本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅その3  私はここへ行きたかった!!「旧日本郵船小樽支店」

今日は、今回の小樽行きの目玉、 「旧日本郵船小樽支店」 を見ていただきたいんです。
郵船全体
どうです、この威容!!

かつて、ここは 「小樽市立博物館」 でした。
明治37年着工、明治39年竣工の重要文化財です。
設計者は、佐立七次郎です。

昭和31年に小樽市立の博物館になった所で、私は小学校の頃から何回となく訪れていました。
行くときは、ほとんど一人。
考えてみると、私の博物館・資料館好きの原点は、ここなんですよね・・・・(遠い目)
あああ、懐かしい。

私が小樽から離れている間に博物館としての役目を終え、「旧日本郵船小樽支店」 として、一般に開放されています。
入館料は300円ですよ。
「写真を撮っても良いですか?」 と聞くと 「どうぞどうぞ、どんどん撮ってください!」 ですって。

ここは、入ってすぐにある受付です。
郵船1

こちらは、中から見たところ。
郵船2
鼈甲色の机も柱も椅子も、素敵ですよね~

こちらは階段。
郵船3

2階に上がると、廊下が伸びています。
廊下
この辺りに来ると、胸がキュンキュン鳴るのよ 

博物館の頃、この廊下にも大きなガラスケースが置かれ、色々な動物や鳥の剥製が飾られていました。
ヒグマ、オオカミ、キツネ、タヌキ、その他諸々。
いつ行っても同じ展示で、特別展なんて開かれてる訳でも無かったのに、とにかく何回も行ったの。
あの黴臭い古めかしい匂いが、今でも忘れられません。

ここは 「日本郵船小樽支店」 だったから、様々な会議が開かれたりしたんです。
こちらは貴賓室。
貴賓室

そしてこちらは、2階の会議室。
明治39年に、樺太の日露国境画定会議が開かれた場所です。
食堂

いかがでしょうか、旧日本郵船小樽支店。
あんまり思い入れの深い建物なので、本当に懐かしかった!
小樽に行かれることがありましたら、是非とも訪ねてみて下さいね。


関連記事
スポンサーサイト

帰省旅行その2  小樽いろいろ

砂場のお蕎麦をたらふく食べて、ものすごい風の中を歩く私。

ここは、旧永井町(ながいちょう)、今は住吉です。
長井町

私はこの辺りで育ちましたから、見るもの見るもの懐かしい所ばかり。
ご覧になっても、興味のない写真でしょうが、ちょっとお付き合いください。

ここは、小さな公園。
私がチビの頃も公園でした。
それがある日、「商工会議所」 というビルになってしまったんです。
我々子供がガッカリしたかどうか覚えていないんですが、遊び場が一つ無くなってしまったのは確かです。
それが、いつの間にか元の公園に戻っていたという訳です。
公園

どんどん坂を下り、入舟町に入ります。
そこから坂を上ると、今でも仏壇屋さんの多い、ここは 「職人坂」 と呼ばれています。
職人坂

その坂を上りきると、右側は水天宮への道。
水天宮へ

水天宮!!
どうしても行きたかったんだけど、ものすごい風と、小樽築港から新南樽市場までの長~い道のりに疲れ切って、諦めました。
あーあ、年は取りたくないわ。

さて、進路を左にとり、函館本線の線路を渡ると 「はなぞのはし」
線路

すると、ミツウマのアーチが迎えてくれます。
みつうま

この辺りは、しょっちゅう母と姉と一緒に行き来していた所。
このお店は、昔 「福助」 を扱っていた衣料品店でした。
建物が、そのまま残っているのよ。
福助

そこから花園銀座に入ります。
特筆すべきは 「工藤書店」 の閉店。
工藤書店

こんなお知らせが貼ってありました。
挨拶状

小樽で育った人なら、誰でもお世話になったはずの書店。
あの伊藤整も、ここに出入りしていた、老舗中の老舗です。
本当に残念だわ。

こちらは、馴染み深い喫茶店 「コロンビア」
コロンビア

中に入って、ホットココアをいただきました。
昔とちっとも変っていません。
こんな喫茶店、今やなかなかありませんよね。
もっと広いんだけど、お客様がいて撮れませんでした。
小樽でゆっくり休みたかったら、コロンビア、お勧めですよ。
コロンビア内部

関連記事

帰省旅行その1 「喜来登」と小樽と 

無事に帰ってまいりました。
行ってみると荒れ模様 、帰ると同時に晴れ 
ついていない私でございます。

去年と全く同じ、着いたその日に狸小路6丁目へ。
ハイ、これを食べに行きました。 
「喜来登」 の味噌ラーメン 
  ↓
きらいとらーめん

相変わらず美味しいんだけど、絶対にこれだけは言える!
去年より、量が多い!!!
去年は母もペロリと完食だったのに、今回は私でさえも食べきれなかったぁぁぁー
スゴイぞ、喜来登。



そして翌日、念願の小樽へ。
朝起きると札幌は土砂降り 
ちょっとね、諦めようか・・・・って気持ちもあったのよ。
でも、せっかく帰って来たのに、小樽に足を踏み入れない訳には絶対に行かないもん。

すると、私の念力が通じたのか、小樽に近づくと雨が止んできたのよ
その代り、ものすごい風で、海は大荒れ。
その中を、フェリーが出航して行きました。
船は大揺れだろうなぁ。
フェリーと荒海

まずは小樽築港。
ここには、私が必ず寄る 「新南樽市場」 があるんですよ。
ここで、家へのお土産を調達するのが恒例なの。
相変わらず、生きの良い魚介類がワンサカ。
新南小樽市場

市場2

あれもこれも欲しいけど、ここは仕方ない、タラコ等だけど頼みました。
ここの良いところは、市場内なら、違うお店の品も同梱してくれること。
私は深沢肉店の燻製を入れてもらいました。

それから向かったのは、南小樽駅前の、このお店。
以前にもブログに載せた 「砂場」 です。
すなば

一応メニューを見て
すなばメニュー

まあね、最初っから決めてたんだ。
大きなエビ天が乗った 「天ぷらそば」 ね。
ここは、「田舎蕎麦か更級蕎麦かどっち?」 って聞かれるので 「田舎蕎麦ー!」

天ぷらそば
ちょっと写真の向きがおかしいけど、揚げたての特大エビ天がジュウジュウいいながらやってきました。
お汁も美味しいし、もちろんお蕎麦も美味しい。
満足満足 

すみません。
まだまだ小樽は続くんだけど、あんまり長くて今日のところはこの辺で。
最後におまけで、喜来登の後に立ち寄った、北海道庁の見事な姿をご覧ください。
道庁2

道庁
関連記事

あす、北海道に行って来まーす♪

今日は遅くまで合唱、明日は早くから帰省します。

寒さに負けず、いろんな所を見て、いろんな物を食べてきますね。

もちろん、親孝行もいっぱいしてきます。

ちょっと忙しいので、コメント欄は閉じさせていただきます。

それでは、行って参ります。
関連記事
2016年06月23日 | 生活 | トラックバック(0)件 |

グスベリ・チヨコレイト・パイナツプル

庭でたわわに実を付けた グスベリ。
グすべり

これ、ちょっと酸っぱい味で、小さな種があるけど食べられるのね。

小樽にいた小さい頃、女の子達の間で流行った遊び。

グーは グスベリ
チョキは チヨコレイト
パーは パイナツプル

じゃんけんポンして、勝つと、その文字数だけ前に進めるの。

グーとチョキでグーが勝つでしょ?
そしたら、その人が 「グースーベーリ」 って言いながら、なるべく大股で歩くのよ (というか、飛ぶ)
何度もじゃんけんを繰り返して、最後に1番遠くまで行った人が勝ち、ってゲーム。

これは本当に良く遊びました。
その頃は、遊びの中でしかグスベリって知らなかったの。
本州の方から入ってきた遊びだったのか、小樽の街中で自然の無い所だったから、グスベリが生えていなかっただけなのか。

庭のグスベリを見たら、思い出した懐かしい遊びでした。


今日、姉からもテルが。
かなり寒さに強い姉でも、今の寒さには参っているとのこと。
段ボールに厚手の服をギュンギュンに詰め、明日クロネコさんに頼んで来まーす。


関連記事

ちょっと奥さん、北海道は寒いんですってよ

来週、帰省します。

楽しみ楽しみ♪

昨日書いた、モスグリーンのTシャツも、帰省用の精一杯のお洒落 

その他、手持ちの服をあれこれと組み合わせ、2日目はこれ、3日目はこれ、っていう具合に段ボールに詰めてるの。
こういう時間が楽しいのよね。

ところが、天気予報&実家からの電話によると、雨でジメジメしてて本当に寒いんだって。
蝦夷梅雨っていうんだって。

そんなぁ。
北海道には梅雨は無いはずでしょう???
蝦夷梅雨とかって、そんなの聞いてないよ 

だって、気温が15度とかなのよ。
いくらなんでも、寒すぎでしょう。

今日の佐久は30度で、太陽ギラギラ 
当然私は、真夏モード。

段ボールに詰めた夏服を恨めしく見つめ、それでもどうしても着たいからシャツをヒートテックにしてみたり、腕カバーを入れてみたり。

小樽をどういう道順で回るかも、大体シュミレーションできたし、札幌でどこに行くかも決まったし、後は何とかお天気が回復して暖かくなってくれるのを祈るのみ。
それにしても、段ボールひと箱が全部服って、どういうことかね。


関連記事

ま~た悪い癖が出て、肩がパンパンになっちゃった

イ〇ンのテナントで見つけた、モスグリーンの袖無しシャツ。
とっても素敵なんだけど、私は思ったの。

まだまだ値が下がるはず、もう少し待とう。

その時点で、モスグリーンは1点のみ。
あとは全部白。
時々様子を見に行っては、(まだ下がってないわ~)

そしてある日、お決まりの通り、売れてしまって影も形も無くなってました。

ホントにバカ! バカバカバカ!!!
何回同じドジを踏んだら分かるの、私。


どうしてもモスグリーンが欲しかった私は、別のお店でお安くなっている品を買いました。
それが、同じ値段なのよ。
そんなんだったら、あの商品を買えば良かったのよね。

そして家に戻って着てみると、ハッキリ言って似合わないの。
お店の鏡の前で当てた時は、バッチリ!って思ったのにね。
袖がね、フレンチスリーブにレースが付いてるんだけど、そのせいで妙に肩がガッチリ見えるのよね。
例によって、鉄人28号みたいになっちゃうの  

私は決心しました! 
この袖レースを取り外して、袖を内側に折り込んで袖無しにしよう 
何よりも、裁縫が苦手の私だけど、ここは根性を出さなくては。
お金を出して買ったのに、着られないなんて勿体なさ過ぎる。

まず、同じ色の糸を買い、待ち針も無しに、いきなりの手直し。
いやもう大変で大変で。。。。 
あれこれやってるうちに、肩がパンパンに張ってきて、何度諦めようと思ったことか。
それでも悪戦苦闘1時間、何とか形が出来ました。

間近で見られると目も当てられない状態だけど、上に何かを羽織れば分からないって 
早速、鏡の前で試着。
これで十分よ、文句は無いわ。

だけど、最初に見た袖無しシャツ、あれを買っておけばこんな苦労をしなくて済んだのよね。
何度も言われてるのに直らない、私の優柔不断でケチな性格。
それで結局は損してるのにね。

それと、やっぱり器用で裁縫上手な人は得よねえ。
私の憧れだわ 


関連記事

ああいう人にはなりたくなかったのに

何が嫌だって、お店のオープン前に、入り口に並んで、立って待っているのが嫌だったのよ。

札幌でも前に住んでいた所でも、たまたま大きなお店の前( デパートとかね) 通りかかると、十数人のお客さんが並んで開店を待っているの。
あんな風にはなりたくないな、と思っていたのに、佐久に来て以来、とみにそういう事が増えた気がする 

色々事情はあるのよ。
例えば、JAは開店が8時半。
その時間前に、農家の人たちがどっと野菜を運び込んで、早ければ早いほど山のような新鮮野菜があるの。

だから、私も負けじと早く行くでしょう?
そのまま帰るのは勿体ないので、近くのツルヤに直行。
すると、この前なんて、開店20分前には着いちゃった。
仕方なく車の中で待機。
徐々にお仲間車も増えて、9時半の開店と同時にゾロゾロと入店。
入り口に控える店員さんから、直接カゴを受け取って買い物開始。

もっと嫌だったのが、イ○ン。
あそこは食料品以外は、9時に開店なのよ。
その時も、たまたま9時と同時に入って行くと、テナントというテナントの前に店員さんが立っていて、恭しくお辞儀をしながら 「いらっしゃいませ」 って声をかけられるの。

私、どうしても考えちゃうのよね。
(いつも白いマイバスケットを持ったこのオバサン、よっぽど暇なんだわ。こんな早くから来るんだもの) って声が聞こえてくるような気がして (汗)
だから、ちょっとお洋服を見てみたいな・・・ と思っても、あの店員さんたちが通せんぼしてる気がして入れないの。
あれ、止めた方が良いと思うんだけど。

あんまり早くスーパーなんかに行くと、食品がちゃんと出ていない時もあって、「早起きは三文の得」 とはいかない時も多いのよね。
それでも、どんどん 佐久時間 が染みついて来てる私。
きっと明日も、9時が近づくとソワソワして、白いバスケットを持って飛んで行くのよ。


関連記事

私の中学校が・・・・

私が卒業した中学校は、今から数十年前に閉校。
その後、お隣にある私立高校の付属中学校になっていました。
住吉中学校


今日、小樽の事を細かく書いて下さってるブログ様を読むと、何とその私立中が募集を停止するんだそうです。
何でも、発足当初から定員に満たず、今年は最低だったとのこと。
これでは仕方ありませんね。

でも、あの思い出の校舎はどうなってしまうんでしょう。
盛大な落成式に、桜陽高校の合唱部が来て、素晴らしい合唱を聞かせてくれた校舎。

思い出すと、最上階にある体育館から、避難訓練で太い布の筒みたいなシューターを外に落とし、一人一人降りる訓練をした思い出も。
シューターは垂直に落ちて、そこに飛び込んで行くわけ。
今思うと、ものすごく怖かったはずなのに、周りが何も見えなかったので、平気で滑り降りたの。

私はクラスで一番チビで、前のクラスの1番大きな男子がシューターに吸い込まれていった後、スタンバイしていたら、いつまで経ってもゴーサインがでない。

あれ?と思ったら、前の男子が途中で引っかかっていたのよね。
確か、消防団の人がシュートをバフバフと揺すって彼は無事落下 (← こんなもんかい!) いよいよ私の番。
途中で止まりもせずに、無事に着地しました。

色んな思い出が詰まっている校舎、今度帰ったら、また見に行こうかしら。

関連記事

御代田のカフェ 「華かざり」


時々お邪魔して情報を仕入れさせていただいている 「信州の東で毎日腹ペコ 」 さまで知った、御代田町の 「華かざり」 さん。
今日、念願かなって行ってきました♪

佐久でお知り合いになった方とご一緒。
宗教がらみではない(笑) 楽しいひと時、良いもんですねぇ♪

いつも、軽井沢への抜け道として使っている道路の途中を、カクッと曲がってズズズッと下って行った所にある 「華かざり」 さん。
華かざり
普通のお宅みたいですよね。

お邪魔しまーす。
ぎゃらりー


中に入ると
店内
いやーん、ステキ♪

私たちが座った席です。
緑いっぱいのお庭に面していて、きれいだわ~
店内2

庭

ここは店内をギャラリーとして使わせてくれるようで、今日はこんな感じで飾られていました。
もちろん、気に入ったら買うこともできるんですよ。
入口

ギャラリー

さて、肝心のランチです。
メインが3種類あって、ちょっと辛いカレー、さっぱりピラフ、オムライス。
私はカレー、彼女はピラフにしましたよ。

まず最初に、量たっぷりのサラダ。
サラダ
ドレッシングはシーザー、お野菜にたっぷり絡んでいて、最後まで美味しくいただけました。

お次はメインのカレーです。
結構辛かったけど、深いコクのあるカレーでした。
カレー

これは、連れの方が頼んだピラフです。
ピラフ

デザートの、ゴマのフロマージュ。
これ、美味しかったわ~
ゴマのふろまーじゅ

最後に、とっても素敵な器で供されるコーヒー
コーヒーか紅茶か選べて、私たちは2人ともコーヒーにしました。
コーヒー

あまりの居心地の良さに、お喋りに花が咲いてる私たちに、女性店主さんがサービスで出してくれた、お茶とチョコレート。
サービス

これ、ぜーんぶいただいて、1000円ですよ。
なんだか申し訳ないみたい。
とっても優雅な楽しいひと時を過ごせました。

御代田には、まだまだ素敵なお店があるそうです。
どんどん開拓していかなくちゃね。
○○○さん、また一緒に行こうねー 
関連記事
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード