本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅 3 「小樽市総合博物館 本館」

北海道から帰って今日で2日目、とにかく疲れるの 
腰痛もひどくて、お馴染みの整骨院に飛び込んで、みっちり揉んでもらいました。
効き目は新たかで、ずい分楽になりましたよ。
そういえば、年を取ると疲れが翌々日に出るというけど、これって本当なのね。

4泊5日の北海道滞在中、目いっぱい色々な所を駆けずり回ったんだけど、私は声を大にして言いたい!

小樽市手宮にある 小樽市の総合博物館本館  

ここは一見の価値がありますよ~
私は全然、鉄ちゃんじゃないけれど、とっても見学し甲斐のある所でした。
埼玉にある鉄道記念館とは比べものにならないんだろうけど (行ったことが無いんですよ)、ほとんどひと気の無い博物館で歴史ある列車を独り占めですよ。

北海道の鉄道の歴史はここ手宮から始まりました。
この地ならではの歴史的遺構の数々が館の内外で、静かに時を語っています。
(パンフより)

手宮は、北海道で最初に汽車が走った記念すべき場所なんです。
私も少しだけど生き証人の一人。
小さい頃は蒸気機関車が当たり前、高校2年からの1年半は、当時の国鉄に乗って学校に通ったんだから。

まず、博物館入り口です。
博物館ゲード

これが 「総合博物館」 の建物。
昔はひっそりと古い車庫があって、外側からやっと覗き見るような所だったんです。
立派になったものだわぁ。
博物館建物

受付で入館料400円を払うと、こんな入場券をくれます。
わー! これって昔の固い切符じゃん 
入場券

中に入ると、いきなり迎えてくれるのは 「しづか号」
かつては、「義経号」 か 「弁慶号」 とセットになって飾られていた列車です。
しずか号

説明板ね。まったくブレてるし・・・
しづか号説明板

しづか号2

今はね、中に乗れるのよ!
しづか号内部

後ろに従う客車は、ファーストクラス。
しづか号客車外観

中はこんな風になっていました。
見て下さい、この天井の見事な細工。
ちゃんとストーブもあったのね。
しづか号客車

しづか号の横には、駅員さんの制服が飾られています。
駅員制服

ざっと中を見学すると、今度は屋外展示に移ります。
外に並んでいる、私も知っている機関車3台。
屋外展示列車

真ん中は、多分、小さな私も乗った蒸気機関車。
右は函館に行くときに乗っていたディーゼル機関車 「北海」。
そして左側が、北海道で初めて走った電気機関車です。

赤い電車

これが初めて北海道を走った日、私は通学の為に乗ったんですよ。
正面に、2本の日の丸を交差させて駅に滑り込んできたのを、よーく憶えています 

まだまだ書きたいことがいっぱいの博物館、張り切って撮った写真を載せきれないので次回も続きます。
もう飽きたなんて仰らず、宜しくお願い致しますね。
スポンサーサイト
コメント
かんなさん
こんにちは。

そうです!
運河から延々と歩くんです。
途中に 「旧日本郵船」 の素晴らしい建物があって、今回も行きたかったんだけど、残念ながら改修中でした。

お二人とも小樽が好き!
有難うございます <(_ _)>
運河だけではない小樽の良さを、みんなに知ってもらいたいと願ってます。
裕次郎さんは、置いといて~(笑)
ワンコがいると旅行は難しくなりますよね。
ずっと車じゃ、疲れてしまうしね。
2014/07/16(水) 15:07 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
ご無沙汰してました
総合博物館、この建物にも館内にも外の機関車にも見覚えがあって
一昔以上前なので名称は覚えていないんですが、行ったことある気がするんです。
小樽の運河の辺りから延々歩いたような記憶が…。

小樽は夫婦共に、特に夫が好きな街で
わんこと暮らす以前には何度か訪れていました。
裕次郎記念館には行ったことないけれど(笑)
2014/07/16(水) 14:11 | URL | かんな #-[ 編集]
はやとうりさん
>他のブログで見たことがない<
本当ですか!?
それはヤッター!って感じです(笑)
小樽の端にあるんですよ。
大昔は本当に栄えた場所で、北海道の物資はすべてここに集まり、小樽港から積み出されたらしいです。

しづか号、以前は中に乗るなんて有り得なかったのに、今は世の中変わりましたね~
体験型になったのかな?
船でも列車でも、こういうレトロな物は素敵ですよね。
2014/07/12(土) 15:54 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはようございます♪

小樽市の総合博物館本館 これはブログで見る限り初めてですね
他のブログで見た事が無い

しずか号 レトロで良いね~~
こんなのに乗ってみたいわ 
私も鉄子じゃないけど鉄道ファンなら喜ぶでしょうね  
2014/07/12(土) 09:03 | URL | はやとうり #-[ 編集]
KZ-1 さん
こんばんは。

裕次郎記念館
あんなの、ポッと出で、昔は影も形も無かったのよ~
ここは大昔からあって、歴史が違うんだから。
(あ、裕ちゃんファンの方、ゴメンナサイ。許して!)
ぜひぜひ行ってみて下さい。
定休日はね、火曜日なの。
大体、月曜日が多いのに、火曜日って珍しいですよね。
お蔭で今回見られたんです。

>JR北海道の駅員さんの冬服姿(コート着用)は日本一カッコイイ<
ええー、そうなんですか。
やっぱり目の付け所が違いますね。
2014/07/11(金) 22:35 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

お、小樽にこんな素晴らしい所が…
小樽で名所らしい名所といえば裕次郎記念館と小樽運河しか無いのでここに行っていなかった事を後悔するばかりです…
これは次回行かねばなりませんねぇ。

>しづか号の横には、駅員さんの制服が飾られています。

マニアックな話ですが、JR北海道の駅員さんの冬服姿(コート着用)は日本一カッコイイ制服だと思います。
正に「鉄道員(ぽっぽや)」という感じで。
2014/07/11(金) 22:24 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード