本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

力士「雷電為右衛門」の生家に行ってきた  その1

我が家から車で30分ほど走った東御市に、江戸時代の名大関 雷電の生家があります。
知ってはいたんだけどなかなか行けず、今日のうららかな天気に誘われて行ってみました。
いっぱい写真を撮ってきたので、例によって1回ではまとめきれない予感 
よろしくお付き合い願います <(_ _)>



雷電は正式名は 「雷電為右衛門」
明和四年(1767年) に、信濃の国小県郡大石村 現在の東御市滋野に生まれました。
幼い頃からとにかく大きくて力持ち。
17才の時に江戸に出て、江戸相撲に入りました。
天下無双の力士として、16年間27場所にわたり大関を保持し (当時は最高位が大関でした) 9割6分2厘というものすごい勝率をあげました。
雷電は松江藩のお抱え力士になり、引退後は松江藩相撲頭取に任ぜられ、松江市の松平家累代の霊廟の一隅にお墓が残っている。
遺骨は分骨され、故郷大石村に葬られている。

(以上は生家に置いてあったパンフレットを参照しました)


生家の近くには、「雷電くるみの里」 という道の駅があり、そこに車を置いて出発です。
とにかく広大でのびやかな景色。
景色2

辺りの風景

1人と1匹でトコトコ歩いていると、道しるべ発見!
雷電道標

ここは親切な所ですね。
迷わないように所々に道しるべが立っています。
道標3

着きました~
雷電の生家です。
生家

場所を変えてパチリ。
雷電生家

大きな家ですよね。
入り口はこんな風。
玄関

何やら書いてあります。
看板

ハイ、分かりました。
では拝見します。

戸を開けると
内部1

いきなりの土俵です。
さすが雷電の家。
左側には、囲炉裏がきられていました。
囲炉裏

右上を見ると、こんな感じ。
上を見たところ

ここで靴を脱いで、上がらせてもらいます。
奥には雷電関係の品が展示されていました。
展示物

これは雷電の履物。
身長197cm・体重172kgの巨漢だったと伝わります。
雷電の足袋

スイマセン、長くなるので今日はここまでです 
明日に続きますね。



お読みいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
コメント
トカ太さん
こんばんは。

強すぎですよね!
先日、ピエール滝さんの「城下町にいこう」で松江を取り上げていて、雷電のお墓のことも話していて、どうして松江と関係があるの?と不思議だったんですが、お抱え力士だったんですね。

「雷電くるみの里」は何回も立ち寄ったんですが、この辺を歩いたのは初めて。
とっても美しい景色で気に入っちゃいました。
地域の方が誇りに思っているのが伝わってくる場所でした。
それにしても、写真のアップが大変で肩がパンパン。
2014/04/01(火) 22:30 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
ひこぞーママさん
私、こちらに来るまでそんなに知らなかったんですよ。
さすが生まれ故郷の信州だけあって、TVで目にすることも多いんです。
後で詳しく書きますが、この家は功成り名を遂げてから建てた家だそうですよ。
見学自由と綺麗に手入れをされているのには驚きました。

すず、楽しかったのかどうか(笑)
グッタリ疲れちゃったみたいです。
2014/04/01(火) 22:25 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
「9割6分2厘というものすごい勝率」
なんじゃそりゃ~!ほとんど負けなしだったんですね。すごすぎ・・・。

そしてここは良い場所ですねぇ。こんな素敵な所を自由に見学できるなんて最高です。
続きも楽しみにしています(^o^)
2014/04/01(火) 22:08 | URL | トカ太 #-[ 編集]
No title
こんばんわ。
雷電の名前は聞いたことがあります。有名な力士ですよね。
でも、詳しいことは知りませんでした。
家に土俵があったのですね。すごい。
見学が自由なんて、それもすごい。

道しるべの前のすずちゃんがいい感じですね♪
案内犬みたい~(^m^)可愛いです~♪
2014/04/01(火) 21:39 | URL | ひこぞーママ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード