FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

「カックン」 って言うことにしてるの

車を走らせていると、必ず出会う一時停止の標識とライン。

私はそこに来ると、窓を閉め切った車内で大声で カックン と叫んで、しっかり車を止めることにしています。
(声を出すのは、お婿さんがやってるっていうからなの)

ついでに、右・左 と自動車学校で習った通りに左右を確認し、そこからソロソロと左右が見通せる所まで進んで再び安全を確認、やっと前進(右折、左折)です。

いつも思うけど、一時停止のラインからじゃ、絶対に左右なんて見通せないよね。
だからって見通せる所まで進んでから止めたって、オマワリサンは許してくれないわよ~
いきなり物陰から出てきて 「ハイ、一時停止無視ですね。こちらにどうぞ  」 って誘導されるのよ~

我が家は一度、かの有名なK県警にやられてから、一時停止無視には懲り懲りしてるの。
ちょうどお墓詣りに行く途中、脇道から本道に入る手前の停止線で カックン って止めなかったために、えらい金額を払う羽目になったうえ、ゴールド免許はお取消し。

大体さ、あんな所に隠れてるんなら、停止線で見張るべきじゃないの。
まったくK察っていうところは、注意喚起じゃなく、捕まえることに意義があるんだから。
それから再びゴールドに戻るまでの、長かったことといったら!

不思議なもので 「カックン」 を言うようになったら、左右が見通せない一時停止ラインで止まることも、ソロソロと進んでもう一度止まることも、あんまりイライラしなくなりました。
佐久の一時停止ラインで、大口を開けて何か叫んでいるオバサンがいたら、それは私です。

関連記事

私はビヨンセになりたかったのに

テレビを見てたら、何とかいうダイエットの方法をやっていて、成功したっていう有名人の中に、あのビヨンセもいたの 
彼女は言ったんだって。
「私は太らないと思っている人が多いだろうけど、そうじゃないの。
でも、このダイエットをしたらリバウンドもしないのよ。」

それから、あれこれと面倒な説明があったけど、私の頭に残ったのは 大量の水を飲む」 って言うのだけ。
これだわ 

大量の水を飲めば良いのね。
毎日1.5㍑くらい飲むらしいの。
おっちょこちょいな私、早速2㍑のペットボトルに水を入れて、ガブガブと飲みました。
夕方のテレビを見てから寝るまで、ガブガブとね。

そしたら、その後が大変 
夜中ずっと水関係の夢を見続けたの 

ほとんど同じ夢で (それしか憶えていなかっただけかも)

私が住んでいるのは、多分川に面した、もしくは川に突き出した家。
私の部屋のすぐ横には、窓ギリギリに結構キツイ流れの川面があるの。

それで、ちょっと水嵩が増せば、窓からヒタヒタと水が入ってきて、布団がビッショリと濡れるのよ。
それも何回も何回も。

こんな夢を繰り返し見て、朝起きた時に布団が濡れていないのに気付いた時は、本当にホッとしました。
もちろん起きた途端に、トイレに飛び込みましたよ

それにしても単純よね~
水を飲んだだけで、これだもんね。
あー、おねしょしなくて良かった。

これがビヨンセね。



私は、どう頑張ってもバックコーラスの女の子たちみたいにしかなれないわ 


関連記事

どこから資金が出てるんだろ?と思ったこと

善光寺御開帳や三社祭でドローンを飛ばし、逮捕された少年の話題が世間を賑わせたけど、15歳の少年が、どうやってその資金を得たんだろうと不思議だったのよね。
なんと彼にお金を振り込んだ大人がいると知って、もうビックリ 
名乗り出たのは1人だったけど、多分他にもいるのだろう。
ドローンという名前を、この事件で初めて知った人も多いんじゃないだろうか。

それに、つい最近では、あのシーシェパードが日本に賠償金3億円を払うことで合意だって。
あの自分本位の攻撃的な団体も、どうしてだか資金が潤沢みたいなんだよね。

お金ねぇ・・・と考えていたら、ふと思い出したことがあった。
遠い遠い昔、まだ学生だった頃、たびたび利用していたバスで、ある通りを走っていると、4階建てくらいのビルが建っていた。
普通のビルじゃないな、とすぐに分かったのは、通りを挟んで反対側のバス会社の駐車場に、いつも機動隊がいたこと。

機動隊よ、機動隊。
普通じゃないでしょう?
後で友人に聞くと、「あれはね、Z社のビルよ。だから機動隊が見張ってるのよ」

Z社、それは○核派の本部らしくて、ビルの中には学生運動の活動家がいたみたい。
というか、時々窓や屋上から、ヘルメットを被り、マスクをした男性が外を覗いているのも見た。
私は学生運動最盛期ではなく、それがかなり静まってからの学生時代だったけど、それでも活動家はたくさんいたのだ。

それにしても、学生運動もすっかり下火になっていた時代、あの場所、あのビルをどうやって○核派が維持しているのか本当に不思議だった。
だって、大きな通りに面した、間口の広い4階建て位のビルよ。
お金がかかるでしょう?
物識りの友人に聞くと 「あのね、会社とか社会人とか、ひそかに支援しているのよ。ちゃんと支援者がいるのよ。だからお金を持ってるのよ」

ええええー?
そんな表社会から、ああいう所にお金を出す人がいるわけ?
彼女の言うことが本当だったか分からなかったけど、とにかく資金が無いと何事も始まらないのは確かだし、あのビル内にいる活動家の人たちが働いてお金を稼いでいるとも思えないし、やっぱり資金源はどこかにあったはず。

今度のドローンやシーシェパードのことで、ちゃんとお金を出してくれる人が存在するんだと驚いたと同時に、遠い昔のことを思い出してしまったのでした。

関連記事

わらび料理

佐久は野菜の宝庫で、直売所に行くと実に様々な野菜が売られている。

嬉しくなってあれこれ買っては自己流に料理をしたり、ネットで調べたり。
その中でどうしても手が伸びなかったのが、ワラビ。

あく抜きが面倒くさそう・・・という1点で、どうしても敬遠していたのだ。
灰を使えとか、重曹を使えとか。
そんなのを用意しても、私じゃ絶対に他の料理に応用できないから、灰 (大体こんなのどこで売ってるの?) も重曹も購入する気が起きなかったの。

それが先日、娘の友人の家から、今朝採れたというワラビをいただいた。
さて困った、と思っていたら、塩でも大丈夫!とのこと。
騙されたと思って塩で茹でて水にさらし、すぐに胡麻油で炒め油揚げと煮付けたら、奇跡が起こったの !!

煮物が大の苦手で、おまけに素材はワラビ。
うまくいくわけがないと覚悟してたのに、アクも殆どなく、味付けも穏やかな煮物が出来たんですよ~

これで自信がついた私。
直売所にワラビが溢れているこの時期、買いまくり煮まくっています。
新鮮でなくちゃ、塩茹でだけではアクは抜けないらしいけど、そこは佐久だもの、新鮮ピチピチなワラビを味わっています。
そろそろ家族からは 「もう飽きた・・・」 って声が上がっているんですけどね。

関連記事

祝! 御嶽海 十両昇進

普段、お相撲にはあまり興味が無いんだけど、先場所からはちょっと違うんですよ。
木曽出身の 「御嶽海 (みたけうみ)」 が、角界デビューしたからです。

木曽郡上松町出身の御嶽海 (出羽海部屋) 
上松小ー福島中ー木曽青峰高ー東洋大
学生相撲横綱、アマチュア横綱

2015年3月場所で初土俵。四股名には地元上松町から望める御嶽山に出羽海部屋の「海」つけた「御嶽海」に決まった。初土俵の場所は2番相撲(3日目)に大翔鵬からプロ初黒星を付けられたものの、これがかえって緊張をほぐす契機となり、最終的に6勝1敗の好成績となった。5月場所は東幕下3枚目の地位で6勝1敗の成績とし、場所後の番付編成会議にて、7月場所での新十両昇進が決定した (ウィキより)

あの大爆発で多くの犠牲者を出した御嶽山だけれど、地元の方にとっては信仰の山であり、無くてはならない山なんですよね。
その名前をつけ、地元だけじゃなく長野県の期待を背負って、順調に昇進している御嶽海。
こちらのスポーツニュースでは、必ず特別枠で放送されています。

そして、昨日の新聞には、こんなデッカイ広告が。

御嶽海

下に出ている企業の中には、「相撲料理 大鷲」 とか、「雷電くるみの里」 などお馴染みの名前も載っていて、とっても身近に感じられます。
ちなみに、大鷲は佐久のちゃんこ料理屋さんで、ご主人は昭和53年に引退した大鷲関です。
御嶽海は、それ以来37年ぶりの県内出身関取とのこと。
頑張って欲しいものです。

関連記事

♪帰ってこいよ~♪ 松村和子さんのこと

先日、お風呂に入りながらラジオを聴いていると、「次の曲は、松村和子さんの ♪俺のふるさと北海道♪ です」

松村和子さん!
本当に懐かしいお名前。
もう30数年前、子供を連れて札幌市北区にある夫の実家に帰っていた頃、近くのメインストリート沿いにあったのが、当時売出し中の松村和子さんの芸能事務所でした。

知ってる方はいらっしゃるでしょうか?
まだ18才だった松村さんは、三味線を叩きつけるように弾きながら 「帰ってこいよ」 という曲でデビュー。
抜群の歌唱力と、一度覚えたら忘れられないその曲は大ヒットになり、その年の紅白歌合戦にも出場、レコード大賞の新人賞も獲得されたんですよ。



その事務所の前を娘の手を引きながら歩くと、大音響で 「帰ってこいよ」 が流れていて、私も思わず口ずさみながら通っていたものでした。
実家でそのことを話すと 「ねえ、○○ちゃん(娘のことです) をその事務所に入れたら、将来大物歌手になれるかもよ」 と言われた思い出があります。
その通りにしていたら、今頃ステージママになって左団扇だったかも 

その後、あまり名前を聞かれなくなってしまったんだけど、まだまだ活躍されてたんですね。
「俺のふるさと北海道」 はとっても元気の出る曲でしたよ。
事務所はもう、あの場所には無いのだろうけど、一気にあの頃に戻ってしまいました。



やっぱり北海道だべさ!!


関連記事

こんなになっちゃった・・・・

これは何でしょう?

ポインセチア

これは去年12月の声楽おさらい会の時、先生から生徒たち1人1人にプレゼントされた、小さなポインセチアなんです。
室内で寒い冬を越し、水だけをやって植え替えもしていなかったの。

春を迎え初夏になったら、知らぬ間にグングン伸び始め、気付いたら赤い葉の横に、母親をしのぐ様に巨大になった緑色の子が 

ポインセチア2


これ、どうしたら良いの??
慌ててネットで調べると、ポインセチアが赤くなるためには、箱の中に入れて日光を遮断してやらないと駄目なのね。

鬼っ子みたいに育っちゃった緑色の子。
このまま育てて行こうと思います。
今更、赤くは出来ないんだよね?


関連記事

美味しかったよ! 小樽ビール

今朝の新聞に、

「善光寺(長野市)は2日、57日間にわたった御開帳(4月5日~5月31日)の参拝者数を推計707万7700人と発表した。前回2009年を34万人、約5%上回り、過去最多となった。」 (信濃毎日新聞)

という記事が載りました。

707万7700人って・・・
いくら何でも出来過ぎでしょう (笑)  この統計はどうやってとったんだろう?? と思った私。
よくよく読むと、この数字は

「奉賛会が毎日午前9時~午後5時に境内の駒返り橋で数えた人数、同寺が管理する駐車場の利用台数、本堂内陣参拝券の販売数などを総合的に勘案し、推計した。」

ということだそうです。
どちらにしても、ものすごい人数が、この2か月間に善光寺に参拝されたってことですよね。
これを機会に、長野にいらっしゃる方が増えると嬉しいです♪
来年は御柱祭もあることだし。


ところで、姉夫婦がお土産にこんなビールを持って来てくれました。
小樽ビールです。

小樽ビール1

どんなビール?と箱を開けると

小樽びーる2

青   ヴァイスタイプ (酵母の上面発酵により、フルーティな味)
白   ヘレスタイプ  (アロマホップが香るそふとでまろやかな口当たり。やや甘い)
緑   ピルスナータイプ (最高のアロマホップを使用、爽快な飲み心地) 
赤   ドンケルタイプ (4種類の麦芽のブレンドとドイツの伝統的な製法によって生まれるカラメルフレーバーが特徴)

とのことです。
何が何やら分からないけどハッキリ言えるのは、いつも飲んでる第3のビールと違って (これが本物のビールだ) って思ったこと。
あー美味しかった 

製造者 (株) アレフ  小樽市銭函3丁目263-19

こんなビールまで作って、小樽 頑張ってるのねぇ。感激だわ~ 

姉さんたち、どうも有難う!!



関連記事

小諸は藤村の町なんだねぇ  「小諸義塾記念館」の巻

昨日、約2か月間にわたった御開帳が、無事に終わりました。
集計はまだですが、参拝者の数は目標の700万人は達成されたんじゃないかって。
スゴイわあ。
やはり、北陸新幹線開通の効果は大きかったようです。
一度は乗ってみたいものねぇ。


ところで今日は小諸編の最後、小諸義塾記念館です。
いただいたはずのパンフレットがどこを探してもない!
嫌になっちゃう。
仕方なくウィキから拝借して・・・

1893年(明治26年)11月 - 木村熊二によって小諸町内耳取町に開校。
1894年(明治27年) - 校舎を大手門に移し、塾内に図書館を設ける。
1896年(明治29年) - 小諸駅南(現在跡地の碑が所在)に移転し、二階建て校舎を新築。
1899年(明治32年) - 旧制中学校の教育課程を実施。島崎藤村が赴任。
1901年(明治34年) - 女子学習舎を創立。
1905年(明治38年) - 島崎藤村が退職。
1906年(明治39年)3月 - 財政難により閉校。校舎は、小諸町立小諸商工学校(現在の長野県小諸高等学校および長野県小諸商業高等学校)に転用された。


明治29年に建てられた二階建て校舎が、現在の記念館です
小諸義塾

こちらは昔の写真。
昔の義塾

懐古園と共通券500円で、ここに入館できます。
玄関を入ると
玄関

良く手入れされた板張りの床、ドア、こういう雰囲気が素敵ですね。

内部

塾長の木村熊二先生はクリスチャンで、キリスト教による教育を行いました。
そこには、島崎藤村はじめ、三宅克己、丸山晩霞、鮫島晋などの教師が集まりました。
こちらが、木村熊二先生。
見事なお髭ですねぇ。
木村熊二先生

こちらが、錚々たる顔ぶれの教師たちです。
教師たち

音楽も教えていたとみえ、可愛いオルガンもありました。
オルガン

希望を持って小諸に開校したであろう小諸義塾も、たった13年で終わってしまったんですね。
時代が早すぎたんでしょうか。
それでも、藤村その他有名教師を輩出し、今の時代にも名前が残ってこうして訪れる人間がいるのだから、何かを為すというのは偉大なことだと思うんですよ。


関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード