FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

景勝園

昔々のお話です。

小樽と札幌の間を結ぶ札樽国道沿い、汽車の駅で言えばちょうど張碓駅の真上辺りに、「景勝園」というレストランがありました。

ものすごく高い崖の上にある景勝園からは、素晴らしい海の景色が見晴らせて、まさに絶景。
たまーにそこでジンギスカンを食べさせてもらうのが、小さい私にとっては最高の楽しみでした。

景勝園はだんだん人気が出て、その証拠にどんどん建物も増え、確か羊やウサギも飼っていたと思います。
何棟もある建物は、ガラス張りの建物や山小屋風のもあり、私はガラス張りの建物が1番気に入っていました。

ところがある夜の事、景勝園は火事で丸焼けになってしまったのです。
そのニュースは新聞でも取り上げられ、遠くから見ると断崖絶壁の上の炎は、ものすごいものだったそうです。

その後、その前を通っても建物は見えなくなり、「あーあ、景勝園は本当に無くなってしまったんだ」 と悲しかったものです。

その景勝園が復活して、現在営業しているようなんですよ!
  ↓ ↓
北海道周遊倶楽部  

何か雰囲気も、昔の面影を残しているみたい!
これは嬉しい。
今度帰ったら、寄ってみたいなぁ。

今日もクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね
スポンサーサイト



コメント
あしながおじさんさん
こんにちは。

景勝園が丸焼けになってしまったのは、衝撃的なニュースでした。
新聞やTVでも、かなり大きく取り上げられていたのを覚えています。
何しろ小さい頃だったので、あんな昔に焼けてしまった所が、また営業しているなんて驚きでした。
今は札樽国道を使う人も減り、みんな高速を使うので、あのお店に入る人がどれくらいいるんでしょう。
ぜひとも行ってみたいと思います。
2013/01/07(月) 15:01 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
丸焼けで復活したということ。うまく行けばいいですね。
これだけは、今の世の中、2度あることは2度、3度あるとも
限らないので。商売は難しい。
単に眺めだけでなく、コストパフォーマンス、味、センスも
必要です。うまく小樽の観光客を引き寄せればいいですね。
2013/01/06(日) 21:29 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
はやとうりさん
こんばんは。

ぜひご主人と一緒に来道して下さいな。
でも、らぶりーずがいるから無理か~
美味しい素材が山のようなのにね。

今はデパートでもマトンやラム、売っていませんか。
悲しいことです。。。

昔は北海道だって冷凍のマトンだったんです。
東京に出て来てから「マトンは臭い」って言われて、ものすごくショックでした。
何とも思ってなかったもんでね。
去年帰ったら、生ラムが主流でしたね。
時代は変わりました。

詰め放題、結構楽しかったですよ。
すずもずい分もらってました。
2013/01/06(日) 19:04 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おはようございます♪

北海道の事はまるで知らない私です
足を踏み入れた事もありません

マトンやラムを初めて口にしたのは大阪に出てからです
若い頃のお話です 当時は普通に百貨店で売られていたのですが・・・
今は全く見られません
お金のない頃はこれらで来客時は焼き肉をした事があります
これ以外の料理はしませんでした

もう何十年も頂いていません
他のお肉よりは安かったせいかちょっと臭みが気になりました
多分北海道の物とは質が違うと思います流通も悪い時代でした

今北海道で食べたら美味しいと思います =^-^=

↓の詰め放題やった事がありません 多分食べ切れない(笑
2013/01/06(日) 09:36 | URL | はやとうり #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード