本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

海野宿 - 重要伝統的建造物群保存地区

北国街道の宿場 「海野宿」 は、東御市にあります。
寛永二年(1625)に開設されました。

海野の集落は中世における東信濃随一の豪族・海野氏の城下町であり、交通の要衝にあたり、毎月6回もの市が開かれていた交通・商業中心地であった。(東御市で作っているパンフレットより)

宿場に入ってすぐ右手に鎮座しているのが、「白鳥神社」 です。
この宿場の横には千曲川が流れていて、木曽義仲は白鳥河原で挙兵したと言われています。

白鳥神社説明板


白鳥神社

きちんとお詣りし、万見家の安泰をお祈りしてからパチリ。

白鳥神社内部

その横には、こんな展示もされていました。
「真田丸」 面白いドラマになれば良いですね。

白鳥神社内部2

私個人としては 「木曽義仲」 が大河ドラマになれば良いなぁ、と思っているんです。
悲劇の主人公であり、義仲四天王の一人 根井行親は、我が家のすぐ近くに館があったんですよ。
勝手にシンパシーを感じている次第です。

それでは、いよいよ宿場に入って行きます。

海野宿1

海野宿2

海野宿3

海野宿4

海野宿5

こちらが本陣です。

海野宿本陣

やはり、他の建物とは違いますね。

海野宿本陣母屋

この海野宿に来るのは、多分4回目くらい。 5回目かな??
最初来た時は、あまりにも昔の風情が残っているのに大感激。
ここは、お店になっている家もあるけれど、普通に暮らしているお宅がたくさんあるんですよ。

特にその日は寒い日で、おまけに雨だったんです。
そのせいか、どの家も戸をピッタリと閉めて、お店かどうかも分からない状態。
そのまま映画の撮影にも使えそうな雰囲気でした。
今回行った時も、お店は派手に看板を出したり張り出したりせず、ひっそりと目立たない感じなんですよ。

「海野宿資料館」 は外せませんね。
このほかに 「なつかしの玩具展示館」 というのがありました。
玩具展示館の中で、面白い絵馬を発見。

北向き観音絵図

先日行った別所温泉・北向観音に在ったと思われる 「三浦屋店頭」 という絵馬。
これは明らかに遊女屋ですよね。
北向観音近くの常楽寺傍に、三浦屋という遊女屋があったんでしょうか。

あまりに観光的に作られ過ぎていない海野宿。
長野にいらした節は、ぜひお立ち寄りください。

スポンサーサイト
コメント
かんなさん
こんばんは。

海野宿の道、オドオドしちゃいますよね(笑)
みんなのんびり歩いてるし。
車に轢かれそうになる私みたいなオバサンも歩いてるし。
今度はぜひお天気の良い時に再訪してみてください。

かんなさんに、そんな風に言っていただけると嬉しいです!
私が他の方のブログで色々な情報を仕入れるように、私のブログを見て参考にしていただきたいと思って買いているつもりなので。
開拓、任せて下さい!って言いたいところだけど、寄る年波で昔ほどの元気が無いんですよ。
2015/04/16(木) 19:36 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんにちは
最新記事の「関連記事」から飛んできました。
以前この記事を拝見して以来、ずっと行きたかった海野宿へ、一昨年、遊びにきていた両親を伴って行ってきました。
あいにくの雨だったので、「この道、車入っていいんだよね??」とおどおどしながら通行。
車窓からの見学だけとなってしまいましたが、素晴らしさの一端は感じられました。
再訪を誓った私達でした。

万見さんのブログに出会えて、訪れたい場所が続々出現し、幸せです。
これからも開拓よろしくお願いします。
2015/04/16(木) 09:34 | URL | かんな #-[ 編集]
オコジョさん
こんばんは。

そうなんですよ!
大昔、私が学生時代に行った時から、妻籠などは作られすぎていて、あまり好きにはなれませんでした。
あの頃は奈良井の方が昔の様子を残していたかな。
今はどうなんでしょう。
海野宿、普通に車が走って来るので、写真を撮っていると轢かれそうになったりして(笑)
小田井も茂田井も、どこに車を置くか分からなくて、なかな行けません。
2014/10/25(土) 20:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
中山道の奈良井、馬篭、妻籠・・・
それぞれに素晴らしく。一度は行ってほしいところですが・・・
余りに観光的な要素が多くて・・・
奈良井から宿場を外れたほとんど人の来ない杉並木が良かったりします。
ここは、中山道と北国街道の坂、素敵なのに人は少ないですね。
だから良いなと・・・
時々散歩に行きます。
でも段々、以前の趣きが減っているような・・・

中山道なら小田井や茂田井が好きです。
2014/10/25(土) 19:01 | URL | オコジョ #-[ 編集]
トカ太さん
こんばんは。

海野宿、趣があるでしょう?
長野全般にいえることだけど、これが東京近郊だったら人が押し寄せるのになぁって。

一昨年、清盛をやってましたね。
木曽義仲は、あの当時のスターの一人だと思うんだけど、いつもスルーされちゃって。
巴御前もいるし、作り方によってはかなり面白いと思うんだけど。
2014/10/24(金) 23:29 | URL | 万見仙千代 #m26ykY1Y[ 編集]
No title
本当に素敵な街並みですね。こういう場所はどんどん全国区の知名度になって欲しいです(^^)

そういえば、長いコト平安~鎌倉期って大河ドラマになっていない気が・・・って、ぜんぜん見てないので分かったようなこと言う資格ないんですけどね(^_^;

巴御前が主役なんてのも面白そうですよね。

2014/10/24(金) 23:07 | URL | トカ太 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード