本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

日比谷公会堂

大昔、日比谷公会堂の舞台に立つ機会があった。

その時たしか舞台上に印がつけられており、先輩が 「ここで浅沼委員長が刺されたんだ」 と話していた覚えがある。
そういえば、ホールに浅沼さんの胸像があったっけ、と気づいたものだった。

浅沼稲次郎旧社会党委員長は、1960年に日比谷公会堂で演説中に刺殺された。

まだまだ小さかった私が、果たしてその大事件を憶えていたものか、後で本やTVで見る機会があって知ったものか、判然としない。

最近、ふとそのことを思い出して調べてみて、浅沼氏が亡くなった後、国会で池田隼人首相が追悼演説を行ったのを知った。

その演説中に読まれたのが、次の詩。



沼は演説百姓よ

汚れた服にボロカバン

今日は本所の公会堂

明日は京都の辻の寺




私はちょっと感傷的になっていたんだろうか。
この詩を読んで、涙が出てきて困った。

当時の政治家の国政に対する真摯な態度が、ひしひしと伝わってくるようだ。

実際に浅沼氏は財産などというものは殆ど持たず、最後まで借家生活。
ただひたすら自分の考えを人々に知ってもらうため、演説をしながら飛び回っていたようだ。

旧社会党の政策がどうだったのか、今となっては何とも言えないが、自分の理想のためにはお金も名誉も望まず邁進する姿が、この詩に良く表れていると思うから。


ランキングに参加しています。興味を持たれた方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
sakurakoさん
同感ですね。
日本人はおとなし過ぎる!
でも韓国のニュースを見ていて、あんな風には絶対にできないな、と思う自分がいます。
声高に何かを叫ぶ気恥ずかしさ、みたいなものがあるんですよね。
学生運動の嵐が過ぎ去った学校に入学した辺りから、世の中がこんな風潮になったような気がするんだけど。
2008/10/06(月) 19:47 | URL | はは #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
昔の日本人は今よりずっとエネルギーがあったんですね。
国の将来を憂い、良くも悪くも自分の考えをしっかり主張してました。
時々、韓国のデモの様子をニュースで見かけます。
記憶に新しい所では、輸入牛肉に反対するデモ。
日本では考えられないパワーです。

ちょっと前に、銀座で土建屋さん関係のデモ隊が行進しているのを見かけました。
時々「ガソリン値下げしろ」と控えめなシュプレヒコール上げながら通り過ぎていきました。
とてもお行儀の良いデモ行進でした(笑)

毎月のように食品は値上がりするし、年金は役人に誤魔化し放題にされてるのに日本人は大人しいですよね。
自分もそうだけど、飼いならされて諦め良くなって。
いつの日か間違いなく、平和ボケのツケが回って来るのでしょう。
2008/10/05(日) 13:32 | URL | sakurako #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード