本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

武水別神社

初めて、千曲市にある 「武水別神社 (たけみずわけじんじゃ)」 に参拝してきました。

実は、「オコジョの散歩道」 のオコジョさんが、(戸倉上山田神社から歩いて行ける) と書いていらしたので、チェックインまで時間があったので、行こうよ!っていうことになったんです。

ところが、走っても走っても着けない。
この距離を歩いたなんて信じられないよ~

どうも私が早とちりをしたみたい。
オコジョさんが歩いて行かれたのは、「水上布奈山神社」 だったのよね。
本当に、オッチョコチョイなんだから・・・・(汗)

やっと見えて来た、道の真正面に大きな鳥居が。
それが大きいのよ 
大鳥居 

こんな、太鼓橋もありました。
太鼓橋

境内に入ると、「うづらもち」 の茶店が!
こういうのって、良いわよね~
うづらもち

武水別神社の由緒書です。
武水別神社由緒

狛ちゃんにご挨拶です。
阿ちゃん。
狛ちゃん1

吽ちゃん。
狛ちゃん2
こちらの狛ちゃん、武家の神様、八幡宮のせいか、厳めしい感じですね。

御供所
大きな大きな絵馬が飾られています。
殿 絵馬

義仲公の絵馬です。
義仲公

感激したのは、この算額。
それも、平成21年に奉納されているのよ。
今の時代にも、和算にチャレンジされてる方がいらっしゃるのねぇ。
2武水別神社

ここで娘夫婦が求めたお守り。
やっぱり義仲公。
この心意気が素敵です。
義仲公お守り

そして、壮大な拝殿
拝殿2
本当に大きな建物でビックリ!
万見家の安泰をお願いしてきました。

こちらも見事な本殿。
神様がいらっしゃいます。
本殿

おまけ。
鳥居前には、こんな旅館がありました。
この神社と何か関係がありそうな、レトロな宿ですよね。
松屋旅館


この神社にお詣りできて、本当に良かった。
こんな所に、こんなに壮大な神社があるとは思ってもいませんでした。
驚いたわ~
説明書を読むと、様々なお祭りが行われているようで、一度は観に行ってみたいものです。


※ 
今年1年、本当に有難うございました。
子どもたちも来て忙しくなって参りましたので、さらさら越えも年内は今日で終わりにしようと思います。
皆様の多くのコメント、とっても嬉しかったんですよ♪
そして、皆さんのブログを拝見して、勉強になったりホッコリしたり。
来年も宜しくお願い致しますね。
良いお年をお迎えくださいね。

関連記事
スポンサーサイト

戸倉上山田温泉 清風園 その1

子どもたちが帰って来て、昨日はかねてから予約していた、戸倉上山田温泉 「清風園」 に行って来ました。

とにかく温泉が近いのと、預けられるすずにも配慮して(笑)、出かけたのは午後1時過ぎ。
さて、車に乗ろうかと思って外に出ると、信じられない事が!
夫の車のタイヤがパンクしてるの   

即座に私は決断しました!
私の車で行こう。

という訳で、ギュウギュウひしめいて温泉に向かいます。

さて着きました、戸倉上山田温泉の清風園です。
せえふうえんげんかん

大きな旅館でした。
戸倉上山田温泉って、今度で多分8回目にもなるのに、まだまだ知らない旅館があるのね。

最初に言えることは、とにかく旅館の人の気配りが素晴らしいこと。
驚いてしまいました。

一歩入ったロビー。
ろびー
奥には大きな売店があり、入った人は吸い寄せられるように買っていましたよ(笑)

さて、お部屋です。
予約した部屋は3階か4階のお部屋だったのに、6階のお部屋にグレードアップしてくれました。
へや

千曲河畔の宿なので、窓からはこんな景色が。
この温泉に来て、千曲川をこんな風に眺めるのは初めて。
窓からの景色

こんなお菓子が用意されていました。
おかし

ちょっと休んで、お風呂に飛んで行きます。
こんな廊下をしばらく歩くと
ろうか

途中には、お休み処があったりします。
やすみじょ

外の庭園には足湯も。
ただし、寒いので入らず仕舞いだったけど。
あしゆ

一番奥に、女性用のお風呂があります。
いりぐちおふろ

何でも1番乗りがモットーの私、誰もいなかったので、ちゃんと写真も撮れました。
おふろ

外には露天風呂もあります。
ろてん

この温泉場は硫黄泉だと思っていたんだけど、ここは単純アルカリ泉。
すぐ近くのお宿は硫黄泉なのに、温泉って不思議ねぇ     

こちらは、朝になってチェンジした、もう一つのお風呂。
お風呂2
あまりの湯気で、良く写ってません。
露天もあったけど、寝坊をしてしまったので時間ギリギリ。
残念ながら撮れませんでした。

例によって、明日からは食事編、武水別神社、その他に続きます <(_ _)>
関連記事

ある園芸店が閉店します

今朝のチラシを見てビックリ!
近くの園芸店が、年内で閉店だというんです。

あのお店では、かなり色々な植物を買ったわ。
薔薇もブドウも牡丹もツルニチニチソウも、そうだ、ブラックベリーやラズベリーも、あのお店で買ったんだ。

春になると、どっと人が押し寄せ、 (寒い佐久にもようやく春が来たんだ) と思わせてくれたお店なのにな。

どうしようか、と思ったんだけど、すず散歩の途中で寄って行くことにしました。
車で出かけて、すずにはちょっと待ってもらって中に入りました。

今日は20%引き。
明日は50%引き。
明後日になると、なんと90%引き。

だけど、絶対にあっという間に品物は無くなると分かっていたので、今日行ったんです。
案の定かなりのお客さんが押し寄せていて、温室の中はすでにガランとしてました。
特にこれが欲しいという訳では無いので迷ったけど、この3つを買いました。

    ↓
なーせりーの花
左から、「雲南月光花」 「多肉植物のヒマツリ」 「シェフレラ」 

最近、植物を全然買っていない私 (少し飽き気味)
だけど、お世話になったこのお店の思い出にもなるし。
さっそく土を買ってきて、明日植え替えしてあげよう。


関連記事

私のレトルトカレー遍歴

お昼、一人の時は、レトルトカレーのお世話になることが多い私。
お気に入りはずーっと 「中村屋のチキンカリー」 
まだ中村屋がレトルトを出す前、罐詰時代からの長い付き合いなのよ。

ところが、もう7、8年くらい前かな、大塚食品で出した 「薫り立つカレー チキン編」 にハマってしまったんです。
レトルトとしては珍しい、レンジでチンができるタイプ。
鳥手羽元が1本入った、インド風のカレーで美味しかった。
子供に頼まれて大量購入し、送ってやっていたほどだったのに。

それがいつの間にか、どこの店でも置かなくなってしまった。
ガッカリしたけれど、私にはどうしようもないし。
おまけに、今では製造さえ中止してしまったみたい。
どうしてなのか、理由を知りたいもんだわ。

その次に見つけたのが、ケララカレー (SB食品)
これも手羽元が丸ごと1本入って味もよろしかったのに、同時発売のキーマカレーはどこでも置いているのに、ケララさんだけが見当たらなくなった。

何ででしょうね? 
スーパーの人は試食なんてしないのかな。
それとも営業力の強さで決まるのかしら。
でも、同じSBだから、それはないわね。

それからは中村屋に逆戻り。

ところが暫くすると、同じSB食品で 「ケララカレー」 の後継品、「骨付きチキンカレー」 が売り出されたんです。
しかもお手軽な値段で。

調べると、ケララさんは製造中止になり、代わりにスパイスリゾートシリーズの一つとして 「骨付きチキンカレー」  が売り出されたということみたい。

近くのスーパーで、この商品を扱っているのは〇友の1軒だけ。
私はせっせとこのカレーを買い、自分でも食べ子供にも送っています。
一生懸命消費しないと、『売れない商品』 という烙印を押されて、いきなり取扱い中止になってしまうかもしれないからね。

私のお昼の友、レトルトカレーについて熱く語ってしまいました♪


関連記事

応援歌 「漢の高祖」

カテゴリを 「音楽」 にしようか 「思い出」 にしようか 「小樽」 にしようか散々迷ったけれど、やっぱり 「小樽」 にしました。

この 「漢の高祖」 というのは、私が卒業した高校の、ボート部の応援歌なんです。
威勢の良い他の応援歌に比べ、ゆったりとしたテンポで朗々と歌う 「漢の高祖」
では、お聴きください。

     |
     |
     |
     |
     ↓

って、歌は無いのよ (汗)
歌詞はこんなんです。


  漢の高祖も  秀吉も
  天下取らなきゃ ただの人
  まして凡夫の ワシじゃもの
  オールとらなきゃ ただの人

  練習疲れて すやすやと
  オール枕に うたた寝の
  夢路たどれる 石狩の
  岸辺の灯 なつかしや




その他にも歌詞はあったはずだけど、忘れました。
地方の一高校でこんな (ちょっと格調の高い) 応援歌があったのが不思議だけど、どこかに元歌があるのかもしれない。
母校はボート部が強い時代があったらしく、わざわざボート部だけの応援歌があったという訳です。

これも応援練習で叩き込まれたから憶えてるんだけど、その他に、姉がボート部で、家で良く歌っていたので、自然に憶えたんですね。
小樽の高校なのに何故 「石狩」 かというと、当時のボート部の試合は、石狩川の下流である茨戸 (ばらと) という所で行われたからだと思うのよ。

他の応援歌も懐かしいけど、このゆったりとした滔々と流れる川みたいな 「漢の高祖」 
もう、今は歌われていないんだろうな。

関連記事

長いことお世話になったコート、ついにサヨナラすることにしました

前に住んでいた所のジャスコで、十数年前に買ったベージュの中綿コート。
ダウンなんて買うお金も無かったし、「とにかくコートは家で洗えるのが一番!!」 っていう (無理やりな) ポリシーのもと、買ったコートなの。

ジャスコと言っても、ちょっとお洒落っぽいテナントだったのよ。
あれこれ、とっかえひっかえ着た結果、このコートに決めたの。
それ以来、ちょっとしたお出かけに散々着て、佐久に来てからは、もっぱらすず散歩の時のユニフォームに。
ベージュなので、暗い道でも目立つでしょ?
だからとっても重宝してたの。

でも、さすがに十数年になると、中の綿が完全にヘタって来たのね。
最近は、暖かくなくなってきたのよ。
それに、ダウンの着心地の良さに目覚めてしまうと、もうダメね。
1日の生活で1番着ることの多い、すずの散歩コート。
ついに、すず散歩のユニフォームは、去年買ったクリーム色のダウンコートに格上げすることにしました。

ちょっと思いは残ったけど、「埋め立てゴミ」 袋の中に折り畳んでいれましたよ 
そうそう、佐久はね、中に綿の入った服は、古布ではなく 「埋め立てゴミ」 なのよ。
何だかイマイチ分からないわよね~


関連記事

サンピア佐久のお風呂に行ったよ♪

ここは、以前 「サンピア佐久」 として、豪華宿泊施設だったところ。
ずい分前に 「ウェルサンピア佐久」 となって、高齢者施設に生まれ変わりました。

日帰り温泉と、ドッグランと、レストランなどは、一般にも開放されています。
いつも、すずを預けるおばちゃんの所にも近く、まりが天国に昇って行った場所も、この近くです。
思い立って、日帰り温泉に行ってみました。

佐久サンピア

この裏側に入り口があります。
さんぴあ

さんぴあいりぐち

中は、おお、豪華なロビーだわ~
さんぴあろびー

ちょこっと、お洒落なお土産コーナーもありました。
売店

さて、5階のお風呂に向かいます。
おふろさんぴあ

おかしかったのは、5階に上がった途端、大衆浴場みたいな雰囲気になったこと。
1階ロビーとの落差が大きくて、アラアラアラ  って感じ。

中の写真は残念ながらありません。
とっても混んでいたのよ。
皆さん、良くご存じなのね。

浅間が大きく見え、佐久の灯りもいっぱい見え、湯船は大きいのが1個に薬草風呂が1個。
薬草風呂は今日はトルマリンだったけど、これが源泉温度なのかな?30数度で冷たーい !!
その他に、露天風呂もあり、風に吹かれながらノンビリできました。

ただね、佐久のお風呂に来てガックリくるのが、洗い場の場所取りが多いこと。
場所取りというのは、自分が持って来たタオルなどを洗い桶に入れたまま、湯船に浸かりに行ってしまうこと。
「この場所は私のだから、使わないでよ!!」 という意思表示なのね。
後から来た人は、その洗い場を使うに使えず、うっかり退かそうものなら怒鳴りつけられそうで怖いんだよね。

御多分に漏れず、ここもそうでした。
幸い、他に空いている場所があったのでスムーズにいったけど、これはお互い気を使わなくちゃねぇ。

さてさて、たっぷり温まってお風呂から出た途端、あれ?知ってる様な後ろ姿が。
驚いたことに、バザーなどでお世話になってる方が、いるじゃありませんか。
スッポンポンの私、まあ挨拶するにも困ってしまって 
広いようで狭いってこのことね。

それから、前にある食堂に入りました。
メニューはこちら。
さんぴあめにゅー

食券を買うシステムです。
私は迷った挙句、結局ラーメンです。
実はお昼にも、「水のいらない冷凍ラーメン」 を食べたのよ。
どんだけラーメン好きなんだ、って感じ。
さんぴあらーめん

本当に、癖の無い昔ながらのラーメンでしたよ。

お客さんの中に、子供が騒いでるのに、ずっと 「スマホでゲーム」 のお父さんがいて、何だかねぇ・・・・
もっとしっかり子供を叱ろうよ。

関連記事

お正月のお飾り

先日、例のツルヤに行くと、お正月飾りがたくさん売られていました。

そこに1枚の紙が貼ってあって、「当店には国産のお飾りがあります」

国産のお飾り???

良く見てみると、たくさんの種類のお飾りのうち、数個に 「国産」 の文字。

なるほどねぇ。
今や、お飾りも外国で作られる時代なんだ。
そんなこと、考えたことも無かったのでビックリ 

こうやって書かれちゃうとね、やっぱり国産を買ってしまいました。
年末年始、我が家を守ってくれますように。

お飾り

関連記事

マスカレード (仮面舞踏会)

カーペンターズのヒット曲に 「マスカレード」 という曲があった。
この 「マスカレード」 が ”仮面舞踏会” のことだと知ったのは割と最近のこと。

仮面舞踏会
このミステリアスでちょっと隠微な響き。
仮面の下にはどんな顔が隠されているか分からないのに、一夜の恋が始まったりしたのだろうか。

舞台はやはりベネツィアかな。
運河を行き交う舟、石造りの家々。
そして、美しく優雅で細緻な造作のほどこされた、ちょっと不気味でもある仮面。

ベネツィアの風景を (TVで) 眺めていると、こんなにも海が近くにあって、家の中は湿気でひどい事になるのではないか? と心配になるのだが、それを言いだすと 「仮面舞踏会」 の雰囲気が台無しになるので気にしない事にする。

優雅な衣装に身を包んだ紳士淑女が、仮面の隙間から相手をじっと品定めして、一夜の恋の相手を求めてダンスを踊る。
昔から多くの芸術家の魂を刺激したとみえ、音楽や映画に登場する 「仮面舞踏会」

そういえば、浅田真央ちゃんの演技でも使われていて、これがまたエキゾチックで素敵な曲だった。
ハチャトリアンの 「仮面舞踏会」 から ”ワルツ”




舞踏会の様子を2階の回廊からそっと眺める なんていうのも素敵だし、仮面をつけた貴婦人の一人になって居並ぶ男性たちの品定めをするのも、ぞくぞくする気分だろうな。
関連記事

佐久の風習 3

佐久に住むようになって、もうすぐ10年。
それでも、まだまだ知らない事がありました。
心覚えに書いておきますね。

その1  新盆について
佐久の葬儀は 「生活改善運動」 に則って行われるのが普通です。
これについては、前に書いたことがあるんです。
   ↓
「佐久の風習 2.」

要するに、一般の人の御香典は千円を包み、お茶やハンカチなどの香典返しをいただく。
特に親しくてご遺族から指名された人は1万円を包んで 「灰よせ」 の席に出る。

その他に、新盆の風習があったんですよ。
亡くなって最初のお盆には、隣組の人たちは不幸のあったお宅に伺い、中には入らず縁側に置いてある焼香台でお焼香を済ませ、芳名帳に記帳して帰る。

我が家が班長の時、本当はこれを班員に伝えなければならなかったんだけど、この風習を全く知らなかったの。
もしかしたら、そのお宅の方は待っていたかもしれなかったのにって、本当に申し訳ないことをしました。
前の所では、新盆には親戚しか集まらないのが普通だったので。

それともう一つ。
「えびす講」のことです。

大体、この辺りでは 「えびす講」 は一大イベントで、長野市に至っては 「長野えびす講大煙火大会」 というのが催され、何万発もの花火が打ち上げられるんです。
11月の寒さの中でよ。
勿論遠いので、私は行ったことがありませんが、TVで見る限り、ものすごい数の夜店が並び、盛大そうよ~

そして、11月20日のえびす講に合わせ、町内では西宮神社のお札が配られ、11月19日までに古いお札と取り替えなければならないんだって。
大黒天

大黒天2

このお札は希望者に配られるんだけど、班長さんは回覧を回して希望を聞き、19日までには各家庭に配らなければいけないの。
班長さんは大変 
希望を聞いて役員に報せ、お札を配ってお金もいただく
十数軒の家に回すから、戻ってくるにも時間がかかるし。
結局今年は19日に間に合わなかった。
謝る班長さん。
いやいや、私だってそんなの全く知らなかったんだから。

こういう慣例って、何かに書いておかないと忘れてしまうでしょ。
10年も経とうとしてるのに、今頃知ることがあろうとは!

関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード