本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

小樽桜陽高校合唱部

ずっと以前、通っていた中学の落成式の記事を書いたはずだけど・・・・

と思って調べると、やっぱりありました ⇒ (中学の落成式)

この時に余興として出てくれたのが小樽桜陽高校の合唱部だったのは、前記事に書いた通りです。

とにかく素晴らしくお上手で、私はいたく感激、NHK音楽コンクール金賞の実力は半端ではないと感銘を受けたのでした。
今はNコン、Nコンと持て囃されているコンクールですが、当時から実力校の力は素晴らしかったんですね。
悪戯盛りの中学生も誰一人騒がず、ジッと聴き入っていたくらいだもの。

私は、自宅に近い高校に進学したから桜陽の合唱部に入ることはなかったけれど、あの時のミサ曲の素晴らしさが、今合唱にのめり込んでいる遠因かもしれないな♪

ところがです、あれだけの栄光を手にした合唱部は、今は廃部または休部状態らしいの。
こういう歴史って、連綿と受け継がれていくものと思ってたんだけどなぁ。
スゴク残念!!

あの時に歌ってくれたお兄さん・お姉さんたちは、今〇〇才くらいかな?
相変わらず、歌っている方もいらっしゃるかもしれないですね。

スポンサーサイト
コメント
たっくんさん
こんばんは、お久しぶりです!

5月に帰省されるんですか。
小樽、良いわねぇ。
先輩さん達とお会いになるんですね。
それも30年ぶり。
上質な「コンサート]
わあ、どんなコンサートになるんでしょう。
感謝なんてとんでもない。
私のつたないブログがお役に立てて、とっても嬉しいです。
先輩さん達にも、よろしくお伝えくださいね。
2016/03/23(水) 21:50 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。お久しぶりです。
過去の記事へのコメント・・・お言葉に甘えてあらためてこのタイトルについて書きかませていただきます。

来る5月1日、帰省した際、先輩のお宅にお邪魔することとなりました。

そのときにはリコーダーを一緒に楽しんだ高校の先輩ではありませんが人生の先輩もきてくださいます。

3人揃うのはおそらく三十数年ぶり。

2時間ほどの予定で自作スピーカーやらご自慢のオーディオでちょっと上質な「コンサート]を楽しんできます。

今回の運びになったのは万見さんのこのブログがきっかけですよ。

感謝いたします。

カルミナブラーナ、大曲ですよね。昔、住金合唱団が全日本コンクールで歌っていましたが、金賞逃していました。
曲の性質なのかどうか演奏が粗くなってしまい迫力は抜群でしたが完成度がいまいち感が残った印象があります。アマチュアにとっては難曲なんでしょうね。言うのは簡単ですけど。

ともあれ、がんばってくださいね。楽しんできます。
2016/03/23(水) 21:24 | URL | たっくん #tQ725RIE[ 編集]
たっくんさん
こんばんは。

何と先輩さんは入院中でしたか!
でも、大したことはなかったようで安心しました。
残念だわ~ 住中のことは憶えてらっしゃいませんでしたか。
そうよねぇ、とにかくお忙しかったでしょうから。
学生指揮者をやってらしたんですか。
私、学生指揮者って大学のグリーで初めて知ったんだけど、高校時代からそういうのがあったんですね。
さすがだわ。

自宅にオーディオルームですか。
本当にクラシックがお好きなんですね。
桜陽高校は合唱団でしたか。
部活の域を超えた団だったんでしょうね。
何しろ全国最優秀だもの、今なら市を挙げて大騒ぎするところでしょう。
それを聴けた私は、幸せ者です。
軽井沢、ほんの十数名の合唱でどうなることやら???だけど、頑張ってきますね。

2015/09/07(月) 20:01 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
お久しぶりです。
ようやく先輩と連絡がとれました。
こちらからメールを送ってから1週間10日間たっても返事が来ない。
なにかおかしいと思いご自宅に電話。奥様が電話口に出られてお盆休み以降入院しているとのこと。大事には至らず翌日退院とのことでした。
9月3日、退院当日に返事があり、ざっくり数えて3000字以上の文章。
残念ながら、住吉中のことは覚えていなかったようです。何も情報は得られませんでした。

内容は病気のこと、安保法制のこと、抗日パレードの習近平の演説のこと、最後に音楽のことなどです。
以下に住吉中のことと音楽に触れたメッセージを貼り付けます。○○とは私の名前です。

「お手紙の内容、精力的に合唱音楽を聴いて回っているようですね。
その熱意は昔の○○くんと変わらないと思いました。
住吉中学の校舎落成記念の件、思い出せません。
でも当時ミサ(パレストリーナ:ミサ・ブレビス)を歌っていたのは、
桜陽高校合唱団だけですから、あるいはそうだったのかもしれません」

「音楽のこと。
あいも変わらずクラシックCDを聴き続けています。
買い過ぎて聴いていないCDがたくさん。
最近のヒット作、昨年発売のバレンボイムのシューベルト・ソナタ集(5枚セッ
ト)。
シューベルトのピアノ・ソナタがようやく大輪の花を咲かせたと感じ入りました。
シューベルトを偏愛する私ですが、これまでの演奏、
華麗でも豊満でもないけど、オレ清く正しいもんね、という、
ある種のつっぱり線状にあったと反省させる出来栄えと思います。
ボックスの裏にバレンボイムの言葉が記載されています。
「人間が音楽なしには表現できないすべてのことが、
 これらのソナタで成し遂げられている。」
これって、相当な発言ではないでしょうか。」

こんな感じです。
最近ご自宅を建て直し本格的なオーディオルームを作ったそうで、もうアルコールは飲めないそうですが、帰省した時には良質な音楽と音を聴きにお邪魔したいと思っています。
ちなみに桜陽の場合、「合唱部」ではなくて「合唱団」なんです。そしてこの先輩は最優秀当時の部長(団長)で学生指揮者も兼ねていました。
全然関係のない分野でのHPもあります。
それでは、軽井沢教会でのコンサート楽しんできてくださいね。
2015/09/07(月) 06:01 | URL | たっくん #tQ725RIE[ 編集]
たっくんさん
こんばんは。

いやあ、私が国立なんてとんでもなーい!!
内地の私立大です。
高校を卒業するだけでアップアップでしたよ(笑)
進学した大学には女声・男声・混声があるグリーがあって、そこで基本を叩きこまれました。
だけど、やっぱり女声はつまらないんですよね。
それで今は混声をやってます。
先輩さんに連絡が取れたら、宜しくお伝え下さいね。

私もとっても楽しかったです♪
同郷の方というだけで嬉しいのに、それに合唱という共通点がありますもんね。
またぜひコメントをお願いしますね。
2015/08/21(金) 18:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはようございます。
やはり私服の高校だったんですね。そこではまだ音楽部は存続していますね。
過去のブログを少し拝見しました。進学先は昔の国立Ⅱ期校でしょうか?北海道内でしたら大学のグリーと呼べるとこは3大学しかありませんから。ひょっとしたら兄と同じ進学経路かもしれないです。世の中広いから違うかもしれないけど。
私は私学のグリーでした。グリーにあこがれて入学したのですがなんだか選曲がだんだん趣味合わなくなってきてやめた次第です。
今度久しぶりに、あの方にメールを送って聞いてみます。帰省した際には学生時代にはよくおごってもらっていたから今度はこちらから誘って見たいと思います。

万見さん、お付き合いありがとうございました。とても楽しかったですよ。そのうち結果報告します。
2015/08/21(金) 06:44 | URL | たっくん #-[ 編集]
たっくんさん
ミサ・ブレビス
ようつべで聴いてみましたよ。
美しい曲ですね。
さて、私たちが歌えるかどうかは???
先生が良いと言って下さればOKなんだけど。
合唱の練習が夜なので、昼間の付き合いがほとんど無いんです。
これは佐久人の気質も関係してると思うんだけどね。
それにしても、こんな素晴らしい曲から、合唱人生が始まったなんて幸運でしたね。
私は、今制服が無い高校の生徒だったんけど、私の時には制服があったんですよ。
ドンくさい制服でしたっけ(笑)
2015/08/20(木) 18:15 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは。
ミサブレビス、ネットで簡単に楽譜が入手できるので、遊びがてらお仲間と歌ってみてはいかがでしょうか?
まずはキリエでも。覚えやすく単旋律でも十分美しいのですが、それが2声、3声、4声と折り重なっていく美しさはたまりません。同時に難しさも感じると思います。
音程は平均率ではだめだし、歌唱方もレガートを徹底しなきゃだめだし。耳が良くないと歌えません。
私にとってはこの曲が合唱の原点で大切な曲なんです。
因みに万見さんは私服の高校ですか?
2015/08/20(木) 15:54 | URL | たっくん #-[ 編集]
たっくんさん
いえいえ。
だって細々と続けてるブログ上で、小樽の者同士が知りあう自体不思議だし、おまけに桜陽の合唱部にいた方にコメントいただくなんて驚きですよ。
たっくんさんも、ずっと音楽が大好きだったんですね。

私もこの年になって、20年ぶりに合唱に関わるなんて思ってもいなかったし、やっぱり人間は昔好きだったことに回帰して行くんだわ、と思うんですよ。
川越に職場があるんですか!
今の指揮者は東京方面あちこちの合唱団を指導してるんですが、特に川越とあきる野とはご縁が深いんですよ。
川越混声に入団なんていかがでしょう?(笑)
小樽、懐かしいですね、
桜陽の合唱部、復活してくれると嬉しいんですが。
2015/08/20(木) 15:02 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おはようございます
おはようございます。
そんなに驚かれなくても・・・と(笑)
私は、その方とは一回り後輩です。コンクールにも参加しましたが、とてもとてもおよびませんでした。
当時、たまたまお互いの家が近所だったこともあり定演のプログラムの相談や演奏関連のアドバイスをいただきました。
中学校での演奏の話は聞いたことはありませんでしたね。最近は連絡をとってはいませんが機会があれば聞いてみます。
私が進学した大学ではグリーにも一時所属しましたが2年でグリーを中退。その後その方と二人でリコーダーアンサンブルを結成。一般の有志2人も加わり4人となりアンサンブルの基本構成になりました。
バルトークや移調したバッハの2本のフルートのためのソナタ他を一所懸命練習しました。練習会場は当時駅前通りにあったNHK小樽支所の2階です。
私の就職で上京する時に解散。その後も3人の交流はあったようです。
当時の部活は顧問はコンクールの曲だけの指導で、ほとんど自主練習やOBOGのアドバイスによるものが多かったです。
その方は、当然音楽には熱心なかたで時々お宅にお邪魔しましたが、部屋にはグランドピアノ、自作スピーカー、壁一面に2000枚以上のレコードコレクション、何年か後にお邪魔したら今度はLPレコードの代わりにCDがずらり。何枚かいただきましたよ。宝物です。
今私が音楽好きでいられるのは、その先輩の影響がとても大きいんです。まねをして自作スピーカーを作っていまでも愛用しています。
好きな曲も中世ルネサンス、バロックの声楽や古楽、教会音楽ですね。いまはほとんど邦人の作品や合唱は聴いていません。もっぱら聴くばかりの音楽好きで数年前からはバッハに傾倒しています。
貴合唱団はあきる野と川越の合唱団とご縁があるとか。
そこで無理やりこじつけ的な縁ですが、今私の通勤先は川越です。住まいはあきる野とは多摩川を1本隔てた福生に住んでいます。
小樽は音楽文化が根ざす良い街だと思っています。
母校の合唱団が今存在していないというのはとても残念なことです。
2015/08/20(木) 06:45 | URL | たっくん #-[ 編集]
たっくんさん
初めまして!
本当に本当に驚きました!!
あの桜陽の合唱部だった方に、このブログを見ていただけるなんて。
とっても嬉しいです。
あの時のミサ曲は、パレストリーナだったんですか。
何しろ、ミサ曲が何かも知らないような中学生だったもので(汗)
だけど、あの見事な演奏を聴いた時の感激は、今でもしっかり憶えています。
桜陽は、女子の制服の可愛らしさも忘れられないし、あの合唱の素晴らしさも忘れられません。
金賞を獲るまでには、どれだけ厳しい練習をされたんでしょう。
てっきり今でも活動を続けられていると思っていたのに、誰も部員がいないなんて・・・・
本当に勿体ないです。
もし、あの時、住中に来て下さった部員さんにお会いになることがあったら、皆さんの合唱を聴いて感動した中学生がいたことを、お伝えくださいね。
2015/08/19(水) 16:45 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは。母校名と合唱で検索したらこのブログをみつけました。桜陽の「合唱団」のOBです。
金賞時代の方を知っていますが、そのころの部員は頭脳明晰な方が多かったんじゃないかな。
当時金賞の曲はパレストリーナ作曲「ミサ・ブレビス」から「グローリア」だと思います。「教皇マルチェルスのミサ」の方がレコーディングが多く有名ですが、ミサブレビスもシンプルで素敵な曲ですが、実は大変難しい曲です。
「桜陽の合唱」、復活してほしいですね。
2015/08/19(水) 06:31 | URL | たっくん #-[ 編集]
オコジョさん
「水ヲ下サイ」
早速調べると、会津農林の曲がものすごい高評価。
なんとニコニコ動画に音源がありましたよ!!
今って凄い時代だと驚いたし、演奏そのものも素晴らしいですね。
とても高校生の声とは思えない。
もともと福島県は、合唱のレベルがもの凄く高いですもんね。
大昔、私の大学の合唱団の男声が 「碑」 という広島の原爆の曲を歌ったけど、ちょっと比べものにならないわ。
(男声の皆さん、ゴメンナサイ!)
確かに聴くには覚悟が要りますね。
2015/02/26(木) 16:19 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
高校生の合唱
指導者の力は大きいですね。
でも、高校生たちはみんなそんな底力を持っているのかもしれませんに。朝日と全日本の合唱コンクールも凄いですね。放送されないからしられていませんけど・・・

1970年の全日本合唱コンクール全国大会で高麗正宣指揮福島県立会津農林高校の林光作曲の「水ヲ下サイ」のライブのLPを持っていますが、凄いのです。
泣きながら歌っているのではないかと思うような強烈な演奏で、いや事実、最後にはしゃくりあげるような嗚咽が聞こえます。その生々しさに、背筋が寒くなるような感動を覚えました。
曲自体、現代音楽といっていいような曲で、当時の高校生が歌ったことすら驚嘆なのですが・・・
そこには、金賞をとりたいとか、ミスを恐れるようなことは忘れて、ひたむきに歌った、青春の熱情がありました。この演奏は金賞を取りましたが、少し後で一般の部で、福島FMCがこの曲で金賞を取っていて、そのライブLPも持っていますが、こちらは、きれいごとに終わってしまっています。

「水ヲ下サイ」は、その後、「日ノ暮レチカク」と「夜」を加えて3楽章からなる「原爆小景」としてまとめられます。
岩城宏之の東京混声合唱団の実演を聴く機会がありましたが、凄い曲で感動しました。
でも、「水ヲ下サイ」は、岩城宏之の東京混声合唱団のLPでも、会津農林の感動を上回ることはなかったですね。

「原爆小景」は作曲を始めて43年後、21世紀になってから最終楽章「永遠のみどり」が加えられました。作曲者自身の指揮の東京混声合唱団のCDを昨年手に入れました。

日本の合唱曲の中の飛び切りの名曲だと思うのですが、内容が厳しく、気楽には聴けないのですが、特に会津農林高校の演奏は覚悟が要ります。もう10数年聴いていないような・・・

今年は8月にでも聴いてみようかと・・・

堅苦しいコメントになってしまいました。
高校生のひたむきな演奏は素敵だと書きたかったのですが、ついのめりこんでしまいました。
2015/02/26(木) 14:14 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
sheepさん
こんにちは。

前記事も読んでいただいて、有難うございます。
中学校、あまりに狭い敷地だったので、苦肉の策で最上階に体育館になったんでしょうね。
桜陽の合唱部、当然今でも活動してると思ったので、部員0には愕然。
合唱部なんて、どの高校にもあるとばかり思ってたし。
人さえいれば、後は道具も要らない部活なのにね。
あの時聴いたミサ曲ほど、美しい歌は無かったわ~
hahaさまもコンクール経験者ですか。
さすがねぇ。
2015/02/25(水) 16:51 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
こんにちは。

そうだ、そうなんだわ!
桜陽高校、あの頃2年連続で金賞だったの。
その後、先生が異動しちゃったのかもね。
本当に指導者によってガラリと変ってしまうもの。
息子の通っていた高校も、吹奏楽の凄い先生が来た途端、全国大会金賞の常連校になった。
それにしても、桜陽のあの歌声、素晴らしかったのにな。
2015/02/25(水) 16:44 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
以前の記事で 最上階に体育館があったんですね
って違うとこに目が行きましたが・・・
月日がたてば、先生も生徒も入れ替わり
いつのまにか廃部ってこともあるのですね
当時栄光を手にした部だけに 
残念な気がしますね。
でも その頃活躍されてた お兄さんお姉さんは
きっと歳を重ねても続けられてると思いますよ
って 幾つかな・・・
ちなみに私も中学校の頃 音楽コンクールにでましたわ~

2015/02/25(水) 12:22 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
女王さまさま
こんばんは。

突っ込みどころ満載で、困ってます。
まあね、中学の合唱コンクールで音楽教師のクラスが張り切るのは仕方ないね。
冷たい目で見てた女王さまも、当たり前過ぎて仕方ない。
それより 「チコタン」
全然知らなかったので、聞いていた曲を中断してつべで聞いてみましたよ。なんじゃこりゃ!(笑)
これはトラウマだわ~

それにしても、小学生に、関西学院グリーに辻久子さんの演奏。ストラディバリ!!!
もしかして、その小学校、関西系貴族の子弟が通う学校だったの????

2015/02/24(火) 23:20 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
学校関係の音楽コンクールは、
活動希望者数も指導教員の力量もありますからね~
出場の常連校が姿を消したと思ったら、
指導していた教員が異動していたとか・・・・・・
難しいですね。
2015/02/24(火) 23:16 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
No title
こんばんは。

合唱ときいて思い出すのは、中学のときの(校内)合唱コンクール。
担任が音楽の先生のクラスはそりゃもう気合入りまくりで、ソロパートのある曲をわざわざ選んでいたぐらいです。
それを冷めた目で見ていた他クラス。もちろん私もその一員でしたww
あと、ちょっとトラウマ的になっている合唱曲が、小6の音楽発表会で学年全員で歌った「チコタン」です。
関西弁の歌詞で笑えるんですが、最後が…^^;
私の小学生時代は、関西学院大学のグリークラブやバイオリニストの辻久子さんが体育館で歌や演奏を披露してくれたりしてました。
今思えばただの公立小の体育館に辻久子さん…しかもストラディバリウスだったと思います。ひょえ~。
2015/02/24(火) 22:53 | URL | 女王さま #mQop/nM.[ 編集]
つねまるさん
こんばんは。

そうでしたね。
つねまるさんは、お能でしたね。
確かに部員不足に陥りそうな部活(ゴメンナサイね)
若い人たち、部活じゃなく、サークルとか、軽くて楽そうなものに入っちゃうのかな。
私が高校時代に入っていた部活も、きれいさっぱり無くなりました。
悲しいですよね。
それにしても、創部90年!!
勿体ないわ。
何とか続いてくれると良いけど。
2015/02/24(火) 22:07 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
クラブ活動
こんばんは。いつもお世話になっております。
そうなのですっ。たとえどんなに歴史と栄光があろうとも、部員がいなければクラブ活動は成り立たないのですっ。
私の大学の能楽部は創部90年を越えるのですが、部員不足で自演会の開催も危うくて、卒業生の出演でしのいでおります。
元々マニアックな活動なのですが、昨今の学生さんは嫌になるとすぐにやめてしまったり、勉強に支障が出るからと去ってしまったり。

真面目なんです。ものすごく。私の世代のように師匠と激突して泣きべそかいたり、酔って喧嘩したり、海に落としたり落とされたり(あ、これは関係ないですね。合宿の楽しみなんです)。そんな無茶はしないので、何が楽しいのかな?と思うこともあるほどです。
なので、おじちゃんおばちゃんが青春の楽しさを語るという無茶な引き留め作戦に必死です。
2015/02/24(火) 21:03 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード