本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

池田秀一さんの話

早いもので、今日で平成26年も終わりですね。
今年1年、このブログにお付き合い下さいまして、本当に有難うございました <(_ _)>
来年も宜しくお願い致します。

今年最後のブログは、声優 (俳優) の池田秀一さんについて書きたいと思います。

とある 「つね〇さん」 のブログで、来年の大河ドラマのナレーターが池田秀一さんだ、というのを読んでビックリ。
池田秀一さんと言えば、私には 「次郎物語」 の次郎役の少年以外の何ものでもないんです。

小学校の高学年くらいの時、NHKで放送されていた連続ドラマ 「次郎物語」。
下村湖人の原作で、その主人公・次郎を演じていたのが池田秀一さんでした。

神経質そうな整った顔立ちで、唇がちょっと尖っていて意地の強さが表れてましたっけ。
とにかく大人気のドラマだったんです。
すっかり懐かしくなった私は、早速調べてみました。
出てきましたよ、若き頃の池田さん。

次郎
いやあ、懐かしい 

次郎物語は、次郎がおばあさんのいじめに耐えて健気に生きていく物語、っていうのが私の思い出なの。
他に色々な筋があったんだろうけれど、とにかく次郎に辛く当たる意地悪おばあさんが印象に残ってて 

主題歌が、またもの悲しくて、

   ひとりぼっちの次郎はのぼる
   ゆらゆらゆらゆら かげろうの丘
   ひとりぼっちの次郎はのぼる
   ぴいろろぴいろろ ひばりの峠
   次郎 次郎 みてごらん
   。。。。。。。。。。(この部分は忘れてしまいました)

つべで探しても、この音源がどこにも無い! 
でもご安心を。
私、今でも歌えるんだな~ これが。
途中までだけど。
リクエストがあれば、歌ってさし上げても良いんですよ(笑)

本当に時々、あの池田秀一さんはどうしてるだろう? と思っていたんだけれど、つね〇さんのブログで彼が声優になり、それもガンダムの 「シャア・アズナブル」 という主要人物の役で神様とも崇められるほどの人気だと知って、驚いたのなんのって 

慌てて子供たちに聞いたら、当然の様に知ってるし。
この 「シャア・アズナブル」 っていう名前も、かつて人気のあったフランスの俳優兼歌手 「シャルル・アズナブール」 からとった名前じゃないだろうか。

こちらが、シャルル・アズナブール。
セックスアピール満点の大人の歌手っていう感じの人でした。
「ラ・ボエーム」 とか 「イザベル」 なんていう曲を、情感たっぷりに歌って日本でも人気があったんです。
この曲は、つべにありました。
この動画だと、かなりお年を召していらっしゃるけど、当時は本当に中年の色気満点の人でしたよ。



とにかく、ちょこっと気になっていた池田秀一さんが今でも大活躍してると分かったのが、私としてはとても嬉しいことでした。
眉目秀麗で、どんな辛いことにも耐えている次郎が、私はきっと好きだったんだね。
今まで忘れないでいたんだもの。 


関連記事
スポンサーサイト

初めての北京ダック!! だったのに。。。

娘のダンナさまが、北京ダックを東京から運んでくれました。

北京ダックをきちんと食べたのは初めてだった私。
おお!そのビジュアルにビックリ 
頭が、頭までくっ付いてるのね~
北京ダック

その他に麻婆豆腐にピータンの前菜、有頭エビの炒め煮まで作ってくれて、私は幸せな姑でございます。
テーブルセッティング

さて、美味しい夕食後、肉を食べつくされたダックの骨をお湯でグツグツ煮て、美味なスープが出来上がったんだけど、みんなのお腹は満腹状態。
お鍋ごと天然の冷蔵庫(屋外)に出しておきました。
もちろん上に被せ物もして、ニャンコ対策も万全にしたんですよ。

それが今日、裏口を開けたら鍋が無い    
嘘でしょ ???と懐中電灯を片手に探すと、鍋は裏口の階段から下に落ちて、中身は全部ひっくり返されていました。

美味しいスープは地面に吸い込まれ、少し肉の付いた骨だけが散乱してましたよ。
恐るべし、ネコの力 
あんなに重たい鍋を引っ張り落とすなんて。。。。

せっかく作ってくれた〇〇ちゃん、ゴメンね~

教訓その1  屋外冷蔵庫を安易に使っちゃいけませんね。


関連記事

久しぶりに家族全員が集合して、ホテル滝の湯に行きました

何年振りだろう?、珍しく家族全員揃って集合。
こういう時、我が家は温泉に行くと決まっています。

行く先は、去年の今頃訪れた、「蓼科温泉 ホテル滝の湯」  (去年の様子はこちら) → (ホテル滝の湯 1) (ホテル滝の湯 2

去年は息子が不参加だったので、ぜひともあの美味しいバイキングを味あわせてやりたくて、再訪しました。
相変わらずの美味しいバイキングと気持ちの良いお風呂。
千客万来でしたが、接客も気持ちの良いものでした。

夜のひと時はロビーでお琴の演奏。
上品な女性がお琴を奏でてくれました。
お琴の演奏

サクサクと写真を載せますね。

なにしろ寒い所だから、こんなツララがすぐ近くに見られます。
つらら

私の夕食。
夕食

なーんて上品なんでしょう。
まあね、この他に幾皿かいただきましたけどね 

朝のバイキングも豪華なのよ。
朝食
このオムレツは、目の前で焼いてくれるのよ♪

こちらは、家族の一人のトレー。
決して私のじゃありません。
朝食バイキング


去年もパクついた、蕎麦粥。
これは本当に美味しい。
1

そして、束の間のんびり出来た帰省家族を乗せて、一目散に佐久に向かいました。
すずちゃーん、迎えに来たよ~

ペット預かりさんでは、今回は大人しいお友達が何匹か預けられていて、すずも穏やかに過ごせたようです。
帰宅して、預かりのオバチャンから毎年いただくプレゼントの中に婦人用腹巻を見つけ、早速すずに着用させる家族たち。
すずかぶりもの

ホント迷惑だワン。
アタシ、疲れちゃったんだから 
すずはらまき


 
関連記事

♪はじまる はじまる 大サーカスだ♪

娘が小学校に上がった時、女性の音楽専科の先生がいた。
その先生は教科書に載っている曲だけでなく、自分が選んで来た曲を子供たちに教えてくれた。

(これは小学1年生にはちょっと難しいんじゃない?) という曲もあったけど、子供達の吸収力はスゴイもので、娘は家でいつもそれらの歌を口ずさんでいた。

特に

♪ペーペレペー ペレペーペレペー  愉快な音に胸は躍るよ♪ 
♪ペーペレペー ペレペーペレペー  はじまり はじまり 大サーカスだ♪

というフレーズが印象的な、とても寂しげな短調のサーカスの歌。
とっても、愉快な音じゃないよぅ。

この曲を知りたくて、つべを探し回ったら、ちゃあんと見つかりましたよ!



題名は 「ピエロのトランペット」
これも、あの 「みんなのうた」 出身の歌で、 「みんなのうた」 って本当に名曲の宝庫なんだな~ と感心してしまった。
元歌がイタリアの曲だということも分かりました。

その他に、「魔法の笛」 なんて曲も習ってきて、後で知ったらモーツァルトの 「魔笛」 からの歌だったりした。

小学校の音楽らしからぬ選曲に私はとても嬉しかったんだけど、最高に感激したのは学習発表会で当時の6年生によって演奏されたハチャトゥリアンの 「剣の舞」
いやあ、本当に見事な演奏で、満場の拍手が鳴り止まなかった。

娘たちもそれを聴いて大発奮。
絶対に6年になったら演奏するぞ!と張り切っていたのに、なんと5年生になった時、その先生は転勤して去ってしまったのですよ。
生徒も親たちもガッカリ。


今になって  「ピエロのトランペット」 を探し当てたから満足なんだけど、曲馬団と呼ばれた昔から、サーカスやピエロってどうしてこんなに物悲しいんでしょうね。
関連記事

きんつばばばあ

こちらのブログは、佐久市から発信されています。
佐久の昔の面白い話が載っているので、よく読ませていただいています。
    ↓
信州の佐久高原より〝縁結び便〟をお届けします。

この中に載っていた 「きんつばばばあ」 のお話。
佐久市の石並地籍・湯川の断崖沿いの洞窟に住んでいたおばあさんは、きんつばを作って売り歩いていたが、ある日、盗賊に襲われて亡くなってしまったという話。

岩村田の近くを流れる湯川の断崖上には、北から 「石並城」 「大井城」 「黒岩城」 の三城址が並んでいます。
その下には湯川沿いに細い道があり、その洞窟を探しに行ってみました。

以前にも書いたことのある、切通しから歩きはじめます。
切通し

切通し2

切り通しを抜け、田んぼの中を通る細い道を湯川沿いに歩きます。
多分、この崖の上が石並城址。
石並城下

崖下の細い道を歩いて行くと、洞窟が!
洞窟2

もう少し歩くと、ここにも洞窟。
洞窟1

最初の洞窟は入り口が狭すぎるし、2番目の洞窟はあまりに浅すぎて、人が住めそうもない気がする。
どちらかに 「きんつばばばあ」 は住んでいたんだろうか、それとも全く別の場所なのか。
それとも、この話は無かったのか。

昔、洞窟に人が住むことはあり得ることだった。
私が小学生の時、学校から通りを隔てた所にある崖にポッカリ開いた洞窟に、一人の男の人が住んでいた。
入り口にムシロを下げ、その中に確かに住んでいたのだ。

本能的にその人が怖くて、私たち子供は誰も目を合さないようにしていたけれど、当時はまだまだそういう人がいる時代だった。
その男の人は廃品回収をしていたようだったが、私たちは 「バタ屋さん」 と呼んでいた。
いつの間にか、その崖にはコンクリートが貼られ、その上には建物が建てられ、何事も無かったようになっているけれど、あそこに洞窟があったことを私の同級生たちは憶えているだろうか。

あの男の人を憶えているだけに、きんつばばばあの話も妙に真実味を帯びて聞こえるのだ。


関連記事

ダウントン・アビーのモデル 「ハイクレア城の秘密」 を観て

最近ハマっているドラマ 「ダウントン・アビー」
ご存じの方も多いと思うけど、NHK総合で放映されているイギリスのドラマだ。

「ダウントン・アビー」 という英国貴族の館を舞台に繰り広げられる、貴族と使用人とのとっても興味深いドラマ♪
面白くって目が離せないんだけど、先日、これもNHKで 『「ダウントン・アビー」の舞台 ハイクレア城の秘密』  という番組が放映された。

これを見てビックリ 

ハイクレア城に昔から住んでいるのは 「カナーボン伯爵」

カナーボン・・・カナーボン・・・・・カーナボン
カーナボンだったら、いつかどこかで聞いたことがある気がする。

どこで聞いたのか思い出せなかったんだけど、番組で教えてくれました。
あの有名な 「ツタンカーメン」 の発掘に、有り余る財力を投入して発掘者のハワード・カーターのパトロンになった カーナボン卿 だったんだ!

昔、ハワード・カーターの 「ツタンカーメン発掘記」 を夢中になって読んだのに、きれいさっぱり忘れているのよ。
おまけに、ハワード・カーターの名前まで思い出せなかったし 
あんなに夢中になって読んだ時間は何だったんだろう??
かなり虚しい。。。。

面白いことに、断片だけは覚えているのよ。
ツタンカーメンの墓を掘り当てた時、入り口の壁に穴を開けて最初に覗いたカーターに、カーナボン卿は 「何が見えるかね」 って聞くの。
カーターは 「ハイ、素晴らしい物が」 って答えた場面。

それにしても、あのカーナボン卿のお城がダウントン・アビーのモデルだったとは。
驚いたわ~

さて、これからドラマがどういう展開になっていくか、楽しみ 




関連記事

軽井沢 大賀ホールで♪メサイア♪

今日はここに行って来ました。
大賀ホール2

軽井沢の大賀ホールです。
去年も聴きに行ったメサイア。
今年も行ってきました。
メサイア

去年の様子はこちら →  素晴らしかった「メサイア」

去年は、下から2番目に安い合唱席で聴いて、演奏は素晴らしかったんだけど舞台が見えないよぅ  
そこで今年は下から3番目に安い席に1ランクアップ。
舞台はバッチリ見えました、但し横からね。
大賀ホール1

演奏は相変わらず素晴らしいもので、特にバスの ロデリック・ウィリアムズさんの声は圧倒的。
バスの聴かせどころが多いメサイア、素晴らしかったですよ。

ところが、ところがね、横から見る席だもので、何だか音の聴こえ方が去年より悪い気がする・・・
だって、オーケストラも歌手も合唱も、前を向いて演奏するでしょ?
横側の音響はいま一つだったと思うんだ。
去年の席は合唱席で、音の良さはすごく良かったの。

結論  値段は高いけど、音楽はやっぱり真正面で聴くのが一番だに~ 

それにしても、軽井沢は相変わらず近くて遠い!
真っ暗になった土砂降りの道は混んで混んで、小一時間かかって家に帰り着きました。
新幹線ならあっという間なのにね。
ちょっとお洒落した服を脱ぎ捨ててホームウエアに着替えて、ああヤレヤレ でした。 

                                                                                                                            
関連記事

結局買えなかった宝くじ

毎日TVで流れていた年末ジャンボ宝くじのCM。

新たに、織田信成君の大泣きまで見られて面白かったんだけど、今日が売出し最後の日だったのね。
いつもの朝一の買い物の時に行けば良かったんだけど、すっかり忘れていて、午後のすず散歩の時にちょっと見に行ってみた。
もちろん、ウエストポーチにお金を忍ばせてね。

最初に寄ったイオンの売り場は、もう長蛇の列! 
これは無理だわ。

次に向かったのは、カインズの売り場。
いつもは、ほとんど人がいないのに、やっぱりスゴイ行列 ! 
これじゃあ、すずを連れて並ぶのは無理だわ~
大体、買うのが遅いんだよね。
11月から売り出していたのに。

私には夢があるの。
宝くじで大金が当たったら、まず小樽にマンションを買うの。
時々、いやしょっちゅう行って、小樽をあちこち歩いたり友達に会ったり母を連れて行ったり。

そして、いろんな動物愛護団体に寄付をするの。
少しでも助けになって、すずみたいな子が救われれば嬉しいしね。

でも、年末ジャンボはダメだったから、次はグリーンジャンボだって。
今度は忘れずに買いに行かなくちゃ。

昨日今日と、佐久はとっても良い天気 
おかげで洗濯物は乾くし、散歩も調子よく歩けました ♪

だけど、朝の寒さはかなりのものです。
見て、この窓枠。
氷が着いているのよ~
窓枠

ペアガラスなのに、これはないんじゃない?
今は三重サッシまであるんだって。

今シーズン初めて、北アルプスも美しく望めました。
北アルプス

この風景を見ると、佐久に来て良かったなぁと思うんですよ。
真ん中は、槍ヶ岳です。
今日の北アルプス

週末は、再び天候悪化だそう。
嫌だよね~


関連記事

12月なのに大雪だったんです

このブログ、私の備忘録の意味もあるから、昨日今日の雪のこともちゃんと書いておかなくちゃ。

昨日、深々と降り続ける雪に、多分佐久中の人たちが (お願い!今年の2月みたいなことにはならないで ) と思っていたに違いないんです。

雪のポスト

雪の風景

何とかこれくらいで止んでくれた雪だけど、今朝の寒さと道のツルツル具合といったら大変!
すずもツルンツルンと滑りながら、でも嬉しそうに歩いてました。
お母さんは、吹き付ける強風と闘いながら、転ばないように必死に歩きます。

すずと散歩

ニュースで見ると、北海道は酷い有様ですねぇ。
冬に高波って、ちょっと信じられない光景でした。

最近の天候、やっぱりおかしいですね。
12月でこれじゃあ、来年の1,2月はどうなってしまうんだろう?
とっても不安です。

関連記事

プロの目ってすごいねぇ

以前にアマゾンで買った本。
読んでみるとイマイチ面白くない。
こんななら売っちゃおうと思って、某人気野球コミック20冊と一緒に古本屋に持ち込んだ。

行ったのはブッ〇オフではなく、古〇市場。
ブッ〇オフって、本の価値じゃなくて機械的に1冊〇円と計算されるから損だという話を聞いたし。
佐久に引っ越すとき、山のような本を買い取ってもらったけど、1800円だったし。

カウンターで本を渡して待っていると、番号を呼ばれた。
「コミックは〇〇〇円。こちらのハードカバーは、カバー部分が一度水に濡れているのでお買い上げできません」 だって。

へええー  これ、水に濡れたことがあるの?
私はビックリ。
どこをどうやって見てもシッカリしていて綺麗で、とてもそうは思えないんだよね。
でも、査定のプロが見てそう言うんだから本当なんだわ。

道理でね、買う時に送料込みでも信じられない安さで驚いたの。
あれは、売ったお店が (これはカバーが水に濡れた物から安くしとこう) と思ったに違いない。
そういう訳で、手元に残ってしまった本。
仕方がないから本棚に仕舞っておくことにしました。

家族の中で、私だけが自分の部屋も無けりゃ本棚も無い。ブーブー
娘の本棚に入れさせてもらおうっと。


関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード