FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

レニングラード・フィルはサンクトペテルブルク・フィルになったんだ

東京にいた頃、友人とレニングラード・フィルの演奏会に行ったことがある。
当時はロシアではなく、まだソ連の時代。
レニングラード・フィルは、ソ連を代表するオーケストラだった。

曲目は、チャイコフスキーの 「くるみわり人形」 と 「悲愴」 という、鉄壁のプログラム。
場所は東京文化会館じゃなかったかな。

指揮者は忘れもしない ユーリ・テミルカーノフ
彼の 「悲愴」 は、主旋律のタクトを振る後ろ姿がクネクネっとしなり、それに合わせてオケの音が一緒にしなって聴こえると言う、それはそれは素晴らしい演奏だった。

まだ学生だった私たちは、天井桟敷みたいな1番安い席。
それでも、初めての超一流のオーケストラの素晴らしさを堪能したのだった。

時は移り、ソ連は消えてロシアになり、レニングラード・フィルとテミルカーノフはどうなったのかと調べると、フィルは帝政ロシア時代の名前 サンクトペテルブルク・フィル に変り、テミルカーノフは首席指揮者になっていた。

数えると、私たちが聴きに行った時、彼はまだ三十代の若さ。
今見ても品のある温厚な紳士なのだから、三十歳の彼が素敵だったのは頷ける。
音楽と指揮が渾然一体となったあの演奏会、またあの頃に戻って聴けたら最高!




スポンサーサイト



コメント
オコジョさん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

この演奏会
自分でお金を出して聴きに行った初めての演奏会だったんじゃないかな。
多分5階のほぼ正面席だったような。
ちょっと右側だったかな。
ただ音はしっかり聴こえてきて、オーケストラって高くない席でも十分なんだって知ったんですよ。
テミルカーノフさんの背中が本当にしなって、音がそれと渾然一体となるのに心から感動したんですよ。
私も若かったわ~
オコジョさんは毎月のように通われたんですね。
今のようにホールがいっぱいある時代じゃなかったから、文化会館は貴重でしたよね。
2017/08/25(金) 16:24 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
テミルカーノフはまだサンクトペテルブルク・フィルを振っているのですね。前任者の名指揮者ムラヴィンスキーの全盛時代はロシアと言わずヨーロッパ屈指のオーケストラで、悲愴をはじめ何枚かのCDをたまに聴いています。サンクトペテルブルク・フィルになって団員も変わってしまったと聴きますが、今でもロシアを代表するオーケストラですね。
力強い情熱的な演奏ですよね。

天井桟敷というと、東京文化会館の5階でしょうか・・・
5階の一番端で東京混声合唱団の定期を一度聞いたことがありますが、椅子に深々と座るとステージは見えず。音はスッと遠のいていく・・・
前屈みになって聴いていたのを思いだしました。長野芸術館で似たようなことで問題になりましたが、そういうものだと思っていましたっけ・・・
毎月のように通ったホール懐かしいです。
2017/08/24(木) 21:45 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
sheepさん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

いえいえ、そんなぁ
恥ずかしいわ~
一緒に行った友人がピアノをやっている人で、何となくノリで聴きに行った演奏会だったのよ。
彼女とは気が合って、赤軍合唱団も聴きに行きましたっけ。
何しろお金が無いから、いつも座席のてっぺんの一番安い席。
でもそれも良い思い出です。
難しい曲は無理だから、良く知られて曲だけね。
いっつも寝てしまう私でもちゃんと起きて聴いていられたんだから、やっぱり名演奏だったと思うんですよ。
2017/08/24(木) 16:01 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
万見さまはお若き頃から興味があったのですね。
学生のころから演奏会を聴きに行かれたなんて
素敵な時代ですわよ。
ただいまレニングラード・フィルを
調べてきたところでございます
教養がなくて失礼しました。あちゃ~

2017/08/24(木) 14:15 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード