本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

数行読んだら、たまらなく眠くなる・・・・

最近、たまらなく眠くなることが多くて、いや、しょっちゅうで、私は本当に困っています 
それが、いつも本を読もうとする時なの。

昔から、履歴書の 「趣味」 の欄には 「読書・旅行」 って書くのが当たり前だったのに。
まあ、履歴書書く人の70%はそう書くんじゃないかと、勝手に思ってるんだけど。

それなのに、せっかく図書館から本を借りて来ても、1ページ読んだだけで、どうにもならないほどの睡魔が。
本は2週間しか借りられないから、読まないままに返すことも多いんです。

どうした私!
あんなに本が好きだったのに、この眠気はどうしたことだ。

自分の身に何が起こったか分からないけど、とにかく睡眠薬代わりになる読書です。
面白い本をいっぱい見逃してるんだろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

ホテルメルパルク長野  善光寺旅行

「満留八総本店」 でたっぷり美味しい食事を摂った後、予約したホテルを目指します。

外に出ると、ちょうど良い感じの夕景が。
素敵ですね。
夕景2


夕景3

やって来たバスに乗ると、駅前まで向かいました。
結構距離があるのよね。

今日の宿は、長野駅前東口徒歩5分の 「メルパルク長野」 さん。
朝食付き 6,700円というお値段と、大浴場付  っていうのが決めてね。

これは翌朝撮った写真。
なかなか立派でしょ?
ほてる

中に入ると、豪華じゃありませんか 
ほてる階段

8階のお部屋でした。
それにしても、ホテルの照明ってどうにかならないかな。
暗くって何も見えないんだけど。
おまけに、どこをどう動かせば照明が点くのか、複雑すぎるんですけど。
部屋

これは翌朝撮ったものです。部屋からの眺め。
部屋からの眺め

さあ、お楽しみのお風呂タイムです。
ここは、お風呂用のエレベーターがあり、浴衣、スリッパの姿で利用できます。

「ゆ」 と書かれた暖簾のエレベーターに乗って下さいって。
ありました。
エレベーターゆの

最上階10階に、大浴場があるんです。
お風呂

ああ、極楽極楽。。。。
大浴場は最高だに~

その夜は、今までの分をとりとめもなくお喋り。
女2人、もう止まりません 
楽しい時間でした。



関連記事

憧れの宿坊  善光寺さん

宿坊に泊まる。
泊まって、繊細な精進料理を味わう。
お朝事に参加する。
「お朝事」 とは ⇒ http://www.zenkoji.jp/event
これ、私の憧れね。

それで、今回は門前の宿坊を見てまわりました。

兄部坊 (こんこのぼう)
兄部坊

淵之坊
淵の坊

堂明坊
宿坊2

常円坊
宿坊3

白蓮 ここは(多分)宿坊をやめて、万華鏡のお店になっていました。
宿坊4

堂照坊
宿坊6

どうです!
どこも素敵でしょう?
泊まりたくなるでしょう??

まだまだこの他に、たくさんの宿坊があるんですよ。
何と、39もあるんです。(http://www.zenkoji.jp/shukubo_list

この中から、行く前に 「兄部坊さん」 と 「淵之坊さん」 に色々お話を伺ったんですが、どちらも、とても親切に教えてくださいました。
今回は 「宿坊に泊まってお勤め」 という宿坊のお役目に合わなかったので諦めましたが、一度は泊まってみたいものです。

関連記事

「満留八総本店」 で精進料理  善光寺旅行

行って来ました、善光寺さん。
長野駅で待ち合わせて、一路善光寺さんへ。
善光寺さん縦長

500円也を払って、お戒壇巡り。
友人は初めてのお戒壇巡りで、怖く、かつ新鮮だったみたい。
本当に真っ暗闇の中、渋滞が発生 
いやあ、ヤバい。
今、地震があったら、私即死だわ~ とか思いながらソロソロと進み、行く手に明りが見えた時は、ああああ、良かったぁぁぁー
前後にいる人たちと妙な一体感が生まれる、お戒壇巡りでしたよ。

その後、午後5時に予約しておいた精進料理のお店に向かいました。
「満留八総本店」
善光寺さんのすぐ近くにある料理屋さんです。
善光寺大勧進出入りの料理屋さん、っていうのが決め手ね。

ありました、この建物です。
まるはちさん建物

「横の玄関に回って下さい」 って書いてあったので、そちらに回ります。
たった2人の予約なのに、ちゃんと 「万見様」 って書いてあったのよ。ビックリ 
まるはちさん玄関

玄関を開けると、物静かな女将さんが出てきてくれました。
案内された個室です。
椅子だったから安心。
まるはちさん部屋

さて、精進料理の始まりです♪
これは、箸袋ね。 善光寺仁王門東。その通りの立地でしたよ。
はしぶくろ

さて、まず最初に濃厚な胡麻豆腐
これ、小さいんだけど、結構ボリュームがありましたよ。
ごまどうふ

酢の物
酢の物

これは、色々載っていたお皿。
豆腐のウナギもどき、皮の代わりに海苔が付いていました。
焼き筍
生麩のフキ味噌焼き
何とか大根、お味噌添え
うなぎもどき

ウドの和え物(かなり濃厚だったので、胡桃和えかも)
にもの

煮物
うど

生湯葉
ゆば

蒸し物
卵の茶碗蒸しではなく、多分おイモ系
これ1つで、かなりお腹がいっぱいに (汗)
むしもの

コゴミやタラノメやコシアブラ、その他の天麩羅
あげもの

お吸い物
おすいもの

女将さんが仰るには、「この器は最後に全部重なるように出来ているので、ぜひどうぞ  」って。
やってみると、なるほど、うまい具合に重なるのよ。

まるはちさん建物

一品一品出してくれたお料理を食べ終わった頃には、1時間半が経過。
あら大変! ホテルのチェックインに間に合わない。
慌ててお店を後にしました。
それにしても、他にお客様もいたはずなのに、物音ひとつしない静けさ。
我々のお喋りだけが響いてましたよ(笑)

満留八総本店さん、ご馳走様でした。 <(_ _)>

関連記事

まるで、七夕みたい (笑)

明日は、年に一度のお楽しみ ♪

東京時代の友人と 「お泊りお喋り大会」 でーす。

今回は、彼女が長野に来て、一緒に善光寺参り。
牛に引かれて善光寺  

『宿坊に泊まって美味しい精進料理を楽しみ、朝早く起きて 「お朝事」 に参加する。』
っていうコースを真剣に考えたんだけど、とにかくお喋りがメインの我々。
宿坊の迷惑になること間違いないし、絶対に早起きなんてできっこない。

結局、
参道のお店を楽しみながら善光寺にお詣りし、お戒壇巡りもして、夕食は大勧進出入りというお料理屋さんで精進料理を食べ、夜はホテルで夜を徹して語り合う、という盛り沢山な内容になりました。

善光寺さんには何度かお詣りしてるんだけど、参道のお店をゆっくり見て歩いたことがないので、それも楽しみ。
それに、何と言っても、1年に1度しか会えない友人と会えるのが最大の楽しみね。
喋ることを箇条書きにしておかなくちゃ、と大笑いしました。

まるで、七夕みたいよね 
写真をいっぱい撮って来る予定なので、楽しみにしていて下さいませ。

関連記事

毎度毎度困ること

先日、知り合いの奥様が亡くなられ、お葬式に参列することになりました。

こちらは人との繋がりが濃密なので、引っ越して来てからお葬式に参列することが本当に多いんですよ。

(佐久の風習)に書いたことがあるけれど、灰寄席に出ない私は一般の参列者になります。

大急ぎで礼服を着、黒いバッグにお香典に・・・・
あれこれ用意して、さて困るのが真珠 (紛いの) ネックレス。

ネックレスって、どうしてこんなに色々な金具があるわけ?
私、一番オーソドックスなこれ ↓ なら楽勝なのよ。

なすかん

ところが、こんなに色んな種類があって、不器用な私はお手上げ。

ネックレス

1番上のは、クルクル回して入れるだけだから良いんだけど、右、下、左は、毎回苦労するの。
お葬式用は左側。
じっくり見て、何度か失敗しながらも上手く填められても、今度は外すのに一苦労 
最後には、ぶっちぎりそうになって、もうイライラよ~

私の太い指は、こういう繊細な仕事に向いてないのよ 
今回は、何とかうまくいったけど、次には忘れてまた苦労するんだわ 

関連記事

あれ? いない!

またまた、Kさんのブログに触発されて、慌てて行ってきました。
長野牧場の桜です。

ここは、佐久では桜の名所の1つ。
もう遅いかな?と思いつつ行ってみると、まだまだ咲いてました。
もう葉っぱが出ているのもあったけど。

牧場の桜1

桜吹雪が舞い、地面は桜の絨毯。
綺麗だわ~

牧場の桜2

ヤギさんも、まったりしてました。

羊さんと平尾山

ここに来るとどうしても写真を撮ってしまう、資料館です。
この建物大好き 
昔は、この種畜場の事務所だった建物です。
5月の連休になると開放して、中を見せてくれます。

資料館

って、ここまでグルッと回って、何かが足りないのに気付きました。
何と、すずが大好きだったウサギさんたちがいません。
それどころか、小舎ごとありません 

うさぎ

アーンアーン   ウサギさんはどこに行っちゃったの??
すずはもうガッカリでした。

関連記事

愛情は全身に表れるのよね

最近の午後の散歩は、近くをほんの20分ほど歩くだけ。

すずも年だけど、私たちも年で、昔みたいに1時間なんて全然歩かなくなってしまった。

先日、いつもと同じコースを歩いていると、お洋服を着たワンちゃんが、女性2人とお散歩してました。

この子、見た事ある子だよね、と思って見ると、やっぱりその通り!

前にも記事にしたことのある、白くて細い子でした ⇒ (嬉しかったワンコ)(
最近は、その子の家まで歩くことがないので、すっかり会わなくなってたの。

久しぶりに会うその子は、赤いお洋服を着て、色が驚くほど真っ白 
最後に会った時より、文字通り目を剥くほどに真っ白なのよ~
少し毛も長くなり、ツヤツヤしていて、体も少し肉付きが良くなり、マジに見違えるよう 

片耳が少し折れ曲がっているので、私はすぐに分かったけど、夫は全然分からなかった。

ワンコって、愛情であんなにも変るのねぇ。
余りの変り様に、驚くばかり。

2人と1匹の醸し出す幸せオーラに、こちもまた幸せな気持ちになれました。

関連記事

懐古園のお花見

今日は、お天気が悪くなるのは分かっていたので、昨日のうちに!というので行ってきました。
ブログで、懐古園のお花見を紹介されている方がお二人もいらっしゃるので、これは私も行かなければ。
懐古園にお花見に行くのは、初めてなんですよ。10年も住んでいるのに。
いつもの駐車場は満車で、大手門近くの駐車場に止めました。

大手門、立派ですね。
大手門

ここは上がることが出来るんですよ、しかも無料!
早速失礼します。
大手門床

床板の間に隙間が空いていて、ちょっと怖い。
床が抜けたら、下まで落ちるよ~
大手門内部

それから、懐古園を目指します。
すぐ近くなのね。
三の門

ここの良いところは、ワンコ連れもOKってこと。
その代り、皆さん注意されて、どこにもウンチなんて落ちてなかったわよ。

アタシ、あちこちから声がかかって困っちゃった 
すず懐古園の

中は混んでましたよ~
でも、桜はとっても綺麗でした。
懐古園の桜
この桜の下は大勢の人でした

懐古園の桜2

「水の手」 から望む千曲川。
こうしてみると、ここは要害なんですね。
千曲川1

千曲川2

結構暑くなったので、園内にある茶店で 「懐古園名物 あめ湯」 を冷やした 「ひやしあめ」 をゴックン。
これ、おいしかった 
こういう茶店って、何となく懐かしい雰囲気で楽しいねぇ。
あめゆ

ワンコ連れのお花見、満足しました♪

関連記事

熊本の大地震

熊本の大地震、本当に驚きました。

あの不気味な音声と共に流れる地震情報を聞くと、あの3.11を思い出されてしまいました。

次々とTVに映し出される映像に、ショックを受けました。

亡くなられた方々、被災された方々、心からお悔やみ、お見舞いを申し上げます。



一夜が明け、鎮まるどころかますます酷くなる地震の様子に、驚きながら過ごしています。
震度6が何度も襲ってくるなんて、皆さんは生きた心地もされていないでしょう。

被害の状況が刻々と知らされている私たちと、何も分からないかもしれない現地の方々。
何とも言葉もありません。

どうか、大地が治まってくれますように。
関連記事
2016年04月16日 | ニュース | トラックバック(0)件 |
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード