しくないの。
ビックリしましたよ。
見た目は同じなんだけどね~

それはそうと今日のお鍋、本当に暑かったです 

関連記事
スポンサーサイト

もう破れかぶれさ!

初めての声楽発表会の衣装の話です。
つべで「声楽発表会」って入れると、色んな動画が出てくるんだけど、誰もが素晴らしいドレスを着てらっしゃるんですよ。
そりゃあねぇ、一世一代の晴れ舞台だもの、皆さん張り切りますよね。
気分はオペラ歌手だもの。

先生に聞きました。
「あのぉ、発表会には何を着れば良いんですか?」

先生はケラケラ笑って 「何だって良いのよ~服なんて。  発表会というより ”おさらい会” だから、普段よりちょっと改まった服を着ればそれでOK」

それが一番困るのよね。
だって私、スカートってものを持ってないし。
そうだ! 合唱の黒いロングスカートを穿くしかないじゃないか!


ところが先生は良い顔をしない。
ロングじゃ改まり過ぎるみたいなの。
会場もカフェだから、着替える場所も無いみたいだし。

それから衣装探しの旅が始まりました。
いつも覗いてるお店は全部ダメ。
そもそも、今ってスカート、ワンピースが殆ど無いんですよ。
チュニックにほっそいパンツ(スパッツだとかレギンスだとか、もう私には何が何だか )が主流なの。

思い切って、ものすごく古くからやってるような岩村田商店街の洋品店に初めて足を踏み入れてみましたよ。
ドアはぴっちり閉まってるし、何とも入りずらい雰囲気なのよね。
恐る恐る入ると、ありましたよ!スカートがズラリと。
あー良かった、と思って見てみると、そのお値段にビックリ!
何でこんなに高いの  

這う這うの体で逃げ出し、更に根性で一度も入った事の無いお店を次々と訪ねて。。。。
結局最後には、岩村田のお店に戻らざるをえませんでした 

ええい、もう破れかぶれさ!
長めの黒いプリーツスカートを死んだ気になってお買い上げ。
モツレクの時に着た黒いカットソーという、そのままお葬式にだって行ける服になりそう。 

あーあ、こんなんだったら普段からスカートに慣れときゃ良かったわ~

関連記事

定期演奏会のチラシが配られました♪

いよいよ、来年3月15日に開かれる定期演奏会のチラシが出来上がりました。

ウン、なかなか良い出来栄えじゃない 

ちらし写真

月日の経つのはあっという間。
一生懸命練習に励まなければ、この立派なチラシが泣くわよね。
先生の練習も毎週になり、気合が入ってきました。
(うちの合唱団は、普段は先生の練習が月に2回なんですよ)
全部暗譜しなさい  なんて無理なことも言うけど、先生について行きますとも 

今回歌うのは

・空 ぼくらの第2章
・ボブ・チルコット編曲    
  砂山、村祭、おぼろ月夜、故郷、紅葉
・新実徳英作曲        
  花に寄せて 全7曲
・モーリス・デュルフレ作曲  
  レクイエム
・信長貴富作曲         
  くちびるに歌を 

特に、「レクイエム」 と 「くちびるに歌を」 の2曲は、先生が東京方面で指導してらっしゃる 『川越混声合唱団』 『あきる野混声合唱団』 『混声合唱団 コールクライス』 の方達が来て下さって、総勢100名ほどの大合唱になるんです♪
これは楽しみ~
やっぱり迫力があった方が良いものね。

今日はこれから練習です。
強い方の痛み止めを飲んで、いざ出発  

関連記事

コロッケにリベンジだぞ~

先日、大失敗したコロッケ。
今日、再び挑戦してみました。

今度はきちんとネットで検索し、パン粉を万遍なく付けて衣がはがれないように注意。
油の温度は170℃。
形成したコロッケは、しばらく冷蔵庫で冷やしてから室温に置く。

油に静かに入れ、大事に大事に揚げます。
途中、1個の衣がはがれそうになり、間一髪で救出。
なんとか14個を無事に揚げ終わりました。

コロッケ1

今日は大成功だ!
味付けもちょうど良く、食った食った 

ころっけ2

見た目はイマイチだと思ったそこのアナタ。
味が良ければ全てヨシ!ですよ。

コロッケ14個に、珍しく作ったお味噌汁が 「とろろ汁」。
お芋だらけで、お腹がパンパンになってしまいました。
太ったぞ~ 
関連記事

不思議な塚

佐久は、祠や塚があちこちにあります。
もともとこの辺りは、昔浅間山が大噴火した時に飛んで来た大岩に木が生えた小丘が多くて、だから地名も 「塚原」 とか 「平塚」 なんていうんです。

塚にはお社があったり、お墓になっていたり。
その他に、どうにも分からない祠がひっそりと立っていたりして、それぞれ曰く因縁があるんだろうけど、私には全く分からないし、佐久の人だって近所の人しか知らないんだろうな。

最近よく歩く散歩コースの途中に、こんな空き地があるんです。

謎の塚1

回りはお店と個人の住宅に囲まれて、ここだけポツンと空き地になっている。
明らかに土が盛り上がっていて、そこにとても大きな木が生えているんですよ。
その下には、良く見えないけど古そうな祠が。
その脇には、もう一つ小さな祠。

謎の塚2

つい先日通ると、脇の祠に御幣が飾られていたんです。
何なんだ?これは。

ほこら

私は気になって気になって仕方がない。
だけどこの辺りは、家はあるけど人をほとんど見かけないんです。
すぐお隣のお宅にピンポンして聞けば良いんだろうけど、そこまでの根性も無いんですよね 
この根性無しめ 

もし詳しいことが分かったら、記事をアップしますね。
実は、この辺りの昔の事を書いた冊子を図書館で見つけましてね、それによると 「餓鬼塚」 っていうのがちょうどここら辺じゃないかと思ったんですよ。

「餓鬼塚」 っていう名前からして不気味でしょう?
ここかなぁ? 違うかなぁ??



地震から2日。
詳細が分かると、よくぞこれで死者が出なかったと驚くほどの惨状です。
もうすぐ師走というこの時期に、家が潰れてしまった方達の事を思うと辛いですね。
インタビューを受けているみなさん、淡々と話されるんですよ。
だけど、頭は真っ白なんじゃないだろうかと思うんですよ。
私だったら、目の前が真っ暗になってしまうもの。

関連記事

岩村田えびす講

この催しに行くのも、もう何回目だろう。
このパスポートを持って出掛けると
おもてなし

岩村田商店街の 「おいでなん処」 で
おいでなんしょ

打ちたてのお蕎麦と豚汁をいただけるのだ。
そば打ち

手打ちそば

量は少なかったけど、これは本当に美味しかった!!
だけど、去年は大船渡の焼きホタテや焼き鳥屋さんも出ていたのに、今年は一切出店が無くて、ちょっとガッカリ。

商店街の裏側を久しぶりにブラブラ。
昔は良くすずを連れて、この辺りを歩き回ったのに、最近はとんとご無沙汰になってしまった。

ここは 「佐久ホテル」
標柱

江戸時代から続く宿で、かつて岩村田宿の時代 「割元」 という役職に就いていた老舗。
佐久ホテル
「割元」 とは、庄屋、名主などより上位にあり、
江戸時代の村役人の一。郡代・代官などの指揮下に名主(庄屋)を支配して十数か村から数十か村を統轄し、年貢の割り当てや命令の伝達などを行った。割元総代。割元庄屋。 とのこと。(デジタル大辞泉より)

岩村田宿には本陣や脇本陣が無かったので、代わりにこの宿がその役を務めていたみたい。
いまでもこのお宅には古文書が多く保管され、郷土史研究会でお借りすることが多いのだ。

古い古い中山道沿いの宿場町。
また、すずと一緒に歩こうっと 

関連記事

父に似てきたみたい

先日書いた長野県民手帳。
これほど愛用している手帳は今まで無いほどなんだけど、何故だろう?と考えると、要するに自分が年を取ったという結論に達した。

とにかく何でも忘れてしまう。
予定も、今日の買い物も。
すべて手帳に書いているので、これが無くなると悲惨な状況になってしまうのだ。

最近、とみに酷くなったのは、そこに書かれている字。
とにかく汚くて滅茶苦茶で、人様に見られたら恥ずかしいくらい。
それより目立つのは、カタカナが多くなったこと。

私の父は、もう30年以上前に亡くなったんだけど、当時、病院に見舞いに行った時に話した言葉が忘れられない。



「看護婦に何か頼もうと思って紙にカタカナで書くんだが、今の若い看護婦はカタカナが読めないんだな」

「平仮名で書けば良いのに」

「カタカナの方が書くのが簡単なんだよな」



今にして、あの父の言葉が分かる。
今の私が手帳に書くのはカタカナがほとんどになったんだもの。
だって、カタカナって書くのが簡単なんだよね 

あの頃、もう体力が無くなって漢字や平仮名が書きにくくなっていただろう父。
私はまだまだ元気なのに、困ったもんだわ。

関連記事

また 「長野県民手帳」 の時期がやってまいりました

今月上旬に本屋さんに行くと 「長野県民手帳は11月中旬に売り出されます」 の標示が。

そこで、中旬になった途端、駆けつけましたよ。
ズラリと並んだ県民手帳。
今年は、こげ茶の装丁です。

県民手帳1

見開きは、来年行われる 「善光寺御開帳」 です。

県民手帳2

早いな~
前回は平成21年。
うちが佐久に来たのが平成19年だったから、長野県民になって2年後に御開帳だったわけ。

もう、新聞もTVも御開帳一色で、驚いたのを憶えています。
おまけに、2か月の御開帳期間で、人出が673万人くらいだったって 
凄いですよね~

もっとも、私は行かなかったんだけど。
ニュースだけで、お腹がいっぱい(笑)
来年は、どれくらいの人が訪れるのかな。

関連記事

まーた失敗しちゃったコロッケ

我が家のコロッケは美味しいんです♪

自家製のジャガイモと玉ねぎ、それに合いびき肉。
味付けは、塩と胡椒のみ。
これは絶対に譲れません!

私、食事で甘いのはどうも好きになれないのよね。
だから、外で買ったコロッケとか外食のコロッケ、ちょーっと不自然な甘みがあると思いませんか?
あれがどうしてもダメなの。

今夜は久しぶりに、手作りコロッケにしました。
味付けも形もバッチリね 

しばらく冷蔵庫で寝かせて、食べる直前に揚げ始めます。
そして・・・ ことごとく破裂したんです 

仕方なく、破裂したコロッケを油から救出して、そのまま食卓へ。
本当に惜しいの。
味は最高だったのよ 
いくつでもイケちゃうの。

その代り、揚げた後の油の悲惨な状態ったら 
網杓子でバラバラになったカスを掬っても、もうこの油は使えそうもないくらい汚れちゃってるし。

コロッケって、昔からお肉屋さんなんかでお手頃値段で売られているけど、本当はかなり手のかかるお料理なのよね。
だから滅多に作らないのに、たまに作ったらこれだもの。
たまにしか作らないから失敗するのか 

何がいけなかったのかなぁ????

関連記事

たぶん、先日の譲渡会のお蔭だと思うの

毎日、1度は見ることにしているHPに、佐久保健所の 「迷い犬情報」 があります。
    ↓
http://www.pref.nagano.lg.jp/sakuho/dobutsu/dobutsu/mayoinu.html

今日見てみると、ずい分 「新しい飼い主に譲渡されました」 の子がいて、これは絶対に先日の譲渡会の成果だろうと思うんです。

特に10月末に、佐久市のあちこちでレトリバーが保護され、どの子も毛はボサボサ、爪は伸びていて世話もされていない感じだった子達。
今問題になっているブリーダーの放棄犬じゃないかと思っていました。

譲渡会の日、愛護団体さまのテントの真向かいで、雨に濡れながら見に来てくれる人を待っている姿を見ていたので、本当に嬉しい!!
ずい分前に収容されたのに、やっと飼い主さんに返された子もいます。
もうちょっと早く探してあげれば良かったのに・・・ と釈然としないけれど、家に戻れたんだから良かったんだわね。

保健所のみなさん、愛護団体のみなさんのご努力の賜物だと、本当に感謝感謝です。
今度こそ幸せな生活を送ってね。
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード