FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

「信濃追分」に行った

行きたい行きたい、と思っていた信濃追分に、久しぶりに行ってきた。

ここは江戸時代、中山道の宿場町として栄えた所。
とにかく道の両側に200軒もの家が並んで、おおいに賑わっていたそうだ。

特に旅籠が多く、各旅籠に飯盛り女(遊女も兼ねる)が大勢いて、そのため男性客に人気があったらしい。
明治になって鉄道が遠くを通ることになり、繁栄から取り残されて、遊女宿も佐久市の岩村田遊郭に移転、一気に寂れてしまった。

今、この通りを見ても、両側にいっぱいの旅籠が並んでいる風景など、想像も出来ない。
追分宿通り

ここには「油屋」という脇本陣だった宿が残り、つい数年前まで営業していたのだが、ついに廃業。
油や表

今は中を開放して、様々な芸術家のギャラリーにしている。
入りたかったけど、すずがいるので断念。

立派な建物だわ~
ここは堀辰雄や立原道造などの作家が定宿にした宿で、ある日火災に遭って立原などは危うく焼け死ぬところだったとのこと。
油や建物

油や建物2

ここは堀辰雄の旧宅。
堀辰雄記念館として開放されている。
この立派な門は、旧追分宿本陣の門。
堀辰夫記念館1

入場はできないので、庭だけパチリ 
左の白い建物が、たしか堀辰雄の旧居だった・・・と思うんだけど。
堀辰夫旧邸

そのまま街道を進むと、右側に昔のままの旅籠屋 「つがるや」 が建っている。
貴重な建物なのだから、きちんと残れば良いんだけど。
つがるや

宿場の端まで行くと、中山道と北国街道の分岐 「分去れ」 がある。
常夜灯を真ん中に、右が北国街道、左が中山道(国道18号線)
別去れ

少し北国街道に入った右側、石の塔が色々建っている空き地が昔の追分宿処刑場だったそうだ。
どういう訳か「シャーロックホームズ像」なんか建っているので、まさかこことは思わず1枚しか写真を撮らなかった。
きちんと御参りすれば良かったわ。
ホームズ像の空き地

最後に、どこにでも一緒に付き合ってくれる相棒兼愛犬 すず。
すず、次はどこに行こうか。
すず追分

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



コメント
KZ-1さん
こんにちは。

夏の中山道は暑すぎて全く歩けなかったので、これからボチボチ歩こうかと思ってます。
追分宿の江戸時代は、それはそれはすごい繁栄ぶりだったようです。
今の有様からは想像もつきません。
「つがるや」はガイドブックにも必ず載っている建物なのに、見てきた様子では先行き心配です。

妻籠や奈良井
学生時代に行ったきりですが、奈良井などは本当に良く保存されているみたいですね。
上田市の近くに「海野宿」という所がありますが、ここは感動ものでした。
今度行って、写真を撮ってきますね。
2012/10/21(日) 16:34 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは。

秋の中山道も良さそうですね~。

>明治になって鉄道が遠くを通ることになり、繁栄から取り残されて、遊女宿
>も佐久市の岩村田遊郭に移転、一気に寂れてしまった。

こういう宿場町も多いでしょうね~。
明治時代、今ある宿場町が廃れる!ってことで鉄道敷設に対する反対運動も起きたくらいですし。もし、また違う場所に鉄道が通っていたら、こういう古い町並みがもっと残ったかもしれないですね。

>貴重な建物なのだから、きちんと残れば良いんだけど。

妻籠宿や奈良井宿みたいに地域全体で街の景観をどう考えるか、
というのが大事ですよね。
完全に観光地化できればまた違うのでしょうが、難しいでしょうね。
2012/10/20(土) 23:04 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
おばちゃんさん
こんばんは。

佐賀は遠すぎますもんね。

九州には何回か行ったけれど、残念ながら佐賀には行ったことがありません。
私は北海道生まれ。
佐久に越した時、家のすぐそばを中山道が通っているのに、大感激しましたよ。
歴史の教科書で習った街道じゃない!

すずは良き相棒です。
すず散歩道具一式を持って、どこでも行きたいと思ってるんですよ。
2012/10/19(金) 23:39 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
これぞ日本v-237という建物、そして景色、風情があっていいですね。私は、そちらの方面に行ったことがありませんので憧れます。
さらに、すずちゃんの目が何ともv-238
2012/10/19(金) 23:27 | URL | 佐賀のおばちゃんです。 #-[ 編集]
JUNxxx さん
こんばんは。

もうシーズンオフなので簡単に行けたけれど、夏だと軽井沢の影響で大渋滞に巻き込まれるんですよ。
ここがそんなに繁栄していたなんて、考えられないような静かな道です。
お洒落な古本屋、お土産やなんかが点在していて、入ってゆっくり出来れば良いんですけどね。
写真はまだまだです(汗)
JUNxxx さん、大阪の町の素敵な写真、期待してますね。
2012/10/19(金) 22:36 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは☆
助手のすずちゃんとお散歩ですか^^
歴史を感じれる贅沢な散歩コースですね、素敵♪
お写真も良い感じですし、僕もどこか散策したくなってきました☆
2012/10/19(金) 22:29 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード