本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

岩村田 「子育地蔵」 のこと

昨日の 「蔦石」 に関連したことです。

昨日の文献には、『40人の乳幼児の霊を慰める 「子育地蔵」 が建てられました。この地蔵は現在郵便局横に移動しています。』

という後日談が書いてあります。

この子育地蔵は、しょっちゅう利用する郵便局のすぐ横にあるので、前から存在は知っていました。
いつもきちんと手入れが行き届き、近隣の人たちにとても大事にされているのが分かります。

子育て地蔵

説明板がありました。
子育て地蔵説明板

これには間引きの事は何も書かれていませんね。

ただ、もうずい分前の事ですが、たまたま通りかかった時、お祭りとまではいかないけれど、かなり盛大にお飾りをして人が大勢集まり、何かやっていたんですよ。

その時は通り過ぎてしまったんですが、あれはもしかしたら慰霊祭を兼ねたお祭りだったかもしれないと思うんです。
これはあくまで私の想像です。

もしかしたら、11月4日だったんじゃないだろうか?
旧暦かな?新暦かな?
もう少し情報を集めて、その時期に訪ねてみようと思います。

ただ、私の考えでは、悲惨なことが行われたのは蔦石の所。
冥福を祈るには、やはりその場所で行うのが筋じゃないかと思うんだけど。
どうして移ってしまったのかな。
スポンサーサイト
コメント
sheepさん
8月に地蔵盆ていうのがあるんですか!
仏教系の行事は、さっぱり知らないんです。
良いことを教えてもらいました。
お寺の住職さん!
何か敷居が高そう(笑)
このすぐちかくにある、結構大きなお寺さんなんです。
古いことも知ってらっしゃるんでしょうね。
この冊子を書いた金澤先生がご存命なら何でも聞けたんでしょうが、残念ながら亡くなってしまわれたようなんですよ。
2014/06/21(土) 18:31 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
やっぱりあまり言いたくないのでしょうか。
暗い話題はなるべく触れないようにして、いつの間にか子育て地蔵になったのかもしれないですね。
私も、この冊子を見るまで全然知らなかったし。
このお地蔵さんがあるのは、かつての佐久平でも中心地で、お祀りをしやすい場所なんです。
一度だけ見たお祭りを、次はしっかり見てみますね。
2014/06/21(土) 18:27 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
私にはその経緯はさっぱりわかりませんが
近隣の方達で綺麗にお祀りされているのは何よりですね
地蔵盆は8月ですが
別にそのお祭りがおこなわれているのであれば
慰霊祭をされていたのでしょうかね
お寺さんが管理されているのなら、
そこのご住職に尋ねるものいいかもですね。。。
2014/06/21(土) 14:39 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
No title
悲惨な史実ですが、
食い口を減らす目的での間引きは正当化されていたようですね。
本来は、間引きされた40人のお子たちの霊を慰めるための
お地蔵さんでしょうに 何故に 
安産子育てのお地蔵さんにv-405 

このお地蔵さんが、間引きされたお子たちと
無縁なら分かりますが、くさいものに蓋でしょうか?

2014/06/20(金) 23:52 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
つねまるさん
やっぱりそう思いますよね?
どういう理由で移したのかな。
今の所の方が賑やかで、昔の中心地だからかもしれない。
何にしても、簡単に地名を変えたり場所を変えたりするのは、あまり好きではないんですよ。
2014/06/20(金) 20:55 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。
事情があって移動したにせよ、やはり、史実は伝えて欲しいなあ…と思います。お地蔵さんも不本意じゃないのかしら…。
2014/06/20(金) 20:19 | URL | つねまる #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード