本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅  ホテルノイシュロス小樽

天狗山に上った後、小樽駅前に迎えに来てくれたバスに乗って、祝津のホテルノイシュロス小樽に向かいました。

いつも一緒にいない分、母との付き合い方がいま一つ分かってない私。
例えば、一緒に歩くのでも、ゆ~っくりゆ~っくり歩くのって結構大変。
介護職に就いてらっしゃる方の大変さが、ちょっとだけ分かりました。

暑さに疲れて、足がしょっちゅう止まってしまう母を見て、
(これは今日ホテルに行くのは無理かもしれない。小樽から札幌までタクシーを飛ばしたら、いくらかかるだろう?)
それでもホテルの部屋に入ると、元気を取り戻してくれたのでホッとしたわ。

このホテルに泊まるのも、もう3回目。
同じ宿に3回も泊まった事は無いけど、ここは期待を裏切りません。
ほてる

相変わらず、眺めの良いお風呂。
おふろ

チェックインして、すぐにひとっ風呂浴びて、スッキリしました。
母も、この時点で元気回復♪
そして、ここの楽しみの夕食です。
例によってメニューを見ながらズラズラと載せていきますね。


後志産蝦蛄とセロリのグラス仕立て、パテを添えて
食事1

道産ホッキ貝のサラダ仕立て、色彩豊かな野菜の共演
でぃなー5

厚真町産 桜姫鶏で挽いたコンソメスープ、ポワローと黒胡椒のアクセント
でぃなー3

近海で獲れた黒カレイ、白ワインソース、余市産ホワイトアスパラと共に
でぃなー4

自家製ハーブでマリネしたラム肩ソース肉の低温調理
でぃなー2

4種のハーモニー
でぃなー1

アアア、指が疲れるぅ・・・・
とにかく、とっても美味しかったんです 
これだけ食べて、食前にシャンパン1杯がサービスでついて、お値段 15,120円 (税込)
絶対にお得でしょ?

最後に祝津のパノラマ台からの眺めを。
ぱのらまだい

絶景よね~
懐かし過ぎて、キュンキュンしちゃう (笑)

翌日は、小樽築港の新南樽市場で買い物をして、一路家路につきました。
本当に充実した4日間、やっぱり故郷は良いよねぇ。

お読みいただき、本当に有難うございました。
少しでも、北海道旅行の参考にしていただけたら嬉しいです。



スポンサーサイト
コメント
sheepさん
こんにちは。

ここはね、私が高校時代に小樽で初めての回転レストランのあるホテルとしてオープンしたんです。
その後、倒産しちゃって幽霊ホテルなんて呼ばれてたのを、リニューアルして、全室に半露天風呂が付いたホテルとして再オープン。
フランス料理が美味しいと母が情報を仕入れてきて、3年前から泊まってるんです。
『baba様と歩く時、先にどんどん』
私もそうだった!
母親とbaba様じゃ、こちらの態度も変わっちゃうのよね(笑)
2015/07/23(木) 15:40 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
オコジョさん
こんにちは。

青森に行かれたら、ちょっと足を伸ばして小樽はいかがでしょう?
ここはとっても素敵なホテルですよ。
桜姫鶏、私は初めてだったけど、何しろスープにちょこっとだったから味は良くわからなかった(笑)
私はせっかちなので、ズンズン歩く方なんだけど、今回はこれじゃダメだと反省。
母も若い頃は早足で歩いたんだけど、老いは確実に来るんですね。
確かにゆっくりでも歩けるのが良いですね。
歩くっていうのは、大事だもの。
私もドクターの言葉を守って、せっせと歩くようにします。
2015/07/23(木) 15:34 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。

ここは、三拍子揃っていて、絶対にお勧め!
小樽市内からちょっと遠いけど、その分景色は最高だし、ホテルの人は親切だし。
母が興味が無いと言うから行かなかったけど、水族館もあってちょっと見たかったかも(笑)
母が去年から比べるとグッと弱くなってるのに、ショックを受けました。
去年は小樽市街を歩いたりしたのに、今回はとっても無理だったもの。
やっぱり毎年帰らないと、悔いを残しますね。
そうよね~  私も○○才だもの、母が老いるのは当たり前ね。
ゆっくりのんびりするのが、1番なのね。
2015/07/23(木) 15:27 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
KZ-1さん
こんにちは。

ここのお料理は期待を裏切りませんね。
私は年のせいで、外に食べに行くのが億劫になってしまって。
チェックインしたら、後はダラダラが鉄則なので、改めて食べに行くのが面倒なのよね。
札幌のシティホテルも魅力なんだけど。
今回も、KZ-1さんが前に泊まっていた大通公園近くのホテルも良いなと思ったんだけど、母が小樽にしようと言うし。
来年は札幌市内のホテルになるかもしれません。
今度北海道に行かれたら、ぜひともノイシュロスに泊まってみて。
ネットで直接頼んだら、とってもお安く泊まれるから。
2015/07/23(木) 15:21 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
万見さま ほんとにいい親孝行できましたね。
お料理も素晴らしわ 
何度も泊まりたくなる気持ちわかります
景色も最高ですもの。
なにより お母様と一緒に行けた事
これが一番ね
羨ましいわ!!
わたし baba様と一緒に歩くときいつも先にドンドン
いっちゃうの反省しなきゃね。
2015/07/23(木) 13:32 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
おはようございます。
海を見下ろす素敵なロケーションの宿ですね。料理は、洗練されていておいしそう・・・
桜姫鶏は青森でいただきましたが、同じ地鶏なのでしょうか、近い場所ですからね。青森の桜姫鶏も美味しかったです。
義父と歩くと年々その衰えを感じます。
もっとも、私の衰えも相当で、頚椎症の後遺症で、妻がさっさと歩いてたら、まったくついていけません。
でも、ゆっくりと歩けるということは素敵なことですよね。
私の母親はもう五年、一歩も歩いていませんから・・・
2015/07/23(木) 10:29 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
No title
おはようございます♪

此処のホテル景色もお料理もお値段もリーズナブルで最高ね
多分行く事はないけれど夢にでも見ておきます^^

お母様 去年に比べると歳を取られた 無理もないわね
我々でも年々違いますものね
ゆっくり旅行も視野に入れましょうかね 
2015/07/23(木) 07:38 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
こんばんは。

いや、毎度毎度料理の素晴らしいこと…
北海道に行くと、その土地の地元の店に行く事が
多いのですが、こういうホテルでのディナーというのも、
そろそろ年齢的に体験しとかないといけないですね。

本土の人間からすると、旅行中、観光の拠点は札幌の、
もっと言うと札幌のシティホテルが当然、と思ってしまい
がちですが、ノイシュロス小樽の様にまた別の趣のある
ホテルも良いですね。

というか、そちらに泊まった方が旅慣れてる感がある気が…
2015/07/23(木) 02:29 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
女王さまさま
こんばんは。

お母さま、まだまだお元気だってことで (笑)
うちの母も、十二分に気の強い我の強い性格なんだけど、今回ばかりは老けたな~って感じましたよ。
今まで関心があるなんて思ってもいなかった、天狗山に行きたいなんて驚いたしね。
今回は、小樽で私が見たかった所には行けなかったけど、そこはまあ親孝行旅行ってことで納得。
祝津のホテルに泊まれただけで嬉しいし。
ここ、本当に素敵で絶対にお勧め。
アルコールはね、最初のシャンパンだけで他はいただかなかったんですよ~  驚きよね。
結構アルコール度が高かったせいかな。
ただひたすら食べまくりました。
ああ満足だった!
2015/07/22(水) 22:25 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

札幌(なぜか私のPCは一番に「サッポロ」と変換される^^;)と小樽への帰省の旅、お疲れさまでした♪
「いいなー私もまた行きたいなー」と思いながら拝見してました。
もし私が母と同じ行程を巡るとなると「あちこち見て歩きたいせわしない母」と「のんびりゆっくり写真を撮って歩きたい私」との攻防戦になってしまうので、国内旅行は絶対にひとり旅に限ります(笑)
同じ酉年なのにね、全然ペースがあわないんです。で、どちらもどちらかにあわせるということをしないというww

祝津のホテルは本当に素敵ですね~。
ディナーメニューの意味は相変わらず「ハテ?」ですが、お料理はおいしそうだしぜひ一度私もご賞味したいです♪
あ、写真にはありませんが仙千代さまのことですからもちろんアルコールも召し上がられたんですよね?(笑)
2015/07/22(水) 21:30 | URL | 女王さま #mQop/nM.[ 編集]
つねまるさん
こんばんは。

そっかー、私が先に 「休もう」 って言えば良いのね。
母は水を殆ど飲まないので、私がうるさく言ってポカリをどんどん飲ませました。
年をとると感覚も鈍くなるというし、自分で気付いたら手遅れってこともあるものね。
ノイシュロスも祝津も相変わらず素敵で、満足でした。
もちろんスープもお肉も、それにカレイが美味しかった!
つねまるさん、また小樽に行かれることがあったら、このホテルは絶対にお勧めですよ。
ちょっと場所が不便だけど、送迎車がどんどん出てるし。
来年はどうしようかな?
札幌市内のホテルも良いですよね。
2015/07/22(水) 21:16 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
絶景かな絶景かな♪
こんばんは。いつもお世話になっております。うわぁ、ほんと、いつ拝見しても素敵なお宿とお料理ですねー。
どれも美味しそうですが、特にコンソメスープ。どんな味なのかな、美味しいんだろうな。ラム肉も、美味しそうだわ。低温調理って手間がかかる分、美味しさが増しますよねー。付け合わせの野菜もきっと、しっかりと野菜の味がして美味しんでしょうねー。
ガイドブックで見る景色が目の前に広がるなんて、贅沢ぅー。

夏は我々でも疲れますもの。立ち止まったことで、しゅん、とならないように、先に「もうだめー。休もー」っと声をかけて、ゆっくりゆっくり。
私、まだまだ元気よ、また一緒に旅行しようね、と言ってくれたら嬉しいですものね。

2015/07/22(水) 20:47 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード