本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

♪ 朝いちばんコワイのは、お掃除のオバサン ♪

昔、NHKの 「おかあさんといっしょ」 で歌われていた (あさいちばん早いのは) の替え歌です。

毎朝、私はこの歌を口ずさみながら、あちこち掃除機をかけます。
例え家族がストーブの前で着替え中でも、洗面台の前で歯を磨いていようとも、どんどん掃除機で押しのけていくんです。

お掃除のオバサンは、最強なんですよ 

勿論、そう思うようになった理由があるんです。
大昔、東京近郊のO田急線の駅に小さなトイレがあって、そこに駆け込もうとすると、いつもいつも見計らったように 「ただいま清掃中」 の看板を立てて、お掃除のオバサンが掃除中だったんです。

かなり大きな駅なのに、トイレは近辺にそこ一つ。
おまけに個室は、せいぜい3つ。
そこを清掃されてると、必死の思いで駆け込んできた人たちは全員アウトなんです。
ただひたすら待つか、ずっと遠い別のトイレまで走るか、二つに一つ。

どういう訳か、オバサンはいつも仏頂面。
みんな何となく怖くて、「使って良いですか?」 なんて口が裂けても言えない雰囲気でした。
お蔭で公衆トイレに入るのがちょっとしたトラウマになってしまい、今になっても、例えば高速のSAのトイレで 「ただいま清掃しています」 という看板を見ると、ドキッとしてしまうんですよ 

もちろん今は、「絶対に使っちゃダメ!」 なんてことはなく、お掃除のオバサンもみんなニコニコと感じが良くて、つくづく時代は変わったなぁと感じる私なんです。

あの駅の狭いトイレと清掃のオバサン、今はどうなっているんだろう??


読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
らざーろ さん
読んでみましたよ 「便所掃除」
すんごい詩ですね!
何か臭ってきて、体中にまとわりついて困ってます。
でも、あんなものなんでしょうねぇ。

さ・す・け・ちゃん♪
そんなことしたら、布団の中に引きずり込んんで、あんなことやこんなことしちゃうぞ~
我が家の雑種のワンちゃんは、「おな~り~」の掛け声とともに一番遅くお目覚めです。
2014/01/18(土) 22:53 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

浜口国雄の、『便所掃除』という詩を思い出してしまいました。

昔の公共施設のトイレは、お掃除オバチャンの奮闘むなしく、ずいぶんと汚かったと記憶しています。
これは、掃除の問題ではなく、「使用する側」の問題なのでしょうね。
最近は、ずいぶんとキレイになってきました。
本屋さんのトイレなど、実にキレイで快適です。

ところで、我が家で朝一番早いのは、「さすけ」です。

♪朝一番早いのは 雑種のワンチャン
 (たらららったらったらった)
 ベッドーに飛び乗ってー、飼い主を起・こ・す
 クンクンククン、クンクンククン♪
2014/01/18(土) 21:51 | URL | らざーろ #-[ 編集]
あしながおじさん さん
こんばんは。

あの頃は、いつ行っても清掃中だったような気がします。
もちろん偶然なんでしょうが。
確かにお掃除の人も大変でしょうが、もうちょっと愛想良くしてくれても良かったんじゃないかな。
怖かったですよ~
2014/01/18(土) 19:15 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
たしかにそんな人いましたよね。それに命の人が。
折角、きれいにしたのに、汚されていたり、大変と思います。
その気持ちもわかります。
2014/01/18(土) 09:43 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード