本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

下社 「御柱祭」

昨日に引き続きまして、諏訪の御柱祭。
今日は下社です。

知っている限りで書きますと、

諏訪大社の一番上位の神官は、大祝 (おおほうり) と言われ、神氏(みわし) の家系。
上社の大祝は諏訪氏、下社の大祝は金刺氏でした。
よくあることで、両氏は戦国期に対立関係になったようです。

上社の諏訪氏は代々続きましたが、明治維新で廃止になってしまいました。
残念なことをしましたよね。
出雲大社の千家氏はそのまま現在でも宮司を務められているのに、諏訪氏はダメってどういう訳だったんでしょうね。

下社の御柱祭の今までの流れは、こんな風になってます。

下社仮見立て
2013年5月16日、下諏訪郡の東俣国有林で、春宮4本、秋宮4本の木を選定しました。
上社より1年早いんですね。

本見立て
2014年5月29日
この時、選ばれた木に 「薙鎌」 を打ち付けるそうです。

伐採は
2015年5月12日に、8本を一度に伐採。
しかし、春宮三の木の中が腐っていたため、6月13日に再伐採したそうです。

下社は、曳行も里引きも地区が決まっているとのことで、上社のような抽選式はしないそうです。
同じ諏訪大社なのに、上社と下社では違っていることがあるんですね。

実は私、前回の時に下社の里引きを見に行きました。
その時の写真です。

下社御柱

下社春宮


御柱祭は諏訪だけではないんです。
私が前回に見に行ったのは、他に上田市武石の子檀嶺神社 (こまゆみねじんじゃ)
子どもたちも参加して、村を挙げてのお祭りという感じでした。

その他に、しょっちゅう遊びに行っている松原湖畔の上・下諏方神社でも行われるようですし、オコジョさんからの情報では、佐久市岸野の諏訪神社でも行われるとのこと。

さあ、どこかには行って来なくちゃ!!
関連記事
スポンサーサイト

「御柱祭」 が4月2日から始まります

諏訪に鎮座する、諏訪大社の御柱祭が、いよいよ4月2日から始まります。
一口に御柱祭と言っても、他の地方の方がご存じなのは 「木落とし」 と 「里引き」 と 「建て御柱」 だと思います。

だけど、7年に1度の御柱祭、その数年前から動き出しているんですよ。

諏訪大社というのは、上社と下社の二社があります。
上社には、本宮と前宮の二社
下社には、春宮と秋宮の二社

それぞれの境内に四本の御柱を建てるので、柱は計16本が必要になるわけです。

一生懸命ネットで探し、とりあえず、上社の流れを書いてみますね。

祭りが行われるのは2018年
その4年前、2014年9月25日に、仮見立てが、上伊那郡辰野町 横川国有林で行われました。
上社の8本の御柱の候補木が選ばれるのです。
祭りは、4年も前から動き出しているんですね。

次に、本見立てが、2015年6月10日に行われました。
これで正式に御柱に決まったということでしょうか。

そして、伐採式です。
2015年9月16日~10月5日の間に、行われました。

9月16日  本宮一の御柱、  本宮三の御柱
9月24日  本宮二の御柱、  前宮二の御柱
9月28日  本宮四の御柱、  前宮一の御柱
10月5日  前宮三の御柱、  前宮四の御柱

その次に行われるのが、どの地区がどの御柱を曳くか決める、大事な 「抽選式」 です。

抽選式

各地区の代表者が、神前で籤を引き、神様の思し召しで決まるわけです。
これはものすごく大事な行事のようで、皆さんの一番の望みは、1番太くて大きい本宮一の御柱を引き当てること。
精進潔斎して臨む方もいらっしゃるようです。
責任重大ですよね。

今年の結果。

本宮一  豊岡・四賀
本宮二  中州・湖南
本宮三  境・本郷・落合
本宮四  原・泉野
前宮一  富士見・金沢
前宮二  米沢・湖東・北山
前宮三  玉川・豊平
前宮四  茅野・宮川

本宮一を引き当てた、豊岡・四賀地区のみなさんは、大喜びをしていらっしゃいました。
本宮1の2

本宮一を引き当てて


さて、辰野町に置かれていた御柱用材は、3月25日、もの凄く大きなトレーラーに乗せられて中央道を走り、茅野市・原村境の綱置場に運ばれました。
TVで放送されていたけど、トレーラーの前には 「御柱御用」 と大きく書かれ、沿道の人たちが嬉しそうに、有難そうに見送っていらっしゃいました。

御柱御用 だもの、すごいわよねぇ。

曳行ルート

これは写真を撮り損なったので、信濃毎日新聞の記事でどうぞ。 ⇒ http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160325/KT160324ASI000005000.php

綱置場に着いた御柱は、いよいよ4月2日の山出しの日を待つわけです。

いかがでしょうか。
少しは、御柱祭にかける諏訪地方の方々の熱気が伝わったでしょうか。
あちこちの資料を見ながら書いたので、間違ったところがあったら申し訳ありません。
まだ下社が残っているんですが、それは後日に致しますね。

関連記事

生活形態を変えてみました

「生活形態を変えた」 なんて言うと大層なことをやったみたいだけど
家事その他をやっている時以外は、ダイニングチェアに座ることにした、っていうことなの。

食事の時はダイニングチェアに座るけど、それ以外は床に座る生活が主だったのね。
とくに冬場はコタツでしょ?

この前、娘のご主人が来た時、「お母さん、この生活じゃ腰も悪くなりますよ」 って言われたのがきっかけ。
確かにコタツに入っていると、背筋が妙な風に曲がり、とにかく痛んでくるのよね。

腰に悪いのは分かってたんだけど、コタツって暖かいし、そのままゴロリと寝られるし、TVにも近いし、この便利さを捨てられなかったの。

だけど、この痛みをどうにかしなくちゃならないでしょ、ってことで、験しに台所の椅子に移って1週間ほど。
確かに腰が楽なのよ!!

TVは余り見られないけど、背筋もピッと伸びるし、あの重だるい痛みが確かに軽減されてる。
合唱の立ちっ放しは相変わらず辛いんだけど、平日の生活が楽になるのは本当に嬉しいわ。

実は、私用の机とチェストを買い込んで居間に置いてみようかという思案もしたんだけど、食卓で間に合わせれば良いことだものね。
当分続けてみようと思います。
この程度の痛みで、この先、生活出来ていけば良いな。

関連記事

「四銃士」 と 「アニメ三銃士」

毎週日曜夜のお楽しみだった 「ダウントンアビー4」 がいきなり終わってしまい、ガクッとしてしまった私。

その次に始まったのが 「マスケティアーズ パリの四銃士」

これは何だ? と思ったら、アレクサンドル・デュマの 「三銃士」 を元にしたドラマなのね。

マスケティアーズというのは、フランス国王直属の銃士隊のことだそうです。

アトス、ポルトス、アラミスの3人で三銃士。
そこに、ほぼ主人公であるダルタニアンが加わってくるんだけど、若い頃に本を読んだ時、どうして 「三銃士」 っていう題名なのに、ダルタニアンが主人公みたいなんだろう?と少し不思議に思った(こともあったっけ)
今思うと、あの本ではダルタニアンは銃士ではなくて、最後に銃士になる設定だから三銃士だったのね。

今回はダルタニアンは銃士隊に入っているので、最初から四銃士にしちゃえ!ということじゃないのかな。

実はこの「三銃士」
かつて子供たちが小さかった頃、NHKで連続アニメとして放送していたのよね。

♪心に冒険を 夢を抱きしめたくて♪ 
のテーマ曲と共に始まる番組に、おとなげなく私も夢中になって観ていたんです。

昨夜の 「四銃士」 で、久しぶりに思い出したあのテーマ曲。
早速娘に聞いたら、酒井法子が歌った 「夢冒険」 でした。

これまた、今でも歌えるんだな~
でも、さすがにこの曲はつべにあったので、聞いて下さいませ。
この頃は、のりピーが後年あんなことになろうとは、夢にもおもわなかった・・・・




このアニメ、最後に大逆転劇が待っていて、一番カッコ良かったアラミスが、なんと女だった、という顛末。
いくら何でも、原作をこんなに変えても良いものかと愕然としたわ~

でも、この番組で 「一人はみんなのために、みんなは一人のために!」 という有名な言葉を憶えたのよね。

昨日の 「四銃士」 紹介番組を見て、やっぱりアラミスが素敵かな?
いや、ダルタニアンもハンサムだったし。。。。ウハウハ 
女性では、何と言ってもアンヌ王妃が一番美人さんだったわ。

関連記事
2016年03月28日 | ドラマ | トラックバック(0)件 |

やっぱり対面販売は威勢が良くてイイね!

今日、〇オンに行くと、食品売り場にある催事場で 「何とか物産展」 をやってました。
あれ?おかしいな。
チラシには何も載ってなかったのに。

一通り見回って、一番目立つ所にあった 「明太子」 に目を付けた私。
買い物が終ってから寄ってみました。

とっても威勢の良いお兄さんが売っていて

「さあさあ、どれでも1080円だよ!」
思わず1パックを手に取ろうとすると、お隣にいたお客さんが 「私、このお徳用で良いわ」

えっ? お徳用??
パッと見ると、形は崩れてるけど美味しそうな明太子が、パックに山盛りになってるの。

お兄さんはすかさず、
「こっちは大盛りにするよ!! 味は同じだよ。さあさあ味見してみて」

もちろん私は味見。 薄味と濃い目味の2種類があって、私は薄味を選びました。
「薄味をちょうだい」

「さあ、どんどんどんどん入れるよ~!!」
お兄さん、本当に、どんどんどんどん盛り付けてくれて、最後に

「ハイ、お姉さん。あっちで会計してね」

お姉さんだって~ 
単純な私はすっかり嬉しくなって会計に行くと、会計のオバサマ店員さん 「あれ、これフタが閉まらないわ」 と言いながらギュンギュン押して包装して渡してくれました。

お兄さんの回りには、もう何人ものお客さんが取り囲んで、あれはあの後飛ぶように売れたわよ、きっと。

思い出したのは、この前に同じ場所でやっていた北海道物産展。
道産子の私でも見た事の無い商品がズラズラ並べられているだけで、気勢の上がらないこと甚だしいの。
お客さんも余りいないし、あれじゃ売り上げもパッとしないわよね。

ああいうのって、どこが中心になって運営してるのか知らないけど、ちょっとした工夫で会場も熱気が出るのにねぇ。
せっかくの北海道物産展なんだから、もう少し活気あふれる物産展にしてもらいたかったわ。

関連記事

断捨離なんて、とっても無理だに~

世の中、断捨離 断捨離というけれど、私は最近全然ダメ 
イ〇ンに行っては、安物かつ素敵なお洋服に目が釘付け。
そしてお買い上げ~

何故にこんな事になったかと言うと、ボランティア合唱のせいだと思うのよね。

我々ボランティア合唱団のテーマ曲は

♪ オー・シャンゼリゼ ♪

リーダーさんが言うのよ、

「 さあ皆さん、私たちはパリジェンヌよン。 素敵な格好をしましょうね 」

というわけで、結婚以来、冠婚葬祭を除いてスカートなんて穿いたことのない私が、スカート漁りをしたりしてるの。

そうなると、上着でしょ、アクセサリーでしょ、あれもこれも欲しくなるのよね。
お金が有り余るほどだったら苦労は無いけど、そうはいかないから、選ぶのも大変!
おまけに普段の生活じゃ、スカートなんて穿くことも無いし、アクセサリーも着けるなんて絶対に無いもんね。

私がこの世から消えたら、子供たちが箪笥を見てビックリするのよ。

ったくお母さんったら、こんな安物ばっかり買い込んで。
欲しい物、一つもないじゃないの 

まあまあ、子供たちよ。
全部任せるから、後は存分に処分して頂戴ね。
さあ、次のボランティアは何を着て行こうかしら 

関連記事

何だか嫌になっちゃった

今日はとっても疲れたの 

今日は郷土史研究会の日、仲間の中で1番読めるベテランさんが、ものすごく難しい古文書を読まれたんだけど、マジに私には読めない字がいっぱい。

普通なら、少しは読めるんだけど、今日のはほとんどダメダメ。

何だか、このまま続けていても何にもならないんじゃないかって、とっても弱気になってしまった。

古文書が好きで入ったんだけど、全然気持ちが上がらないままに終わりました。

室内は暑いし外は寒いし、何となく気分も重いし。

退会しちゃおうかなぁ、どうしようかなぁ。

だけど、地元の重要な城跡・志賀城を訪ねようかという話も出たから、もう少し頑張ろうかなぁ・・・・


今日は弱音を吐かせていただきました。

明日は合唱。
いつも一緒に頑張っている方が欠席とのことで、私が頑張らなくちゃ!!

こんな弱気じゃいけないわね。


そうそう、先日ラジオを聞いていたら、信州の春のお彼岸頃の気温が、東京の冬の気温と同じなんだって!
びっくりよ~
明日は寒の戻りで雪が舞うかもしれないんだって 
気分も落ち込んでるのに、寒さの追い打ちかい!

勘弁してもらいたいわぁ。
関連記事

箱根小涌園で見初めた鍋敷きの話

うちには 「ふくろうの鍋敷き」 がある。

買ったのは箱根の 「小湧園」
子供たちが小さい頃、夫の出張中に泊りに行ったのだ。
実は、内緒だったんだ~♪

私の運転技術では箱根まで行けなくて、小田急から登山鉄道に乗り継ぎ小湧谷駅で降りて、車がビュンビュン通り過ぎる国道1号線を、カルガモの親子よろしくゾロゾロと歩いてたどり着いたのだ。

歩いている人など誰もおらず、車からの 「あらあら こんなところを子連れで歩いてるよ」  的な視線を感じながら、それでも温泉が楽しみで歩いたのだった。

初めての小湧園は夢の世界のようだった!

大きな大きな旅館。
これまた大きな渓谷を利用して作られた、水着で楽しめる様々なお風呂。
ワイン風呂に、コーヒー風呂に、穴倉みたいなサウナ、その他いっぱいのお風呂たち。
こんなの生まれて初めて 

子どもたちも私も大はしゃぎで、思う存分遊んだのよ。

そして、忘れちゃいけない、大きなお土産コーナー。
あれはコーナーなんてものじゃない、大きな建物の1階分丸ごとお土産売り場だった。

温泉まんじゅうからちょっとした芸術品まで置いてある売り場に、この鍋敷きがあった。
これに私は一目ぼれ。
ふくろうの鍋敷き

本来の目的として使った事は一度もないの。
私にとって、本当に思い入れの深い鍋敷きだから、鍋を置いて汚すなんてとーんでもない 

どこかに飾ろうと思ったのだが、どこに飾ってもいまひとつ不安定なのだ。
なんせ鍋敷きだから。
今は窓枠にもたれかかって、我が家の居間を見守っている。

箱根の小涌園。
お正月の箱根駅伝で小涌園の近くを選手が走る度に、あの楽しかったお泊りを思い出しちゃうのよね ♪

関連記事
2016年03月22日 | 思い出 | トラックバック(0)件 |

「あずましくない」 のは嫌だよ~

なんと! この私が銭太鼓を演じることになりました。

曲は 「てんてんてまり」

♪ てんてんてんまり てんてまり~  てんてんてまりの てがそれて~ ♪  っていうあの歌。

先生役の方が仰るには、これが一番簡単なんだって。

この日はちょっとした集まりがあるんだけど、ちょうど昼食時間だからと、オードブル盛り合わせを頼もうってことになって。

だけど、私は言いたいの。

盛り合わせって、ハッキリ言って私みたいな遠慮深い人間には、本当に取りずらいのよね。
1人1人前ずつの物が無いと、最後まで空きっ腹のままで終わっちゃいそう。

そういうのって あずましくないのよね~ 

そう言おうとして、ハッとした私。
北海道民の私には 「あずましくない」 は当たり前の言葉だけど、これってバリバリの方言なんだわ。

この言葉を共通語では・・・・  ええと、なんて言えば良いの??


「あずましい」 = 「落ち着く」 「気が張らない」 「ユッタリできる」 「安心出来る」

「あずましくない」 = 「落ち着かない」  「気が張る」 「ユッタリ出来ない」 「安心できない」

こんな感じかな。

もっと他に、 これはそんな意味じゃない! こうだろう!!! って方もいると思うんですよ。

移民で出来ている北海道のことだから、日本のどこかに同じ言葉を使っている所があるかもしれないですね。

それはそうと、私の 「あずましくない」 気持ちが通じたのか、一人ずつのお食事も頼むことになりました。
ああ、良かった~♪

関連記事

リュックサックって、いつからこんなに高くなったの?

ちょっと皆さん聞いて下さい。
佐久にイオンが出来てから、今年で17周年になったんだって。
ものすごく大きなチラシが入ったんですよ。

水田しかなかった土地に新幹線の駅が出来、イオン (当時はジャスコ) が出店するには、言葉には尽くせぬほどの難題があったと思われるんだけど、その辺のことは私には分からないんですよね。
駅前に記念碑が建ってるんだけど、写真が見つからないんですよ。
このお話は、後日にでも。

とにかく、このでっかいチラシにつられて、イオンに行って来ました。
4月、5月、6月と旅行の予定がポンポンと入り、リュックサックが欲しくなったの。
ちょうどチラシに、手頃な値段のリュックが載ってたので行ってみると、旅行バッグ売り場のどこにも無い。
店員さんに聞くと、一生懸命探してくれたんだけど、やっぱり無いの。

担当は今日はいないとのことで、また明日再訪するつもりなんだけど、あれだけハッキリ載っている商品が無いってどういうこと?イオンさん。

仕方がないので、他のリュックを見ていたら、( お・ちょっと素敵じゃん ) と思うと、どれも6千円、7千円、すごいのは1万円 
ちょっと待ってよ、リュックっていつからこんなに高くなったんだっけ。
つい数年前・・・十年前かな? には、2千円台くらいでそれなりのが手に入ったのに。

それにしても、ちょっと旅行の予定が入ると夢はどんどん膨らんで、あの服にこの靴、リュックはあの色でああでこうで・・・
やっぱり帽子もあった方が良いかしら 
また、お金がかかるわ~ 
 
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード