FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

好きじゃないのに作っていた料理

ふと思い出すと、昔、はっちゃきになって子育てをしていた頃、好きじゃないのに作っていた料理がいくつかあった。

一つは 「酢豚」
これがね、私好きじゃないのよ。
揚げ豚は好き、玉ねぎ・ピーマンも嫌いではない。
やっぱり、酢豚に必ず顔を出してくるパイナップルの罐詰がダメなの。

生のパイナップルは好き、だけど小さい頃から食べていた罐詰のパイナップルはあまり好きじゃなかった。
あの人工的な甘酸っぱさがどうもね~

それが料理に入るんだから、私としては許せないというか。
じゃあ入れなきゃいいじゃん!と思うんだけど、結婚して初めて買った料理本の 「酢豚」 レシピに書いてあったから、入れなくちゃいけない物だという固定観念があったみたい。


もう一つは 「かに玉」
これも結構作ったの。
たしか同じ料理本に載っていて、作ってみたら家族に好評で、そのまま何となく作り続けたっけ。

かに玉で一番大変だったのが、カニ缶選び。
カニ缶って高いじゃないですか。
お金の無かった私は、スーパーの罐詰棚でじっくりねっとりカニ缶を睨み付け、1番安くてデッカイ罐詰を買っていた。

ハッキリ言って、カニの味は二の次ね。
値段第一で買ってましたよ。

何でこんな事を思い出したかというと、今日の夕食で青梗菜のカニ餡かけを作ったんだけど、うっかり前に 灰寄せ の引き出物でいただいて大事にとっておいた高そうなカニ缶を使っちゃったから。
高いカニ缶はやっぱり美味しさが違って、食べているうちに、昔買っていた安物のカニ缶を思い出した訳です。

子育てもとうに終わり良い年になったら、嫌いな物はどうしても作りたくないという頑固さがでてきたみたい。


はっちゃき = 多分北海道弁で、「必死」 とか 「一生懸命」 という意味
灰寄せ   = 佐久地方で行われている、葬儀の後で招かれた親しい人達だけが集まって盛大に行われる会食。


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



コメント
kz-1さん
こんばんは。

私も自分で作るようになって初めて 「パインを入れる?!!」と思ったんですよ。
もうビックリ。
かに玉も同じ。母が仕事をしていて忙しかったので、料理は簡単な物ばかりで、家で酢豚とかカニ玉とかを食べた覚えがありません。
全ては、あの料理本から始まりましたね。

もう何年も酢豚を作った事がないんだけど、皆さんのコメントを読んでいたら、あの食欲をそそる揚げ豚を食べたくなりました。
パイン抜きで作ってみようかな。
2013/03/16(土) 18:52 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

「酢豚パイン」は少なくとも、私の子どもの頃はまだ一般的な話ではなくキワモノの類で「酢豚にパインが入るらしい」、「えーっ?!」みたいな感じでした。小学生くらいの頃ですかねぇ、テレビで映るようになってから「酢豚にパインは普通」という認識になっていったと思います。

我が家はそこまで海産物に終着がなかったので、カニ缶なるものを初めて食べたのは小学校3年生の時でした(笑)
母がスーパーのお歳暮の解体市で気が向いて買ってきたのを食べたのが最初だったんですが、そこまで…みたいな感じでしたね~。恐らく、安いやつだったんだと思います。

う~ん、私も家で酢豚作るならパイン入れないですかね。本格的にしようと思っても、家の台所や素人の腕で出来る事は限られてますし、それなら無難な味付けで…という感じです。
2013/03/15(金) 23:52 | URL | kz-1 #-[ 編集]
はやとうり さん
こんにちは。

パイン、無理に入れなくても良いわけですよね。
でもそうなると、あの変な酸っぱさを何で表現すれば良いんだろ?と考えて、完全にあの味がインプットされてるのに思わず笑っちゃいました。

あ、はやとうりさん、フルーツサンド嫌いでしょ。
私もあれはダメなのね。
食事だかお菓子だか分からないところが許せない(笑)
どっちかハッキリして!って感じ。
2013/03/15(金) 15:03 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはようございます♪

成程ね~~皆さんの意見が非常に興味深いです(笑
酢豚にパイナップル缶入れるにはそれなりに意味があるのですが無理に入れる必要はありません

りんごも意外と色々な料理に参加しますね
中には相性が良い物もあります
多分彩では・・・人参よりは綺麗??

ポテサラにみかんねぇ・・・サンドイッチにもフルーツサンドなる物がありますね
食の好みって様々ですね =^-^=
市販のポテサラ缶詰のみかんを入れるのは好みの方もいるのでしょうね
材料費安いし手間はかからないし(笑
2013/03/15(金) 09:40 | URL | はやとうり #-[ 編集]
チルさん
こんにちは。

チルさん家ってハイカラですね。
焼肉、カレーにパイナップルですか。
今なら結構当たり前かもしれないけど、私の頃にはそういう発想が無かったわ。
タッパーに入れて冷凍は美味しそうですね!
今度やってみようかな。

カニ缶
ほぐし身で450円くらいだったかな?
昨日食べた「紅ずわいがに」の罐詰とは、比べものにならない物でしたね。
2013/03/14(木) 15:16 | URL | 万見仙千代 #HUwex6NQ[ 編集]
もふもふさん
こんにちは。

酢豚パイン問題は永遠です!
っていうか、パインが嫌っていう人が多いのを全然知らなくて、自分の味覚がおかしいのかな?って考えてました。

あの料理本、結構便利な本で和洋中何でもござれ、文字通りボロボロになるまで使ってました。
何しろ結婚生活の始めに買ったもんだから、こうあらねばならない!みたいな感覚で料理を作ってましたね。
紹興酒も買ったことだし、久ーしぶりに酢豚作ってみようかな。パイン抜きで(笑)
私の買ってたカニ缶はとにかく1番安いので、カニの身の形をしてませんでしたっけ・・・
2013/03/14(木) 15:10 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
こんにちは。

「はっちゃき」は当たり前に使っていた言葉だけど、方言だとは知りませんでしたよ。
「灰寄せ」は佐久に来てから知って、世の中には色んな風習があるもんだとビックリ!

おばちゃんは、ミカンの罐詰派ですか。
あのまま食べるのは好きなんだけど、料理に入れるのはどうもね~
カニ缶、私も全く買わなくなりましたね。
灰寄せの引き出物って豪華だから、あんな高いカニ缶が入ってたのね。
2013/03/14(木) 15:01 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
缶詰のパインは、ちょっと人工的な甘さですよね~
大人になってからは、しつこい甘さは好まなくなりましたが、子供の頃は、パインが入っていると争奪戦でした♪
酢豚以外にも焼肉のケチャップ和えやカレーにも入っていました。夏はタッパーに入れて冷凍にして食べてました♪
カニ缶は滅多に口に入りませんでした。
粉々のほぐし身でも高額なので、カニかまや竹輪、エノキなどで代用した料理になってました。
2013/03/14(木) 13:02 | URL | チル #LKe1HGjQ[ 編集]
おはようございます^^
「酢豚パイン問題」ですね。私も缶詰のパインはダメですが、生ならOKです、
って言うか何か果物が入らないとダメです。
1番のお気に入りは洋梨、去年初めて作ったイチゴも良かったですよ。
パイナップルはいつでもあるので便利ですね。

仙千代さん、真面目なんですね~。レシピ通りを守るなんて。^^)
酢豚、ぜひ紹興酒を使って作ってみて下さい。美味しいですよ。

カニ缶は恐ろしくてほとんど買ったことがないです。
私は卵料理があんまり好きじゃないので、カニ玉も作らないんですよ。
たまーにカニかまぼこを入れた卵とじみたいなのを、チキンラーメンにのせて食べますが。

同じ意味で「ひっちゃき」と言いますね。この頃はほとんどそうならすに暮らしてますが。
2013/03/14(木) 10:17 | URL | もふもふ903 #-[ 編集]
No title
『はっちゃき』『灰寄せ』初めて聞きました。v-12

おばちゃんもパインが入っている酢豚は好みません。
ですが、みかんの缶詰は殆んどのサラダに入れます。
カニ缶は随分とご無沙汰です。v-393 
2013/03/13(水) 23:41 | URL | 『おばちゃん日記』のおばちゃんです。 #-[ 編集]
らざーろさん
こんばんは。

酢豚パイン
何回か書かれてましたね。
確かに奥深く根深い問題です。
話の持って行き方によっては、戦争になるかも(笑)

ポテサラに罐詰ミカンですか。
私は小学校での調理実習のトラウマで、ポテサラにリンゴもダメです。
もちろん罐詰ミカンもね。
2013/03/13(水) 22:46 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

「酢豚パイン問題」は、私も取り上げたことがありますが、
非常に根深く解決には時間がかかりそうです。
居酒屋でトークテーマにすると、結構盛り上がります。

ちなみに私は、自分で作るようになってから、
パインOK派に転向しました。
「ポテトサラダに缶詰のみかん」は、絶対に許せません(笑)。
2013/03/13(水) 22:02 | URL | らざーろ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード