本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

あれから20年も経ったなんて

阪神淡路大震災から、今日で20年。

私は昨日の事の様に憶えているけれど、被災された方が 「あっという間だなんて思えない。長い時間でした」 と仰っていたのをニュースで見て、現実に被害に遭われた方と、遠くから見ていただけの自分との思いの差を痛感しました。

朝、自宅で第一報を聞き、良く訳が分からないままに会社へ。
気になって仕事も手につかない気持ちを察して、会社の方が携帯ラジオを持って来てくれて、刻々と報じられる情報に聴き入っていました。
どんどん増えていく犠牲者の数に、言葉も無かったのを思い出します。

こんな恐ろしいことが、私の生きている間にあるなんて思いもしなかったのに、その16年後には東日本大震災。
私はどういう時代に生きているんだろう、と考え込んでしまいます。

スポンサーサイト
コメント
おばちゃんさん
こんにちは。

御父様が亡くなった後での大震災だったんですか。
二重の意味で忘れられませんね。
それも突然死・・・
鳴き続けるワンちゃん達。
見ている方はたまらないわねぇ。
ワンコは何でも分かっているもの。
確かに日本中から笑いが消えた年でしたね。
一瞬の地震で6千人もの命が消えた日。
あんな日が来ようとは、思いもしませんでした。
2015/01/19(月) 16:56 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
ひこぞーママさん
こんにちは。

「関東大震災」は歴史の授業で習うものでしたよね。
ある意味、他人ごとだったのに、阪神淡路大震災で、これは他人事じゃない、現実の問題だと思い知らされました。
それにしても、2度もの大震災に遭うなんて考えたこともなかったんですよ。
確かに、これまで運が良かっただけなんですね。
いつ何が起こっても不思議ではない状況の今、私達は何をすれば良いのか、子供たちは、ペットは。
色々考えておかなくちゃいけないですよね。
2015/01/19(月) 16:51 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
つねまるさん
こんにちは。

ご友人が亡くなられたんですか。
あんな形で子供さんを亡くされたご両親、とてもとても辛いことでしょうねぇ。
生と死が紙一重の地震でしたものね。
孤独死もさることながら、借り上げ住宅の賃借期間が今年までって、その後はどうされるんでしょう?
特に高齢者は。
国はきちんと対策を立てているんでしょうか。
2015/01/19(月) 16:43 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
父が突然死して間もなくの大震災でした。
父が使っていた毛布を当時飼っていたワンたちに
敷いてやりますと、ワンたちが鳴き続けるのですよ。
匂いが残っていたからでしょう。そのワンたちの姿を見て
涙している中でのニュースでした。
辛過ぎて、あの頃は笑うということが
全くありませんでしたv-390


2015/01/18(日) 23:51 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
No title
こんばんわ。
>私はどういう時代に生きているんだろう、と考え込んでしまいます。
私も同じことを考えておりました。
いろんな時代がある中で、私たちは自然災害の多発期に生きているのですね。
これまでも災害はありましたが、自分が目の当たりにするとは20年前には考えもしませんでした。
テレビである研究者の方が仰っていました。
「これまで運が良かっただけだ」

恐らく、これからいろんな自然災害に遭うでしょう。
その時、どう考え行動するか、自分でも分かりません。
本当はちゃんと考えないといけないんですけどね。
ただ、これまでの長い歴史の中の教訓はないがしろにしてはいけないということだけは分かります。
2015/01/18(日) 23:39 | URL | ひこぞーママ #-[ 編集]
辛かったなぁ
こんばんは。
毎年、他界した友人の自宅にお参りに行くのですが、ご両親が小さくなってしまわれて。とても辛かったです。
二十年経って、復興住宅(マンション)の孤独死が顕著です。借り上げ住宅の賃借期間が今年で終了。まだまだ震災の影響は色濃く残っております。
2015/01/18(日) 22:40 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
kz-1さん
こんばんは。

5才だったんですか。
御両親がお忙しくなり、家の中も慌ただしくなったのを感じられる年ですもんね。
当時、東京にいた私より震災地に近い西の方は、もっと緊迫していたんじゃないかと思います。
当時の首脳部の責任、あまり指弾されずに終わりましたね。アンタッチャブルというか・・・
福島の東電と同じだなぁと。
マスコミの取材合戦は凄かったです。
あの取材ヘリで人命救助をすれば良いのに、という批判が飛び交っていましたね。
2015/01/18(日) 20:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
すみません…
先ほどの名前の無いコメントは私です;
2015/01/18(日) 19:02 | URL | kz-1 #-[ 編集]
No title
こんばんは。

あの当時、私は5歳でしてそこまで確かな記憶は無かった
のですが、両親の仕事が忙しくなったことを覚えています
(後で聞いたら、父は関西方面へ応援に出て行った人員の人の補完、
母も被災地支援に行った人の代わりで、勤務をしていたとのことです)。

幼稚園の友人も親戚が亡くなった子とかもいて…
ある程度年を取って調べると、あの阪神大震災、人災の部分も多い
(自衛隊の出動を渋った村山富市、救助の妨害になっていたであろう
マスコミの防災ヘリ)と知って、何とも言えない気持ちになりました。

2015/01/18(日) 19:00 | URL | #-[ 編集]
オコジョさん
こんにちは。

オコジョさんも企業戦士だったんですね。
今の団塊の世代以上は、みんなそう。

あの震災の映像は、忘れられません。
家は潰れ、火は燃え盛って、あの中で6千人もの方が亡くなったんですもんね。
新潟県中越地震、私は奥尻島の津波もショックでした。
確かに日本は地震列島です。いつ何があっても不思議じゃない。
地震が1番恐ろしいのが痛感されました。

すずは相変わらず元気です♪
2015/01/18(日) 16:40 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おはようございます。
20年前は単身赴任で越後長岡の会社の独身寮でした。
朝起きて、食堂に行くと、テレビの画面がいつもとまったく違う、その凄惨さに目を奪いました。有働アナウンサーが毎日現場中継をしていました。もう20年かという感じです。

その後約10年で、長岡の新潟県中越地震・・・
会社の人間の家も沢山崩壊したそうです。
工場も古い部分は取り壊しとなり、100人くらいが、私の勤めていた信州工場に移って2年近く仕事をしていました。
すぐ東日本大震災から4年・・・

チリ津波、奥尻島、宮城沖・・・
数えると切はないのかもしれません。
いつ何が起こっても不思議はないのかもしれません。それは昔からなのかもしれません。
考えてみると昔は日本列島は昔は海の底・・・
火山活動や地震によってこの国は造られたともいえそうです。そのおかげで、ここに暮らしていけるのかもしれませんね。
いつ何が起こっても不思議はない国、そう思って実を引き締めていかなければならないようです。

⇓ すずちゃん元気ですね。
2015/01/18(日) 10:49 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
sheepさん
こんばんは。

私みたいな直接被害を受けてもいない者が、書いて良いものかどうか、ものすごく迷ったんです。
でも、あの日のあの衝撃を正直に書き留めておくのも大事かなと思って。
hahaさまの所は近いから、かなり揺れたんでしょうね。
地震の恐ろしさを全国民に知らしめた災害でしたね。
2015/01/17(土) 23:04 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんわ♪
ホントに衝撃でした
こちらは大きな被害はなかったものの、
あの時の地震でひび割れした建物や階段が
残っているのを目にします。
それを見るたびに ”あ~あの時の”と思います。
忘れてはいけないことですね。
2015/01/17(土) 22:42 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード