本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

やっと 「虚空蔵山烽火台」 に行ったけど・・・・

2回もたどり着けなかった 「虚空蔵山狼煙台」
今日、やっと行って来ました。

今度は事前に 「らんまる攻城戦記」さんの記事じっくり読んで勉強、ナビには 「多福寺」 と入れ、用意万端整えて出かけました。

見えてきたあの山が 「虚空蔵山」だ、間違いない!!
こくぞう山

何とも分かりずらい道を通り、やっと見つけたお寺の駐車場に停めさせてもらって、いざ頂上を目指します。
標識もちゃんとあったわ。
こくぞう山標識

登り始めてまもなく、不動堂があります。
こくぞう山??

登り道のあちこちに、こんな石造物。
こくぞう山?

ここからどんどん道は急になってきて、高度が上がっていきます。
枯葉が敷き詰められ、滑りやすくなって歩きずらいったらない 
靴がね、靴が悪かったんですよ。

何のつもりか、私は買ったばかりのこれ → (MBTのスニーカー) を履いて行っちゃったんです。
腰痛に良いって聞いたもんで、いつも散歩にはこれを履いているんです。

それがまさに裏目に出て、靴底の一部しか地面に付かないし、枯葉で滑るし、結構急だし、もう大変 
考え無しの私 
道はかなり急だったけど、それでも頂上まではあっという間で、上には展望台がありました。
コクゾウ山展望台

そこからの景色は絶景 
ここに烽火台を置いたのが、十分頷けます。

西方のアルプスは、こんな風に見えました。
家から見えるアルプスとは、山が違いますね。
こくぞう山からのアルプス

北には浅間山。
こくぞう山からの浅間

東の方には平尾山。(右側の山)
山裾に見えるのが、パラダです。
平尾山

さて、下る時がもっと大変。
フラフラする不安定な靴底で、本能的に危険を察知した私。
仕方なく靴を脱いで、靴下のまま下りました。
もう足はガクガク、臀部が痛い 

変な筋肉を使ったんですね。
歩くのに精一杯で、せっかく勉強していた堀切跡もなにも分からずじまい。
こんな靴で来るなんて本当にバカ!
深く反省して、またチャレンジしてみたいと思います。

ちなみにすずも、いつもとは余りに違う場所に興奮して、ウ〇チどころではありませんでした。


クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
コメント
らんまるさん
お恥ずかしい限りです(汗)
せっかくブログを見て、勉強して行ったのになぁ。

平尾山、一度頂上まで登ったことがありますが、胸突き八丁のものすごい急坂でしたよ。
もうね、息も絶え絶えでした。
あんな所に物見砦ですか。
昔の武士は本当に大変。
平尾って、今でも桃が多くて桃源郷って言われてますよね。
お城は守芳院の辺りでしょうか。
平尾氏のこと、今度勉強してみますね。
2013/12/01(日) 15:56 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
はやとうりさん
やっと辿り着けました。
とにかくお寺に行くまでの道が分かりにくくて、これじゃ私には分からないはずだわ。
スニーカーならまだ良かったんですよ。
特殊な靴だったんです。
あんなので山道を登ろうとした私が大馬鹿!!
眺望は素晴らしかったですよ。
佐久平が一望でした。
今度はまともな靴を履いてチャレンジです。
2013/12/01(日) 15:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
あしながおじさんさん
木も全部伐っていただろうし、見晴らしは凄かったでしょうね。
敵が来たら良く分かるし、煙も良く見えたでしょうね。
烽火って具体的にどんな風に上げていたのか、知りたいものですね。
2013/12/01(日) 15:37 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
らんまるさんのブログによると、この辺り一帯にはものすごい数の山城があるんですよ。
一つ一つ踏破したいけど、どれもこれもキツそうで・・・

この靴ね、もちろん定価で買ってないです。
何か月もお店に通い、半額になってサイズもこれしか残ってない時に思い切って買いました。
だって、値下げになっても私の一生の中で一番高かったんだもの。いつも最高で3,980円だからねぇ。
効果のほどは・・・何とも分からないけど、いつもと違う筋肉を使うのは間違い無しです。
2013/12/01(日) 15:34 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
申し訳ありませんが再び爆笑
お疲れさまでした。
そのようなハイカラな靴があるんですねえ、小生には一生縁が無いと思われる靴です(笑)
パラダのある平尾山は頂上部分が物見砦でスキー場の西側が本城となる平尾氏のデッカイ山城です。この人、処世術に長けていて武田に蹂躙された佐久にあっては唯一戦乱を逃れ、彼の領地は桃源郷とまで言われたそうです。

そんなウンチクはさておき、次回は背後の堀切をご見学されますようお祈りしておりますが・・(汗)
2013/12/01(日) 12:10 | URL | らんまる #-[ 編集]
No title
おはようございます♪

虚空蔵山狼煙台 やっとたどり着きましたか
良かった良かった でもスニーカーでは大変なのですね
やはり登山靴??

絶景ですね 空はどこまでも澄んで見えます
お疲れさまでした
今日あたり筋肉痛ですかね
2013/12/01(日) 08:21 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
昔は、家もいまのようになく、どこまでもよく見えたのでしょうね。はやり、佐久は関東へ出る要所としての戦略拠点であったことがよくわかります。狼煙もよく見えたでしょう。
2013/12/01(日) 07:15 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
No title
昔々の人たちは、必死の思いで 
この山の頂上から合図を送ったのでしょうね。
それにしても
万見様は随分とお高い靴を履いておられるのですねv-12
おばちゃんには 購入は無理だぁv-405
2013/11/30(土) 23:41 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード