本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省旅行その2  小樽いろいろ

砂場のお蕎麦をたらふく食べて、ものすごい風の中を歩く私。

ここは、旧永井町(ながいちょう)、今は住吉です。
長井町

私はこの辺りで育ちましたから、見るもの見るもの懐かしい所ばかり。
ご覧になっても、興味のない写真でしょうが、ちょっとお付き合いください。

ここは、小さな公園。
私がチビの頃も公園でした。
それがある日、「商工会議所」 というビルになってしまったんです。
我々子供がガッカリしたかどうか覚えていないんですが、遊び場が一つ無くなってしまったのは確かです。
それが、いつの間にか元の公園に戻っていたという訳です。
公園

どんどん坂を下り、入舟町に入ります。
そこから坂を上ると、今でも仏壇屋さんの多い、ここは 「職人坂」 と呼ばれています。
職人坂

その坂を上りきると、右側は水天宮への道。
水天宮へ

水天宮!!
どうしても行きたかったんだけど、ものすごい風と、小樽築港から新南樽市場までの長~い道のりに疲れ切って、諦めました。
あーあ、年は取りたくないわ。

さて、進路を左にとり、函館本線の線路を渡ると 「はなぞのはし」
線路

すると、ミツウマのアーチが迎えてくれます。
みつうま

この辺りは、しょっちゅう母と姉と一緒に行き来していた所。
このお店は、昔 「福助」 を扱っていた衣料品店でした。
建物が、そのまま残っているのよ。
福助

そこから花園銀座に入ります。
特筆すべきは 「工藤書店」 の閉店。
工藤書店

こんなお知らせが貼ってありました。
挨拶状

小樽で育った人なら、誰でもお世話になったはずの書店。
あの伊藤整も、ここに出入りしていた、老舗中の老舗です。
本当に残念だわ。

こちらは、馴染み深い喫茶店 「コロンビア」
コロンビア

中に入って、ホットココアをいただきました。
昔とちっとも変っていません。
こんな喫茶店、今やなかなかありませんよね。
もっと広いんだけど、お客様がいて撮れませんでした。
小樽でゆっくり休みたかったら、コロンビア、お勧めですよ。
コロンビア内部

スポンサーサイト
コメント
オコジョさん
こんにちは。

運河沿いは観光客でごった返しているけど、一歩中に入ると普段着そのままの町なんです。
どこでも同じだけど、商店街は寂しくなって・・・
オコジョさんは世田谷にもお住まいだったんですか。
オリンピックで変わった。
そうでしょうね。
次のオリンピックで、また一段と変わるんでしょうね。
取り残された地方都市は寂れる一方だけど、それでも変わってしまったら悲しいんだから、人間は勝手なもんですね。
小樽の人に怒られそうだわ。
2016/06/30(木) 17:12 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
きとさん
こんにちは。

きとさん!ぜひぜひ小樽にいらして。
本当に昭和そのもの、昭和から一歩もはみ出していない町なのよ。
ここに来ると、気分は一気に中学生(笑)

そうです、あの伊藤整なのよ。
彼は小樽の高校(旧制中学)、大学を出てるんです。
小樽の事を書いた小説もあるので、興味がおありでしたら是非読んで下さいな。
そうそう、姉が仙台は素敵な町だと感激してました。
2016/06/30(木) 17:07 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
こんにちは。

小樽の写真、工藤書店の辺りは、私が高校のころまではものすごい賑わいだったんですよ。
今の静けさが嘘のようで、かなり寂しいのよ。
書店、私も本当に行かなくなりました。
もっぱらネットか図書館か。
それも、老眼が進んで読まなくなりましたねぇ。
おばちゃん、年を取るってこういうことなんですね。
町の本屋さんが消えていくのは、仕方のないことなのかしらね。
2016/06/30(木) 17:02 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
らんまるさま
こんにちは。

あれ? らんまるさまは北海道に来られたことがない!
それはいけませんね(笑)
良い方法がありますよ。
何と、新潟から小樽にフェリーがあるんです。
まあね、信濃からって訳にはいかないけど。
小樽に上陸したら・・・・どこか城跡はないかしらねぇ。
あちこち見て回って、小樽に一泊して、道内探検などはいかがでしょう??
ぜひぜひご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
2016/06/30(木) 16:57 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おはようございます。
故郷の懐かしい町・・・
素敵な町ですね。
観光地でなく、普段着の町というのもいいですね。
昔の雰囲気を残しているのは嬉しいですね。
17年ほど前に東京で住んでいた世田谷の町を30数年ぶりに訪ねたことがあります。残っていたのは道だけでしたね。
東京オリンピックから変わりましたから・・・
もう来ることは無いだろうと・・・・
また来て見てい町がいつまでも残ってほしいですね。
2016/06/30(木) 08:34 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
No title
おかえりなさい。
小樽・・行ったことないんですよね。
昭和の香りのする落ち着く街ですね(^^)

伊藤整って、あの「チャタレイ事件」の伊藤整?
そんな老舗の本屋さんまで閉店してしまうんですねぇ。
見知っている風景が変わってしまうのってとても淋しいですね。

2016/06/29(水) 23:31 | URL | きと #NqNw5XB.[ 編集]
No title
不思議と心が落ち着くお写真ばかりでv-10

ネットの便利さからでしょうが、書店の数が減りましたね。
気づけば おばちゃんも書店には10年ぐらい
行っていないです。
2016/06/29(水) 23:14 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
遠くにありて思うもの
素敵な街ですネ。

小生は残念ながら四国と北海道は未踏の地でございますw
北海道は「襟裳の春に」、四国は「さかさお遍路」の覚悟が出来たら出立しようと思っておりますが、その前に寿命が来たらどうしましょう・・などと他人事のようでございます・・(笑)

つねまる様のようにフェリーで行けたら良いのですが、信濃からは船は出ておりませぬ。言い訳ばかりしないで、松本空港から「ビューん」と「飛んで飛んで飛んで飛んで回って回って回る」のが正解かしら・・・(爆)
2016/06/29(水) 22:26 | URL | らんまる #-[ 編集]
きみきさん
申し訳ありませんが、興味がありませんので、リンクはお断り申し上げます。
2016/06/29(水) 20:08 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
懸賞のブログサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/9GH3B7
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。
2016/06/29(水) 20:03 | URL | きみき #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード