本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

♪はじまる はじまる 大サーカスだ♪

娘が小学校に上がった時、女性の音楽専科の先生がいた。
その先生は教科書に載っている曲だけでなく、自分が選んで来た曲を子供たちに教えてくれた。

(これは小学1年生にはちょっと難しいんじゃない?) という曲もあったけど、子供達の吸収力はスゴイもので、娘は家でいつもそれらの歌を口ずさんでいた。

特に

♪ペーペレペー ペレペーペレペー  愉快な音に胸は躍るよ♪ 
♪ペーペレペー ペレペーペレペー  はじまり はじまり 大サーカスだ♪

というフレーズが印象的な、とても寂しげな短調のサーカスの歌。
とっても、愉快な音じゃないよぅ。

この曲を知りたくて、つべを探し回ったら、ちゃあんと見つかりましたよ!



題名は 「ピエロのトランペット」
これも、あの 「みんなのうた」 出身の歌で、 「みんなのうた」 って本当に名曲の宝庫なんだな~ と感心してしまった。
元歌がイタリアの曲だということも分かりました。

その他に、「魔法の笛」 なんて曲も習ってきて、後で知ったらモーツァルトの 「魔笛」 からの歌だったりした。

小学校の音楽らしからぬ選曲に私はとても嬉しかったんだけど、最高に感激したのは学習発表会で当時の6年生によって演奏されたハチャトゥリアンの 「剣の舞」
いやあ、本当に見事な演奏で、満場の拍手が鳴り止まなかった。

娘たちもそれを聴いて大発奮。
絶対に6年になったら演奏するぞ!と張り切っていたのに、なんと5年生になった時、その先生は転勤して去ってしまったのですよ。
生徒も親たちもガッカリ。


今になって  「ピエロのトランペット」 を探し当てたから満足なんだけど、曲馬団と呼ばれた昔から、サーカスやピエロってどうしてこんなに物悲しいんでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
つねまるさん
こんばんは。
「北風小僧のかんたろう」
これも名曲ですよね。
作詞者の山川啓介さんは、佐久の松原湖出身で、松原湖を吹きすさぶ風を思い出してこの曲を作詞されたそうですよ。
松原湖に記念碑が建っています。
ニュルンベルグのマイスタージンガーを夏休みをつぶして練習!!
そうなるとちょっと悲惨ですね。
サーカス、ピエロ   本当に物悲しいですよね。
木下サーカス、キグレサーカス
日本のサーカス団、今はいくつくらい残ってるのかしら。
2014/12/26(金) 23:24 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
みんなのうた♪
こんばんは。いつもお世話になっております。
みんなのうた♪は、ほんとに名曲の宝庫ですね。私の頃は「北風小僧のかんたろう」とか「ハメハメハ大王(?)」。
小学校の器楽部では有名な音楽の先生が赴任してきて、ニュルンベルグのマイスタージンガーのオープニングを編曲したのを無理矢理演奏させられ、夏休みは全部つぶれました。今思えば素晴らしい体験なんですけど、当時は辛かったなー。
サーカスやピエロの哀愁は、心惹かれるものがありますね。何でなんでしょう。
2014/12/26(金) 22:44 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
かんな さん
こんばんは。
そうそう!伝道師!!
うまい表現をされますねぇ。
あの先生、次の学校でも音楽好きの子供を育てあげたでしょうね。
そして、剣の舞を演奏して拍手喝采♪
いや、次の曲をセレクトしていたかもしれないわ。

ここちゃん、切ないわぁ・・・
一生懸命アピールするここちゃん。
これはたまらないわ(涙)
その子の為とは分かっていても、親としてはたまらないですね。
「かわいそうなぞう」は、私にとって涙なくして読めないお話です。
2014/12/26(金) 17:18 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。
後で他の保護者さんから聞くと、芸術関係者特有の癖のある先生だった、という話だったけれど、私は直接接したわけではないし、何より子供たちには熱心な先生だったから、それだけで最高でした。
あの先生ほど、選曲が素晴らしい教師は知りませんね。
小学校の教科書より数倍も素晴らしい歌を教えてもらいました。

あの数年間は、親にも子供にも宝でした。
2014/12/26(金) 16:27 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんにちは
題名ではピンとこなかったけれど、聞き覚えのある曲でした。
「みんなのうた」でかなぁ~そこらへんは記憶にありません。

その音楽の先生は伝道師のようですね。
つぎの赴任校でも、音楽の楽しさを広めたんだろうなと想像できます。
これだけの思い出も残っているなんて、素敵な出会いでしたね。

おまけの話ですが、コメントを拝見して…
今、薬の関係で、ななより遅くにフードを与えているここは
ななのご飯タイムに、自分には申し訳程度のおやつしかもらえないので空腹のまま。
その後一心にこちらを見て、尻尾を振ったり、フセしてみたりでご飯ちょうだいのアピール
それが「かわいそうなぞう」を連想させて、切なくなっています。
2014/12/26(金) 14:51 | URL | かんな #-[ 編集]
No title
おはようございます♪

その先生当時でいえば突出した考えの持ち主だったのでしょうね
凄いね そういう型にはまらない教師って好きだわ
剣の舞 ぜひ演奏したかったでしょうね あの曲は弾けてていいわ
2014/12/26(金) 07:41 | URL | はやとうり #-[ 編集]
sheepさん
こんばんは。
>戦後食べ物がなくなり動物園の動物たちが殺される・サーカスのぞうを助けて・・・<
ああ、もうダメ!
歌えなくなってしまったんですか。本当に分かります。
あの「かわいそうなぞう」を思い出すだけでも泣けて泣けて・・・
エサが欲しくて一生懸命芸をするゾウ。
戦争は嫌です!

あの先生は素晴らしい方でした。
私が小学校時代、幼心にとんでもなく下らない曲を歌わされただけに、娘がうらやましかったですね。
2014/12/25(木) 19:50 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
オコジョさん
こんばんは。
月光とピエロ、中原中也のサーカス(これは初めて知りました)、やっぱり物悲しいですね。
サーカス、ピエロ、猛獣使い
どれも物悲しくて、うらびれていて、でもそこが魅力。
子供たちと一緒に行ったサーカスは、オートバイまで登場してもの凄い爆音の中で行われてました。
卒業式が第九というのもスゴイ!
良い環境だったんですね。

ところでヒカリゴケ。
鼻顔さんの崖下にもあったんですか!
確かに大きな洞窟がありました。私が知った時は、正面に網が被せられて、奥行きは浅かったです。
数年前からあの道は、落石の為に通行不可になってしまったんですよ。すずとの散歩道だったんですけどね。
残念です。


2014/12/25(木) 19:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
なんだか物悲しい曲ですね
戦後食べ物がなくなり動物園の
動物たちが殺される・サーカスのぞうを助けて・・・
そんな歌を”ぞうれっしゃ” 合唱で歌いました
哀しくてねぇ~ 歌えなくなっちゃいました
いや~でも娘さんは いい音楽の先生にめぐり合ったんですね
先生によって随分違ってくると思います。
こちらでも保育園で音楽に力を入れている保育園は
人気があって希望者殺到しているようです。
2014/12/25(木) 13:51 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
こんばんは
清水脩の組曲「月光とピエロ」も寂しさを感じますね。ピエロというのはそういう感じがあるようです。
中原中也の『サーカス』という詩も寂しげでした。
テントのサーカス小屋懐かしいです。

運動会のかけっこの曲と思っていた曲「クシコスの郵便馬車」ということを知ったのは40代になって、その曲の入ったCDを買ってでした。

私の小学校の先生は作曲家出身の先生で、校歌もその先生の作曲でした。子供コンクールにも参加して「剣の舞」や「火祭りの踊り」で東京大会に優勝していました。
卒業式は蛍の光ではなくて、第九でしたね。

鼻顔稲荷近くのヒカリゴケの件・・・
多分岩井堂の日本で最初に発見された天然記念物の洞窟でしょうか。
岩村田小学校の崖の下の用水の脇ですね。
ここは、立派に保存されていますね。

昔は鼻顔稲荷の懸崖造りのお堂の真下でも見られました。
何年か前に行ってみたら洞窟は埋まった感じでした。
2014/12/25(木) 09:03 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
女王さまさま
こんばんは。

サーカス=曲馬団=売られた子供=鞭で叩かれる動物=涙を必死に押し隠して人を笑わせるピエロ=新聞の景品で貰うチケット
っていう繋がりかな?
女王さまはサーカスをご存じないんですか。
私は新聞の景品で・・・
「そんな子はサーカスに売り飛ばすよ!」
女王さまの時代でも言われました???

「道化師のギャロップ」 この曲だったんだー
お尻を鞭で叩かれて走らされる馬になった気分の曲よね。

みんなのうた
これ、子供に歌わせて良いわけ?って曲もいっぱいありましたよね。
娘は未だに、♪真っ暗森は心の迷路♪がものすごく怖かったと言ってます。
2014/12/24(水) 22:30 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

たしかに、サーカスやピエロときくと物悲しいというか哀愁ただよう感じなんですよね。
だからなのか、今でもサーカスを見に行こうという気にはなれないんです。
昔はよく「そんな子はサーカスに売り飛ばすよ!」なんて言われたものですが、あれはいったい何だったのか…。
小学校の運動会でよく流れる曲のタイトルがずっとわからずじまいだったのですが、つい最近になって「道化師のギャロップ」なるタイトルだということがわかりました。
生徒はピエロか!(笑)←ある意味そうかも???

みんなのうた、名曲も多いですがかなり怖い(悲しい)曲も多いですよね…
2014/12/24(水) 21:44 | URL | 女王さま #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード