本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

水上は楽しみの宝庫だった! 潜る潜る私たち、土合の駅へ

水上温泉を後にして、私たちは谷川岳を目指します。
どうしても見たかったの、 「一ノ倉沢」 を。
ご存知ですか? 一ノ倉沢。
大岩壁がそびえ立ち、踏破しようとする若者たちをはねつけ、今までの死者数が何と800人以上という恐ろしい山です。

ところがホテルで聞くと、現在、一ノ倉沢を見られる地点まで車は入れず、谷川岳ロープウエイの駐車場から徒歩1時間だって 
とっても無理無理 
というわけで、ロープウエイの辺りで食事をし、山を眺めて諦めようということに。

車を走らせていると、どういう訳か駐車場の入り口が分からない 
その瞬間、私たち一族はコロッと考えを変え、目的を 「土合駅」(どあいえき) に定めました。

これが土合駅の入り口です。
なかなか立派じゃないですか。
土合駅大

土合駅は、谷川岳登攀を目指す人たちがワンサカ訪れた駅で、昔はそれはそれは賑わっていたらしい。
今は無人駅になってますけどね。
土合駅3

中に入って、これを取ります。
切符
これ無料ですよ。
入場料もいらないの。
JR 太っ腹!

こんな不気味な通路が迎えてくれます。
通路

他にも観光客が結構いて、みんな怖さ半分、期待半分という感じで歩いています。
途中、きれいな川を渡ると、さあ、いよいよ日本一の地下駅への階段が始まりますよ。

私が撮った写真だと、こんなに明るくなっちゃうの。
土合駅5

だけど実際は、こんな感じ・・・もうちょっと明るいかな?
でも不気味さは、こんなもんです。
doai2.jpg
文字通り、地底まで続くんじゃないかという階段、その数 462段
怖いでしょう? 不気味でしょう?

ただひたすら下りる下りる。
途中で止まると怖くなるので、止まったりしませんでしたよ。
やーっと着いた地底には、プラットフォームが。
doai3.jpg

ねえねえ、怖いでしょう?
そこにはひっそりと待合室まであるんですよ~
待合室

その隣には、今は使われていない駅員室。
事務室

みなさん、写真を撮ったり線路を覗きこんだり。
なるべく帰りの462段の上りのことを考えないようにしてます。
でも、ずーっとここにいる訳にもいかないし、ちょっと気が遠くなるけどあの階段を上らなくちゃ。

こんな看板が励ましてくれます。
土合駅7
ファイト! またお日様を拝むぞーー 

やっぱ遠いなぁ。
登り

ハッキリ言って、血の気が引く感覚を味わいながら必死に上り、やっと最後の1段です。
462段目

ヤッター ヤッター !
励まし 有難う。
残り24段なんか、お茶の子さいさいヨ 
土合駅6

ほらね、もう出口。
出口

待合室に辿り着き、ちょっと血の気の引いた頭を治すため、ポカリを飲みました。
ウーン、全身を栄養分が巡る気がする。

それにしてもこの駅、昔は山男が上ってきて更に登山をしたわけでしょう?
有り得なーーい 

それに、もっと大変なのは駅員さんじゃないかな。
しょっちゅう列車が来たわけでもないでしょうし、いちいち上り下りしたのかな?
それとも、あの地底の駅員室にいたのかな?
どっちにしても地獄でしょう。  

最後に土合駅、全て綺麗に清掃されていて、トイレなんてウォームレットよ。
無料だし清潔だし話題性もあるし、水上にいらした節はぜひとも924段を歩いてみて下さい。
あー満足だった 

長い長い日記、お読みいただき、有難うございました。
クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
コメント
はやとうりさん
土合駅を見て、少しは気が紛れたでしょうか?
駅前 (というか、ただの空き地) の寂れ具合と駅の状況がぴったりマッチしていて、本当に小説の舞台になりそうな感じでした。
筋肉痛は大丈夫だったけど、ちょっと気が遠くなる感じがしたのは何者かのせい?
なにしろ800人以上が亡くなった岩壁の最寄駅っていうのが、色々感じさせる駅でした。

2014/05/30(金) 18:41 | URL | 万見仙千代 #nB5pIzxY[ 編集]
ひこぞーママさん
すずは本当に災難でした。
車に乗って一緒に行ける!って喜んでたら、お風呂だもんね(笑)
ギャラリーはワアワア言うし、いつも静かな生活をしているすずには刺激が強すぎましたね。

土合駅、凄いでしょう?
話は聞いていたけど、ここまで凄いとは思いませんでした。
確かに大勢で行ったら、怖楽しいですね。
小さい子供さんも元気に上り下りしてました。
下りた以上、上らなきゃ絶対に帰れないし、もう必死でしたよ~
2014/05/30(金) 18:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは

土合駅 凄いですね 本当に不気味です
この様な所は見たことがありません
後で筋肉痛にはなりませんでしたか
魅力的な駅ですよね
2014/05/30(金) 17:27 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
こんばんわ。
とても楽しい旅行になりましたね♪
すずちゃんの入浴シーン、楽しく拝見しました。(^m^)
すずちゃんは大変でしたね(笑)
この駅、すごいですね!
確かに不気味だわ~。
一人じゃ無理です。
でも、みんなとなら恐る恐る楽しいかも。
これを往復されたのでしょ!?すごい!
お疲れ様でした(^-^)m
2014/05/30(金) 00:11 | URL | ひこぞーママ #-[ 編集]
JUNxxxさん
ここね、一人じゃ無理よ。
仲間がいるからこそ、ちょっと笑いも出るけど、一人じゃ顔も引きつっちゃう。
夫は昔、山男で、この駅には数回来たらしいけど、駅前にはお店も在ったそうですよ。
今は廃屋になったお店があって、一層寂れ感が溢れています。

すず、やいのやいの騒がれて、もう大変(汗)
疲れ切ってしまいました。
2014/05/29(木) 22:19 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは☆
なんか面白そうですね、土合駅 って♪
実際行ったらビビリの僕は不気味さに耐えれるだろうか…一人だったら無理かな^^;
↓すずちゃん、モデル撮影会だったとは(笑) お疲れになるわけですね☆
2014/05/29(木) 19:35 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
sheepさん
あの谷底みたいな所に待合室があるのには驚き。
現役の駅なんだなぁって。
あんな駅員室にいたくないですよねぇ。
私、(こんな所にいたら、何といか絶望感に苛まれそう)って感じましたよ。
あと、駅員室の荒れ具合を見て、(使われないとこんな風になってしまうんだ) とも感じました。
誰が荒らしたの? いやあ怖い!
2014/05/29(木) 14:18 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
かんなさん
お疲れ様でしたね。
気を遣われたことでしょう。

クライマーズハイ!
私、読んだことがあるような無いような。
どっちだっけ??
昨日食べた物も忘れるくらいだから、どうしようもないわ。
これを機会に、また読んでみようかな。
クライマーズお馴染みの駅なんでしょうね。
暗さはもうちょっと明るかった気がする(笑)
それにしても、決意と勇気は絶対に必要ね。
あそこを一人で行き来しろと言われたら、気絶したふりをするわ。
2014/05/29(木) 14:13 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
らんまるさま
まさしく 「奈落の底へ」 って感じでしたよ。
下りながら、ふと 「帰りはこれを上るのかぁ・・・」 と思って、なるべく考えないようにして黙々と下りました。
疲れるだけじゃなく、ちょっとコワイのよね~
観光客さんがチラホラいたから良かったけど、一人じゃ絶対にダメだわ。
それにしても、こんな駅、よく作ったもんですよね。
2014/05/29(木) 14:05 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
結構、怪談噺はあるみたい。
なにしろ谷川岳の最寄駅でしょう?
遭難した方の遺体を置いたとか何とか。
真偽のほどは分からないけど。
私、立ちっ放し以外は結構大丈夫なんですよ。
ちょっと右膝が痛んだけど、たいしたことはありませんでした。
おばちゃんも来られることがあれば、ぜひ潜ってみて下さい。
2014/05/29(木) 13:59 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
え~ ここ 土合駅
初めて知りましたが
駅員さんがあの駅員室にホントにおられたんですよね~
いや~ こ わ い 
この薄暗さと階段数・・・

2014/05/29(木) 10:59 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
お久しぶりです
こんにちは 普通の生活に戻り伺う余裕が出てきました(笑)

土合駅!!
横山秀夫さんの『クライマーズ・ハイ』の冒頭に登場した駅!
印象的な描写にイメージは膨らんでいましたが、
実物のこんなに、丁寧な写真と実体験に基づく解説を拝見して、
感動しています。
今でも使われている駅なのに、なんであんなに暗いんでしょう?
利用には体力以外に勇気がいるんですね。

往復の階段歩行お疲れ様でした。筋肉痛…腰は大丈夫でしたか?
2014/05/29(木) 10:15 | URL | かんな #-[ 編集]
下ってからまた上るのは大変!
比高差70mって、結構大変ですよね。土の地面ならまだしもコンクリートの階段じゃ足にかかる負担も違います。

下りは「奈落の底へ」って感じでしょうか?そして上りは一筋の光を求めて「天国への階段」かしら(笑)
ダイオウイカや深海魚の気持ちが分かりそうな光景です。
お疲れ様でございましたあ!
2014/05/29(木) 07:24 | URL | らんまる #-[ 編集]
トカ太さん
土合駅
噂には聞いていたけどスゴイですねぇ。
マジで頭の血液が薄くなりましたよ。
結構人が来ているのね。
みなさん、良くご存じで。

トカ太さんに褒めていただけると、嬉しいです v-410
2014/05/28(水) 22:56 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
怪談話の2つや3つはありそうですねv-405
お写真を見ただけで、ぞぉ~とします。
ところで、万見様は杖無しでですかv-361
おばちゃんなら、バンジージャンプだけではなく、
この駅巡りも無理ですv-393
2014/05/28(水) 22:45 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
No title
おおぉ、土合駅。
お疲れ様でした(^^)

臨場感たっぷりで読みやすくて全然長く感じず、すらっと読めちゃいましたよ(^o^)
2014/05/28(水) 22:37 | URL | トカ太 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード