本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅 8  「小樽・札幌 その他の見どころ」

ずーっとお付き合い願った 「帰省の旅」
今回は、今まで載せられなかった写真を、ズラーッと並べてみようと思います。

まず、札幌編

屯田兵屋を前に載せましたが、実はすぐ近く、琴似神社の境内にも、もう1軒の兵屋が残ってるんです。
琴似の鎮守様 琴似神社
北海道5

そのすぐ横に、古びた兵屋がひっそりと建っています。
札幌1

先に見た兵屋と違い、なんにも手を加えていない暗い屋内。
寂れている言えば言えるけど、この暗さと寂れ具合が当時そのままって感じがしました。
北海道9

そして、翌日高速バスで小樽に向かいました。

バス停近くに、こんな標柱を見つけましたよ。
北海道2

開拓時代、ここに学問所が建てられたようです。
食う物も食わずにいた頃、学問にかける情熱はスゴイものですね。
一生懸命勉強しないと、罰が当たるわ (もう遅すぎるけど)
北海道6

小樽に入り、住吉神社前で降車しました。
もうすぐ、小樽の総鎮守 住吉神社の例大祭です。
小樽中に幟が立てられていました。
行きたかったなー 住吉神社のお祭り。
北海道4

やがて、バスは小樽駅に着きましたよ。
駅前の長崎屋で見つけた ガラナ
これって道民にとっては、人生初のコーラじゃないのかな。
少なくても、私にとってはそうだったな。
小樽1

ここは3日目のお昼を食べた 「藪半」 というお蕎麦屋さん。
母も私も、小樽在住の時には全然知らなかったお店です。
かなりの老舗みたいなのに、何で知らなかったのかな?
北海道3

お客さんで溢れかえっていて、人気のほどが窺われました。
おろしセイロを頼んで、もちろん完食です♪
北海道8

港には、ものすごく大きな客船が入港していました。
豪華客船がどんどん入港して、少しでも小樽が賑わえば嬉しいんだけど。
北海道7

ここは小樽商科大学。
商大

ちょうど創立記念日で、学校はお休み。
でも図書館を見せて下さいました。
ここは資料室にあった、伊藤整と小林多喜二のコーナー。
何といってもこの2人が1番の有名人ですもんね。
資料室

撮りためた写真をズラーッと並べてみました。
明日はいよいよ長野に帰ります。
お読みいただいて、有難うございました <(_ _)>
スポンサーサイト
コメント
JUNxxxさん
こんばんは。

北海道愛というか小樽愛に特化してて、皆さんの参考にならないですね(笑)
ブログって、特に写真のアップが大変で、「あああ、もうイイヤ」 って思うんだけど、本当に記録として便利なんですよね。
あの頃、あそこに行ったんだとか、あんなことしたんだとか。
特に母と行ったことは、将来思い出になりますよね。
前に行った所が今はもう無くなってる、なんてこともありそうだし。
2014/07/17(木) 22:56 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは☆
有意義な帰省の旅だったようですね^^
ブログに書くのは結構大変ですけど、記録になっていいもんですよね。
北海道愛に溢れてました☆
2014/07/17(木) 22:32 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
sheepさん
どうも有難うございます。

母の足が弱くなっているのに愕然!
今のうちに、せっせと親孝行しておかなくちゃ。
それでも、この年で小樽までプチ旅行が出来るんだから、元気ってことですよね。
ダイジェスト、もう何が何だか v-393
sheepさんのホンワカした文章に比べると、ただ羅列しただけでお恥ずかしいものです。
ところで祝詞はうまくいったでしょうか?
2014/07/17(木) 15:20 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
どうも有難うございます。

綺麗に改修された屯田兵屋より、この暗くてひっそりして誰も来ないような建物の方が、当時の面影を残している感じがしました。
そのうち取り壊されるんじゃないかと心配。
今のうちに見られて良かったです。
昔、しょっちゅう通っていた場所にこんな遺産が残っていたなんて、全然知らなかったんですよ。
2014/07/17(木) 15:15 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
トカ太さん
どうも有難うございます!
張り切り過ぎて、撮った写真が250枚ほど v-12
これじゃあ、全部は載せられませんよね。

大型船、「プリンセスなんちゃら」 だったようです。
撮ったのは小樽築港駅にあるショッピングモール。
近くには残念ながら行けませんでした。
ものすごい大きさですよね~
2014/07/17(木) 15:12 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
今回はとっても濃い帰省の旅でしたね
お母様もお元気でよくお付き合いできてよかったです。
ダイジェスト版 うまく選ばれましたね
素敵です。
私だったら なんかダラダラグダグダになりそうですわ(笑)
2014/07/17(木) 13:00 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
No title
先人のご苦労があって、今の北海道があるのですよね。
特に、兵屋を見せていただき、感慨深いものが
あります。
2014/07/16(水) 23:32 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
No title
ダイジェスト版もすごく素敵です。
スポンサーのついている旅行雑誌よりよっぽど現実感がありますよ。

なんと言っても、全く海面が見えないのに、大型船がすぐ近くに写っているのが衝撃です(*o*)
2014/07/16(水) 23:24 | URL | トカ太 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード