本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

昨日は、無事に帰れるのは無理かも・・・と思ってしまった

昨日は、3回目になる神経ブロック注射の日。
前2回は、翌日には痛みが再発したので、3回目に超期待をかけてました。

ところがです、注射の後が最悪なことに!!
足に広がった麻酔が抜けず、両足が全く動かないし感覚もない。
結局、普段は注射後40分の安静で終るはずなのに、1時間半経ってもまだダメ 

これはマズイと思ったのか、急きょ点滴が始まりました。
麻酔薬を薄める点滴のようでした。
とりあえず、少しずつ足の感覚は戻ってきて、病院に入ってから3時間半後、普通に立つことが出来た!!

ああああーーーー  助かったぁぁぁぁ 


横になっている間、本当に様々なことを考えちゃいました。

このまま、あの世行きだろうか 
家族に言っておかなくちゃならないことが、いっぱいあるのに。

お葬式は家族だけで済ませて、「冬の星座」 と 宮沢賢治の 「星めぐりの歌」 を流して。
遺灰は思い切りよく、海に撒いちゃって。

でもね、ここで気付いたの。
こんなことで死ぬわけないよね。
じゃあ、じゃあ、下半身麻痺!!??  
そんな事になったら、どうする私?
覚悟が全然出来てないのに。

と、まあこんな風に、あれやこれやと考え続けた2時間。
水をガブガブ飲むように言われ、外に排出されてしまった麻酔薬。
結局、今日も朝から腰は痛いわけです。

でも、命あっての物種、じゃない、感覚あっての腰痛だわ。
うまく付き合っていくしかないんじゃ・・・・と思った次第ですよ。

スポンサーサイト
コメント
ヒロちゃん7さん
こんばんは。

有難うございます!
本当に大変な思いをしたけど、何とか無事に生還。
これからもっともっと大変になります(汗)
本番が終るまで仕方ありませんね。
頑張ってやっていきますね!
2015/02/19(木) 22:18 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
大変でしたね
でも でも 良くなりました
もう少しです
頑張ってください
2015/02/19(木) 19:23 | URL | ヒロちゃん7 #-[ 編集]
sheepさん
こんにちは。

本番まで一か月を切って、それまでに少しでも楽になりたいって焦っちゃったんですよ。
太い木の棒みたいな感覚になった足を抱えて、かなり焦りました。
通帳はあそこよ、印鑑はここよ、すずの散歩をちゃんとやってね・・・・等々、あれこれ考えながらの2時間半。
人間、焦るとロクなことにならないのね。
これからは、安全確実な王道を歩むことにします。
簡単そうなことには、落とし穴があるのね。
2015/02/19(木) 14:26 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
かんなさん
こんにちは。

看護師さんたち、一生懸命やってくれました。
最初は私も彼女たちも、すぐに治るさ、って思ってたのに、こんな事になっちゃって。
色んな予定を組んでいたのに、全てパーになって、お夕飯もお弁当になりました。
それでも元通りになって、本当にホッとしたと同時に、簡単に考えちゃいけないってつくづく思いました。
2015/02/19(木) 14:22 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。

はやとうりさんの仰る通りでした。
ふかーく反省してます。
あそこに行くと、大勢の患者さんが押し寄せていとも簡単に注射を受けているので、週に1度の注射で楽になるなら安いものだ、って思っちゃったんですよ。
帰ってから、総合病院の整形の予約をとりました。
足のしびれ、確かに整形の先生もそう仰ってました。
あまりの痛さに、つい簡単に痛みが取れるならと考えてしまったの。
一生懸命、筋肉をつける努力もしますね。
2015/02/19(木) 14:18 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
こんにちは。

おばちゃんも腰痛がひどいんですもんね。
演奏会まで残り一か月、耐えられるか不安になっちゃって、軽い気持ちでブロック注射に走ったんですよ。
考えると腰って危ないのよね~
途中は、今回はやっと効いた!と思ってたんだけど、まさかあんな風になるとは。
以後、慎重に生きていきますね。
2015/02/19(木) 14:13 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
トカ太さん
こんにちは。

いやいや、まったく焦りました。
冷静に考えれば、麻酔が抜ければ元に戻る、と思えたんだけど、あまりに麻痺が酷くてね。
ちょうど、歯医者さんの麻酔で唇が腫れあがった感じがするでしょ?
ちょうどあんな感覚が両足にきちゃって。
もうね、懲りました。
安易に受けるもんじゃないのね。
2015/02/19(木) 14:10 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
ありゃ~ 怖いわぁ
大変な目にあいましたね
万見さまとしては、少しでも早く腰痛から解放されたい
一心だったのですよね。
あんなことこんなこと色々考えられたでしょう
みなさんイロイロご助言されてますから
よくお考えになって
いい方向に向かうといいですね。
2015/02/19(木) 11:30 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
こんにちは
恐ろしい体験されたのですね。
現場での関係者の慌てぶりが目に浮かびます。
お疲れさまでした。

なんの助言もできずにすみません。
でも、どうにかして、少しでも楽に過ごせるようにお祈りしています。

2015/02/19(木) 10:29 | URL | かんな #-[ 編集]
No title
おはようございます♪

仙千代さん ブロック注射はそんなに頻繁に打つ物ではありません
先日言ったと思うのですがね たまには私の言う事も聞いて下さいね^^
なんたって手術に関してはもう達人 自慢にもなりませんがね(>。<)
私も人様が嫌がる事を敢えて言いません

腰椎の手術は足に痺れが出た時がタイミングです
医者は一番良いタイミングで手術を口にします
手術なんて怖い物でも何でもありません
今回の私の手術の経過が芳しくないのはある意味致し方のない事です
これからもめげずに他の場所手術はするつもりです
今の手術は昔に比べれば楽な物です 腰でも3週間後には帰れますよ
入院してから3週間ですよ 手術してからではありません
今は長くは置きませんからね とことん悪くなってからの手術は大変です

ブロック注射の麻酔くらいで半身不随にはなりません
余程下手な所に針を刺さない限り 神経に触ってビビビって来てもすぐに抜けば大丈夫です
大きな病院に掛かった方が何かあった時にはケアは万全ですよ
2015/02/19(木) 07:35 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
おばちゃんも医大で椎間板ヘルニアと言われてしまいましたが、
手術は考えていません。
わんこたちのこともありますし、
成功するともかぎりませんし・・・・
悔しいのですが、痛みと付き合うことにしています。v-390
2015/02/19(木) 00:18 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
No title
大変な思いをされたのにこんなことを書いちゃ失礼かも知れませんが、とても貴重な体験ではないかと思います。

私はそこまで真剣に自分の身体と向き合ったことあったかなぁ~…、と考えつつグビグビとアルコール摂取。ダメだこりゃ(^o^;

2015/02/18(水) 23:39 | URL | トカ太 #-[ 編集]
オコジョさん
こんばんは。

本当に昨日は焦りました。
ブロック注射なんて、簡単なものじゃないんですね。
オコジョさんは、手術は一段決心だったでしょうね。
私の聞いた話でも、お医者さんはどうしても仕事上必要な人以外は勧めないと聞きました。
夫なんて 「切っちゃえ切っちゃえ!」なんて無責任に言うんですよ(笑)
とりあえず、また整形外科に尋常にかかって、先生と相談することにしました。
とんだ腰になってしまったものです。
2015/02/18(水) 21:41 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
大変でしたね。
本当に大変なら手術も選択肢の一つと考えてもいいのかもしれません。
確かに手術しても完治するわけではないです。大きく期待しすぎると落胆もあり得ます。
長年麻痺し続けた神経は元に戻らないですね。
でも、現状維持はできます。そしてある程度の回復も・・・
人によって回復の具合は違うようですが・・・
今の技術は進んでいますね。
私の頸椎の手術では5日目には歩行器を使いながら歩いていました。私の母も同じ病気で手術しましたが、1ヶ月ベットに寝たままでしたから・・・゜
もっともしばらくは大変ですが・・・
でも、2か月後には緩やかですが、山道を歩いていました。
疲れましたけど…
気にしなくなるには1年くらいかかったかも・・・

もっとも勇気のいることですね。今は医者は手術しましょうとは言いませんね。決めるのはあなただと・・
私の場合は、病名判明から手術まで、1月を切っていました。病名判明と同時に手術を決めました。切るなら早い方がいいと・・・
でも、たしかに、知らない他人がどうしたらいいということではないようです。ここに書いたのはあくまで、私の場合のことです。
よく医者と相談してみることが一番かも・・・・

宮沢賢治の 「星めぐりの歌」・・・
いいですね。
林光さんの編曲の合唱のCDで楽しんでいます。
2015/02/18(水) 20:57 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード