FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

浅間公民館が取り壊されて

今まで、合唱の練習場として、長いことお世話になってきた浅間公民館が建設後50年も経ち、さすがに老朽化が激しくなったので取り壊すことになりました。
前々回の練習が最後で、昨日初めて、新しく建てられた 「佐久創錬センター」 で練習が行われました。

初めて行く創錬センター。
総連センター

中はピッカピカ 
こんなコーナーもありました。
2内部
書棚には、佐久市志を始めとして、望月町史、臼田町史などが並んでいて、ゆっくり読んでみたいわ~

そして、こちらが昨日の練習会場、大会議室。
大会議室

かなりの広さがあり、窓は大きく取られ、音響もとても良かった♪
何だか、普段の我々の声より、数段上手く聴こえた気がするのは私だけ?

昨日、外は大雷雨。
大きな窓から、稲光がピカーッと走るのを見ながらの練習でした。

ところが、全てがうまく行くわけではありません。
浅間公民館は今後2年をかけて建て直すんです。
その間、毎回創錬センターで練習が出来る訳じゃないんですよ。

創錬センターを使うには、毎度クジを引きに行かなくちゃならないんです。
外れると、我が合唱団は流浪の民のごとく、佐久市内の他の練習場を転々とすることになるんです。

車を運転できる人は良いのよ。
車の運転をしない人、夜に遠くまでの運転は怖くて・・・っていう人、練習場がえらく遠くなってしまう人。
みんな事情は様々。
なんとか2年間、誰もが辞めないようにと祈っちゃいますよ。

関連記事

御嶽海が十両優勝しました!!

6月8日の新聞に載った御嶽海の十両昇進祝の広告がこちら。
御嶽海


そして今日、こんな広告がデカデカと載りました。
みたけうみ1


木曾出身の御嶽海が、十両優勝したんです。
前に比べると、広告のスペースもかなり大きくなりました。
長野県期待の星、このまま順調に昇進していってもらいたいものです。

1回の十両優勝では、次に幕内っていうのは無理なのかな?
何しろ、お相撲には詳しくないもので・・


ところで、暑さの件です。
相変わらず佐久も、もの凄い暑さが続いていて、避暑地の名が泣くよ、っていう感じです。
何しろ、軽井沢でも30度越えるんですから。
ところがです、毎日の様に夕方から凄まじい雷雨が襲ってくるんですよ。
そのお蔭でグググーっと気温が下がり、夜は本当に楽になるんです。

それは助かるんだけど、良いことばかりでは無くて、激しい風雨や雹にやられて、レタスなどの野菜が打撃を受けているみたい。
農家の方の事を考えると、楽になると喜んでもいられませんよね。
それに、高原野菜の値上げも避けられなくなるかもしれない。
こんな風に気候が変ってしまって、これからどうなって行くんでしょうね。

関連記事

「おぎのや」 佐久店が閉店だそうです

今日の朝刊に載っていました。
佐久IC出口の正面に、まるでお城の様にそびえている佐久の 「おぎのや」 が、年内に閉店だそうです。

佐久のおぎのや

考えてみると、佐久に住んでおよそ9年、ここにはほんの数回しか行っていません。
やっぱり、そういう人が多かったということなんでしょうね。

初めて中に入ったのは、単身赴任の夫の部屋を掃除するために、池袋から高速バスに乗って佐久に来た時。
着いたのはもう夜で、ドドーンと建っている真っ暗な 「おぎのや」 に入って、ちょっと心細い思いをしながら迎えを待ってたっけ。
あの頃、佐久ー東京間の高速バスは、どういう訳か佐久平駅ではなく、「おぎのや」 に停まっていたんですよ。

そのうち、バスは出発も到着も佐久平駅になり、「おぎのや」 に行く人も減ったのかもしれません。
峠の釜めしも、そんなにしょっちゅう食べるものじゃないしねぇ。
残念だけど、仕方がないんでしょうね。

1番の思い出は、会社の野球部が社会人野球の決勝に進出し、バス26台くらいの大応援団で東京ドームに応援に行った時かな。
市内のあちこちから集まったバスの大集団は、ここで集合して、意気盛んに東京目指して出発したんです。
大型バス26台を見たのはあれが初めてだったので、それはそれは壮観でした。
あれだけのバスが停められるのは、「おぎのや」 しか無かったんですよね。

それと、朝刊を読んだ途端に思い出したこと。
前回美容室に行った時、担当の美容師さんが 「おぎのやが閉店するんですってよ」 って言ってたこと。
きれいさっぱり忘れていたけど、やっぱり美容師さんの情報って早くて確実なのね。
聞いた時、えらく驚いたのに、新聞を見るまですっかり忘れている私って・・・・

あの立派な建物が、この後どうなってしまうのか、目が離せません。


おぎのやの本店は群馬県の横川にあります。
佐久のおぎのやは支店です。
佐久店は閉鎖されますが、おぎのやはちゃんと営業されています。峠の釜めしは永遠なんですよ。

関連記事

古紙を出すのが楽になったの

私の住んでいる所では、毎月最終の金曜日が 「古紙の日」 と決まっている。
それに備えて、数日前から、新聞、雑誌、段ボールを紐で十文字に縛り、マジックで大きくフルネームを書き、車に積み込む。

当日は朝1番に集積所に運び、ああヤレヤレ・・と思いたいところだけど、午後になって確かに持って行ってくれたかどうか確認するまで、油断は禁物。
何でこれが残される訳?? という時もあるから、気が抜けない。

ところが最近、このちょっとした緊張感に包まれる古紙の日がガラリと変わってしまったの。
イオンに 「リサイクルボックス」 と言う物が設置され、古紙一切を引き受けてくれるようになったのだ。

まず最初に、ワオンカードをかざし、それから 新聞、雑誌、段ボールに分けて大きなボックスに入れる。
重さに応じてワオンポイントが貯まるという仕組み。
ワオンはほとんど使わない私だけど、この時だけは財布の奥から取り出して使う事にしているの。

紐で縛るのは当然だけど、名前を書かなくて良いし、日にちも時間も関係なく出せる、この快適さ!!
最終金曜日の緊張感から解放されて、ホントに楽になった仙千代地方なんですよ。

関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード