本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

子どもたちの聖地が

佐久に来る前に住んでいた、東京郊外の町。

私のいた所のすぐ近くには、小さなアーケード街がありました。

そこにあった本屋兼文房具屋さんが、ある日ひっそりと店を閉じてしまいました。

店の前には、あのジャポニカ学習帳のキィキィいいながら回る陳列台、ガチャガチャの自販機、ホットペッパーや雑誌の棚。

お店の中には本や雑誌はもちろん、ちょっと可愛い文具・雑貨などがびっしり詰まっていました。

友達のお誕生日祝いを買う子、髪飾りやシャーペンを選ぶ子、学校の教材を買う子。
連日のように近所の子供達が集まっていた子供たちの聖地。

もちろん大人も来てました。
便箋に封筒にペンに筆、半紙も画用紙も何でもあって、大体の物はそこで揃ったんです。
特に何台もある大きな平べったい引き出しからは、魔法のように頼んだものが次々と出てくるんですよ。
大人の目も、思わずキラキラ。

愛想のないオバサンだったけど、子供も大人もとてもお世話になったお店でした。

あのお店が閉まった頃から、あのアーケード街は、櫛の歯が抜けるように、お店が減って行きました。

本屋さんが無いって、やっぱり物足りないものですよね。
あの辺の子供たちは、ノートや筆記用具を今はどこで買っているんだろう。
足の無い高齢者は、一体どこで雑誌や本を買っているんだろう。

どんなに小さな町にでも、書店っていうのは必要ですよね。

スポンサーサイト
コメント
KZ-1 さん
こんばんは。

10年前と比べて8000軒の減少!!
信じられない。
≪本屋は、その土地の文化度を図る指標とも言われてますからね≫
これ、本当よねぇ。
本屋さんに入ってじっくり見定める、たまには運命的な出会いがあったりして、楽しかったのにな。

この辺りも、本のチェーン店になってしまって、品揃えもどこも同じ。
つまらないんですよね。
高齢の方のネットと言っても、まったく使えない人もいるでしょう?
活字離れというけど、高齢者の場合、仕方のない面もあるんですよね。
2016/10/14(金) 20:23 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

今日、テレビ東京の「WBS」を見てたら丁度、本屋の特集があった
んですが、10年前と比べて本屋の数、8000軒廃業しているそうです。
(10年前は21000軒、現代は13000軒)

本屋は、その土地の文化度を図る指標とも言われてますからね。
うちの村(名義上は町ですが、皆「村」と言います)も昔は小さな
本屋が1軒あったのですが、10年以上前に廃業…
郊外やローサイドの大きな複合店に行っちゃいますね。
DVDレンタルもあるし、ゲームもあるし、本も雑誌も文房具もあるし
大抵の用事はそこで済んじゃうので。

足の無い高齢者の方は、ネットスーパーとかで日常の買い物の
ついでに、雑誌買う位しか無いですよね。
2016/10/14(金) 00:16 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
きとさん
こんにちは。

≪要は売れ筋を置かずマニアックな店主の趣味の本を置いてあるようなこだわりの本屋≫
そうそう!
本棚が傾くほどに本をいっぱい詰めた本屋さん、古本屋さんなら尚良し。
そんな、こだわりの本屋さん、ここにはまったく無いのよね。
子供の喜ぶ文具を置いたお店が無いって、可哀そうですよね。
ああいう所で、子どもって買い物の楽しみを覚えるのにね。
子どもに付き合ってお誕生会のプレゼントを買いに行ったりして、私まで楽しい気持ちになったりしたのに。
2016/10/12(水) 17:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
あぁ解る!解ります!
どんなところにも書店って必要だわ~と思うんですけど、そういうものほど無くなっちゃうんですよね。

私の住む街でも、1分歩けば本屋に当たる・・くらい本屋天国だったのに、
1軒なくなり2軒なくなり・・・・私の好きな順に(要は売れ筋を置かずマニアックな店主の趣味の本を置いてあるようなこだわりの本屋)から消えていき、今では全国的な名前の聞く本屋だけがある状態です。

地元に根差した可愛い子どもの文具品なんて扱う所もなくなってしまいました(>_<)
寂しい限りです。
 
2016/10/11(火) 23:42 | URL | きと #NqNw5XB.[ 編集]
つねまる さん
こんばんは。

オフィス街でも文房具屋さんが少ないんですか!
あれまあ、寂しいわねぇ。
確かにネットで宅配が当たり前だものね。
私も最近は全然本を読んでいないのよ。
あのね、目が丈夫な若い頃が勝負よ。
今じゃ、本を開くと眠くなるんだもの(笑)

つねまるさんも、カワユイお買い物をしてたんですね。
大人の私でも、あの雰囲気は好きだったもの、子どもたちにとってはキラキラ輝いてたでしょうね。

それにしても、皮の筆箱!!
渋い!渋すぎる!! でもシックで素敵だわね~
12年も使ってもらって、筆箱さんもお祖母さまも喜んだことでしょうね。
2016/10/11(火) 18:53 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
ぶんぼーぐやさん
こんにちは。いつもお世話になっております。
私も文房具屋さんへせっせと通って、キキ&ララやキティちゃん等のふぁんしいなものをお小遣い貯めてちょこちょこと買ってました。
ジャポニカや原稿用紙もあったなぁー。

今はオフィス街でも文房具屋さんって少ないです。ネットの即日配達あるし。
本屋さんは、雑誌と流行りの本しかなくて、欲しいものは週末に大きなとこで買いだめしてます。密林だと失敗することもあって。

あ、筆箱。小学生低学年では、あっちこっちが開くでかいのが流行って、高学年には缶ペンケースが流行りました。
でも私は祖母に買ってもらった皮の筆箱。渋すぎる。でも中身はふぁんしい。
結局、高校卒業まで12年間使いましたよー。
2016/10/11(火) 18:16 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。

本屋さんが無くなるなんて考えたことも無かったので、あの閉店はショックでしたよ。
子供たちも、学校で使うノートは全部あのお店で買っていたし、私も文庫本を買いに行ったりしてたし。
≪スーパーの中に入っているかアウトレットの中 ≫
そうそう、その通り。
佐久でも、1軒品揃えの面白いお店があったのに閉店。
チェーン店しか残らなくって。
新しい文房具、ホントよね!!
筆箱とか、ズッシリ重くて豪華なのに憧れて、欲しいなぁ・・と思ったものでした。
鉛筆削りまで付いていたりして。
懐かしい思い出だわ。
2016/10/11(火) 16:38 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはようございます♪

商店街の中の本屋さん なくなりましたね
今では大きな本屋さんでないと成り立たないのかもしれませんね
スーパーの中に入っているかアウトレットの中 これが定番ですかね
ネットを利用する方は本はネット購入ですかね
子供たちが学校の行き帰りに文房具屋に寄る そのような光景は無くなったのでしょうね
寂しいね 新しい文房具が出ると買えなくても輝いて見えましたね
2016/10/11(火) 08:34 | URL | はやとうり #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード