本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

久しぶりの岩村田裏側回り

今日は暖かかったですね。
午後のすず散歩は、カメラ片手に岩村田の裏側をブラブラ。

まず公民館に車を止め、すぐ近くの荒宿を北に向かって歩きます。
ここは岩村田でも一番早く開けた所だそうです。
荒宿

突き当たりにあるのが、節分の豆まきで有名な 「円満寺」
以前、節分に訪れた時の記事です →  (円満寺の豆まきに行ってみました)  
円満寺

お寺の前を右に曲がり更に左に右に曲がりながら、湯川の方向へ進みます。

右側が西念寺の墓地がある 「西念寺林」、左側が竜雲寺の墓地がある 「竜雲寺林」
ここは 「石並城」 の跡とのことですが、例によって私には良く分からないんです 
西念寺墓地

やがて、見事な切り通しに差し掛かります。
私は、この切り通しが好きなんですよね。
切り通し

切り通し2

通り抜けると、平尾山が正面に見えます。
切り通しから平尾山

佐久からは、かなり目立つ平尾山。
「平尾富士」 なんて呼ばれています。
一度、頂上まで登ったけれど、マジで死ぬかと思うほどキツかったです 
らんまるさまによると、昔は頂上に物見砦があったとのこと。
ああ、その頃の武士じゃなくて良かったぁ。
平尾山

以前はもっと歩いて湯川を渡ってグルリと一回りしたんだけど、すずも10歳を過ぎたことだし、私も〇歳を過ぎたことだし、無理はしないことにしました。

湯川沿いの崖下道を歩きます。
さり気なく、こんな祠も建っていますよ。
祠

持っている地図によると 「横根道」 というそうです。
正面の丘は 「王城公園」 で大井城の跡、大きな欅が目印です。
大井城を望む

左は湯川、右は凄い崖、細ーい道を歩くと、湯川が大きく左に蛇行します。
この辺りを 「精進場」 というそうです。
昔はここで精進潔斎したんでしょうか。
精進場

王城公園下の崖。
こういうのを、田切地形というのかな?
崖

岩村田って、こういう崖の台地上にあるんですね。

ここで、(確か)岩村田でも古いと言われる 「窪小路」 を抜けます。
窪小路

細い細い小路だけれど、昔の道ってこれ位の幅だったんでしょうね。

本当に曖昧な説明で申し訳ありません。
今度は、最近訪れていない 「王城公園」 に行こうと思います。



読んでいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
らんまるさま
どういたしまして。

それにしても「窪小路」 が堀切ですか!!
驚きますねぇ。
もう1本先にある大きな道路が、新しい道だというのは聞きましたけど。
円満寺の西側も掘割ですか。
知らない事だらけです。
まだまだ勉強しなければ。

大井城の記事、ぜひぜひ宜しゅうお願い致しまする。
2014/02/05(水) 21:31 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
地元の方よりも物知りかと・・
固有名詞まで載せていただき、かたじけのうござりまするw

最後の写真2枚は王城と石並城の間の堀切でございますね。円満寺の西側も幅広い堀割りが南北に走り大井氏の居城の外郭の防御構造の一部でした。(今じゃ水田と新興住宅地ですが)

色々と佐久の歴史や文化について学習されているようですね。「お・も・て・な・し・信州」などと戯言をスローガンにする前に、もっと地元の先住民が勉強すべきだと思っております(笑)
そのうち大井城については記載したいと思うのですが、いつになるやら・・・・・・・・・(汗)
2014/02/05(水) 20:41 | URL | らんまる #-[ 編集]
チルさん
こんばんは。

この道、最近通っていなかったんですが、冬は風が遮られるコースで良いんですよ。
もっと通っておけば良かった。
仰る通り四季折々に木々の色が変わり、とっても素敵な光景なんです。
チルさんの所にも祠がありますか。
祠の意味を知りたくなりますよね。
歴史を知ると面白いでしょうね。
2014/02/04(火) 20:38 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
大自然と歴史を感じながらのお散歩楽しそうですね~♪
ダイナミックな切り通しは本当に見事ですね。
季節ごとに木々の姿も変わって同じ道を通っても違う味わいなのでしょうね♪
小さな祠は私の住む川原沿いにも沢山あります。
地図で確認すると新たな発見があるのかも知れないですね♪
2014/02/04(火) 18:00 | URL | チル #LKe1HGjQ[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。

「丘を切って道を通す」 っていう意味でしょうか、切り通しと呼んでいます。
この切り通し、四季折々に色んな景色を見せてくれて、私大好きなんです。
ただ、夜は怖いでしょうねぇ。
昼間でもほとんど人が通らないので、すずと一緒じゃないと怖いかも。
最近、寒さのために足を伸ばせないので、もう少し気候が良くなれば、まだ載せていない所を開拓したいです。
すずが元気に付き合ってくれるので、心強いんですよ。
2014/02/03(月) 16:23 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
かんな さん
こんにちは、初めまして。

佐久の方なんですね!?
おまけに犬を飼ってらして、同じ病院ですか。
それは嬉しいこと。
過去記事まで読んでいただき、有難うございました。
後でゆっくり、かんなさんの記事を読ませていただきます。
ぜひまたいらして下さいね。
2014/02/03(月) 16:17 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪

田舎道って良いなぁ 郷愁に駆られます

切り通し このような道の呼称ですか
初聞きです 私もこのような道は好きです 味わい深いです

すずちゃん 御苦労さま
田舎の散歩道は愉しいよね 
2014/02/03(月) 15:57 | URL | はやとうり #-[ 編集]
はじめまして
「円満寺の節分」を検索していて やってきました。

犬を飼ってらっしゃると知り しばらく過去記事を読ませていただきました。
マンネリになっているお散歩コースの開拓ができそうです。
それと、同じ動物病院にお世話になっているようです。

また伺わせてください。
2014/02/03(月) 14:37 | URL | かんな #-[ 編集]
トカ太さん
こんばんは。

今日は、「目指せ!トカ太さん、らんまるさん」 を合言葉に、私としては精一杯写真を載せてみました。
いつもは途中で面倒になって、必要最低限の写真になっちゃうんですよ。
痒い所に手が届くようなブログを書きたいと思ってるんですけどねぇ。
家に帰って撮った写真を見ると、もっとあそこを撮るべきだった、もうちょっと違う場所を撮るべきだった、なんて反省ばっかりです。
2014/02/02(日) 22:24 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
ものすごく当時の “道” を感じさせて頂きました。

自分では中々見られない、現地の姿のこういう内容大好きです(^o^)

なんて、批評家みたいにエラソーにすみません(^^;

2014/02/02(日) 22:13 | URL | トカ太 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード