本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

洗濯機が動かなくなって

毎朝、1番に動かす洗濯機。
今日はセットしてからスタートボタンを押すと、「・・・ピクッ ・・・・ピクッ 」 というような音がするばかりで、一向に動こうとしない。
ああー、遂にダメか。
前にも1度同じ状態になって、その時はまもなく復活したんだけど、もはやモーターがおかしくなっている感じ。

それからが大変!

まずは銀行に飛んで行き、お金を下す。
それから〇ーズデンキに飛んで行き、開店と同時になだれ込む。
近くにいたお兄さん店員さんを捕まえて 「洗濯機はどこですか?」
案内してもらうと、ズラリと様々な洗濯機が並んでるよ。

ジーックリと見て歩く私。
容量8Kgは譲れないところ。
普通の全自動で良いのよ。
あとはメーカーとお値段と大きさと・・・・
大体この辺りかな? と思っていると、絶妙のタイミングでさっきのお兄さんが現れる。
値段交渉 (これは大事よ) して、これにしようっていうのが決まると、カウンターでさっき下したばかりの諭吉さまが何枚も消えて行く・・・

家に帰ってから、壊れた洗濯機を動かし、下に積もったもの凄いホコリやら汚れを一生懸命掃除。
すると、なんということでしょう、洗濯機の下からネットに入った何やらが出てきた。
中を見ると、ついこの前散々探した 「補正下着」 が入ってるじゃないですか!
これ、探して探して探しまくったのよ~
こんな所に隠れていたなんて。

これがあると、「いざ鎌倉!!」 って時、コルセット無しでも腰が支えられるし、プヨプヨお肉ちゃんが (少しは) 抑えられるのよ。
だから、合唱の時や礼服を着るとき、とっても重宝するの。
男性には分からないだろうなぁ。
見つかったは良いけど、洗濯は木曜まで待たなくちゃならないわ。
最近のパッとしないお天気の中で、何日か洗濯を待たなくちゃならないのはキツイけど、仕方ないわねぇ。


関連記事
スポンサーサイト

合唱ボランティアの結果♪

あのド派手なスカートを穿き、黒いTシャツの上に黒の半袖カーディガンで腰回りを隠し、お年寄りの待つ介護施設に行きました。
結構暑くなったんだけど、カーディガンは死んでも脱ぎませんでした 

他のみんなの服装はというと、本当にテンデンバラバラ。
さすがにリーダーさんは、Oh!パリジェンヌ という爽やかな格好でしたよ。
勉強になりました。

やっぱりね、黒の上着は重い感じがした。
かと言って、白で腰回りを隠してスレンダーに見えるブラウスも持ってないし・・・
つくづく思ったけど、合唱用の衣装って上手く出来てるのねぇ。
色々な合唱団の衣装を見るけれど、どれも上手に腰を隠して足が長く見えるように出来てるもの。
プロの技に感心するわ~

とにかく、皆さんを前にして4・5曲を歌い、簡単な振り付けで踊り、皆さん楽しそうに聞いて下さいました。
嬉しかった。
ちょうど一人の方のお誕生会も兼ねていたので、ハッピーバースデイを歌ってお祝い。

そしてですよ、最後に 『「信濃の国」 の1番だけを歌います』 と言った途端、お年寄りの背筋がピッと伸び、空気がキリっとしたの。
これホントよ。

全員で歌いました。
もちろん私も大声で歌いましたよ。
信州に来て、こんなに思いっきり 「信濃の国」 を歌ったのは初めて。
ああ、気持ちよかった 
次回は9月にまた行います。
一生懸命練習しなくちゃ。

関連記事

札幌円山動物園のマレーグマ ウッチーの虐待死について

この記事を書こうか書くまいか、かなり悩みました。
理由は様々あって、

第一に、肝心の動画を飛ばしながらしか見られなかったこと (あんまり可哀想過ぎて、吐き気がしてしまいました)
第二に、最近の円山動物園には全く行っていなくて、様子が分からないこと

だけど、ヤフーニュースの過去記事を見てもコメントも殆ど入っておらず、全国的にはまったく知られていない様子なのを見て、小さなブログだけど少しでも誰かに知って欲しくて書くことにしました。

札幌市にある円山動物園で、今年の7月25日に死んだマレーグマのウッチー。
年齢は30歳以上、人間で言えば60~80才のおばあちゃんでした。

動物園では、若いオスのウメキチとメスのハッピーの繁殖を考えていて、同居訓練を始めました。
そこに、どういう訳かウッチーも同居させたのです。
若い2匹と、もうおばあちゃんの3匹の同居。
ウッチーはウメキチに執拗に攻撃され、何度も怪我をし、その様子の余りの酷さに来園者が動画を撮ったのです。

もちろん衆人環視の元に攻撃は行われ、何人かの人が園に訴えたようですが、動物園側は 「ひそかに監視しているので心配はいらない。温かく見守って下さい」 と取り合わなかったとのこと。

6月20日、ウメキチに痛めつけられて大けが。
7月24日に再び、この同居訓練と称する虐待の末、ウッチーは獣医師に診せても貰えず、翌25日に死亡しているのが見つかりました。
動画は3本ありますが、この1本しか載せる気になれませんでした。
余りに酷くって。





園側の最初のお知らせです。

『わくわくホリデーアジアゾーンで飼育しておりましたマレーグマのメス「ウッチー」が7月25日未明に死亡しましたので、ここに謹んでお知らせいたします。
28年間、円山動物園でみなさまに愛していただいたことを感謝いたします。

生年月日 不詳(30歳以上)

来 園 日 昭和62年(1987年)7月1日

死亡年月日 平成27年(2015年)7月25日

死 因 現在調査中です。』


明らかに、ウメキチとの同居による暴行を止めることもしなかった園側の責任なのに、この他人事のような言い方は何でしょう?
動画を撮影された方がいて、ネット上で大問題になり、札幌市も動かざるを得なくなり、円山動物園に8月4日に動物愛護法に基づき調査に入りました。
その結果、職員を処分へ、というのが現状です。

私は余りの事にショックを受け、こんな動物園に何を言ってもダメだと思い、「市政提案コーナー」インターネット市政提案コーナー(市民の声を聞く課あて) にメールをして園長始め職員の総入れ替えをすべきだと書きました。
後日返事が来て、『環境局円山動物園のほか関係部局へ送付いたしました』 とのことです。

こんな動物園にいくら送付しても、何とも感じないのではないか。
動物園の高齢動物は一体どうなるのかと考えたことがありますが、なるほどこうやって処分することもあるのだと、何とも辛く悲しい気持ちを味わっています。
高齢動物など、動物園にとっては邪魔者でしかないという訳でしょう。

おばあちゃんが若いオスと同居させられ、逃げることも出来ずものすごく痛い思いをしながら死んでいく。
こんなひどいことがあって良いはずがない。

この動物園は、このすぐ後に、まだ若いシマウマを400m移送する際に、死なせてしまいました。
この他にも、数々の不祥事を起こしているようです。
グーグルで 「円山動物園不祥事」 で検索してみてください。
沢山のブログやまとめがアップされています。
でも、まだまだ全国レベルでの話題にはなっていない気がします。

動物園は、自然界にいる動物を強制的に連れて来ているのですから、せめて安泰な生活を送らせてあげる義務があるはずです。
ウッチーの顔を見ていると、すずまでがウッチーに見えてしまい、辛くなってしまいます。
こんなひどい動物園が札幌にあることを、ウッチーという可哀想なマレーグマが殺されたことを、知って下さい。

コメント欄は閉じさせていただきますね。
ちょっと辛すぎるので・・・・

インターネット市政提案コーナー(市民の声を聞く課あて)
関連記事
2015年08月27日 | ニュース | トラックバック(0)件 |

なんと寒い日でしょう!

このところ、天気予報は外れっ放し。
昨日は晴れのはすだったのに雨が降るし、今日は気温26度のはずだったのに、何と驚きの19度。
ついこの前、佐久も36度だって騒いだのに、急なこの寒さだもの、体がついていかないわ。
慌てて、裏起毛のパジャマを引っ張り出してきて着てる始末です。


明後日27日は、我が合唱団の女性有志で作ったボランティア合唱団 「なでしこ」 の、初めての演奏会があります。
リーダーさんが、
「とにかく明るく楽しくやりましょう! だから服装もヒラヒラした普段は絶対に着ないような派手目のスカートでね。アッパッパは絶対にダメよ~」

そんなの持ってないって・・・・わたし
スカートなんて、お葬式の時しか穿かないし、そんなヒラヒラの派手なのなんて、一体どこに売ってる訳???

仕方なく、イオンの普通なら絶対に入らないお店におずおずと入りました。
目にも鮮やかな服の数々。
その中から、目いっぱいに色んな柄がプリントされたスカートを、半額で買いました。
もちろん、ウエストはゴムね ← ここ、超大事


スカート

さて、それに合わせる黒の上衣をタンスでゴソゴソと探す。
だって、お店のお姉さんが 「黒の上着にすると、キュッと引き締まって見えますよ~  」 って言うんだもの。
ところが、家に帰って鏡の前に立つと、何とも垢抜けない派手なプヨプヨオバサンが一人。
特にお腹回りが本当にヤバい 
ヤダー、こんなの 

それから必死になってタンスを探しまくるけど、何にも無いのさ。
あーあ、仕方ない、これで行くしかない。
確かね 「気分はパリジェンヌ じゃないな。パリのマダムよ」 ってリーダーさんに言われたんだっけ。
これじゃあ、アッパッパと同じだわねぇ 

まあイイや!
皆さんが楽しんで下さったら万々歳 
頑張ってきますね~


関連記事

今回の 「沖縄フェア」 は、ちょっと違ってた

私が大好きなのは、布団干しとチラシ読み。
朝、新聞を読むのは二の次で、チラシをジーックリと見るのが大好き。
昨日のチラシで一番目を引いたのは、イオンの 「めんそーれ 沖縄フェア」

沖縄フェアは今まで何回もやっていて、お中元などを飾るスペースに、ちょこっと沖縄っぽい商品を並べるだけで、何とも気勢の上がらないこと甚だしいから、今回もあまり期待はしてなかったの。
ただね、1枚丸々を使ったチラシには、かなり気合が入ってたけど。

例によって、じっくりと見ていると 「島豆腐」 を発見!
これって、TVの旅番組に、しょっちゅう出てくる固いお豆腐だよね。
それに 「もずくの天ぷら」  これは絶対に買いでしょう。

というわけで、朝10時過ぎにイオンに乗り込みましたよ。
さて、島豆腐はどこ?
沖縄コーナーにいた店員さんに聞くと、とっても感じの良いオバチャン店員さんは、
 「こちらですよー。だけどまだ残ってるかなぁ。何しろ昨日がスゴイお客さんで大変だったんですよ」

ずっと離れた所まで案内してくれて
「あらー、やっぱり無くなってしまった。ごめんなさいね」
そして、そこにいた明らかに沖縄から派遣されて来たみたいな人に、「明日には島豆腐は入る?」 と聞いてくれました。
残念ながら、今回仕入れたお豆腐は完売、もう入らないんだって。

恐るべし、今回の沖縄フェア。
今までのフェアとは、力の入れ方が明らかに違ったね。
だって、初めて実演販売もあるくらいだもの。
揚げたての 「もずくの天ぷら」 と 「サーターアンダギー」 を買って帰ったのでした。
美味しかったわよ~


関連記事

背中の右側が、ものすごく張ってるんだって

今日は声楽の日。
先生からの 「ブレスを体にいっぱい入れてマツコデラックスの体になって、それを維持しながら声を出して!」 っていう無理無体な要求に応えるべく、必死に息を吸う私。

先生は私の後ろに回り、背中に手を当てて、 「ハイ! ブレスして!!」
あれ、先生、私のタップリしたお肉に触らないで・・・
なあんておバカなことを考えてたら、先生が言うの。

「右側がものすごく張ってるけど、これどうしたの?」
私がいつも痛いのは左側。
最初は背骨の中心が痛かったんだけど、最近はその他にお尻の左側がものすごく痛い。
寝てる体勢から起き上がる時も、まず寝たまま右側にゴロンと横になり、それから恐る恐る起き上がる感じ。

それが何故に右側が張るの?
やっぱり痛む所を庇っていると、あちこちに無理が来るのかなぁ?
ああ、イヤだイヤだ。
こうやって、あっちこっちおかしくなっていくんだわ。

前回の診察で、新しい痛み止めを処方されたんだけど、それがまあ、眠くなるのなんのって!!
副作用としては、嘔吐、眩暈なんかがあるらしいけど、私はそれは全然無いの。

どれだけ頑健な身体なんだってことだけど、その代り、とにかく眠い、眠い!!
今図書館から2冊の本を借りてるんだけど、読み始めた途端に眠りに引きずり込まれる。
おかげで、ちっともページが進まないのよ~ 

何だか愚痴ばかりになっちゃったけど、これから気候が良くなったら、元気な私に戻らなくっちゃ。
行きたい所がいっぱいなんだから。

関連記事

やっぱり屋根は瓦の方が良いんでないかい?

今の家を建てるとき、屋根材は当然の様にスレート葺きにした。
北海道の家もそうだったし、東京(近郊)の家も同じだったから、特に何も考えずにそうしたの、

この選択はどうだったんろ?と思ったのは、つい最近。
しょっちゅう行く神社のすぐ傍に、ものすごく古そうなアパートがあるの。
とっくに使われなくなったその古い建物は、窓には板が打ちつけてあり、〇〇荘という名前も色褪せてしまっていて、ただ取り壊すにはお金がかかるからそのまま建っているという状態。

ところが、その屋根を見てビックリ 
ツヤツヤピカピカで、屋根だけ見ると、つい最近に建てたばかりみたいなの。
例えてみればご老人の体に若者の頭がくっついているみたいなのよ~

へえええー と思って、この辺りの家を見ながら歩いていると、6対4くらいの割合で瓦屋根が多いの。
これは失敗したかも。
この辺は地震もほとんど無いし、瓦屋根でも良かったかもしれない。
何しろ、メンテナンスがほとんどいらないんでしょ?
我が家も建ててから、まもなく10年になる。
スレート葺きの屋根は、およそ10年で塗りかえらなくちゃいけないというし、まーたお金がかかっちゃう 

だけど、この家にはずっと住み続ける予定だから、ちゃんとメンテナンスしていかなくちゃね。
あーあ、瓦屋根にしときゃ良かったわ。

関連記事

プレミアム商品券でお買い物♪

今日はお盆の中日。
先日根性でゲットしたプレミアム商品券を持って、初めてのお店に行きました。

場所は地元の商店街。
普段は銀行以外はほとんど入ったことのない商店街です。
何となく入りにくい雰囲気なのよね。
ブラブラ冷やかしで見て歩くのが買い物の醍醐味なんだけど、ここは一度入ったらタダでは出られないだろうなぁ・・・って感じがしてね。

だけど今日は違います!
何しろプレミアム商品券があるんだからね!!
ちょうど、夫の農作業用長靴と、私のスニーカーが駄目になっちゃったし、ついでに娘も靴が欲しいと言うし、ここは一丁頑張って入ってみるか、という訳で靴屋さんに行ってみました。

結果、長靴とスニーカー1足をお買い上げ~ 
お店はとっても感じが良かったですよ。
お値段も  するような値段じゃなかったし、私は今回は決められなかったけど、もう1回行っても良いかな。
お店の奥さんがずっと説明してくれるんだけど、それをどう感じるかだわね。
今日は (買うぞー) と決めて行ったけど、ちょっと見て歩きたい時には困っちゃうかも。
でも、滅多に出来ない (絶対に専門店で買うぞ!) 体験が出来たのは商品券あっての体験で、気持ちがアップしたわン 


ところで今夜は、西の方で花火大会&盆踊りをやっています。
私のカメラ (腕) では、せいぜいこれ位しか写せなかった。
花火2

花火1

花火と盆踊りは別の場所でやってるんだけど、面白いのは盆踊り。
「東京音頭」 が聞えてきたと思ったら、次は 「マイムマイム」 「オクラホマミキサー」 なんかが聞えてきた (笑)
フォークダンスも踊ってるのかな?
懐かしいねぇ。
私、今でも踊れるのよ~

関連記事

あれから30年も経ってしまって・・・

8月12日は、私にとって忘れられない日。

まず、30年前の今日、羽田発JAL123便が御巣鷹山に墜落した。
ちょうど同じ日、私は家族全員で、羽田発JAL札幌便に乗っていた。
後で分かったんだけど、出発時刻も同じような時間だった。

一番混む時期の羽田ー札幌間を飛び、やっと夫の実家に着いた時、ちょうど事故のNHKニュースが流れていた。
移動の疲れも一瞬にして吹っ飛んでしまうほどのショックだった。

たった一度だけ、御巣鷹山の麓にある 「慰霊の園」 に行ったことがある。
黒い石に刻まれた520名の名前を見た途端、そのあまりの多さに驚いてしまった。
もう一つショックだったのは、身元不明の遺体を納めた納骨堂があったこと。

ああ、飛行機事故ってそういうことなんだ。
ご遺体が誰だか分からないのは、当たり前にあることなんだ。
その、多分ご遺体の一部を納める場所も必要なんだわと、私はその時に初めて気づいたんですよ。


それから、11年前の8月12日。
私は最後のチョコ散歩をしたんですよ。
その日、佐久の夫の住まいの掃除に行くことになっていたので、12日の朝に、いつも散歩に行っていた公園にチョコを連れて行ったんです。
朝早かったので、会ったのは顔馴染みだった 「フジオくん」 とお父さん。
ちょっと遊び、用も済ませて元気に家に帰ったの。

ちなみにフジオ君も保護犬で、お父さんが富士山に行った時、多分捨てられて放浪していたフジオ君を連れてきたという訳です。
大きくて優しい男の子でした。
朝の一仕事を終えてから、子供たちに後を頼んで、急いで新幹線に飛び乗ったんです。
あれがチョコとの最期の散歩でした。

翌日の13日に、チョコは急いでお空に昇って行ったんです。
書いているだけで涙が出てしまうけど、今はお空で位の高い神様になって君臨してるに違いない! と思うのよね。

関連記事
2015年08月12日 | 思い出 | トラックバック(0)件 |

日本人の美徳を思い知った日 ♪プレミアム商品券購入~♪

今日の午前10時から、佐久市のプレミアム商品券が売り出されました。

どうしようかな~~ と思ってたんだよね。
どうせ混むに決まってるし、私並ぶの嫌いだし・・・

ウダウダ思いながらも、イオンに行ってしまう私。
9時30頃に行った時点で、店内は長蛇の列 
並ぼうかなぁ、止めようかなぁ、まだウダウダしてる私。
でも、いったん並んだが最後、待つしかないでしょう・・・と消極的行列参加の私。

それから無事にゲットするまで、待つこと2時間!
11時半に無事、商品券をゲットしました 
長かったよ~~

だけど、日本人の美徳ってものを本当に思い知らされました。
イオンの、これ以上無いくらいの誘導の上手さもね ♪

店内に蛇の如くクネクネと伸びている行列を、まっこと手際よく誘導し、おまけに並んでいる誰もが 「横入り」 なんてこともしないで整然と並んでる。
時には横3列に違う順序の人たちが並んだりしたのに、誰一人列を乱す人もいないのよ。
誰かズルをしたら罵声が飛び交うところだったけど、気持ちよく並んでいられました。
日本人で良かったぁ、って思う時間でしたね。
イオンも、何度も何度もシミュレーションを繰り返したんだと思うのよ。

といっても、私の腰はそうはいかない 
何度も片膝ついて座り込み、なんとか2時間をやり過ごしました。
2時間立ちっ放しなんて、定期演奏会以来だもの。
見ていると、折り畳みの椅子を持っている人、小さい敷物を敷いて座る人、様々でした。
今度から、ああすれば良いのね。
って、もうこんな事はないか。

帰って来て良く見たら、1万2千円分のうち、半数が中小加盟店用だったの。
みんな大規模店舗で使うだろうから商店街にメリットは無いんじゃ、と思ってたけど、ちゃあんと考えられてるもんですね。
早速、どこのお店で使おうかと思案中です。
あのお店もある! このお店も入ってる!!って探すのも楽しかったわ♪

上手な誘導をしてくれたイオンさん (途中で塩飴の差し入れもあったりしたの)、どうも有難うございました。
少しでも佐久市内商店の手助けになるように、有効に使わせてもらいますね。

そうそう、途中で婦警さんが来て、「特殊詐欺にご注意 」 のチラシを配ってました。
絶対に有りそうだよね。 気を付けなくっちゃ。

関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード