FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

雑種犬 その2

我が家には1匹の犬がいる。
どこからどう見ても、何の種類が入っているか分からない雑種犬だ。
この子の前にいたのも雑種犬で、2匹ともある愛護団体から譲ってもらった。

その愛護団体の方が嘆いて言っていたことがある。
「多くの方が純血種を貰いたがるんですよね。雑種の成犬が1番貰い手が少ないんですよ」

これは一体どういうことだろう。純血種でも雑種でも、犬は犬だろうに。
雑種だって愛情込めて育てれば、見違えるほど美しくなり聞きわけも良くなる。決して純血種に劣る訳ではない。自慢じゃないが我が家のワンコは、みんなから 「綺麗な子ですね~」 と褒められる。
私もそんな風に褒められると、嬉しくて1日笑顔で過ごせるほどだ。

今いる子は 「いつでも里親募集中」 という日本最大の飼い主募集サイトで巡り合ったのだが、ちょっと前まではこのサイトに載るのは雑種犬が多かったと思う。
ところが最近、チワワ、ミニチュアダックス、プードルなどが本当に増えた。

思うに、一時期のブームでペットショップで買われた子たちが、飼い主の「飽きた」とか「思ったより大変」とかの理由で捨てられる事が増えたのではないだろうか。
こういう子たちが救われる事は、せめて喜ばしいことだと思いたい。でもその陰で収容所の冷たい床の上に取り残され処分される雑種犬が増えてしまっているのではないかと思うと、本当に辛い。
純血種を優先せざるを得ない愛護団体の考えも、とても良く分かるのだけれど。

そもそも日本は、ペットショップやブリーダーに対する態度が甘過ぎる。
もっとしっかり監視して、生体を扱う事を禁止する位の厳しさがあっても良いのではないか。
犬を飼おうと思っている人も、ペットショップに行くその前に、保健所や愛護団体のHPを是非見てもらいたい。

自治体の評価を犬猫の扱い方で評価するのも、一手ではないだろうか。 
いくら教育に力を入れていても風光明媚な観光地を持っていても、犬猫の処分数や飼い方がひどければそこの民度が分かろうというものだ。

「一度飼ったら一生面倒を見る」
この当たり前の事を皆が実行する社会にしなければならない。


よろしければ、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
こちらにもクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

※お詫びです。
この記事は以前UPしたものです。その当時はランキングに参加をしておらず、ぜひもう一度読んでいただきたくて再度UPしようとしたら、失敗して全部消えてしまいました。仕方なく書きなおしたのですが、前の通りにはいきませんでした。
でも、私の気持ちとしてはこの通りです。読んでくださって有難うございました。
スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード