FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

小諸市 乙女湖公園

このところ散歩に最適の気候。
すずと私も、ちょっと足を延ばして小諸市の乙女湖公園に行ってきた。

佐久市には公園らしい公園が無いんだけど、さすが小諸市には結構公園がある。
(何が”さすが”なのか分からないけど、まあ旧城下町だし長いこと佐久平の中心都市だったからかな?)

ここには 「小諸市文化会館」 があり、しょっちゅうコンサートが開かれている。
佐久のコスモホールより、我が家からはこっちの方が近い位。

すぐ傍を流れる繰矢川。
以前、夏に来たとき、ここで子供たちが水遊びをしていて、何だか古き良き時代を思い起こしてしまった。
小諸繰矢川

この公園から見る浅間山は、佐久からの姿とはだいぶ違う。
浅間の登山口は、小諸にあるのだ。
乙女からの浅間

これが人造湖の 「乙女湖」
小諸乙女湖2

橋を渡って行くと、テニスコートや芝生の広場が広がっている。
芝生の広場は、佐久には無い貴重な空間。

さて、その後が大変なのだ。
公園のすぐ裏は鬱蒼とした山で、草ぼうぼうの階段をひたすら上がる。
他には誰もいないし、すずと2人きりの私は段々心細くなってきた。
どうする? 蛇さんやイノシシさんが出てきたら。

やがて視界が開け、こんな仏舎利塔がそびえ立っている。
仏舎利塔

ここでようやくホッと一息。
これは 「日本山妙法寺」 という宗教団体が作った仏舎利塔で、調べると日蓮宗系らしい。
かなり活発に活動している団体のようだ。
とにかく人っ子一人いない。

山を下るのは止めて、車道を下ってみる。
こんな看板が。
小諸の元旅館

かつてこの奥にJR協定の旅館 「はなや」 があったみたい。
小諸旅館への道
進んでみたい。
でもちょっとコワイ・・・

もう少し下ると、こんな看板。
小諸薬湯
何とも怪し過ぎる・・・

この道で大丈夫だろうか、と不安になってきたら、無事駐車場に着いた。
ああ良かった 

さすが小諸。まだまだ見どころがありそう。
次回はあの旅館の道を行ってみたい。
廃旅館の建物が残っているんだろうか。


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト



コメント
群馬の人さま
こんばんは。
コメント有難うございます♪

わあ、毎年行ってらっしゃんですか!
それは印象が深かったんですね。
だから、そんなに詳しく憶えていらっしゃるんですね。
懐かしいでしょうねぇ。

≪浅間山荘事件の現場での膠着時に警備をしていた≫
そうなんですか!!
驚くことばっかり。
警察のお仕事は、危険なことばかりですもんね。
それにしても、警察からホテルって、180度の転換ですね。
馬刺し、脂がのっていて美味しいし、あまり食べられる物じゃないから、子供心に良く憶えてらしたんですね。

うずらも飼っていたんですか。
宿のお子さんたちと友達になって一緒に遊んだなんて、良い思い出ですね。
私のつたない記事がお役に立って、本当に嬉しいです♪
気候が良くなったら、また行ってみようかな。
2017/03/18(土) 18:48 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
宿泊しました
親父の仕事の現場が小諸市にあったのが切っ掛けで、毎年泊まりに行っていました。

あの坂を登ると、右手に建物があります。
昔の記憶を辿ると、玄関を上がるとソファーとテレビがあり、右側のオレンジの扉の奥が食堂で、受付の脇にある階段を上がると客室へと続く廊下が。
和室の部屋には100円を入れると見られるテレビがありました。

食事では毎回、馬刺しを出してくれました。
旦那さんは元々警官で、浅間山荘事件の現場での膠着時に警備をしていた事から、危ない所へは出ないで欲しいと思った、ホテルをやっていたご両親からの頼みで家業を継いだと、小学生の時に聞きました。

建物の裏には、ウズラを飼っている小屋があって、ホテルの子たちと餌をやったりしたことを覚えています。

いいホテルでした。

それだけに、廃業してしまわれたのは残念でした。
同じぐらいの年の子達だったので、今も元気でいてくれることを願うばかりです。

長文、失礼しました。
2017/03/17(金) 22:59 | URL | 群馬の人 #RFphBmaY[ 編集]
群馬の人さま
こんばんは、初めまして。
コメント有難うございます♪

はなやさんに、泊まったことがあったんですか!
日観連に入っていたお宿だったようだから、しっかりしたお宿だったんでしょうね。

30年ぶりに行かれたんですか。
私が行った時にも、もうかなり前に閉館していた感じだったので、今はもっと寂れてしまっていたでしょうね。
残念なことをしましたね。

≪ホテルの夫婦のお子さんたちと、泊まる度に遊んでもらっていたので、残念でした≫
そうだったんですか。
そのお子さんたちも、すっかり大人になり、今はどうしていらっしゃるんでしょうね。
小諸は、色んな見どころがある町で、こんな所にも宿があったというのが、私には新鮮でした。


2017/03/17(金) 21:20 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
もう数年前の記事でしたか…
突然のコメント失礼します。

昔よく親父と宿泊していた「ホテルはなや」のことが気になり、両親が別れてから行く機会がなくなったので、30年ぶりに訪ねてみようと本日行ってみました。

既に閉館していたとは知らなかったので、ガッカリしました。
行く前にこちらのページを覗いておけば良かったと、帰ってきてから思いました。

ホテルの夫婦のお子さんたちと、泊まる度に遊んでもらっていたので、残念でした。
2017/03/17(金) 19:53 | URL | 群馬の人 #RFphBmaY[ 編集]
チルさん
こんばんは。

ハッちゃん、シロちゃん、2人とも元気でしょうか?
それとダックスちゃんもいましたね。
黒柴ちゃんもダックスちゃんも、飼い主さん現れないんでしょうか。

佐久は引っ越すまで場所も分からず、夫の転勤が決まってから慌てて地図帳で位置を確認しました(笑)
私も埼玉県が良く分かりませんから、お互い様ですね。
とにかく歩きやすい季節になってくれて、私の「どこかに行きたい病」がうずき出しました。
すずと2人であちこち行ってきますね!
2012/10/19(金) 19:41 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
長野には知り合いもなく、こうした話題はすっごく新鮮~♪
小諸市も勿論初めて知りました…佐久も知りませんでしたが…
お散歩するにはいい所ですね~♪
浅間山を眺めながらのんびりと静かな散歩が楽しめますね♪
2012/10/19(金) 10:30 | URL | チル #LKe1HGjQ[ 編集]
はやとうりさん
あっ、はやとうりさんだ!って喜んだら、くうちゃん大変なことになってるんですか。
「膣過形成」 ちょっと調べてみると、この病気にかかる子ってかなりいるんですね。
最終的には避妊手術するしかないみたいだけど、心停止したことがあるんじゃ悩んでしまいますねぇ。
10歳でも生理があるんですか。

飼い主としては本当に辛いですね。
その後どうなったか、必ず教えて下さいね。
くうちゃん、頑張れ!
2012/10/17(水) 08:44 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
あしながおじさんさん
本当に誰もいなくて。
こんな所にこんな場所が・・・っていうのがいっぱいあるんですよ。
ここも、その一つ。
まだまだ探検場所がありそうです。
2012/10/17(水) 08:33 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
らざーろさん
やっぱり行きますか、はなや跡。
そうよね、行くわよね。
次回は絶対行ってみます!

ああいう異界に続きそうな道は好きなんです。
この時は山登りがキツクて、ちょっと疲れてたもんで。
次回に期待してください。
2012/10/17(水) 08:31 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おはようございます♪

中々来れなくてごめんなさいね
今 くうちゃんが膣過形成と言う症状でちょっと大変なの
この子2度の出産後避妊手術に連れて行ったのですがね
麻酔の前の注射で心停止手術を辞めた経緯があります

今回この症状が治まったらやはり避妊手術はした方が良いとの事
10歳と言う年齢を考えるとちょっととは思うのですが次回の発情期にも
再発の可能性大との事仕方がないですね
人間の歳で言えば56歳 わんこの場合は生理があります

今の症状見ている分にはひどい事になっています
この症状が収まってからの手術になると思います

記事に関係ないコメントでごめんなさいね
2012/10/17(水) 08:23 | URL | はやとうり #-[ 編集]
小諸は名跡が多いのに、いまいち他の観光地より繁盛しないようですね。
きっと自分たちの町の良さを十分認識していないと思われます。
東京あたりでは、こんなきれいな場所には、人がたくさんいるはずですが
誰もいないですね。
2012/10/17(水) 06:40 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
こんばんは。

私だったら行ってます、旅館方面!

高いところはコワイけど、廃墟関係は平気なのです。
ましてや、わんちゃんと一緒であればなおさら。

ただし、まぁ、夜なら、ね、ちょっと、遠慮しといてやりますが。
2012/10/16(火) 23:39 | URL | らざーろ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード