本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

中山道を西へ 2

9月5日にUPした、「中山道を西へ」 の続きです。
2回目もよろしくお願いします <(_ _)>

と言っても、白山様にお詣りしてから普通に家に帰っただけなんですけど、途中、中山道沿いに小さいお稲荷さんがあるんです。
「荘山稲荷神社」 といいます。

ここも、近所の方が手入れをされているんでしょう。
雑草が生い茂って足も踏み入れられない、なんてことはありませんでした。

中山道に面して、第一の鳥居が。
荘山稲荷鳥居

参道を進むと、第二の鳥居と階段。
荘山稲荷階段

これが拝殿だけど、鞘堂で覆われていますね。
荘山稲荷

まずお詣りしてから、例によってお賽銭用の穴から内部をパチリ。
荘山稲荷内部

小さなお宮です。
目を引いたのは、左右に置かれたお狐さんです。

まあ、どうしたんでしょう。
お鼻も頭も、ガムテープでぐるぐる巻きに!

右のお狐さんも
お狐さん1

左のお狐さんも、同じ状態です。
しかも、つっかえ棒で支えられてるし。
お狐さん2

多分、緊急策として、こんな姿になっちゃったんでしょうね。
どうして壊れてしまったんだろう。
でも仮にもお狐さん、壊れたからって処分することも出来ないだろうし、大事にされているってことですよね、多分。
首に巻かれた縄は何だろう??
スポンサーサイト
コメント
sheepさん
こんにちは。

穴から覗く。
これは私の病気みたいなもので、何でも覗く趣味があるんですよ~ お恥ずかしい・・・
「お手を触れないで下さい」 と書いてあると、触れたくなるし。

お狐さん、可哀想ですよね。
昔、この辺りは寂しい街道添いで、お宮もお狐さんも、その様子をじっと見つめ続けてきたんでしょうに。
2014/09/09(火) 14:53 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
オコジョさん
こんにちは。

そうです!中部横断道の横に鎮座してます。
芭蕉の句碑は・・・・ 気付かなかった。
修復の途中。
そうかもしれないですね。
セメントで固めて、固定してるのかも。
いつか綺麗な姿を見せてもらいたいものです。
Tさんのこと、気になさらないで下さい。
文化会館の建設推進に携わってらしたんですか!
上田に素晴らしい施設が出来て、佐久は置いていかれた感じですね。
2014/09/09(火) 14:48 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。

やっぱり劣化しちゃったのかな。
自然環境の厳しい所だものね。
多分、かなり古いお宮だと思うので、お狐さんも痛んでしまったのかな。
お祭りをやってるという話も聞かないし、でも見捨てられてるわけでもないお稲荷さん。
昔から中山道を見守ってきたんでしょうにね。
2014/09/09(火) 14:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃん さん
こんにちは。

本当に見てビックリ!
ガムテープってとこが、余りにチープでね。
ほとんど話題にも上らないお稲荷さん。
辺りはきちんと手入れをされてるのにね。
お狐さん、息が出来ないよ~ って言ってるんじゃないかしら。
2014/09/09(火) 14:39 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
トカ太さん
こんにちは。

この辺りに詳しい方、最近欠席がちなんですよ。
地震がある訳でもないし、この鞘堂が出来る前に、小高い丘から転げ落ちたか倒れたかしたんでしょうかね。
この小さなお稲荷さんじゃ、氏子さんも少ないでしょうから、修理するお金も足りないのかな?なんてかんがえちゃいました。
2014/09/09(火) 14:36 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
KZ-1さん
こんにちは。

中山道は、我が家から10mも行かない所を通ってるんですよ。
この土地を選んだのは、そのせいもあるんです。
何ていったって五街道の一つですもんね。
北海道生まれの私としては、かなり感激でした。

バシュッと現れるんですか(笑)
遠い昔、ここは集落の外れだったと思われるので、外から襲ってくる魑魅魍魎を防ぐ意味はあったでしょうね。
2014/09/09(火) 14:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
>お賽銭用の穴から内部をパチリ
ってところが 万見さまったら(笑)
でも おキツネさん 気になります
はやく修理されるなりしてほしいですね~
なんだか可哀そう。。。
2014/09/09(火) 12:34 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
おはようございます。
中部横断自動車道のそばのお宮でしたね。
芭蕉の句碑もありましたね。
神狐は神のお使いだというから何か大変なお使いに行って役目を果たす途中で災難にあったのでしょうか・・・
境内にあったのならわかりますが、私が行った時も拝殿のこの位置にありましたから、本当にどうしたのでしょうね。ガムテープでは可愛そうですね。
多分、修復して固まるまでガムテープで固定しているような気もするのですが・・・
それにしても両方というのはおかしいですね。
夫婦仲がいいのでしょうか。

昨日のコメント、Tさんのこと・・・
テナーだったし、あたまの感じが似ていました。文化会館の建設の推進の活動をしていてテレビで見たこともあったのですが、
大変、失礼しました。
2014/09/09(火) 07:54 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
No title
おはようございます♪

おキツネさん 多分劣化しているのでしょうね
これは修理して上げないと哀れですよね

鞘堂で覆われていても隙間だらけですものね
冬は寒いよね 何とかして上げたいね
2014/09/09(火) 07:06 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
2体のお狐さんが可哀想にも思えます。
修理の予定はないのでしょうかねv-390
2014/09/08(月) 23:17 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
No title
このお狐さんは気になりますねぇ。
ぜひ郷土史勉強会で話題にしてみて下さい(^o^)
2014/09/08(月) 23:11 | URL | トカ太 #-[ 編集]
No title
こんばんは。

歩いていける距離に中山道がおありなんですね。
散歩ついでに史跡散策なんて粋なことも出来て羨ましいです~。

>多分、緊急策として、こんな姿になっちゃったんでしょう
>ね。

もしかしたら、夜な夜な現れ旅人を襲う魑魅魍魎の類から中山道を守るためにこの石像からバシュッと出て行って…みたいな妄想をしてしまいます(笑)
2014/09/08(月) 22:42 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード