FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

アマゾン 対 日本の古本屋、さあどっち?!

毎日欠かさず伺っている 、「今日も明日も、マリリン日和」 

保護っ子仲間のマリリンちゃんが、車イスをかっ飛ばして生活している様子が可愛くて、こちらも思わず父ちゃん母ちゃんの気持ちになって、(ウンウンそうだよね) と思いながら読んでしまいます。

そんな中、今日の記事 →  『ガソリン生活』

伊坂幸太郎さんという作家さんの 「ガソリン生活」 という本について書かれています。
私、この方を全然知らなくて、でもとっても面白そうで、早速、佐久図書館で検索してみると、4冊の所蔵が全部貸出し中。

人気のある方なんですね。
ガッカリ~

そこからの手順は決まっています。
次にアマゾンで検索。
中古が900円代で送料が250円。

次に 「日本の古本屋」
1冊だけありました。
北広堂書店さん → (北広堂書店

値段は1000円
送料は、「郵便局の冊子及び郵パックの安価な法を選択」 だって。
そこんとこ、ハッキリしようよ。
送料って (私にとって) 結構大問題なんだから。

グググッとアマゾンに傾いた私の心を引きとめたのは、北広堂書店さんの詳細。

取り扱い分野
社会科学、自然科学、国語国文、趣味、古書一般(その他)
連絡先
〒086-1005
北海道標津郡中標津町東5南1-1
TEL:0153-72-5288
FAX:0153-72-5288
店舗情報
沿線名:阿寒バス
沿線駅:阿寒バス 中標津町市街 東5条下車
営業時間:午前11時から午後7時 定休日:不定休・遠方の方来店には連絡を


北海道、中標津、阿寒バス。
何かもう、ふるいつきたくなるようなシチュエーションじゃないですか。
おまけに、

北海道東部、ヒグマと昆布・牛に囲まれている 古書店。動植物の自然と環境の専門店を考えています。

なんて書かれると、そのお店の前に立ってみたい、入ってみたい、古書の匂いに囲まれてみたい、と堪らなく思ってしまいました。

決めました。
図書館の本を待つのは嫌だし、北広堂書店さんにキマリー 

毎度繰り広げられる、「アマゾン」対「日本の古本屋」の対決。
今回は日本の古本屋ということになりました。
いくつになっても、新しい本を注文する時のワクワク感は変わらないものですね 


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



コメント
はやとうりさん
こんにちは。

残念ながら、古本屋さんはアマゾンに負けてる感じなんですよ。
でもね、この名前に弱くってねぇ。
佐久に古本屋さんが無いせいもあって、ものすごく憧れるんですよ。

送料、大問題ですよね!
ネット販売って、送料の表示が分かりにくい店が多くて、改善してもらいたいです。

って、はやとうりさん、ゆっくり寝てなくて良いの?
おかしゃんが元気じゃないと困る子が、4匹と1人いるんだから、くれぐれも無理をしないで下さいね。
2013/08/29(木) 15:52 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
マリリン母 さん
こんにちは。

いえいえ、どういたしました。
素敵な本を紹介していただいて、ものすごく嬉しいんですよ。

「日本の古本屋」 これだから見るのを止められないんですよねぇ。
日本全国、え!?こんな所にも??っていうほど、古本屋さんがあるんですよね。
本当に 「遠くからはるばるやってきた本」だと思うと、匂いまで違って感じられます。
北広堂さんと連絡が取れたので、早速明日、お金を払い込みます。
ワクワクですね。
2013/08/29(木) 15:47 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
らざーろさん
こんにちは。

中標津は大都会!!
私なんて元道民だけど、「ヒグマと昆布・牛に囲まれている古書店」なんて聞くと、v-10な顔になっちゃいますよ(笑)
ちょっと調べたら、中標津って人口25000人弱じゃないですか。
それで古書店があるなんて羨ましい限り。
佐久なんて無いのよ~

マリリンちゃん、とっても可愛くて父ちゃん母ちゃんの愛がびっしり詰まったブログです。
ぜひ秋の夜長にじっくりお読みくださいな。
2013/08/29(木) 15:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪

私はアマゾンでの取り寄せが多いですね
こういう選択肢もあるのですね

ゆうパック等だと大きさにもよりますが送料250円くらいからです
読者にとっては送料は重要ですね(笑
2013/08/29(木) 10:16 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
ご紹介してくださって、ありがとうございます!
どんな記事かな?と拝読すると・・・
な~るほど~!!
万見仙千代さんにしか書けない色の記事ですねi-228
店舗情報に注目してお選びになるとは、おもしろい!
お店に思いを馳せ、そこからはるばるやってきた本だと思うと、
読書が数倍楽しくなりますね♪
『ガソリン生活』に興味を持ってくださって、ありがとうございますi-267
2013/08/29(木) 09:55 | URL | マリリン母 #js9RoYV.[ 編集]
No title
こんばんは。

小樽のあと、「弟子屈」に住んだことがある私にとっては、
「中標津」は大都会です。

ただ、道外の方にとって、
「標津郡中標津町」と聞くと、どのようなイメージが湧くのでしょうね。
きっと、そのイメージを逆手に取った宣伝文句だと思うのですが、古書店の店主さん、センスありますね。
機会があれば行ってみたいと思います。

そして、リンク先のマリリンちゃん。
あー、過去記事がいっぱい♪。徹夜して読んでしまいそうです!
2013/08/28(水) 23:25 | URL | らざーろ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード