FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

佐久長聖高校の両角先生

今朝の新聞に、「両角(もろずみ)佐久長聖監督退任 東海大学の監督に就任へ」 というデッカイ見出し。
ええええーー??! と読んでみると、両角先生の出身大学は東海大学。今年、成績が振るわなかった母校を見た事と、同じ東海大出身の柔道の山下さんなどからも頼まれて決心したようだ。

佐久長聖高校駅伝部とは(勝手に)浅からぬご縁がある。
佐久に引っ越して間もない時、犬と一緒にあちこち探検して歩いていて、とある不思議な空き地を見つけた。

かなりの広さがあるその空き地には、周りにオートレース用のコースみたいな道があり、真中は芝生広場、外周の緑地にはどういう訳か山羊が数匹放し飼いにされ平和に草を食んでいる、犬の散歩には最適な空間だった。

何度も通ううち、午後4時頃になると細身で華奢な体のお兄ちゃん達が何人も走ってきて、そのコースを回り始めるのが分かった。みんなコースの入り口できちんと一礼し、私のような赤の他人にも 「こんにちは!」 と大きな声で挨拶してくれる。それが、佐久長聖駅伝部との出会いだった。

後で聞くと、そのコースは両角先生がコツコツと手作りされた道とのこと。犬は入っちゃいけない!などと、どこかの公園みたいなケチな事は一切言わない、心の広いコースなのだ。

両角先生が佐久長聖高校に来た時、駅伝部はまったく無名で、みんなの理解を得るため先生自ら色々なレースに出場して高校の名前をPRした、と前に読んだことがある。

そして、今年の箱根駅伝は佐久長聖高校のためにあったようなものだった。佐久長聖出身の選手だけでチームを作ったら、ぶっちぎりの優勝だったのではないか。その選手たちを一から作り上げていったのが、両角先生だ。

思い起こせば数年前、雪が激しく降り前も見えない様なある日、私はまた犬を連れて件の空き地に行った。するともう両角先生がいて、小さな除雪機で雪かきをしているではないか! それもたった一人で。
その姿には本当に感銘を受けた。

だって本当に大雪で辺り一面真っ白で、コースも全然分からない位だったのだもの。そんな日に犬と散歩する自分も褒めてやりたいけれど、両角先生はもっとスゴイでしょう?
この先生の姿が、ああいう立派な選手たちを育て上げた訳だ。東海大学へ行っても、素晴らしい選手たちを育て上げるに違いない。

来年の箱根駅伝では、東海大学を応援しよう。それと、今年シード権争いでかなり箱根駅伝を盛り上げた國學院大学は我が子の母校なので、そっちも応援しなければ!


頑張れ両角先生!と思われた方、クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
こちらにもよろしく。
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード